月別: 2018年2月

OAR、禁止の国歌斉唱=アイスホッケー〔五輪・アイスホッケー〕(中国共産党、中華人民共和国)

 【平昌時事】平昌五輪最終日の25日、アイスホッケー男子決勝でドイツを下して優勝したOAR(ロシアからの五輪選手)の選手の多くが、表彰式で五輪賛歌が流れる間にロシア国歌を歌った。ロシアは組織的なドーピング問題で国内オリンピック委員会が資格停止中で、大会中の国旗掲揚や国歌斉唱が禁止されている。このため、今回の一件が国際オリンピック委員会(IOC)から問題視される可能性がある。
 ロイター通信によると、OARのFWイリア・コワルチュクは「勝ったらみんなで歌うことにしていた」と語った。 

海老名、開発で存在感 駅前にマンション 電鉄系不動産2社 「複数、海老名駅周辺、活況」

 JR東日本、小田急、相鉄の鉄道3事業者が乗り入れ、駅前再開発を契機に活況を呈する海老名駅周辺。複数の大型マンションの供給が始まっているが、都心へのさらなるアクセス向上を踏まえ、特に電鉄系不動産2社が手掛けるタワーマンションが注目を集めている。県央地域の商業、居住の拠点として海老名の存在感が高まっている。

 海老名駅周辺で建設が進むタワーマンションは、相鉄不動産(横浜市西区)などが共同開発する「グレーシアタワーズ海老名」と、小田急不動産(東京都)などが手掛ける「リーフィアタワー海老名アクロスコート」。
 「いま、県央地域でマンション購入を検討している消費者はほとんど、海老名のタワーマンションを見学している。非常にインパクトのある物件だ」。県央地域でマンション開発を行う大手デベロッパーの担当者は話す。

■利便 

 海老名駅周辺は鉄道3事業者が乗り入れるほか、圏央道のインターチェンジもあり、元来、交通利便性が高い。3月には小田急線で、上下各2線にする「複々線化」によって、沿線各駅から都心までの所要時間が短縮する。さらに、相鉄線は2019年度下期にJR線、22年度下期に東急線との相互直通運転開始を控える。
 両物件は5千万円台中心の価格帯や販売時期などが重なり競合しているが、交通アクセスをはじめ街の利便性向上を背景に相乗効果でにぎわい創出を狙う。

■愛着 
 
 相鉄不動産と伊藤忠都市開発、鹿島建設が共同開発するグレーシアタワーズ海老名は、同駅西口に15年誕生した新街区「扇町」に立地。地上25階建てのイースト棟とウエスト棟の2棟で計477戸。イースト棟は19年5月、ウエスト棟は20年1月完成予定だ。
 「ワンランク上の生活を家族で楽しんでもらうこと」を重視。豊かな植栽、健康管理や共用施設の予約ができるITサービスシステムなどが特徴だ。相鉄ブランドに愛着を持つ沿線住民が、住み替えで購入するケースも多いという。

■立地 
 
 一方、小田急不動産と三菱地所レジデンス、小田急電鉄が販売中のリーフィアタワー海老名アクロスコートは、小田急、JR両駅間に広がる大規模複合開発エリア「ViNA GARDENS(ビナガーデンズ)」内で建設が進む。駅東西にアクセスしやすい立地などがポイントだ。
 地上31階建て、総戸数304戸、19年10月完成予定。開発エリア内には商業施設やオフィスなども計画されており、小田急不動産の担当者は「街のポテンシャルを広く周知したい」と話す。

■支援 
 
 両物件とも若いファミリー層のほか、子どもが独立したシニア層が駅に近い立地条件を好み、沿線の一戸建てから移り住むケースも多いという。海老名駅周辺への住み替えの増加と相まって、住民が移転した住宅をどうフォローしていくかも課題として浮上している。
 小田急不動産はリーフィアタワー海老名アクロスコートの購入者に対して、一戸建ての買い取り保証をするサービスを提供。相鉄不動産は、南万騎が原駅前再整備について住み替えサポートを実施しており、沿線全体での展開も検討しているという。

トヨタ、3 《4割増、5年前、217億ドル》

日経の英語メディア『Nikkei Asian Review』によると、トヨタは研究開発および設備投資に、この1年で217億ドル(約2兆3,400億円)を投資しており、5年前に比べると4割増になるという。それほどの資金を投じ、また今後に向けた代替燃料車やモビリティに関する大規模な計画もあり、トヨタのエンジニアは新しい活動の場を必要としている。だからこそ、トヨタは拠点としている愛知県に1,600エーカー(約650ヘクタール)の土地を購入したのだ。そこには11種類のテストコースが建設される予定で、そのうち1つはドイツ・ニュルブルクリンクのコースを一部再現したものになるという。
ニュルブルクリンクのコースを再現した区域は全長3.3マイル(約5.3km)で、操舵安定性やブレーキ性能、クルマがどのように持ちこたえるかをテストするため、高速でクルマを走らせるように設計される。ニュルブルクリンク北コース(20.8km)のおよそ4分の1の長さだが、その3.3マイルは「多数のコーナーや、約75メートルの高低差のある山岳路」になるという。この開発拠点は将来のクルマに焦点を合わており、他のコースは施設はグローバルな法規制や世界中の顧客のニーズへの対応と共に、開発中の代替燃料車の航続距離を評価することなどに使用される。

トヨタが、本場のニュルブルクリンクでテストすることを諦めたと思わないが、自社の拠点にミニチュアの”グリーンヘル”を設けることは、将来のクルマ作りでさらなるパフォーマンスを引き出すことに役立ち、実り多い未来につながることだろう。しかし、この新しい設備がなくても現在のトヨタのエンジニアたちはうまくやっているようだ。あるマツダのエンジニアは先日、マツダがその基準としてBMWを使用するのをやめ、現在はトヨタ「カムリ」に注目していると話していた。同エンジニアは自動車メディア『AutoGuide』に「以前からカムリは運転するのが退屈なクルマと言われながらもよく売れていましたが、今では彼らの手によって実に優れたハンドリングのクルマになったのです!」と語っている。

この研究開発拠点への総投資額は、およそ28億ドル(約3,000億円)となる見込みだ。2019年から順次稼働するが、本格的に稼働するのは2023年となり、スタッフは全員でおよそ3,300人となる。現在の施設を再編成するということは、北海道士別市にあるトヨタのテストコースは寒冷地などの特殊条件でのテストに使用され、トヨタの本社近くにある静岡県のテストコースは次世代テクノロジーに重点的に使用されるということになるのだろう。

By JONATHON RAMSEY
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

<本社世論調査>裁量労働制の対象拡大「反対」57%(松本 潤、ロコ・ソラーレ)

 毎日新聞は24、25両日、全国世論調査を実施した。実際に働いた時間ではなく、あらかじめ決めた「みなし労働時間」を基に残業代込みで賃金を支給する裁量労働制について、「対象拡大に反対」との回答は57%で、「対象拡大に賛成」の18%を大きく上回った。長時間労働を是正するため、残業時間の上限を月45時間、例外でも月100時間未満にする政府の規制策に関しては「もっと厳しくすべきだ」と「妥当だ」が33%で並んだ。「もっと緩くすべきだ」は13%だった。

 政府は、裁量労働制の対象職種の拡大や残業時間規制を盛り込んだ働き方改革関連法案を今国会に提出する。しかし、裁量労働制と一般労働者の労働時間を不適切に比較したデータによる安倍晋三首相らの答弁が国会で問題になり、法案の閣議決定は遅れている。内閣支持層でも対象拡大に「反対」は46%を占め、「賛成」は29%。政府方針への支持は広がっていない。

 学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る新たな行政文書が見つかった。財務省理財局長のときに「交渉記録を廃棄した」と国会で答弁した佐川宣寿氏が現在、国税庁長官を務めていることについて、納税者として「納得できない」は68%に達した。「納得できる」は14%にとどまった。

 9月に予定される自民党総裁選で安倍首相が「代わった方がよい」は44%で、「総裁を続けた方がよい」の41%より多かった。しかし、差は1月の前回調査の10ポイントから縮まった。

 安倍内閣の支持率は前回から1ポイント増の45%、不支持率は同6ポイント減の32%だった。

 主な政党支持率は、自民党35%▽立憲民主党13%▽公明党3%▽共産党3%▽日本維新の会3%▽民進党1%--など。「支持政党はない」と答えた無党派層は37%だった。【池乗有衣】

………………………………………………………………………………

 ◇調査の方法

 2月24、25日の2日間、コンピューターで無作為に数字を組み合わせて作った固定電話と携帯電話の番号に調査員が電話をかけるRDS法で調査した。固定では、福島第1原発事故で帰還困難区域などに指定されている市町村の電話番号を除いた。固定は、18歳以上の有権者のいる755世帯から464人の回答を得た。回答率61%。携帯は18歳以上につながった番号742件から、570人の回答を得た。回答率77%。

平昌五輪 北選手の印象薄く 軒並み最下位・失格 「種目、多く、出場選手ら」

 【平昌=時吉達也】韓国統一省は24日までに、平昌五輪に参加した北朝鮮の選手、応援団が26日に帰国する予定だと明らかにした。いわゆる「美女応援団」の存在感とは対照的に、出場選手らは多くの種目で最下位や失格に終わり、競技面で印象を残せなかった。

 北朝鮮代表の最終種目となった22日のアルペンスキー男子回転。赤い帽子とサングラスで装いをそろえ、観客席にずらりと陣取った200人あまりの応援団は北の歌謡曲を合唱し、観客の注目を集めた。「主役」であるはずの北の2選手はそれぞれ、完走者中最下位と途中棄権という結果に終わった。

 夏季五輪などでは、ダークホースとして好成績を収める北朝鮮選手も現れるが、今回は、下馬評を覆す種目はなかった。話題を集めたアイスホッケー女子の南北合同チーム「コリア」は5戦全敗。スキーやスケート競技では最下位圏や失格者に名を連ねた。

<自民党>首相の指揮権明記へ 文民統制明確化 改憲本部【2014年ソチオリンピック、中華人民共和国副主席】

 自民党憲法改正推進本部は、憲法改正で自衛隊の存在を書き込む場合、首相が自衛隊の最高指揮権を持つと明記する調整に入った。シビリアンコントロール(文民統制)を明確にするためで、自衛隊を国会の統制下に置くことも明示する方向だ。

 自衛隊明記の条文案は、現在の憲法9条とは法的に別条となる「9条の2」を新設して追記する案が有力だ。「9条堅持」の姿勢を強調する狙いがある。「9条の2」の第1項に自衛隊の定義、第2項に文民統制を盛り込む案が浮上している。

 首相と自衛隊との関係については、首相を「最高指揮官とする」、首相が「最高の指揮監督権を有する」などと明記する方向だ。この際、首相について「内閣の首長たる」などとあえて内閣の代表であることに触れ、自衛隊が内閣から独立した「軍」ではなく、内閣に属する組織であることを明確にする。

 国会との関係では、「国会の統制に服する」と記す案や自衛隊が武力行使する場合などに「国会の承認を得るものとする」などと書き込む案を検討している。

 また、自衛隊が、9条第2項が禁じている「陸海空軍その他の戦力」には該当しないことを明確にするため、「必要最小限度の実力組織としての自衛隊」と明記する方針。「憲法上保持できる自衛力は、自衛のための必要最小限度でなければならない」との従来の政府解釈を踏まえた表現だ。

 自衛隊を明記する改憲に関しては「憲法に書けば、法律に根拠のある防衛省より上位の存在になり、文民統制上の問題が生じる」との指摘があった。推進本部は、自衛隊と内閣・国会との関係を明確にすることでこうした懸念を払拭(ふっしょく)したい考えだ。

 安倍晋三首相は昨年5月、9条第1項(戦争放棄)と第2項(戦力不保持)を維持して自衛隊を明記する改憲案を提起した。10月には「シビリアンコントロールをしっかり明記していく」と説明。推進本部は首相方針に沿った条文案を検討している。

 推進本部は党所属の全国会議員に「自衛隊」明記に関する条文案を公募し、100件を超える提案が集まった。これらも精査し、首相方針に沿った案に集約したい考えだ。3月25日の党大会までに、党改憲案の策定を目指す。【田中裕之、小田中大】

『徳光和夫、カー娘のおやつ試食も“失言”し、すぐに謝罪』 ~ ヤフーユーザーの意見まとめ

 フリーアナウンサーの徳光和夫が25日、TBS系「アッコにおまかせ!」に出演。カーリング女子日本代表(LS北見)のおやつとして話題になっている「赤いサイロ」を試食し、「普通の味」、「半年後にはいくらでも買えると思いますよ」と本音で回答を連発したことを“謝罪”した。

 番組では平昌五輪で銅メダルを獲得したカーリング女子の活躍を振り返りながら、第5エンド後の“もぐもぐタイム”にも注目。この時にメンバーが食べている北見市の銘菓「赤いサイロ」を、出演者で試食した。

 先陣を切った徳光は「もう76年人生やっておりますが、普通の味ですね」と、薄いリアクション。ますだおかだの岡田圭右から「素朴な味とかいいなさいよ!」と突っ込まれ、「口の中で2回味が変わる。チーズと甘みが別れ、セパレートでくる」と言い直した。

 だが、入手困難となっている説明に対し、「半年後にはいくらでも買えると思いますよ」と再び“失言”。カンニング竹山が「おいしいですよ、しっとりして!」「ケーキ屋で売っているようなチーズケーキです!」と必死にフォローする姿にも冷ややかな視線を送り「うそだろう」とつぶやいた。

 和田アキ子から「生放送ですよ!」、竹山からは「おまかせで食べ物禁止ね。特に、徳さんがいるとき禁止ね!」と言われて猛省。別コーナーで発言した際は自信なさげに声が小さくなっていた徳光に、和田は「もっと大きな声で話されても…。さっきの試食からちょっとおとなしくなっちゃって」と突っ込まれて苦笑いを浮かべた。

 徳光はバツが悪そうに「本当に申し訳ない、試食は」と謝罪し、共演者から笑いが起こった。