<株価>週明けも不安定か NYは指標発表など控え(ロサンゼルス・ドジャース、ダルビッシュ 有)

 【ワシントン清水憲司】日本を含む世界的な株価下落の起点となったニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、今月に入り下げ幅が2000ドル近くに達した。金利が上がると株価が下落する展開が続き、大きく乱高下する場面も目立つ。週明け以降は予算教書や消費者物価指数の発表など金利が上がりやすいイベントが控えていることから、引き続き不安定な動きが予想され、各国の市場にも影響しそうだ。

 ニューヨーク市場は9日、大幅に値上がりして取引が始まったものの、一時は前日終値比500ドル安に転じ、終盤には再び値上がりして330.44ドル高の2万4190.90ドルで取引を終えた。1日の変動幅は1000ドルを超え、依然として落ち着きを取り戻していない。

 週明け12日には、トランプ政権が2019会計年度(18年10月~19年9月)の予算教書を議会に提出する予定だ。大型減税による税収減に加え、9日には18、19年度にわたり国防費を中心に歳出上限を約3000億ドル(約32兆円)引き上げる法案が成立し、財政赤字の拡大を示す内容になるとみられる。米国では予算編成権は議会にあり、予算教書は政権の提案に過ぎないため、例年は市場への影響が少ないが、今回は市場が神経質になる中で金利に上昇圧力がかかる可能性がある。

 物価上昇(インフレ)指標のひとつ、消費者物価指数(CPI)の1月分の発表も14日に控えている。物価の動向は米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ判断に影響を及ぼすため、市場が注目している。

 一方、ダウはここのところ、金利の変動が小さい時でも大きく値動きしている。2万4000ドルを割り込むと下落が急加速し、2万3000ドルに近づくと上昇に転じるパターンが多い。コンピューターによる自動取引がこうした動きを主導している可能性があるほか、市場関係者は「まだ株価がどの水準で落ち着くか見えない中、多くの投資家が市場の値動きに追随しようと一方向に動く傾向が強まっている」と分析する。

 日本でも9日までの1週間の日経平均株価の下落幅が1891円に達しており、今後も米市場の動向を反映して不安定な状況が続く可能性がある。

みんなの意見・感想

  1. リーマンショックから今年で10年でしょ。景気回復は現実だが10年間の過剰流動性も相当なもんだからいつバブル崩壊してもおかしくない。

    +1-0

  2. 金曜日はいったん戻したから月曜日は落ちるのかな?

    +0-0

  3. いやあ手仕舞っおいて良かった。さあまた参戦しようかねえ。

    +3-1

  4. 個人投資家はしばらくの間様子見が正解だと思う。
    デイトレの人を除き、二番底を見極めてからの参戦で十分間に合うよ。

    +3-0

  5. 投資家(人間)がどうのこうのより、売買のコンピューターがどう判断するかを予測した方がまだ当たる。

    +1-0

  6. このような概説とニュースだけでよい。神様もわからんことを、勝手に推測しデタラメな予測を書くのはよくない。

    +6-0

  7. ボラティリティショック

    +3-0

  8. もう慣れてきた。大丈夫。

    +3-0

  9. 相変わらずダウに振られすぎ

    +4-0

  10. アメリカの利上げで途上国投資が逃げて途上国通貨暴落、株暴落
    途上国の投資家は買い付け余力が無いからNYダウや日経を売る。

    安全投資に切り替えるから原油価格が下がり金を買う。
    しかし今回は金価格が上昇していない、代わりにアメリカの金融機関に金が流れている。
    金曜日のNYダウの値上がり銘柄はアメリカの銀行、証券、カード、大手IT
    値下がりが外人経営の不動産投資、エネルギー系

    この分析は海外メディアや経済紙も書いているのになぜか日本の新聞はアメリカ発~株価暴落と書く。確かにアメリカの金利上昇が発端だけどダメに成っているのはアメリカ経済でもアメリカ株でも無いんだけど?

    +8-0

Related Post