「R―1ぐらんぷり決勝」史上初の異色芸人・濱田祐太郎、お笑いを目指す理由と不安(国会、ゴディバ)

 伏兵だったアキラ100%がピン芸人日本一決定戦「R―1ぐらんぷり」を制覇してから1年。今年のR―1決勝(3月6日)の舞台にも、異色の芸人が登場する。

 生まれつき全盲に近い弱視という濱田祐太郎(28)だ。左目は見えず、右目は明るさを確認出来る程度という。同大会で、視覚の不自由な芸人の決勝進出は史上初。漫才日本一決定戦「M―1グランプリ」、コント日本一決定戦「キングオブコント」、女ピン芸人NO1決定戦「THE W」の決勝を見渡しても、出場例はない。

 芸歴5年目の漫談家。自らのハンデを自虐的に取り上げるネタで笑いを誘う。障害をネタにすると、時に聞き手が嫌悪感を抱くようなきつい表現になることもあるが、濱田は違う。友人から「運転するの?」と聞かれたり、おばあちゃんに「私のこと見える?」と言われたり、“あるある”を適度なユーモアを交え、笑いに変えるのだ。自身が障害を抱えるから、説得力も増す。

 驚かされたのは、そのポジティブ思考だ。濱田は小学生の頃、「ビッキーズ」「ハリガネロック」をテレビで見て、漫才の虜になった。中学生になると「将来、舞台に立ちたい」と強く思うようになった。「外で走り回るようなロケはできないけど、劇場なら話せる」。小中は健常者と同様の学校に通い、盲学校に入学。「親を安心させるため」に、18歳であんまマッサージ指圧師の、21歳で針とお灸の資格を取得した。

 盲学校卒業後、吉本芸能総合学院(NSC)の35期生に。入学の際、NSC側から「目の不自由な人をサポートする仕組みはないから、どこまでできるか分からない」と言われたが、思いを貫いた。昨年10月には、「NHK新人お笑い大賞」の決勝に勝ち残った。

 耳だけで客の反応を推し量る。だから、舞台は「毎回、不安になる」。笑いが起きない時は「今日はお客さんがいない」と自らに言い聞かせ、乗り切るようにしているという。長距離の移動は、同期の芸人や吉本興業の社員に同伴してもらうこともある。

 R―1は、人生で初の舞台だった。2012年の1回戦、自分なりにベストを出せたというが「むちゃくちゃ緊張した。ずっと膝が震えていた。家帰るまで震えていた」。一人やたらと笑う中年男性の声が今も耳に残る。初出場で準決勝まで進出した。

 記者らの質問に真っすぐ、正直に答える姿勢に好感を持った。「他の障害を持った方を勇気づけたい思いはあるか」と聞かれた時だ。「特にないんですけどね。そう思われがちなんですよ。お笑いを通して、障害者への偏見をなくすため、勇気づけるためにやってるのではと。僕のネタを見て勇気づけられるのであれば、障害があってもなくても構わない」ときっぱり。

 なぜ、そこまでお笑いにこだわるのか。「他にやりたいことがないから。マッサージ師をやりたいと少しでも思ったら、そっちの道を進んでいる。子供の時に見た漫才にはまって、お笑いに憧れ続けている」。

 7回目の挑戦でつかんだ大舞台。R―1優勝は「一番近い目標」と言い切り、大きな目標は「お笑い芸人で生活していきたい」と語った。

 「THE W」を制したゆりやんレトリィバァ(27)、ルシファー吉岡(38)ら常連も決勝進出を決め、敗者復活2人を含め12人で優勝賞金500万円を争う。テレビでタブーともされてきたネタが波乱を巻き起こすか、注目したい。(記者コラム)

みんなの意見・感想

  1. >「他の障害を持った方を勇気づけたい思いはあるか」と聞かれた時だ。
    >「特にないんですけどね。そう思われがちなんですよ。お笑いを通し
    >て、障害者への偏見をなくすため、勇気づけるためにやってるのでは
    >と。僕のネタを見て勇気づけられるのであれば、障害があってもなくて
    >も構わない」ときっぱり。

    きっと、ここなんだろうな。大切なことは。
    もちろん、障害を持って行動することでたくさんの人を元気付ける人もいる。だけど、障害を持ってスポーツ/お笑い/働くから、元気付けなきゃいけないのか?何かを主張しなきゃいけないのか?逆に、健常者はどうなのか?
    そこに対する、シンプルながら鋭い指摘だと思う。
    折しもパラリンピックの開催が目前。彼の言葉を噛みしめたい。

    +5454-312

  2. 浜田の黒塗りをとやかく言ったやつはこの人のネタで絶対笑ってはいけないと思う。本人は笑ってほしいと思っていても。本人が良くても差別は差別という考えじゃないとあの黒塗りを問題にできないと思うから。

    +4-3

  3. 個人的にはセンターマイク1本で勝負するピン芸人は応援したい。
    だいたひかるとあべこうじもこのスタイルで優勝してるしキャプテン渡辺も面白かった。

    +150-4

  4. 目の見えない世界…想像を絶するけど、きっと目が見えない人にとったら見える世界は想像を絶するだろうなあ。自虐すぎないネタなら好きかも。目が見える見えないは関係なく、努力が花咲きますように!!!

    +13-3

  5. NHKの賞レースみた。オーソドックスなザ・漫談。
    ネタ終わりの岩尾との掛け合いも面白かった。

    +3-1

  6. 頑張って。応援してます。

    +51-5

  7. 差別だなんだ言われなきゃいいけど

    +3-1

  8. 今までもハウス加賀屋やホーキング青山とかいたけど、これから増えるんやろうな。
    この人のはまだネタ観ていないからなんともいえないけど、あそどっぐまで行くと絡む方もどうなんやろう。
    ダウンタウン浜田さんとか普通にしばくんかな。

    +5-0

  9. NHKの決勝を見たがネタもさることながらその後のMC、審査員との会話が非常に軽妙で達者だなと感じた。
    記事の障害者を元気付けたい云々のくだりにも繋がるが、そういう美談めいた雰囲気をぶち壊しに行く様が好感がもてる。
    もちろん他の障害者の方に勇気を与えるために頑張っている方は大勢いてそれはそれで素晴らしい活動だが、みんながみんなそんな高潔な行動原理じゃないよなぁと。
    ちゃんと実力のある人だから、話題性のために決勝に上げられたと思われないといいが。
    決勝期待しています!!

    +2-0

  10. ビッキーズ、ハリガネロックといったら全盛期のオンバトじゃないか。
    芸人さんたちの評判は良くなかったみたいだけど、ずっと続いてほしかったな。
    影響力はすごいのに終わっちゃって残念。

    +0-0

  11. 濱田祐太郎さんのお笑いは、障害とか健常の細かい違いを超えてやりたいことをやっているだけに過ぎない。
    それをタイトルに異色芸人とか、文面に他の障害を持つ人を勇気づけていると思いますかという質問をしたり。
    そりゃ、障害という意識にとらわれていないのだから、勇気づけているつもりはないと言うでしょうね。
    もっとありのまま受け入れて、笑わせてもらったら良いだけなのではないの?
    記者に偏見あるのかな?

    +205-13

  12. 障害があるかどうかは関係ない。
    面白いかどうか、それが全て。

    +6-1

  13. 凄いと思うけど、笑えないと思う。
    そんな自分が嫌だと思う。

    +171-55

  14. また話題先行型の芸人?

    +11-1

  15. NHKの漫才コンテストかなんかで初めて見ましたが、面白かったです。
    普通のしゃべりも面白かった。もっとテレビで見たいなー。

    +22-3

  16. 障害をネタにしたお笑い芸人ならすでにホーキンス青山がいるが?
    なぜR-1ネタだと注目される?
    まあ、それだ判官贔屓というか、記事に注目させたいのかTV局の策略か?
    ホーキンス青山のネタも障害をフィルターにかけた自虐ネタ。でも濱田よりスパイスがかかってるけどね。
    とはいえこういったハンディキャップをものともせずにいろんな世界で活躍する人が増える事はいい事だね。

    +18-11

  17. 「他ににやりたいことがないから。マッサージ師をやりたいと少しでも思ったら、そっちの道を進んでいる。子供の時に見た漫才にはまって、お笑いに憧れ続けている」

    純粋さに心を打たれる

    +14-2

  18. この芸人さん頑張ってほしい。
    応援します。

    +5-2

  19. ビッキーズもハリガネロックも解散したけど…もしかして、オンバト世代かな?

    +43-4

  20. 頑張ってほしい。

    でも、難しいことだとも思う。
    なぜなら、どんなネタで、どんな笑いが起きても、それを障害を持つ人がやっていることだ、というフィルターは絶対に外すことができないから。差別意識を抜きにしても、濱田さんの在り様は変わらないわけだから。

    全盲の芸人として、取り上げられるのが良いことなのか?という意見もあるけど、じゃあ濱田さんを紹介するときに、その事実を全く省けと?それこそ差別だし、区別になる。

    障害と笑いという背反的なものが両立している状態をどこまで純粋な笑いで吹き飛ばせるのか、頑張ってほしい。

    +131-24

  21. R-1って毎回笑いってなんだっけって考えさせられて、この番組でほぼ笑ったことない。

    +1-0

  22. 実力のみで判断するのが平等ってもんだろうけど
    優遇してもらってこそ平等って考えの人から
    おまけしてもらったんじゃないのー?とか言われそうで嫌だろうね。

    +8-1

  23. お正月かな?
    それくらいにテレビで初めてネタを見たけど面白かった!
    頑張って欲しい!

    +16-4

  24. 「笑わなければ点数は入れない。笑えたら点数入れる。」
    このシンプルな評価を全ての人がきちんとできるかどうかだ。
    ほんの1点でも「目が見えないのに」とか「障がい者だから」で
    点数入れれば、それは八百長みたいなもんだし、彼の本意では
    無いだろう。

    +84-3

  25. 自分は身体障害者ですけど。
    女芸人が見た目を笑いにできるけど
    障害って運命だと思っていて
    でも、見た目もある意味運命だよね。
    どうしても特有の「頑張ってます!」感が出るのかな。

    +58-6

  26. 頑張ってほしいね!
    でも、決勝進出メンバーがショボ過ぎる。

    +0-0

  27. この人の凄いところは言葉遣いのセンスの良さ。

    今の若手お笑いって結局ギャーギャー騒いでるだけで後には何残らないその場しのぎの芸。

    10年後、20年後でも必ず生き残れる芸人さんだし頑張ってほしい。

    +13-1

  28. たとえ障がいがあったとしても、面白い人は面白い、性格が悪い奴は性格は悪い、考えが素晴らしい方は考えが素晴らしい。健常者は、障がいがある人に対して、障がいばかり気にして個性を見ない場合が多い。障がいがある方の中でも、話が面白い人は結構いますよ。

    私は五体満足に生活できているが、ちゃんと個性を見れるようになりたい。広い視野で物事を見れるようになりたい。

    +17-2

  29. 私の兄弟も高校の時に病気が原因で全盲になりました。中途障害者は精神的に立ち直るのが大変で、20年経った今でも「見えてたら…見えていたときは」と言い、将来への不安も合わせてふさぎ込むときがあります。こういう方がテレビで活躍されることによって、少しでも前向きになってくれたら…と思うので、頑張っていただきたいです♪応援しています!!

    +1-0

  30. この方が自分をネタにしてるのは、ハゲてる芸人が自虐でハゲネタをするのと同じ感覚でやっているだけなのかなと思う。ネタの動画見たけど、滑舌よくて聞きやすいしテンポもいいし、面白かった。こういう記事が出る事で、特別感が出てしまう気もするけど、お笑いが大好きで芸人になった他の方々となんら変わらないのだと思う。新しいネタも見てみたい。

    +196-14

  31. 以前、NHKで聴覚障害の人たちが集まる居酒屋特集やってたけど、手話ができない人には店主が通訳して、みんなでジョークを言い合ったりしてて楽しんでる様子がいいなーと思いました。

    障害のある方々もこうやって芸人として活躍できるようになってきたのは、人と人との間のバリアフリー化にもなるだろうし活躍を期待しています。

    もちろん、中には不快に思われる方々もいると思うので、難しいことでもあるとは思いますが、彼の挑戦していく姿勢は尊敬します。

    +3-1

  32. 濱田さんがR−1でやりたいのは、「全盲の」と言う所をこんなに過剰にピックアップされる事なんだろうか。
    時に感心する我々が知らないことを教えてくれたり、時にちょっと辛かったことを自虐的に笑いにしたり、確かに濱田さんにしかできない漫談がウリだけど。
    結局、差別心を一番大きく持ち、話題にしようとするのはマスコミなんだろうな。

    +110-15

  33. いい話だ頑張れ

    +3-0

  34. >「目の不自由な人をサポートする仕組みはないから、どこまでできるか分からない」

    その後多少なりとも状況は変わったのかね?
    お笑いをやりたい人の可能性を引き出すためにも、できるだけ不便さを無くすしくみを作ってほしい。

    +1-0

  35. 確かにラジオ向きかも

    +91-15

  36. 他人を嘲笑うのはよくないが、自分から笑いのネタにするのはいい。
    障害者に勇気を与える、とか大上段に構えないのもいい。
    ベストを尽くして欲しい。
    まあ「バリバラ」が待ってましたとばかりにレギュラーにするかもしれないが。

    +130-17

  37. 以前この人のネタをラジオで聞いたが、なかなか面白かったです!

    ハンディキャップを笑いたくない人も考慮して「迷ったら笑ってください」て言われてました。

    +5853-416

  38. 頑張って欲しい。

    +4-0

  39. こういう取り上げ方こそ、差別。本人も望んでないやろ。面白いか面白くないかだけでいい。

    +1-0

  40. この人がお笑いで成功するかどうか今の段階ではわからないが、カッコいいと思った

    +29-9

  41. 何本か今、動画を観てみた。
    喋りがハキハキしてて聴きやすいね。
    ただ、バリアフリーではなく観客との間に段差があるようだ。

    +6-0

  42. 障碍ネタっていうのはバッシングの関係で
    ご本人じゃないと出来ないところもありますからね
    自分のハンデや弱点を活かしてほしいと思います

    こうした自虐路線は
    乙武さんが拓いたところもありますから
    乙武さんの功績や偉大さも感じたりするわけです

    本当の意味でのバリアフリーは
    障碍者、健常者が自主規制なしで
    自由に笑いを表現し

    観客側も
    表面だけではなく
    演者の真意を理解できる
    土壌を作ることですが

    笑いや価値観っていうのは
    結局は個人の主観になるから

    難しい問題だよね。

    +25-7

  43. この人じゃないけど、障害で寝たきりのお笑い芸人の方がいて、自虐ネタを連発していたが、
    正直、笑えなかったし、そもそも面白くなかった。

    え、お笑い芸人?と思った。

    +3-0

  44. どんなネタやるのかな?
    頑張ってほしいとは思うけど
    自虐ネタ繰り広げられたら
    見てるこっちが辛くなるかも?

    +9-0

  45. そこフューチャーするのおかしくない?
    本人にとっても良いことだとは思えんが

    +15-1

  46. 私、昨日の準決勝の会場に見に行ったけど、本当に頑張ってて、面白いし、応援したくなった。

    けど、もっと面白い人も何人もいたけど落選してました。

    いろいろ思うことがありますが、審査員とは笑いの好みが違うのだな、と思うことにします。

    彼自身は好きです。

    +757-57

  47. 障害のある人を勇気づけたいのか?というのは逆差別かも。そう思う人は思えばいい。やりたいからやっているっていうフラットさがいいな。と思うのも逆差別なのかも知れない

    +1-0

  48. 障害の有る、無しを意識しないようにしても、頭の片隅にそれが残って見てしまうと思います。それでも、自分の中ではできるだけそうした区別をせぬようにし、面白ければ笑い、そうでなければ無関心(面白い、面白くないと言うのは好みの問題だと思いますので否定は特にしないようにしたい。)でいたいと思います。初めて知った方なので、YouTubeで漫談を見ました。正直、爆笑はできませんでしたが、ただ、ここ数年のR-1の流れ?の体を張った芸では無く、漫談というだけあって当然、言葉で笑いを取りにいかれていました。その言葉運びは荒削りでしたが今後に期待できる気がしました。口の巧みさ(テンポ等の総評)は高く、ネタの内容さえ上がれば今年はどうかわかりませんが今後はご活躍できるような気がします。口の巧みさは、天性ではなくすごく努力を重ねていると想像しております。個人的にはラジオで聞いても笑える話が好きなので期待しています。

    +6-3

  49. バラバラのレギュラーとかなりそう

    +0-0

  50. 吉本は所属芸人すらブラック認定するほどお金にはシビアだが、ことダイバーシティに関しては他の芸能事務所より進んでる感じはする。
    チャドとか外国籍タレントは社員扱いにしてビザ取得を助けたりしてるよね。
    もちろんフォローした分金になるという皮算用はあるだろうが、仕事で健常と同様に評価されるというのは、障がい者にとってもブライドを充足できてとても良いことだと思うな。

    +20-1

  51. 素直に面白い。
    喋りだけで笑わせる本当の芸人だと思う。
    応援していきたい!

    +7-3

  52. 差別なく審査お願いします。
    番組見ます(#^.^#)

    +7-3

  53. 関西の賞レースでは、少し間が早かったかな?けど、他の舞台ではめちゃおもしろいので楽しみです。

    +3167-324

  54. 決勝となると点数つけにくいだろうね
    同情票とか言われそうで

    +620-56

  55. 記者は何気ない質問かもしれないけど、差別的表現が含まれているよなって思った。

    +2-2

  56. ごめん、彼は立派だと思うけど、今回、見る気にならない。
    段々メンバーが劣化していくのを感じる
    あっ、彼がというのでなく、全体的にって事ね。

    +7-3

  57. 東京在住であまり関西の情報は流れて来ないけど
    昨年、彼の記事も見て気になっていた。
    東京ではまだ見る機会は無いけど今回のオンエアが楽しみだ。
    あとこの記事を見て少し涙が流れて来た。

    +112-14

  58. 目が見えない人は光は多少見えても
    目を閉じてる状態だから
    よく眠ってしまわないのかと思う。

    +3-2

  59. 難しい所だな~素直に笑えるネタだったら良いけど 自虐ネタだと
    本人は笑ってもらいたいかもしれないけど・・・

    +6-2

  60. 頑張って欲しいわな

    +5-0

  61. “耳だけで客の反応を推し量る。だから、舞台は「毎回、不安になる」。笑いが起きない時は「今日はお客さんがいない」と自らに言い聞かせ、乗り切るようにしているという。”
    この人の出番、テレビで一度だけ見たことがある。
    盲目であることを全面に押し出したネタであったものの、この人自身私がイメージするハンディキャップを抱える人の人格とは全く異なる振る舞いで、何というか素直に面白かったし、良くできているネタだった、何より、その堂々たるパフォーマンスにすごく驚いた。そして、出番後のMCとの絡みも普通に結構面白かった。
    そんな人が内面の感情では、上のようなことであり、何というか、1人の人間が発揮するパワーのすごさを思い知りました。
    盲目ということで、色んなことが想像で成り立っているのでしょうか。お笑いにおいて、かなり重要な要素を占めると思われる想像力。それを養うことが十分な環境であったことは強みなんだろうな

    +13-2

  62. ようつべで見たけど普通に面白かった

    欲を言えば漫談じゃなく漫才でツッコミがいたらもっといいかも

    +34-2

  63. あそどっぐさんといい、この方といい、障害を良い意味で「ネタ」にする芸人さんが増えているのは良いことと思う。いわゆる自虐ネタだとしても。
    ありきたりな言葉になるけども、障害もひっくるめてその人の個性である、と見ている側は素直に受け止められるから。
    障害があるからといってその人が尊いわけではないし、無い方が尊いわけでもない。ただ1人の人間だというだけ。

    +0-0

  64. ネタ見ましたが、ふつーに面白い。若いし、まだ伸びる余地ありって感じだったけど。R-1くらいなら獲るかも。

    +9-3

  65. 昔、盲目の演歌歌手がいたな。
    歌はうまかったが、自分ひとりではマイクの前に
    立つこともできなかった。だんだんTVで見かけることもなくなった。
    歌う以外なにもできないから飽きられたんだろう。
    このひとも物珍しいうちだけでしょう。
    世間はかくも非情なものなんです。

    +3-2

  66. みんなそれぞれ真剣に、人生懸けて頑張ってるだろうから。
    だから特別に上げたり花を持たせようとかは違うと思うから、審査云々はちゃんと同等基準に判断してほしい。ハンデがあるからと過剰に評価したり話題にもなるからとかは無しで。

    +658-50

  67. 障碍を経験してないと分からない世界や気持ちがあると思う。

    海外出身のお笑い芸人と同じようなフィルターで、気楽に見れたら一番いいんだろうけどね。

    健常者からしたら、笑っていいのかどうか分からないデリケートなネタもありそうで、どうなんだろう。

    そう考えるのは、すでに彼らを差別をしてることと同じということも分かってる。

    なんと言ってよいか分からないけど、フィルターや偏見を持たずに接することは、そんな簡単なことじゃない。

    +6-0

  68. 年齢も見た目も国籍も障害も関係ない。
    純粋におもろい奴が勝ち。
    お笑いっていいなと思えました。

    +4-0

  69. 他の芸人さんは絡みにくいだろうね。
    絡み方間違えると炎上しそうだし。

    +16-5

  70. とても良い事だと思う!障害を持っている人がお笑いをやってダメな理由はない、どんどん出てくれば良いと思う

    +1-2

  71. 盲目とか関係なく瞬時に取る笑いでは無いのでテレビや一般向けではないと思った。劇場なら持ち時間フルに使って客を取り込めると思う。声が凄く良くて聞きやすい。盲目だけ独り歩きしないように頑張って欲しいです

    +6-0

  72. 触れているコメントもあるが、
    バリバラ(NHK Eテレ放送。いわゆる何かしらのハンディキャップをもつ人も主体参加でつくる番組)に、ようやく世間一般が、追いついた。

    加えて、乙武氏は(不倫はともかく)、
    障害者によって、感じるプラスマイナスは違うと言うが、それは同意で、いわゆる健常者だって、同じ物事に対して感じ方は違う。

    要は、区別(支援の必要性等も含め)と差別を混同することなく、かつ、幅広く参加が実力込みでも出来るのが、当たり前の日常になれば、それが良い。(ただ、人間、どうしてもそういかないのがある。でも、多様性とか、あと思想がバラバラなのを考えたら、むしろ同一化?同質化?のほうが怖いかも。)

    +44-7

  73. いちいち障害があるからって、人のために頑張ろうとか思わないよな。
    人を笑わせたいって目標があるだけで、今のところは自分のことだけで精一杯だと思うよ。
    もっと、芸が磨かれて自分のスタイルを確立できてさ、周りを見る余裕を持てた時に、初めて他人のためにとか頑張れるんじゃないのかね?

    +8-0

  74. 彼が凄いのは
    1人で舞台に立っているところ
    色んな人に助けられながらだけ
    ど、見えない舞台を前に、1人
    果敢に挑戦しているところ
    ただ、夢を諦めたく無かったか
    ら…

    鍼灸の道に進んでいれば、生活
    も安定していただろうけど、ハン
    デを理由に、夢を諦めて、人生
    後悔したく無かったんだね

    久々に強い漢を見た気がします

    +67-8

  75. 全盲だとマッサージ師って流れが多いんだろうな。
    それもアリだけど自ら本当にやりたいことを仕事にする(したい)って思うことが普通の人でもなかなか難しい中でハンデがある分、努力も半端ないだろうし凄いと思う。
    頑張っている人は応援したくなります。

    +30-4

  76. 賞レースは面白さが全て。
    ハンデキャップを活かすのも、触れないのも自由。

    +18-2

  77. YouTubeで観た限り、フッと笑えた。
    漫談とは、そんなにドッカンドッカンと笑いが起き、常に笑いが続くものでないと理解をしていれば、芸人さんとして面白いと感じられると思うが。
    本番はより一層面白いネタに期待をしたい。

    +494-56

  78. 純粋に面白いかどうか。
    心から面白いと捉えて舞台が観れるかどうか。
    その境目が難しいと思う。

    +42-5

  79. なんだか。読んでて胸が打たれてしまった。
    R-1純粋に楽しみたいと思います。
    私は何か勇気づけられるかもしれません。

    +13-7

  80. 無理してるかもしれないけど、ハンディキャップを物ともしないところが好感が持てる。

    +3-0

  81. はだかはだかと続いて、これもある意味、はだか。
    笑わせてくれると期待したいです。

    +5-0

  82. 全く知らない人だが、おれ笑えるのかな?
    見てるほうが試されそう。

    +5-1

  83. 期待します。

    +8-2

  84. ”「ビッキーズ」「ハリガネロック」をテレビで見て”
    ”見て”とはいったい。彼を応援しないわけではないが記者はもうちょっと書き方なかったのか。

    +5-2

  85. 以前NHKのコンテストに出場されていた時にネタを拝見しましたが、普通に楽しめました。優勝して欲しいです!

    +6-3

  86. まだ見たことない方ですが、頑張って欲しい。

    +3-1

  87. 自分も左目の視力がない。是非応援したいしネタを見て見たい。

    +368-40

  88. ビキビキ!ビッキーズ!ね
    懐かしいわ

    +533-45

  89. ネタが面白く、楽しませてくれるのであれば、何の問題もなし。
    優勝を目指すのみ。

    +30-1

  90. 聞いてみたい。自虐的ネタってことは、ある意味ヒロシの路線なのかな?

    +1-0

  91. 笑えないと思うって事は見てないということ?
    観て笑えないなら全然いいと思う。でも、笑えないと思う、なのだったら観てから言ってあげて。自分を嫌になるのはそれから。

    +11-2

  92. この方ではないけど、以前にも障害を持った方の漫才を聞いたことあるけどとても面白かった。障害を持ってる人の自虐ネタって個人的にはすごく好き。

    +13-5

  93. 「笑ってあげないと悪いかな」という雰囲気をぶち壊せたら、もしかしたらもあるかも。

    +465-46

  94. 芸能人でもアスリートでも何かにつけ「人を勇気づけられたら、、、」とコメントする人が、特にこの10~20年の間に増えたような気がするけど、なんか「おこがましいんじゃないか」って思ってた。
    「勇気をもらった」と人それぞれが感じるのは自由だしよくあることだと思うが。
    濱田氏の自分の気持ちにストレートなところがとてもいいですね。

    +42-4

  95. ぜひ優勝して芸人になって欲しい。
    そんでこいつ使ってみんなが全盲の人にやりたくてもやれないことをドッキリでやってみて欲しい。笑
    歩いてる時にクラクション鳴らしたり、近くで「ミサイルだ!伏せろー!」って叫んでみたり。笑

    +0-2

  96. 「他の障害を持った方を勇気づけたい思いはあるか」と聞かれた時だ。「特にないんですけどね。そう思われがちなんですよ。お笑いを通して、障害者への偏見をなくすため、勇気づけるためにやってるのではと。僕のネタを見て勇気づけられるのであれば、障害があってもなくても構わない」

    このコメントですごく好感持てた。正直というか、素直というか。頑張って欲しいですね。

    +27-1

  97. 自虐ネタで笑えるということは、それだけ理解が深まったということの裏返しかも。
    NHKのバリバラなんか見てても、フツーに笑ったり考えたりできるし。
    良いことだと思う。

    +2-0

  98. お笑いに変えていくのは、有りだと思う。
    肥満、貧困、不細工、人種差別。
    皆んなネタにして笑いにしてる芸人さんがいる。

    車椅子のダンサーがいても有り。

    吉本のザックリした感じが凄いね。

    入学を断る学校も多いのが現実だよ。

    +23-0

  99. 気になったので動画見ました。
    本当に凄い事だと思うが‥面白いと思わなかった。個人的な感想。

    +7-0

  100. 少し同情心を持って見られるところが逆にハンデかとは思うけど、それは乗り越えなければいけない壁と思う。
    頑張って下さい。

    +13-0

  101. 応援はしたいと言う 理由の無い気持ちにはなるな?、先ず ネタを見たことがないので 何とも言えないが。状況がどうであれ ネタが面白くないのに同情やそれ以外の理由で 勝ち上がる様なら、障害者であれ 誰であれ、そこは公平にネタの評価をさせてもらう

    +9-2

  102. 昨年末に放送された「NHK新人お笑い大賞」にも出場してました。
    ネタも面白かったんですが、ネタ終了後に審査員のコメントを聞いたりしながら軽いトークがあったんです。そのやりとりが最高でした。

    フットボールアワー後藤さん「ホンマは見えてるんちゃうの?」
    濱田さん「見えませんよ。佐村河内守さんやないんですから」
    後藤さん「君、持ってるねぇ~!!」

    障害ネタに遠慮ぎみだった客席もしっかりウケてました!!

    +232-11

  103. 優勝して欲しい
    喋りが面白い人に。
    この人面白そう

    +2-1

  104. 障がい者のネタはコンビで考えた事があるよ。自分がテレビでやったら苦情ものだと思うけど、この人は障害持ってるならたぶん大丈夫かと思うよね。

    ネタとしてはおもしろい(おもむき深い系の意味で)んだけど、テレビでやるのは難しい中で、どうなるか結果も楽しみだと思うよね。

    +10-2

  105. 自分と同じような障害者を勇気づけたいとかそんなわけじゃないってゆるっと答えてるところにほんとに本人がお笑いに対して生きる希望をもってやってるような、この人の魂みたいなものを感じる。「誰かに」求められるじゃなく「自分が」。綺麗事じゃないところが魅力的だと思う。

    +0-0

  106. ニャンコスターより遥かに面白い

    +8-1

  107. 笑われへんやろと思って、YouTubeを見たら、結構笑えた。
    化けるかもね。

    +22-5

  108. 先入観あって見た方が本人の狙いなのかな。
    まあどっちにしろ面白ければ笑えば良いし、面白くなければ叩けば良い。
    楽しみに見る側としてそこだけは他の芸人と変えたく無い。

    +2-1

  109. ネタを見てみたけど正統派のしゃべくりでなかなか面白かった
    R-1はキャラが強い人が勝ちやすくて大変だろうけど頑張って欲しい!

    +3-1

  110. こういう人を残すと話題性とか言う短絡的な方はいますが、話題性狙いならつまらなくても一、二年目から決勝に残しますよ。五年間の努力が報われ、面白かったから決勝に来た。

    +1-0

  111. ネタ見てみたい
    面白かったら応援したい

    +13-1

  112. ハンデキャップを持っているということは、健常者にはうかがい知れない苦労があると思う。でも彼は本当にネタで評価をして欲しいんだろうね。ただ、このような報道が大きくなると、やっぱり純粋なネタだけの評価は難しくなっていくだろうなという心配は出てくるかな?

    +67-6

  113. 絶対、優勝してほしいと思うよ。ハンディを乗り越え、一生懸命頑張ってる姿、勇気元気希望感動をいただきました。濱田祐太郎様、絶対全力応援でいくんで、悪を嫌い正義貫く姿勢が自分等のポリシ一、信念!頑張ってください、絶対、優勝!栄冠栄誉を!

    +2-0

  114. 障害者を笑う事は許されない。
    冗談でも。
    そういう教育を受けて来たから障害者の漫談は笑えないでしょ。
    ましてや自虐ネタなんて、と思ったけど、ほんの少し紹介された小ネタでも面白いと思ったし少し笑えた。
    障害者って外観で分かる時もあれば、中身が病んでるため見た目では分からない隠れ障害者もいる。しかも後者は自分が障害者だと気づいていない場合が多い。(横道それた)
    今時ハンデを笑う人は少ないが、ハンデで笑わせようとする人も珍しい。
    面白かったら何でもありなのか。
    ネタは見て見たい。

    +26-10

  115. 前に見たことあるけど、結構面白かったよ!
    一人の芸人として応援してます。

    +3-1

  116. すごいね。よく決勝まで行けたねー

    見た事ないけど笑えんのかな??

    +10-7

  117. 芸人という職業はある意味天職なのかもしれないですね。他の芸人とは違いコントではなくあくまで話だけで人を笑わせる。すなわち、彼自身目が見えなかったからこそ、聴覚だけで世界を想像し人を感動させた芸人に感銘を受けたのかもしれませんね。感覚が研ぎ澄まされていたからこそ、話術で人を笑わせる仕事に一際憧れを持ったのだと思います。私自身耳はあまり良いのでテンポのいい漫才、漫談系は得意ではないのですが、応援しています!

    +1-0

  118. ネタの時に結構緊張してるのかな。これからの活躍を期待しています!

    +4-1

  119. そのうちバリバラにオファーされそうだな。
    あの番組は色んな角度から障がいについて真剣に向き合ってるいい番組。

    +4-1

  120. 見てないけど自虐ネタをされると本気でキツそう。
    視力の事を特別扱いせずに自然に気遣ってあげられれば良いと思う。

    +2-2

Related Post