【日下部保雄の悠悠閑閑】第1回:スリックのスタッドレスタイヤ 「氷上、20年以上、今冬」

 寒い時は寒いところに、暑い時は暑いところに行くのがこのところの行動パターン。ほんとはこの季節、温泉など入ってホッコリしたいんだけど。

 さて今冬もすでに20年以上続いている氷上でのドライビングレッスンを長野県女神湖で行ない、続いては北海道旭川でのジャーナリスト・ミーティングに行ってきた。これは横浜ゴムにお願いしてすでに15年ほど続いている息の長い勉強会で、クルマにとって最重要でありながら、意外と知られていないタイヤをジャーナリスト向けにもっと勉強してみようということから始まった。

 この冬は当然冬用タイヤの勉強会。旭川にある横浜ゴムのタイヤテストセンターで屋内試験場のお披露目も兼ねて行なわれた。今回はコンパウンド違いで雪と氷でグリップがどう違うか。そしてパターンが違うと何が違うのか。さらに冬用タイヤといっても国によって使われるタイヤは違う。これも雪と氷で違いを比べてみようというわけだ。

 インパクトの大きかったのはコンパウンド違いのタイヤだ。純粋にゴム比較を確認するのでタイヤはスリック、つまりパターンがない。これに最新のスタッドレスのコンパウンドと欧州で使われるウィンター用タイヤのコンパウンドを搭載したタイヤを乗り比べた。氷のブレーキは最新のスタッドレスが圧勝で、雪上の8の字旋回でもハンドルの効きが全く違う。そもそもスリックで雪上を走れることに皆、驚いた様子だ。

 スタッドレスタイヤはレーシングタイヤのように接地面積でグルップを稼いでいる面もあるので接地面積の大きなスリックタイヤは実は有利なのだ。ただこれは管理された屋内試験場だからこその比較実験。実際はさまざまな路面を走らなければならないタイヤは氷では荷重がかかるだけで氷とタイヤの間に水幕ができる。それが滑る原因となってしまうが、それを排水する溝や、タイヤに細かく刻まれたカーフと呼ばれる溝で氷を齧るようにグリップすることもできるので、パターンは重要なのだ。もちろんスリックタイヤでは法律上も公道は走れない。

 そしてパターンではブロックが氷や雪に接地した時に倒れないように、ブロック同士がお互いに支え合うような複雑な内部構造が重要であることも再確認できた。

 そのほかにも世界の地域ごとの冬用タイヤの実力を垣間見ることができたし、なかなか実のある勉強会でした。

みんなの意見・感想

  1. スタッドレスタイヤはスタッドもレスに加わり安全性もレス

    止まれなくて、滑って、事故る

    レスじゃなくロストにならない方法はないのかな?

    +8-40

  2. 羊頭狗肉。
    中身の無い記事だなぁ。
    原理が理解できてないのが見て取れる。
    わからない事は書くな。
    恥を書くだけだ。

    +1-1

  3. 結局、なにが安全に走行できるのか?軽い車体で四駆でスタッドレスタイヤの4つにチェーン巻いてスプレーチェーンを吹きつけるとか…?

    +8-4

  4. 公道を走れないスリックタイヤのインプレッションされても…(ー ー;)

    +23-2

  5. 何気なくぶっ混んできた漢字「齧る」←読めました?「かじる」ガブっとね「噛る」←でいいんじゃない

    +1-0

  6. 国産メーカーのスタッドレスのコンパウンドが優れてると言いたいのだろうがもう少し具体的に

    +29-4

  7. 第1回と言う事は又続くのか┐(-。ー;)┌

    +8-1

  8. スリックのスタッドレスタイヤって。。。

    見た目からして普通に危険を感じるし(笑)

    +13-5

  9. 題名で誘って内容も結論も無い。いらんわこんな記事。

    +5-0

  10. 溝のないタイヤ履いたことないだろー?
    えっへん。

    +9-17

  11. この記事を読んだ読者には、著者が何を述べたいのか伝わりません。

    記事投稿を日記の様に掲載しないで下さい。

    スタッドレス云々言ってますが、残念ながらスパイクタイヤが1番雪上では優れていますよ。

    +29-11

  12. 日記か?

    +27-1

  13. 全体の流れからして
    最後の文末は・・・でした。ではなく
    ・・・だった。だろうね。

    +0-0

  14. 日記ですか?

    レポートならもう少し写真や数値で
    違いを教えてもらわないと

    +15-0

  15. 本文の中間に、「グルップ」と書いてありますね。誤字を確認してから記載しましょう。

    +2-0

  16. で、何が言いたい?

    +33-7

  17. とにもかくにもスタッドレスの寿命を延ばしてほしいです。
    6シーズン乗れれば最高

    +9-0

  18. グリップ アウト~!!!

    +6-4

  19. やれやれ

    はあ~~~~~~

    +4-0

  20. おいおい、レポートになってないぞ。チラッとブログに書く様なことだけで良いのか?

    +23-3

  21. なんだよこの記事は。尻すぼみじゃねえか。

    +1-0

  22. タイヤ販売会社勤務経験者です。
    昔、スケートリンクで各社のスタッドレスタイヤ乗り比べした時にスタッドレスタイヤのコンパウンドのスリックタイヤ装着車に乗りました、氷面が乾いているときは驚くほどグリップしますが、氷面が溶けて水があると全くと言っていいほどグリップしません。
    単なる実験ですね、一般道の走行には何の参考にもなりません。

    +66-38

  23. 極寒の地だとタイヤによって溶けた水が瞬時に凍るからスリックでも走れると聞いたことがあるのを思い出した。

    +2-0

  24. グルップって、新しい言い方かと思ったが単なる打ち間違いかー。

    松任谷さんのラグジュアリー → ラクシュリーみたいなもんかと思ったわ。

    +17-2

  25. 公道で使えないスリックタイヤの話しをされてもね…。

    +4-0

  26. グルップ?カーフ?

    +13-3

  27. え?

    +34-8

  28. この記事は、結構面白い内容になるかと思います。
    一般の考えの1つ上を行く内容だと思います。

    +3-1