奨学金受けた息子亡くし8年、夫婦に265万円の督促状(ジネディーヌ・ジダン、堺市)

■奨学金破産

 手元にはA4封筒の束がある。中には奨学金の貸与が決まったことを告げる、日本学生支援機構からの通知。埼玉県立蕨(わらび)高校の仲野研(けん)教諭(59)は高3の生徒たちに配り、呼びかけた。

 「開ける前に、自分が月々、いくら借りることになるのか封筒の端に書いてごらん」

 正しく書ける生徒は約100人のうち7割ほど。「じゃあ、大学を卒業したら、どれぐらいの金額になる?」「毎月、いくらずつ返す?」。ペンをもつ生徒たちの手が止まった。

 仲野教諭らが担う「奨学金」事務は、申請書類を集めて機構に送るなど、手続きを支えるのが役割だ。作業は単純だが、数百万円単位のお金に関わるだけに責任は大きい。

 「私が借りた40年前と違い、いまは利子がつく場合もあるし、回収は厳しい。借りるデメリットも知らせないと、子どもたちを窮地に追いやりかねない」。生徒や保護者には、「奨学金といってもローンです」と伝えている。

     ◇

 0・37%――。

 機構が2016年度、回収が難しいと見込んだ奨学金約1690億円のうち、実際に債権回収をあきらめた割合だ。同じように税金をもとに事業を運営する機関では、教育ローンなどを貸す日本政策金融公庫(国民生活事業)12・3%、個人向けに融資する商工組合中央金庫6・4%。比べると、桁違いに低い。

 機構は、債権放棄の基準をこう定めている。

 〈返還未済額が1万円未満でかつ2年以上無応答〉

 つまり、1万円でも残額があり、2年前まで連絡がついていれば請求を続ける。例外は自己破産、行方不明など。本人が死亡しても、債権を放棄するとは限らない。

 12年秋、北海道の港町に暮らす夫婦のもとに、265万円の一括返還を求める督促状が届いた。39歳の息子を膵臓(すいぞう)がんで亡くし、8年がたっていた。「なんで、いまごろ」。連帯保証人である夫宛ての書類を見ると、息子は借りた185万円のうち80万円ほど返していた。残金と利息の合計123万円に加えて、延滞金が142万円。延滞金は死後の分も含まれていた。

 妻(77)が機構に電話をすると、担当者は言った。「払えなければ裁判になります」。脅されているようだ、と感じた。

みんなの意見・感想

  1. 朝日は新入学シーズンになると進学の意思を削ぐようなネガティブな記事のオンパレードですね。
    どうやっても苦学生を虐める国家権力の横暴にこじつけたいだけみたいです。
    真面目に返還している人が一番かわいそうという発想はないみたいです。

    +222-68

  2. そりゃ当人が死んでようと返すのは当たり前だろ
    自分たちに都合が言いように物事を考えるなよ

    +117-18

  3. 「奨学金」という名前を一刻も早くやめるべきです。もし使うのならば、返済のない支給型に限定すべきだと思います。
    教育資金の性質上無利子は理解できますが、「学生ローン」である以上、担保と連帯保証人は必要かと思います。
    常識のある普通の親子さんなら、自分の子供の教育資金は学資保険など計画的に準備するものです。

    +295-20

  4. 息子さんが若くして亡くなったのは悲しいことだけど、息子さんの債務の連帯保証人で、かつ、息子さんの債務を相続してるだろうから払わないといけない。
    機関保証にして、かつ、相続放棄をしていれば払わずに済んだはず。
    私も大学院まで奨学金を借りましたが、親に迷惑をかけたくなかったので機関保証にしました。
    もちろん保証料分、振り込まれる金額は減りますが。

    +147-7

  5. 機構側には何ら落ち度はない。借りた金は返すのが当然だ。親だって、保証人になっている以上、知らなかったでは済まないことだ。

    +49-3

  6. 今現在、借りている身としてはしっかりしなきゃと思う。月10万以上借りてるから最低金額で返していったとしても40過ぎまで支払いに追われる。母からも結婚して専業主婦になろうなんて甘い考え通用しないよって言われてるし、借りてる以上返さないと。
    親にも保証人になってくれてる叔母にも迷惑はかけれない。
    ふと思ったけど、この記事のご両親が奨学金の存在を忘れていることに驚いた。

    +1244-63

  7. 借りていた事実があり、其れは親も知っていたでしょう。病気になった時点で返済猶予の手続きをするのは当然ですし、大変な時期でもあったでしょうが親としてすべきことを何年もしてこなかったことは自己責任でもあります。その点に関しては申し訳無いですが同情は出来ないです。借りる=返す️返済が無くなるわけではないのですから。

    +73-1

  8. 連帯保証人の意味分かってないのかな?

    +40-3

  9. なんで朝日新聞は、こんなお涙ちょうだいのような書き方するんや?

    借りたものは返さなければいけないが、若い人への投資として機能せず、今や単なる金貸しでしかなくなってるのが奨学金の問題点。感情論では問題が解決しない。

    +930-71

  10. 借りたものを返すのは当たり前だと思うんだけど。。。なんで奨学金だけこんなに問題になるのかなぁ?

    +40-5

  11. まぁ借りたなら返さなければ。
    しかし、そんなにも返せないものなのかな?その気になれば年100万くらいなら普通に返せると思うけど。

    +416-54

  12. そりゃあ、借りたものは返さないといけない
    連絡できないから「まぁ、いっか」で済ませられるほど甘くはない

    奨学金という名前を使わずに学生ローンとか、勉学借金とかにすれば利用者は減りそう

    本筋には関係ないけど、こんな事務作業までしなければならない教師は本当に多忙ですね
    国内でもワーストくらいに過酷な仕事ですね

    +108-9

  13. 連帯保証人になったのなら、支払う義務はあると思うんだけど、1回遅れただけでも、督促が来るんじゃないの?
    連帯保証人にも、すぐ連絡行きそうだけど、違うの?
    8年も経ってからって、それ普通なの?
    変じゃないですか?

    +572-35

  14. 奨学金とはいえ、実質は生活費のための借り入れですので、
    本人が返済できなくなれば、保証人として返済してください。
    生命保険金でも掛けておけば良かったですね。

    +72-6

  15. 借りたものは返す、当たり前です。私は奨学金借りてませんが、親が頑張ってくれたんだと感謝しています。また、奨学金は借りる側のモラルも問われると思います。知り合いで、大学を出てすぐに専門学校に行った人がいて、まるまる7年奨学金を借りていました。合計500万くらいと言っていました。その人は奨学金借りて、バイトもせず、借りたお金で韓国アイドルの追っかけをして。そんな人は一部かもしれませんが、しっかり返済させて欲しいと思いました。

    +140-6

  16. 気の毒といえば気の毒だが
    185万ぐらいまともな職について真面目に働いて返済すれば5〜6年で完済できないか?
    金利も低いし余裕を持った計画を立てたとしてどんなに長くても10年あれば返せる金額なのに
    これだけ残高が残ってるのは
    体壊したとか辛い理由があったのかね…

    あと流石に8年も督促が行ってなかったとは思えないので
    正確な記事ではないと思う
    債権者側の視点の情報が足りないかな

    +1091-72

  17. 失踪した息子の奨学金を全額返した母親の話を日本育英会の会報で読んだことがあります。
    このお母さんは理不尽だとは思っていたようですが必死に返し続けたそうです。
    このお母さんを自分は尊敬しています。

    +53-14

  18. 記事を読んだ正直な感想は、
    単純に相続手続きに漏れがあって、
    連絡と返済の義務を過失がないとは言え怠っていたのだから、
    機構としては当然の対応。

    延滞部分の請求額が幾らになるかが争いどころになるけど、
    それは民事で調整するべきものだと思う。

    うっかりミスで連帯保証人が返済を回避できるとなると、
    そもそもの契約が成り立たなくなる。

    この事案に問題提起するのであれば、
    朝日新聞が弁護士をつけてあげて調停の手助けをするぐらいの話。

    世論に訴えて税金を投入させようと考えているのであれば、筋が違うように感じる

    +706-49

  19. 借りたものを返さなくていい世の中になった方が良いのですか?泥棒じゃないですか?
    制度的には無償になった方が良いとは思いますが、その費用は誰が補填するのですか?
    国が補填するということは納税者の税金が使われることになりますよね?
    アホンダラな大学生に税金使っていいのですか?
    意味のある投資をしたいものです。

    +225-14

  20. >連帯保証人である夫宛ての書類を見ると

    気の毒だが 督促状が届くのは当たり前だな

    なんの社会的信用もない学生に何百万円を無利子or低利子かつ無担保で貸してくれるだけでもありがたい

    文句など口が裂けても言えん

    +67-3

  21. 奨学金の問題は陰の部分だけ報道され過ぎだと思う。
    例えば先日見た記事では関西で私学(文理系は不明)、自宅通学4年で740万の奨学金を受け最後は自己破産した…
    授業料の約400万の他に年間80万という額は無計画と言われても仕方ないのでは?一概に全てそうとは言えないだろうが今貰えるなら貰いたい…後は何とかなる。計画もなく幼稚すぎる学生が多いのも現実

    +382-25

  22. 借りたものを返すのは当たり前。親が出さないという事は、まだ働き口も決まっていない子供にローンを背負わせるという事。
    利用するのは便利だし結構だが、親として何かあった時は責任を取るくらいじゃなければ。
    両親が揃っていて、学費の工面も出来ないような暮らし振りだったのか?
    うちは利用しなかったが、もし使うなら親が返してやろうと思っていた。
    この就職難で、例え生きていても子供には荷が重いぞ。

    +4261-626

  23. 気の毒だが支払いすべきだと思う

    +52-4

  24. 年代からいうと育英会の第二種奨学金と予想されることから、
    返還期間は15年以内だと思われます。39歳までに完済して
    いないことや、80万円しか返還していないことをみれば
    本人は、途中で返すつもりがなくなり、意図的に延滞をしていると推測されます。
    返還猶予手続きをしていれば別ですが、機構側からみれば、
    かなり悪質と判断されるでしょうから、
    同情の余地はないのではないでしょうか。

    +58-1

  25. 奨学金というというより、学生ローンて名前にした方がイメージ掴みやすいような。

    +9331-311

  26. 昔は奨学金とは優秀な学生が受けられるものというイメージでしたが
    今は誰でも受けられるのですね、でも返さなきゃいけない
    優秀だけれど経済的な理由で進学をあきらめざるを得ない学生には
    返済不要の奨学金を受けられるようにすべきですが
    誰でも入れるような大学にとりあえず進学しておきたいという
    学力も経済力も意欲もない学生にはお金貸さない方がいいと思います

    企業も慈善事業ではないのですから大学を出たというだけで
    高い初任給を払ってまで無名大学卒の学生を取りたいと思えません
    学力も経済力も意欲もない学生はできるだけ早く社会に出て
    せめて経験というアドバンテージだけは手に入れる
    それでいいでしょう

    借りたお金は絶対に返す
    返す当てのない借金は絶対にしない
    社会生活の根幹です

    +56-0

  27. 近年朝日新聞などで、奨学金の返済に苦しむ本人や家族を描写する記事を目にする機会が増えていて、奨学金に苦しむ本人や保証人というテーマだけ与えられるのですが、何のためのテーマなのかよくわからない記事が多くないですか?
    何を伝えたいのか実際の所よくわからないんですよね。

    家計が厳しくて大学へ行けない。でも夢や目標があった。学ぶ権利を行使して国から借金した。…が、卒業後は社会の厳しさに直面した。
    毎月の返済義務が本人や保証人に重くのしかかってくる。
    国からは今も督促状が届く。国の担当者の要求が脅しに聞こえる。

    と、そういう流れで共通していますが、朝日新聞だったらどうなんでしょうか。個人でも企業でも、貸したお金が返済されなければ相応の手段を法的な面も含め検討し、当然それをされる側にとっては精神的に圧力になるでしょう。
    それで何でしょうか?と。
    テーマだけで記事の視線の方向や目的が伝わらず…です。

    +95-5

  28. 書き方に不公平さを感じる。可愛そうだとは思うが、返すのは義務。それを承知で借りたはず。8年間連絡しなかった機構もどうかと思うが、8年間息子の奨学金の事をただの一度も思い出さなかったとは言わせない。こんな偏った目線の記事を書くようなライター辞めさせろ

    +74-4

  29. 自分は奨学金借りる時に卒業後毎月いくら返して何年かかりますって聞いてたけどなぁ。親と兄に保証人になってもらってたから絶対迷惑はかけられんと思った記憶もある。
    厳しいこと言うとこの記事に出てる方の息子が39になっても親に迷惑をかける息子だったと言うこと。奨学金機構はやるべき事を粛々とやってるに過ぎないと思うがね。保証人になるってそういう事でしょ?

    +377-29

  30. 保証人は自分が借りるのと同じくらいのリスクがあるのに、甘く考えすぎ。

    +74-5

  31. 中学卒業迄のタイミングで世の中の職業と学歴と収入について学んだ方が良いと思う。
    中高あたりの学校と社会が完全に分離しすぎてて、何したいのかとか、どう稼いでいくのか、
    全然分からないまま何となく高校大学の受験戦争するのは不幸でしかないでしょう。
    高専や、普通科でも余裕のあるレベルに落として、資格なり取った方が遥かに将来役に立つ人間になれるし、稼ぎも多くなる。
    でも学校じゃそんな事教わらないし、大抵の親もそんな事教えない。自分も後悔した癖にね。
    結局将来、金をどうやって稼ぐのかが一番大事なのに、日本はそこを教えないし、考えさせないw
    普通科高校とか、将来使わないだろう不要な教科は時間の無駄でしかない。
    もっと将来に繋がる勉強を、好きなタイミングで細かく選んでいけるシステムにしないと。

    まぁー何が言いたいのかと言うと無理に大学行っても稼げなきゃ意味がない。ほんとに借金してまで進学必要か?と

    +129-11

  32. 私も借りましたが返済方法は選べます。

    無理なくボーナス返済をせずに平均的に払って行く方法を選べば返済出来ます。去年12年間の返済が終わりました。

    返済出来ない人は連絡を入れる事で返済を伸ばしてくれる処置もあったはずです。

    返済不能なら連絡を入れる事は借りた者としてはしなければならない事だと思います。
    連帯保証人になったのであれば返済を把握しておくべきではなかったでしょうか。
    私は定期的に報告していました。

    また、お子様が急に亡くなられた事はとても大変だったと思います。
    私も最近体験しましたが亡くなった者の通帳の引き落としから返済のある物を探して一つ一つと連絡を取りました。

    しなくてはならない事をしなかった結果であって、奨学金を貸してくれた方を非難するのは間違っています。

    +50-3

  33. 途中闘病で返す余裕がなかったとしても、39歳で80万しか返済してない上に、猶予申請もしてないって…。
    親だって、自分が保証人になった奨学金のことをすっかり忘れるもの?
    お金を借りたからには、保証人になったからには最低限やるべきことがある。
    それを怠った結果がこれなだけ。
    亡くなられたのは本当に気の毒だが、同情の余地はない。

    +60-2

  34. 息子が亡くなった時に資産借り入れを確認しなかったのか?この両親も甘い。

    +206-11

  35. 記事も一方的過ぎる。
    借りたお金も元々は税金。
    自分が個人的に貸してたらやはり返して欲しい。
    ただ、相談にはのります。

    +42-3

  36. 高校の進学説明会では、奨学金を借りるように推進する。うちだってギリギリの生活だけど、子供は借りない、返金無しの奨学金が出るとこを探して、半額免除する大学に進学した。親として安易に借りるものではないです。

    +4799-291

  37. 基本的には、借りたものは返すべき。
    親が連帯保証人になっていないなら、払う必要はないけど、
    なっているならもちろん支払い義務有り。
    裁判になって、万に一つでも支払わなくて済む可能性があるのなら、
    裁判を受ければいいのでは?
    結果的に支払わなければならないのなら払いましょう。
    借金も息子さんの遺産です。

    +48-3

  38. 私は、3人の子供がいる母親です。子供には、公平に教育を受けて欲しかったので産まれる前から学資資金を貯めていました。
    しかし、夫が学資資金を全て使ってしまった上、借金をしたため、離婚しました。
    一番上の子が中学2年の時です。
    それからは、生活の為にも死ぬ気で働きましたし自分でも資格を取りなんとか、家族4人が生活していきました。
    苦しい生活の中から少しずつ貯金をして学資を貯めましたが3人分の学資には、足らず奨学金制度のお世話になりました。
    今では、3人とも資格を取り、職業についています。
    働いたお給料の中から返済しています。
    今のお給料が頂けるのは、国の奨学金制度のおかげだから感謝しようねと話しています。
    仮に奨学金制度がなければ私の子供たちは、今の職業につくことはできなかったと思います。
    親としては、頂いたチャンスを活かして社会の役に立って欲しいです。

    +67-6

  39. 39歳ってことは卒業してから10年以上は経ってるはずなのに80万しか返してなかったの?

    +60-4

  40. マジでこの手の記事の意味がわからん。死んだ息子の借金払うのは確かに辛いよね。でも息子が借金してその連帯保証人になったら払う義務があるんだよ。知らないわけないよね?息子が死んだことを理由に支払いから逃げてただけでしょ?進学した時にお金を貸してくれた日本学生支援機構に感謝の気持ちがあったら絶対こんなことにはならないはず。日本学生支援機構を悪者にせず、無知な借り手に焦点を当てた記事をかけよと思う。読者に媚びて公平性を失ったメディアに価値はない。

    +64-3

  41. 同情を誘う生地の書き方はおかしい。
    借りたものは返す。
    当たり前のことです。

    +381-22

  42. かわいそうだけど、これは仕方ないと思う。

    +13473-2619

  43. 子供の奨学金だったら、親も把握していたはず。
    お子さんが払えなくなった時点で、親が代わって支払うべきだったかな。。。
    これは仕方ないかも。

    +66-2

  44. そもそもなんで裁判しますが脅しなんだろう?
    裁判所に訴えたことで脅迫罪が成立することはないし、、、もちろん国民性として裁判が怖い存在のようなものは理解しますが。。

    今回の場合、もし機構側が8年間まったく請求などもせず突然請求してきたのであれば、よっぽど裁判をして延滞金の請求は認めないよう第三者に判断してもらえる機会だと思いますが。。。

    まぁ記事の最初の写真がこの請求された人の手元にあるものだとすると、返済が残ってることは知っていて当然なので今さら感もありますがね。

    あとこの記事、最近の奨学金による破産件数増加を受けてのものだと思いますが、どうにも結果や結論もないし、これを読んで奨学金は怖いと思ってくださいとのメッセージだけで、この老夫婦のことはいいように使われただけの意味がない記事だとも思います。

    +110-4

  45. 未払いの人がどんな職種に就いてるかも気になりますね。つーか利子半端ないな

    +1097-86

  46. これは仕方ないと思う。息子さんが亡くなった時に遺産整理をきちんとするべき。相続放棄するにしても期限があるので、申請をしていないのなら負の遺産も相続すると認めたということ。

    +43-4

  47. 相続放棄やね

    +107-23

  48. 借りたお金は返すのが筋
    貸したほうが悪っていうのは筋通らないよ笑

    悪徳高利貸しじゃないんだし、息子が死んだときに残額確認しなかったのは、あわよくばっていう考えがあったはず
    いい年してそんなことしちゃだめだよ笑

    +72-11

  49. 安易に3流大学を認可して増やし
    安易に学力がないのに学歴にこだわるから
    ローン組んで大学いく
    世の中にでていくのも遅くなり
    社会人としての生活から結婚も遅くなり
    少子化に拍車がかかってる

    +110-8

  50. 知人が総額1200万の奨学金を借りて大学へ通ってます。高収入と呼ばれる医学部や司法関係ではありません。反面、親は毎年旅行や趣味だ、レジャーだとお金を使ってます。その分少しでも学費に回して、親は我慢するとかしないのかなと不思議でなりません。この額は普通に返せるのかも疑問だし、保証人になった人はよくなったなぁと思います。貸す方も貸す方で問題だと思います。

    +52-5

  51. もちろん返すのは義務だけど、多分その人は死ぬまではちゃんと返済してたんだよね?
    ならもっと早く連絡してくれれば利子もそんなに増えなかったのに、死んで8年たっての督促。
    まるで利子が増えるのを待って時効前に取り立てって感じ。悪徳金融みたい。

    +5348-578

  52. そりゃ使った分は払わないとな

    +40-2

  53. 借りた金は返さないとダメ。

    +5411-740

  54. 8年間連絡も督促も無しにいきなり一括請求きたのだろうか?大事なところが抜けた記事だな

    +70-1

  55. 気の毒ですがやはり借りた金は返すのが当たり前の事です。

    +401-19

  56. 常にこの手の記事を書くとき、朝日新聞は制度が悪い、国が悪いの論調で記述してしまうが、これは、返さない方が悪いという考え方で書いたらデスクに無条件に跳ねられるのか?毎年、年に一回位は残額状況のお知らせみたいなものが来るんじゃないの?子供の死亡後、その手のお知らせ、転送手続きなども取らず放置していたか、その手の案内が来ていたのに、見ずに捨ててただけなんじゃないの?

    +820-50

  57. なによりまず、奨学金を借りることが決定した高校3年生のうち3割も、自分が借りる金額を知らないことに驚きます。
    概ね2~4年後に自分が返すことになる借金をするのに、金額も分かっていないなんて、そんな愚かな頭で借金をしてまで進学する意味が分かりません。
    連帯保証人の欄に署名した保護者も、申請書を書く段階で子供にそれを教えるべき。

    最近は奨学金制度そのものが叩かれていますが、どう考えても借りた方の意識が足りないです。
    色々事情が…というコメントもよく見かけますが、傷病や急な失業などやむを得ない事情ができた場合は、そういう状態になったときにすぐ奨学金を借りた団体に相談すれば、一時返済保留や月の返済額の減額も対応してくれます。
    返せないと放置して何ヵ月も自分勝手に滞納し、督促状が届いてから慌てて対応するから、相手も厳しい取り立てになる。当たり前のことです。

    +2410-198

  58. 仕方が無いと言えば仕方が無い。
    それが契約だからね。
    ただ死後の利息の分は交渉次第だと思う。
    こういう時、弁護士に頼まなきゃね。

    というか連帯保証人になる形ではなく
    手数料必要だけど保証協会使う選択肢は無かったのかな?

    住宅ローン以外あまり借金すること無い
    サラリーマンだから考え方が甘かったんだと思うけどな。

    とりあえず39歳までで80万しか返していないって、、、、
    踏み倒そうと息子さんはしていたとしか思えないけどな。

    この高校の先生のように利息がどれだけ付いてとか
    しっかり教育現場も説明すべき。
    リボ払いとかいろいろな借金によって苦しむ連中が
    少しでも減るようにね。

    +79-5

  59. 調べたら平均は20年で約400万円の返済と知った。
    月々2万円弱がなぜ返済できず自己破産するんだろうと調べた。
    ①諸々の生活費を引いたら自由に使えるのは5万円程度でそこから返済するから厳しい。
    ②就職したけど体を壊してパート生活となって収入が十数万円しかなく厳しい。
    だいたいこんな感じ。

    ①こっそり副業すれば解決。男なら夜間の力仕事。女なら夜間の水商売。どっちも月に数日で2万円くらい稼げる。
    だからつまり踏み倒そうとしてるやつの言い訳。

    ②貧困の家庭で生まれ育つと栄養が足りず体が弱い。体を崩さない同僚がいるならそれは実家の貧富の差。
    学費が払えないほど親が低収入の家庭は残念ながらこどもも低収入。

    お金ないなら高卒で働いた方がいいんじゃない?
    どんなにやりたいことあってもお金とか条件揃わないなら無理でしょ。
    スポーツでもなんでもそう。
    あきらめて身の丈にあった生活してください。

    +49-10

  60. 準確定申告してるなら気づくと思うけどな。20年経って本人が返し終わってないのも問題だけど額の半分以上が確認を怠ったことでの利息だからね。
    なんというか被害者ヅラが気に食わんね。

    +325-34

  61. 奨学金を軽く考えていたのでは?
    返金したか気にかけていなかったのでは?
    亡くなったからって借金は借金。
    世の中にはしっかり滞りなく返金している人がが大半だし、子を大学に行かせるため、血を吐く思いで働いている人たちが大半です。
    利息ぶんは大変だと思いますが、滞っていたのだから仕方ないと思います。

    +90-4

  62. 息子さんが奨学金を借りていたことはご存知でしたよね?万が一忘れていたとしても、亡くなられていろいろ整理していれば気付くと思います。その時すぐに手続きをしていれば利息はそんなに膨らまなかったでしょうね。

    +2506-236

  63. 39才で亡くなった…、自分は10年返済で終わったけど
    姉は、早く返して安心したいと30才前に終わらせていたなあ
    一部の話なんだろうけど、なんか悲壮感たっぷりに書いてませんか、朝日さん

    +929-60

  64. >妻(77)が機構に電話をすると、担当者は言った。「払えなければ裁判になります」。脅されているようだ、と感じた。

    当然の請求だとしか思えない・・・。
    亡くなった時に何らかの手続きをするのを怠った結果じゃ無いの?

    +808-45

  65. 借りたものを返すのは当たり前のことと思いますが・・・。

    +6693-924

  66. 借金だと知っていて、保証人になったのなら知らなかったではすまされない。ていうか北海道をだしてくるところが印象操作してない?

    +905-78

  67. 保証人になっとったなら、知らなかった訳ではないやろな。ただ8年も経ってからの請求が裁判になった場合多少減額要因の可能性はあるかもしれんな。

    +1324-91

  68. 制度維持のためにもちゃんと返してください。そうでないと将来他の子供たちが借りることができなくなってしまいます。

    +40-2

  69. 父親が連帯保証人なら、なぜ息子さんが亡くなった時に機構に連絡しなかったのだろう?

    連帯保証人として借金(奨学金)を毎月返済する気があるなら、返済口座、住所や電話番号も息子さんから変更しないといけないだろう。

    成人後で親が知らないローンならまだしも、学生中に契約した奨学金なのに‥。

    何故、被害者ぶるのかな?

    +48-4

  70. どんな目的にしても「金を借りたら返さなくてはならない」ので仕方がありませんよね。
    でも心情的には本当に気の毒に思います。
    かといって誰にでも無償の奨学金というのには反対です。
    財政が厳しい中、やる気にない人間や能力のない人間を支援する様な余裕はありません。
    奨学金は「投資」であり、教育という投資に対して将来働く様になったら元本を返済し更に社会に余剰を還元できるからこそ受けられる物です。
    それができない人は「返せなくなる」ので借りるべきではありませんし、逆に借りた以上は「返せる様に」必死で頑張らなくてはなりません。
    慈善の様でいて実は投資だということを理解しておくべきだと思います。

    +1859-154

  71. 借金なんだから、仕方がない。

    +90-10

  72. 確かに今更ではあるが、支払い義務がある限り払わなければならない。定年を超え、収入がない方には気の毒です。

    +15650-1712

  73. これは親が悪いに決まっている。
    督促状が来ても当たり前で、支払いの義務がある。

    亡くなった時にお金の清算をしてないから世間に迷惑かけるのでは?

    +212-11

  74. 奨学金には確か、本人死亡の際に書類を提出すれば返還義務がなくなります。延滞があれば別ですが。

    +59-5

  75. 同情しますが、ご子息が亡くなったからと言って、借りたお金はチャラにはなりません。

    +282-13

  76. やっぱり、教育費は親が貯めておくべきかな。
    無理してでも行かせるのはよっぽど能力ある子どもにするとか。
    大金借りてまで受ける価値のある教育なのか、良く考えないといけないなと感じました。
    周りには、高卒でも手に職付けてバリバリ稼いでる人もいるから、大学だけが全てじゃないと思う。
    でも、教育は付きたい職にも関わるし難しい問題ですね。
    父親が真っ当に働けば、子供2、3人の教育費くらい貯められる社会だったらよかったんですけどね…

    +136-10

  77. ご子息を亡くし、高齢になったご両親に「本人が無くなった後の利子も含めた金額を返せ」と言うのはこくだと思います。

    「せめて、亡くなった後の利子の分は減額」するとか、救済してあげられないのでしょうか。

    私も高校を卒業する時に担任の先生から大学進学を強く勧められましたが、家庭に経済力がないことを理由に断りました。
    今思えばあの時、無理に進学しなくて本当に良かったです。

    本人も大学に進学して学びたいと思わないのに、借金してまで無理して進学し、卒業後はその返済の為に生活に困窮するなんてことになっていたら目も当てられません。

    +47-28

  78. やはり借りたのだから返さないといけないのでしょうね。連帯保証人には義務がありますから。でもっ、ては思います。

    +3833-367

  79. なんで もう少し 早い時期に奨学金の返済を知るきっかけが 無かったのかが 不思議。。。
    息子さん無くした夫婦も息子さんの荷物整理したりしてれば 奨学金の存在に気づいたはずだけどな。。。

    +1315-95

  80. 延滞金がすごい額。これってもっと早い段階で保証人の親に連絡できたんじゃないの…(・・;)

    +69-9

  81. 機構側の不手際はありますが、
    奨学金は返済しないといけないですね。

    しかしながら、
    今回の事例についてはせめて、延滞利息だけでも免除しても良いのではと思います。

    +459-90

  82. 返済は仕方ないかな。

    色んな家庭があり、それぞれの事情はあるとは思うけど、子供が卒業後にどんな職につけるのか、どれ程の収入を得られるのか進学時には判らない。
    行かせてあげたいという親心があるなら、親が学資保険等で対応すれば良いと思う。
    子供が社会に出たときに、親だけに負担をという気持ちでいくらか返済するというなら、甘えればいいんじゃないかな。
    最初から子供に借金背負わすのは違うと思う。

    +50-4

  83. 奨学金(scholarship)とはそもそも給付を前提として返済義務がないものを指す。結局は自分で払うのなら、これは奨学金ではなく学資ローン(student loan)である。貸し付ける側はありがたさを出したいのだろうが、誤解を招くような表現を改めるべきではないか。

    +44-1

  84. この年齢になって、お子さんを亡くして追い打ち的な話はお気の毒ではある。
    機構側もなんでこんな長期間放っておいたのか、
    電話での言いぐさはどうかと思う。
    でも、なぜ奨学金を悪者にするんだろう。

    少なくとも旧育英会、今の支援機構は良心的だと思う。
    返せなくなった場合の救済措置も最初に説明されるし、
    月1万ちょっとくらいの低額返済も選べた(もちろん時間はかかる)。

    借りられなかったら学校行けなかった。ありがたかった。
    踏み倒す人も多いとは聞いたけど、同じような若い人が一人でも助かるようにと思ってチビチビ全額返しました。
    借りた物は返す、どうにも返せないならきちんと手続きして
    ケジメをつけるのが当たり前だと思いますよ。

    +222-12

  85. 奨学金なんて言わずに“進学ローン”とか、借金である事をちゃんと認識さるネーミングにするべきだと思う。
    息子さんが自立してどこまで返済していたかなんて親は確認のしようがなかったかもしれないけれど、奨学金を受ける事は知っていて保証人になっているのだから、借りた分は返済義務はあるとは思う。
    ただ、職員はもっと早く連絡できなかったのかな?とは思う。
    もう少し早めに通知がこれば、親だって連絡を取るだろうし、ここまで延滞金などはなかったのでは?
    なのにじゃあ裁判だと脅すのはどうなんだろうね。

    +47-13

  86. 亡くなったのは気の毒だが、債務は債務。
    存命中に受けた奨学金という名の学生ローン。
    本人が選び、学んだ大学。
    ちゃんと返済はしてください。
    無理なら相談出来る所に伺い立ててください。

    +79-6

  87. 同情はするけど、返済は当たり前。
    借金してまでも、大学に行くべきか考えた方が良い。
    社会人になって、必要と気付いたときに、金銭的な余裕があれば、修学できるようなシステムがあれば良いと思う。
    今思えば大学四年間が一番無駄な時間だった。
    その後深く興味をもって勉強したいことがあったが、やはり仕事優先で叶わなかったなぁ。

    +67-6

  88. 亡くなった人をどうこう言うのはあれだけど、正直、200万なんて普通に10年ぐらい働いてたら返せる額でしょ…亡くなるまでに返せないような給与しか得られてなかったのなら、奨学金を借りてまで進むべき進路だったのかということかと。

    +254-66

  89. 素人ですが
    時効の援用にはならないのかな?
    と、思って調べてみたら
    公庫と信金は
    5年でなく10年なのですね。
    あと2年も待ってくれない筈ですから
    行政書士か弁護士に依頼して
    分割払いの話し合いをして貰ったら方が
    最善かも知れないですね。

    +94-11

  90. 残元金のみに返済すべき。

    司法書士じゃなく弁護士立てるしかない。

    悪質な奨学金だなぁ。

    わざわざ140万円超えるまで待ってたんだね。

    +103-36

  91. >「奨学金といってもローンです」

    保護者にまでこんなこと説明しないといけないの?

    子供が受験のために勉強頑張ってるなら、親だって頑張らなきゃいけないことがたくさんあるのわからないの?

    +196-19

  92. 甘えんな

    +56-13

  93. 亡くなられたのはお気の毒です。
    ところで息子さんはがん保険などにはいってなかったのですか。
    借りたお金を返すのは当然ですし、もし保険がおりてて残っていれば充当することもできるのでは。
    お金のことは計画的に

    +72-1

  94. 正直最初は助かると思って手続きしたやん?こんな事してたら、この制度自体無くなるよ?そしたら困る人がわんさか出ますよ?そんな返済計画無しに借りたんですか?

    +45-4

  95. 借りたお金は返さなければいけないとは思うし、元々は子供の大学の学費は親が用意してやらなければいけないお金。
    それはわかってるけど、大学の学費が高過ぎると思う。子供が一人っ子でなければ莫大な金額がかかる。子供が小さいうちから貯金できればいいんだけど、サラリーマンの親には限界があると思う。

    +478-91

  96. 亡くなったことはかわいそうだがそれとこれとは話しが別。借りたものはきちんと返して当たり前。

    +226-8

  97. 返せないお金ならば高校出て就職の方がいい。

    +67-5

  98. まぁ、大学なんてみんなが行くものではないし。行くことが偉いわけでもなく、偉くないわけでもない。それぞれの人生の単なる一ステージ。
    高校無償化なんてやめて、せめて過去にさかのぼって利子ゼロにするとか。借金なら奨学金て名前やめればいいのに。すべての奨学金をなくして金ある人もない人にも一律10%補助これでいいのでは

    +146-39

  99. それはないだろうがとか色々あるだろうが【借りたもの返す】
    これは否定しようがない。

    +93-6

  100. 借りたお金を返すことと、息子さんが亡くなったことはまるで別の話。

    こういうのを混同して理不尽とか、、、おかしくないですか。

    記者の誘導が不適切で腹立たしい記事だ。

    +132-9

  101. 死んでしまった以降の延滞金は支払い必要なのかな?

    +59-7

  102. 借りたら返す。 息子さんが亡くなったのは残念だが、親も息子が奨学金を受けていた事は知っているはず。被害者ヅラするのはおかしい。

    +49-2

  103. 連帯保証人は借りた本人と同等の支払い義務がありますから請求されるのは仕方ないでしょう。
    ただ、延滞金の80万円については支払いが滞って早い段階で連帯保証人に連絡をすればそこまでにはならなかったはずですから交渉の余地はあるかと思います。

    +151-15

  104. 家族が亡くなった時は普通、遺産があるのか債務は残っていないか、
    そのへんのことはきっちり整理するもんだと思うけどなぁ。
    特に連帯保証までしてたんなら、認識自体がないってのは変かな。
    高校だか大学だか知らないけど、学費を親が出せなかったのか
    そういう教育方針だったのかも分からないけど、杜撰なんじゃない?
    滞納分に関しては可哀想だと思うけど、元本分は同情できないな。

    +156-10

  105. まー、連帯保証人だからね。仕方ないとは思う。社会人としては、息子さんが亡くなられたときに、借金や財産を確認するべきでしょう。8年たって連絡が来たと言う前に大人として調べるべきだったかと。可哀相ではありますが、大人としては仕方ないと思います。

    +115-7

  106. 奨学金は借金。
    確かに年月は経っているのかもしれないがそれは関係ない話。
    年月が経っていても借金はなくならない。
    連帯保証人に行くのは当たり前。
    借りた場所にもよるのだろうけど国民の税金からでてる場合もある。

    +719-46

  107. 息子さんが働き始めの20代中頃ならまだしも、30後半。
    病気や死亡保障のついた生命保険に入っていなかったのでしょうか?

    保険会社の人間ではないので細かくわかりませんが、保険に入っていたら保険金で返済できたのでは?
    医療費用も高そうだし、がん保険だけは必須だと思ってます。

    +353-18

  108. うちの息子も親の不甲斐なさで奨学金を満額御借りして大学を出ました。社会人3年目ですが、頑張って借金は要らねと言い給料の大半を入れあと数年で返す予定でいるようです。遊んで返さない人と比べれば自慢の子です。

    +108-20

  109. 借りた金は返すのが当たり前だと思う。

    別に大学に進学しなくても高卒で就職したっていいと思うけどね。借金しないと進学できない家庭ならなおのこと。

    +217-9

  110. 「奨学金といってもローンです」これをキチンと伝えるのは正しい。
    そこまでしてでも、本気で学びたいと思う覚悟も問えると思うし。。。

    あと子供を失くしてというのは気の毒だけど、「なんで今頃」と思うのはやはりおかしい。
    亡くなった時点で整理や確認しなかったから、延滞金が発生している訳で。
    借金(ローン)の連帯保証人になったのに、家族誰も思い出さなかったのは「奨学金」って言葉が借金の感覚を変えてしまってるんでないかな、、、。

    +116-5

  111. 亡くなったのが三十九歳。
    病気の発症から数年経過していたと考えても返済80万は少なすぎな気がする。
    可哀相だが、ちゃんと払っていれば、親も子供に払わせるようにしていればこうならなかったのではと思ってしまう。

    +499-25

  112. お金を借りるということはそういうこと。
    親も子も奨学金って言葉で安易に考えすぎ。借金だからね。

    +2250-145

  113. 督促された両親が酷い仕打ちを受けたみたいに書かれてるけど、連帯保証人になってるなら借りたのは知ってたはずだし、返すのは当たり前では。息子さんが亡くなったのはお気の毒だが、8年間も放置した事にも非はあるはず。実際返済説明会では、死んでも返さないといけないから生前に家族に伝えるように言われた。

    +2320-173

  114. うちは4人兄妹ですが、育ててくれただけで親には感謝してるので兄妹全員大学は奨学金、そして全員完済してます。
    借りたものは返す、返せる見込みがないなら大学に行かずに働けばいい。たとえ就職できなくても、実家暮らしでフリーターしたら、月10万は稼げるよね。就職難だとか低収入とか言ってる人はお金の使い方を見直すべき。

    それにこの記事、、、。
    お子さんの死後なぜ奨学金のことが頭に浮かばなかったのか。保証人なら気付くはずでしょう、、。ちょっと嘘くさい。

    +75-10

  115. 連帯保証人として署名捺印していたのに、確認していない方が問題だと思うが、そもそも事情があるとはいえ進学費用を自分達が準備出来なくて息子名義で借りたものに対して、息子さんの死後に返済を8年放置した方が正しいのか?何かおかしいんじゃないか?

    +85-4

  116. 私も大学で200万借りていた。
    一回でも返済が遅れたらすぐに督促状がきてたし、めっちゃ電話きたなー。
    親にも電話きたし本当にきつかった。
    10年で繰り上げ返済して返せたからよかったけど返済してなかったら結婚もできなかったなーと思います。
    ローンできなくなるし。

    +149-12

  117. まったくもって度し難いですね。
    「奨学金」などと名乗って欲しくない、ただの恥ですよ。
    諸外国ではこんな制度「国の学資ローン」であり「貸与型奨学金」とさえ呼ばれない。
    要するに親世代の貧困化で奨学金を称する教育ローンに頼らざるを得ない若年層が増えている。
    しかし給与水準が低く非正規率の高い日本の労働環境では、卒業後に奨学金=学資ローンを返済するのが難しい、そういう人が増えている。
    対処が必要なものは山のようにあります。
    経済の欠陥もさることながら、高騰する学費の問題もありますし、その背景には一貫した日本の教育軽視もあります。
    「自己責任論」で個人攻撃するようでは、ますます諸外国から失笑を買うだけです。

    +54-33

  118. 息子さんが通っていた学校の教員にも生活があるし、学校を運営するという事は生徒が使う光熱費や校舎の修繕費、その他考えている以上にお金がかかるはずです。そして奨学金である以上、それは国民の税金で息子さんは学んでいます。お気の毒だけれどこうした事態にならない為に学資保険かけたり中には高卒で就職している方もいる以上、借りたものは返さなければ公平にはなりません。

    +92-3

  119. 亡くなる前、病気になる前に、奨学金の返済について息子さんと話すことはなかったのかな…

    私は育英会で借りて返済しましたが、ときどき母から「ちゃんと順調に返してるんでしょ?」と聞かれました。
    返す義務は私にありますが、借りさせた責任は親にもありますから。子供がきちんと返済しているかどうか、母は気になっていたのでしょう。

    亡くなったあとに遺品の整理をすれば、奨学金関係の書類などあったはずですし、この親御さんは手続きを怠ってしまったのかなと思います

    +132-5

Related Post