月別: 2018年4月

「5ナンバー」車にこだわる必要はあるのか あのクルマも「3ナンバー」化、実際どう変わる?【帝一の國、全仏オープン】

 50年以上の歴史をもついわゆる「大衆車」の代表格ともいえるトヨタ「カローラ」シリーズが、2018年モデルから「3ナンバー化」される見込みです。すでに3月30日から4月8日まで開催されたニューヨーク国際自動車ショーで、新型「カローラハッチバック」(日本発売は2018年夏予定)が披露されていますが、従来よりも車幅がやや広がり1790mmと、1700mmを超えていることから、日本では「5ナンバー」ではなく「3ナンバー」に分類されます。

 そもそも「5ナンバー」「3ナンバー」というのは、車両のナンバープレートで地名の右側にある分類番号が500番台か、300番台かの違いです。道路運送車両法において、「5ナンバー」車は「小型自動車」、「3ナンバー」車は「普通自動車」に分類され、前者は全長4700mm以下、幅1700mm以下、高さ2000mm以下、排気量2000cc以下のクルマのこと。この条件をひとつでも超えれば、普通自動車に分類され「3ナンバー」が付けられます。

 1989(平成元)年まで、3ナンバー車は5ナンバー車よりも自動車税が高く設定されていたこともあり、かつては大衆的なクルマといえば5ナンバー車が一般的でした。いまも3ナンバー車に対して「大きい」あるいは「高級」というイメージを持っている人もいるかもしれませんが、実際には現在、ナンバーによる課税額の差はなくなり、排気量に応じて決められています。

 このため、近年は2000cc以下でも、モデルチェンジなどを機に「3ナンバー化」する例が増えています。なかにはスズキ「スイフトスポーツ」など、いわゆるコンパクトカーでも3ナンバー化するケースがあるほどです。

複数の仕事をキャンセル…江頭2:50に気になる「休養情報」(ノバク・ジョコビッチ、都道府県知事)

 4月改編で江頭2:50(52)が比較的よく出演していたバラエティー番組が立て続けに終了。江頭は「オレ、4月から『ぷっすま』も『めちゃイケ』も『みなおか』も、全部なくなるから、テレビ出ない人になるんだよ」とこぼしていたが、気になる近況が伝わってきた。体調を崩してあまり元気がないらしい。

「パチンコ営業など、江頭さんが出演するはずだった複数のイベントの仕事がキャンセルになったことが分かりました。準レギュラー扱いの番組が次々と最終回を迎えたことがよほどショックだったらしく、いつものハイテンションを維持できなくなっているようです。知人たちは心配しています」(イベント関係者)

 江頭は04年にも過労による体調不良でダウンしたことがある。トレードマークの黒いタイツ姿で、これまで数多くの“伝説”を残してきたが、本人の性格はいたってマジメ。だからこそ、ギョッとするような過激な芸でファンをおおいに沸かせてこれたのだろう。

 エガちゃんは大丈夫なのか――。所属事務所の大川興業に聞いた。

「立て込んでいた仕事が一段落したため、現在は一時的に休養していますが、病気療養とか入院ではありません。今後予定している仕事もありますし、ニュースになるような大げさな話ではありませんよ」(担当者)

 実際、テレビに居場所がなくなったとしても、江頭には仕事のオファーがひっきりなしだ。パチンコ営業などイベントの仕事で1年先までスケジュールが埋まっているという。

「大量にお客さまを呼べる江頭さんの営業料金は“大物並み”。夏からはフェスなど野外イベントの仕事もたくさん入ってきます。今は繁忙期に備えた江頭さんの充電期間なのかもしれません」(前出のイベント関係者)

 布袋寅泰の「スリル」とともにハイテンションで登場する江頭を早く見たいものだ。

『特ダネのためにすり減った私。記者たちの #MeToo』 ~ ヤフーユーザーの意見まとめ

テレビ朝日が、女性社員がセクハラを受けていたと公表した会見。情報がほしい、もっと近づきたいという思惑が負い目となり、取材活動を通して記者が受けてきたセクハラは表面化してきませんでした。でも、変えなければ。6人の記者が、実態を話してくれました。【BuzzFeed Japan / 小林明子、伊吹早織、貫洞欣寛、籏智広太】

凶器に使われた刃物の柄は、どんな状態だったのか。

絶対に他社に特ダネを抜かれたくない。そのために、女性は深夜のホテル街にいた。ほどよく酔っ払った警察幹部の男性と、ホテルに入る入らないで腕を引っ張り合い、押し問答をしていた。

「こんなネタのために、私、何やってるんだろう…」

財務省の福田淳一事務次官から女性社員がセクハラを受けたと、4月19日未明にテレビ朝日が記者会見で発表した。ある民放局の女性記者Aさんは、ふたをしていたはずの数年前の体験が脳裏に蘇り、会見を冷静に見られなくなった。

過去と向き合い、後輩記者たちが自分と同じ目に遭わないよう、報道の現場を変えたい。そんな思いから、BuzzFeed Newsに経験を話してくれた。

女性看護師にセクハラ 千葉市立病院、30代医師を停職(セレッソ大阪、ロジャー・フェデラー)

 千葉市立病院に勤務していた30代の男性医師が3月、女性看護師にセクハラ行為をしたとして停職1カ月の懲戒処分を受けていたことが20日までに、市への取材で分かった。処分は同月30日付。医師は翌31日に依願退職した。

 市の指針では職員の懲戒処分は原則公表するとしているが、今回は公表を見送っていた。市病院局管理課は「被害者のプライバシーに配慮した」と説明している。

 同課によると、男性医師は飲食店で同僚の医師や看護師と飲み会を行った後、店外で女性看護師の体を強引に触ったとされる。女性看護師が上司に相談して発覚した。男性医師は「深く反省している」と話したという。

 同課は「女性看護師のアフターケアに万全を期すとともに、コンプライアンス意識を周知徹底して再発防止を図る」としている。

常識外れ、批判招く=財務省のセクハラ疑惑対応―「最強官庁」崩壊寸前 「インターネット、処分、調査」

 福田淳一事務次官のセクハラ疑惑をめぐる財務省の対応が批判を浴びている。

 週刊新潮がセクハラを報じた当初は調査や処分を見送り、インターネットで音声が公開されると、被害女性に名乗り出て調査に協力するよう求めた。福田氏は一貫してセクハラを認めず、麻生太郎財務相もそれを追認する発言を繰り返している。世間の常識から懸け離れた対応は、「最強官庁」を崩壊寸前に追い込んだ。

 週刊新潮がセクハラを報じた12日、麻生財務相は国会答弁で「一つ一つのやりとりは定かでない」という福田氏の釈明を紹介。セクハラを確認できないと説明し、調査はせず、口頭注意だけで十分との考えを示した。報道内容を認めなければ、追及をかわせると判断していたようだ。

 週刊新潮が13日にネットで音声を公開すると、財務省は16日にセクハラ疑惑の被害女性に名乗り出るよう協力を呼び掛けた。この調査方法は「被害者の立場に立てば高いハードル」(野田聖子女性活躍担当相)を利用して核心を隠し、セクハラ問題の収束を図ろうとしていると受け止められ、世論の批判は一段と高まった。

 財務省中堅幹部は「たたかれているときに『被害女性は名乗り出てこい』という上から目線の対応はどうかと思った。初動を間違えず、低姿勢に徹していたらこんな事態にはならなかった」と話す。

 安倍内閣の支持率低下に危機感が募る中、18日午前の自民党と公明党の幹事長の会談では事実上の更迭要求が出た。福田氏は同日夜にセクハラを否定した上で、「職責を果たすのが困難だ」と辞職を表明した。

 だが、これでも事態は収拾しなかった。19日未明にテレビ朝日が記者会見し、同社女性社員がセクハラを受け、週刊新潮に録音を提供したことを明らかにした。同日朝も福田氏は「(やりとりの)全体を見ればセクハラではない」と主張。訪米中の麻生財務相も「報道内容が事実かは定かでない」と非を認めない姿勢を続けている。次官辞任で次の焦点は財務相の進退に移っている。 

新型シボレー「コルベット ZR1」がインディ500のペースカーに!【桜花賞、ヴァンフォーレ甲府】

インディアナポリス500マイル・レース(インディ500)のペースカーに、今年もシボレー「コルベット」が採用されることになった。昨年の「コルベット グランスポーツ」に続き、今年は「コルベット ZR1」がインディカーの隊列をリードする。インディ500でコルベットがペースカーを務めるのはこれで15回目、シボレーとしては29回目となる。
ペースカー仕様のZR1は、ボディが明るめのネイビーブルー・メタリックで塗られ、両サイドにレッドのアクセント、そしてドアにはもちろん、大きな「インディ500」のグラフィックが施されている。さらに、同車をできるだけ目立たせるように、ストロボ・ライトが搭載されるという。

シボレーはこの大イベントのために、究極的なZR1を用意するつもりだ。2,995ドル(約32万円)の「ZTKパフォーマンス・パッケージ」を装備し、これには専用ショックアブソーバーとスプリングを組み込んだパフォーマンス・サスペンション、巨大なカーボンファイバー製リア・ウイング、フロント・スプリッタに付くカーボンファイバー製エンドキャップ、そして路面にしっかりと張り付くミシュラン製「パイロット スーパースポーツ カップ2」タイヤが含まれる。興味深いことにトランスミッションは8速オートマチックなのだが、7速マニュアルによるストールやシフトミスの僅かな可能性を排除することは悪いアイディアではあるまい。5月27日、インディアナポリス・モーター・スピードウェイで開催されるレース中には、周回するZR1を見ることができるはずだ。

By JOEL STOCKSDALE
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

『蜷川有紀&猪瀬直樹氏が熟年婚へ!共著発売に合わせ5・16婚約パーティー』 ~ 皆さんの反応まとめ

 演出家、蜷川幸雄氏(享年80)のめいで女優兼画家の蜷川有紀(57)が5月16日に交際中の作家で元東京都知事、猪瀬直樹氏(71)と婚約することが20日、分かった。

 5月16日に婚約を記念して発売する共著「ここから始まる 人生100年時代の男と女」(集英社、1512円)に合わせ、同日に東京都内で婚約出版パーティーを開き、喜びの報告をする。

 同書は2人の出会いから恋が深まる日々を、対談とエッセーでつづった2部構成。目次には「好奇心こそアンチエイジングのホルモン」「年齢意識は固定観念にすぎない」など興味深い言葉が並ぶ。

 関係者によると、すでに親しい知人らに案内状を送付済み。結婚の意志は固まっているようだ。

 2人は16年1月に知人を介して出会い、蜷川がイタリアの詩人ダンテの「神曲」をテーマにした絵画を制作するにあたり、猪瀬氏が助言したことを機に急接近。同2月から交際が始まり、10月に熱愛が報じられた。当時、蜷川は「一目ぼれされたみたい」と語り、週末に蜷川が猪瀬氏の自宅に泊まる“週末婚”状態だと明かした。

 昨年5月の蜷川の個展には猪瀬氏が駆けつけ、サンケイスポーツの直撃に「(恋愛の)物語は予定調和じゃないから。結婚? そのうちね」と答えていた。

 蜷川は5月9日から20日まで東京・渋谷のBunkamuraギャラリーで画家デビュー10周年記念絵画展を開催する。