生き方が楽に…森下千里さんが「リンパ節炎」患い考えたこと【ビヨンセ、ゼクシィ】

「このくらいの風邪が治らないなんて、ダサイな」

 自分ではそう思っていました。でも、それが「亜急性壊死性リンパ節炎」という耳慣れない病気だったのです。

 2015年1月、多忙な年末の仕事が一段落して、少し時間ができた頃でした。よくありますよね、休みになると急に疲れが出ちゃう時。まさにそんな感じでした。熱っぽくて喉が腫れた感じがして「扁桃炎だな」と思っていました。自宅に体温計がなかったので、熱がどれくらいあったかはわかりませんが、何もやる気が起きない日が2~3日続いて、珍しく病院へ行ったんです。

 それまで大病したことはありませんでしたし、薬が嫌いで病院が得意じゃないから、かかりつけ病院なんてありません。それで、知人に紹介していただいた内科を受診したんです。案の定、「扁桃炎ですね」と言われて、薬が処方されました。

■病名を告げられ「なんだそれ?」

 でも2~3日経っても変化がなく、熱は下がらないし、首が太くなっちゃうし、だるくてボーッとして何も手につきません。薬を飲んで寝ているのに、なかなか治らない自分に情けなさを感じました。「このままじゃ約束しているゴルフに行けない」と思って、一緒にゴルフをする友人に相談しました。すると、「それ、扁桃炎じゃないかも。喉の専門の病院へ行った方がいい」とアドバイスしてくれたのです。

 そう言われてピンときたのが、以前、声帯ポリープの手術を受けた病院でした。どこにも公表していませんでしたが、実はその数年前に喉を酷使して声が出なくなって、ポリープを切除したんです。その時、お世話になった先生を思い出して早速、受診しました。

 すると、一瞬で「これは扁桃炎じゃない」と言われ、即検査に回されました。血液検査をはじめ、病院中をあちこち回って2~3時間、検査されました。結果が出る前にステロイドを点滴することになり、点滴が終わって検査結果を聞いたら「亜急性壊死性リンパ節炎」と告げられたんです。「なんだそれ?」と思いました(笑い)。

 主に頚部のリンパ節が腫れ、腫れた組織に壊死が見られ、白血球の減少などもある病気ですが、それほど怖いものではなく、1~2カ月で自然治癒する人が多い良性のリンパ節炎だそうです。とはいえ、体のだるさは尋常じゃありません。

 入院することもできたのですが、私は通院を選び、ほんの1週間ぐらいでしたが2日に1回ステロイド点滴をしました。副作用で顔がパンパンに丸くなって大変でした。一人暮らしだったので2~3日は食事もままならず、枕元に置いた水でさえ飲むのがおっくうになるくらいのだるさでした。でも、点滴を打つごとにどんどん良くなり、友人のアドバイスがあって本当によかったと感謝しました。

■「弱音を吐いても失礼じゃないんだな」

 寝込んでいる間、いろいろなことを考えましたよ。今までの自分やこれからの自分。このままの生活でいいのかな、とか……。病気って、そういうことを考えさせてくれるタイミングなんですよね。

 病気になって学んだのは「弱音を吐ける自分も大切」ということ。それまで、ずっと「弱さを見せちゃダメ」という考え方で生きてきました。他人に世話をされるのが嫌というか、申し訳ないと思ってしまうから、人の優しさを素直に受け入れられなかったんです。弱音を吐いたら失礼かなと思って、手を差し伸べられても「とりあえずノー」。それが、最近は「とりあえずイエス」になりました(笑い)。

 その思いはポリープの手術をした時の方が顕著でしたね。当時は病気や入院を家族にも伝えず、唯一話した友人の好意にも甘えず、独りぼっちで入院したんです。「1泊だけだから」と、ちょっと手術を甘くみていたんですよね。でも、術前に同意書に自らサインする時は「万が一、があるんだな」とちょっと不安になりました。

 もっと不安だったのは退院の時。手術は全身麻酔だったので想像以上に体へのダメージがあって、「こんなんでひとりで帰れるかな? 声も出せないし……」と心細かったんです。でも、その日偶然に何も知らない友人がメールをくれて「今何してる? ご飯でも食べない?」と誘ってくれたんです。思わず「ポリープ切ってしゃべれないけど」と返して、その日は車で迎えに来てくれた友人とイタリアンを食べて帰りました。全部筆談でしたけど(笑い)。

 自分も友達が弱っていたら助けたいし、それを申し訳ないと思ってほしくない。そう考えれば「弱音を吐いても失礼じゃないんだな」と気づいたんです。以来、生き方が随分楽になりました。でも、甘え過ぎちゃいけないですけどね。

▽もりした・ちさと 1981年、愛知県生まれ。レースクイーンを経て20歳でグラビアアイドルとしてデビュー。その後、テレビ、映画、舞台、ラジオなどで幅広く活躍する。2015年には小説「倍以上彼氏」(河出書房新社)を執筆。USGTFゴルフのティーチングプロ、FP2級、マネーマネジメント1級など多彩な資格も取得している。

みんなの意見・感想

  1. こんな健康的な人が、という芸能人が難病に罹っていることが多くてほんとにびっくりする。

    +2-0

  2. >自分も友達が弱っていたら助けたいし、それを申し訳ないと思ってほしくない。

    自分でもそう思ってても中々人に頼れない。
    難しいね。
    森下さん、テレビでお見受けした頃は結構応援してたんで、これからも無理のない範囲で頑張って下さい。

    +102-4

  3. 弱気になるのと人を頼ることを別に置いて言うと

    病気になったとき弱音を吐くのは1度か2度に留めておくべき。頻繁に言うと本当に良くならない。心の底では「絶対に克服してやる/1日でも早く治してやる」という強気が大事。

    +0-0

  4. 紛らわしい名前だ、ヤラせろ!

    +2-0

  5. 病気の有無に関わらず
    謙虚に笑顔で生きろ

    +1-2

  6. 病気には関係ないが、森下千里…最初、森高千里に喧嘩売ってんのかと思ったら本当にそうだった???って言う。紛らわしさで話題を作るね~。

    +3-8

  7. ヌードに成れば、ありがたいのに。他はどうでもいい

    +2-1

  8. いい年なんだから 気を付けて・・

    +2-2

  9. 関東キー局でのレギュラーが途絶え、地方局ばかりでしか見られなくなってもう10年以上になるだろうな。
    関東では本当にもう数える程しかTVに登場しないね。
    バカ殿の腰元も…もうずいぶん前だね。
    それにしても、一人暮らしで誰にも頼らないというのは健康面でのリスクは高い。
    なんか飯島愛を思い出してしまう。
    記事で本人も語っているように生き様の改良が少々必要かもな。

    +0-0

  10. 人に甘えたり頼るって難しい。
    迷惑だろうとか面倒くさいだろうなとかあれこれ考えると
    大丈夫とか口に出してしまう。
    何か常に戦ってる感じで過ごしてるので、弱音を吐いたら負けみたいに思ってたり・・・
    子どものころからの癖なんでなかなかなおらない

    +0-0

  11. 自分で判断するのはシロウトの判断になってしまうので、プロに任せるのが一番ですね。

    +16-1

  12. 美人!

    +29-8

  13. 壊死やばい

    +41-2

  14. 完治出来て、何よりですね!

    +1-0

  15. ご主人の江口洋介も心配だったろうね。

    +3-25

  16. 森下千里さんって、美人で可愛い人ですよね。

     その上、誰に対しても気くばりと思いやりの心を忘れない、優しい人です。

      これからも、皆で、森下千里さんを応援しましょう。

                               .

    +6-3

  17. 普通に森高千里かと思った。

    +19-25

  18. この子は好きやわ~!

    +6-2

  19. 元々弱音を吐けないタイプは、弱音ひとつ吐くにも勇気が要るんだよね…。
    「そんなことで弱音吐いてんの?」って言われたらどうしよう、とか。気を遣わせたくない、とか。こんなことで弱音を吐く自分が許せない、とか。色々気になっちゃって、結局自分一人で抱えて苦しんじゃう。俺もそう。
    でも、逆に自分が相手の立場だったら、弱音くらい吐いてほしいなと思う。人間だもん、いつも強気でなんかいられないでしょ、って。信頼してよ、って。
    だから、本当に心を許せる相手には、その人を信頼して弱音を吐くことも大事だと言い聞かせる日々。

    +7-0

  20. 芸能人って生で見たら大抵美人だけど、この人は写真写りがいい気がした。生で見たら、あれ?その辺に普通にいそう。と思ってしまった。

    +10-28

  21. 友人ほぼゼロのわい
    そのまま死亡するっぴょ。

    +18-1

  22. 頑張れ、我が母校の二学年後輩。
    くれぐれも無理だけはしないように。

    +7-1

  23. もう37歳、アラフォーのおばはんが、どの病院へ行く判断も出来ないほど、自己健康管理力ない方がずっと恥ずかしいと思うべきだが、皆様はどう思うでしょうか。

    +4-14

  24. ブサイクもキレると鬼だかんね。

    えらいのだけでもいい。もっと機嫌取れ。

    +0-1

  25. 森高千里かと思った

    +1256-343

  26. 大事に至らず、今は回復されている様子なので良かったです。
    余談ですが、私は森高千里さんより森下千里さんが断然にタイプです。何年か前に、壁紙に写真を使っていました。

    +10-4

  27. だれ?

    +8-32

  28. 真に頼り、頼られる友人がどれだけいるか心細い限りです。

    +21-0

  29. 誰?

    +4-4

  30. 「私がおばさんになったら、、、」の人と混同してしまう。

    +1-4

  31. 友達を見下したり、優越感に浸ったり、そういう奴は、大切な友達から見捨てられるよね。
    友達は宝だわ。

    +50-3

  32. 本当の友達は1人か2人ですね。

    +28-2

  33. 大丈夫?と聞かれても、大丈夫と言ってしまう。
    実際は辛い時あるのに。
    頼るのって意外に難しい。

    +65-5

  34. 森高じゃないの?

    +0-11

  35. 森高、顔変わった?
    えっ?重病だったの?

    と、思って、見て、「あ、違ってた。」

    でも、タイヘンな思いされたんですね。
    知らない人だけど…。

    +4-16

  36. 私は弱音ばかり吐いてしまう。
    気を付けます。

    +1-0

  37. 記事を読んでいて、何故旦那の存在が出てこないのだろう?と勘違いしていた。

    +0-2

  38. 「奇病」という書き方やめたほうがいいね。
    こういう表現を用いることで、偏見がますます広がるんじゃないの?
    マスコミの意識の低さも問題あるね。
    これから自分もどんな病気になるかわからないし、
    年老いて死ぬまで一切病気にならない、なんてことはありえないし。。
    医師にかかればすべて安心じゃないですよね。
    ピンからキリまで、ものすごい差。
    日本は情報開示が進んでないから、医師の質がわかりにくい。
    誤診されて症状が進む場合だってあるわけだしね。

    +24-0

  39. なんだよ、同じ千里でも興味ないよ森下じゃ。

    +5-7

  40. 20代の時、この病気になりました。検査結果がでるまでは不安でしたが、何の治療も必要ないといわれ、実際にそのまま治りました。
    ステロイド治療など必要な場合もあると知り、驚きました。

    +78-5

  41. リンパ節腫脹はがんの可能性があるから要注意である。
    首、腋の下、は特に要注意である。

    +3-0

  42. 今、まさに喉の痛みと咳で病院に行ってきました。病状は咳ぜんそくと診断されましたがほんとつらいもんですね。周囲に頼ることは悪い事ではないので困ったら頼る。困ってる人がいたら助けるでいいと思います。

    +27-0

  43. けっこう4545してましたね。

    +6-8

  44. 森高千里と紛らわしいな

    +4-6

  45. 目的が分からないこの手の記事。
    もううんざり。

    +5-17

  46. ごめんなさい。
    森高千里さんだと勘違いして、写真を見て、
    ご病気でずいぶんかわちゃったのだなと、心配してしまいました。

    森下さん、ご自愛ください。

    +3-2

  47. 居たんだ!

    +0-0

  48. 森高千里さんと間違えてる方がたくさんいそうですね

    +196-62

  49. 誰?

    +3-0

  50. 奇病なんて言葉使わない方がいいよ

    +11-1

  51. 脱ぐとか言ってだけどいつ脱ぐの?

    +11-22

  52. なんだ、森高千里じゃねーのか。
    こんな奴知らんわ。

    +4-3

  53. 森高千里のパクリみたいな名前やめてくれよ

    +3-0

  54. 森高千里さんが何か患っていたのかと思って記事を見たら違う写真が出てきてビックリした。

    +9-5

  55. いつ、どんな病気になるかわからない。
    だから後悔ない生き方をしたいね。

    +29-0

  56. 軽い病気だからとか、弱みを見せちゃいけないとか、自分を誤魔化してるとロクな事にならない。甘えられる時は甘えて、誰かが声を掛けてくれたりした時は素直になった方がいいと思う。「自分は大丈夫」なんて、あり得ないのだから。

    +2-0

  57. 身体は一生の宝物。
    ちょっとした変化に気をつけないと大変なことになるから、無理禁物。

    +3-0

  58. 自分がたいした事がないと思っていた病気が実は重篤な物だったなってことはよくありますよね。
    ただ人には性格があって、その事実を受け入れられず、大事になるのが嫌だから隠れて自分の中だけで解決しようとする気持ちよくわかります。
    でも言ってるように、いよいよやばくなってきた時って、都合よく素直になったりすんですよね。その時の人のやさしさには本当に感謝してもしきれないです。自分で解決しようとする気持ちは凄いと思いますが、時には弱音を吐く勇気を持つことも大事なんですね。

    +25-1

  59. 森高千里と思った俺もあなたも40代!?(笑)

    +2-5

  60. 森下さん!俺の子供を産んでくれ!
    俺には時間が無いんだ!
    勃たないんだよ!

    +7-1

  61. その割には三日に一度はラウンドまわってるよね。

    +3-1

  62. 私もまさに同じです。身内に内緒で一人で入院し手術しようとしていました。入院は出来ても手術は同意書や付き添いが必要なんですよね。考えさせられますね。

    +833-44

  63. 不特定多数の笛吹して、扁桃腺に雑菌が着いたのでしょう。

    +7-20

  64. 高濃度プルームが関東平野を漂っていた時に無防備に吸い込んでいたのでしょう。
    慢性内部被曝生活を続けさせる廃用被曝棄民モルモット政策の被害者の一人ですね。合掌。

    +2-1

  65. 森高千里と間違えてポチってまった!

    +0-1

  66. 診る医者によって結果が違うなんて
    これ以上に怖いことはない

    +224-10

  67. 画像を見て「若い?」と思ったら
    森高さんではなかったのですね・・・・

    +3-1

  68. この人は美人

    +4-3

  69. グラビアやバラエティで結構活躍していたのに
    最近見かけないと思ったら難病を患っていたんですね。
    彼女とは年齢も近いので気をつけねば。

    +8-2

  70. 森高千里かと思ったぜ

    +4-4

  71. 同じ病気になったことありますよ
    辛いですけどね
    奇病って表現はバカにされてる感じ
    別名は菊池病ですよ 
    わざわざ記事になる病気ではない
    他の病気で闘っている方に失礼

    +3-1

  72. 一人暮らしなのか。早くお相手見つけないと賞味期限切れるぞ。

    +3-2

  73. その病気になった患者同士や本人にしかわからない
    悩みや大変さはあるんよね
    看護や介護する側とまた違う悩みが

    +26-1

  74. 正直言って誰もいないな・・・地元を離れてるし、お願いできるような友達もいない。おっさんレンタルに頼むしかないかな・・・怖いけど。

    +5-1

  75. 今日も「キモメディアの奇数奇病ネタ」
    ご苦労様です。 鬱とか同一性障害? いいけど・・

    本との病気の闘いはブサヨには「ボインは わかんね~だろうな。」

    【奈奈よの地上波の露出度。ヤバイな!ここは少しずつ擦り潰す法が
    いいです日本国民様】

    +0-0

  76. 最近こういう二度目三度目に転院、あるいはセカンドオピニオンを受けた病院で本当の病名が判明したっていう話が多すぎる。
    医師のレベルがあまりに低いなと感じることは、ほぼ全員の日本人が経験しているのでは。

    +4-0

  77. 素人判断の風邪扱いは駄目ですね。

    +2-0

  78. ずいぶん雰囲気が変わったと思ったら
    森高千里じゃないのか、びっくりした

    +1-1

  79. 37年前、この病気で首にできたリンパ腺を切除する手術を受けました。当時私は小学生で、病院内では前例がないと、病名が確定するまであらゆる検査をしました。当初は白血球の数値が異常なことから両親は白血病の疑いがあると言われ、頭が真っ白になったと。夏休み中に入院していたので、新学期が始まり副作用でパンパンになった私を見て友達から太ったとビックリされたのを思い出しました。

    +542-47

  80. いきなりイタリアン!?

    +4-1

  81. あらまあ

    +0-1

  82. 名前みれば「森高千里」
    顔みると「森口博子」

    +5-3

  83. 辛辣なことを言うが、レースクィーン→グラビアアイドルとなれば成り上がるために多数の異性と性交渉する羽目になるから奇病、難病にかかる確率も上がるだろう。特に複数の病原菌が混ざった時に前代未聞の病気になる。

    +6-0

  84. 私も小さな頃にこの病気を何度か繰り返しています。
    当時は原因不明だと言われ白血病や自己免疫疾患やいろいろ疑われました。癌も疑われ、腫れたリンパの摘出手術も二度受けています。
    が、奇病というほどでもないような・・・のちに医学を学ぶ機会があったときには普通に教科書に載っていましたし^_^;

    +5-1

  85. 頑張りやさん、良い意味の負けず嫌い、弱音吐かない性格の人に多いみたいに思います。甲状腺機能の病気も。けれど性格だから仕方がない。出来るだけ、周りに嫌われようが、迷惑かけるのはともかく、自己防衛しか無いのかな。治って良かったですね。。

    +24-1

  86. 森高じゃなかった!最近見ないな~
    前はロンハーでだけは見てたけどな

    +0-1

  87. こういう風に感じたことは、同じ経験した者しか
    わからないよ。
    一人で生活するってこういうことなんだよね
    多くなくていい、1人でいい、頼れる親友いたら
    救われる。

    +61-3

  88. しかしええ体しとる。

    +5-1

  89. じゃあ俺と一緒になるか?

    +3-0

  90. うわぁ、森高と間違えた。
    こいつは誰?

    +2-6

  91. わが人生悔いなし

    +4-12

  92. 森下千里。せくーすしたいわぁ、

    +5-1

  93. かつてTVで張り型を使ってコンドームの装着方法をレクチャーしていた森下千里さん。
    好きです。

    +5-2

  94. ここにも精神論教育の被害者が…

    病気で大変と言うのはたとえ風邪だとしても弱音ではなく自分の状況を述べているに過ぎない。

    アホな軍国主義的な感覚を引きずった教育は人の人生に害しかもたらさない。

    +3-3

  95. 最近、見ないなと思ってたら病気患ってたのか。
    人は何か大きな出来事が有ると、それを切っ掛けに性格も変わるもんだね。

    +84-7

  96. 家の娘も同じ病気です。
    菊池病ですよね。
    全身のリンパが発熱と共に腫れた時は、かなりしんどかったようでした。
    1度治ったようでも、時々やはりぶり返して今に至ります。
    なかなか周知されていない病気なので、広く皆さんに周知されて欲しいです。

    +10-2

  97. 昔はお世話になりました。

    +3-0

  98. 病気は大変だなと思うけど、いちいち大げさな表現使うことで同情できない。

    +0-1

  99. 心療内科に通っていることは家族には内緒にしてる。
    癌になったとしても死ぬまで家族には言えないな。

    +5-1

  100. くれぐれも江口洋介の奥さんではありません。

    +9-3

  101. 森高千里かと思ってクリックしてしまいました

    +66-25

  102. 自営業の場合は気軽に休めませんからね。
    辛いところですよね。

    +0-0

  103. 落語が好きで、実際にテレビの企画モノで落語披露していて、そのギャップに大いに惹かれた。

    +12-2

  104. AVでお待ちしてます

    +3-1

  105. 知ったかぶりの
    バカな医者がたくさんいるってことだよな

    +0-1

  106. 森下千里さんですか。
    森高千里さんかと思った 笑

    +2-0

  107. 何年か前に青山のエイベックスビルのエレベーターですれ違いました。
    森下さんは乗られる側で、私は降りる側でしたが、私が降りる前に乗られてきて、入り口で仁王立ちされたのをみて大変非常識な方だなぁー、と感じました。お体ご自愛ください。

    +18-10

  108. 最近、観ないな、と思ったら大病してたんですね。

    まあ、その前からタレントとしてはそんなに売れてなかったけど。

    +11-21

  109. 相変わらす美人!

    +8-1

  110. 一瞬、森髙千里さんかと思った(自分の世代的に)。

    +3-4

  111. 妊娠中にこの病気になりました。
    薬も飲めず、ひたすら治るのを待ちました。
    この記事を見て思い出しました…

    +11-1

  112. 風邪かと思ったら大きな病でしたって結構あるから怖いね。

    +9-1

  113. 入院した方が良かったんじゃないかな?
    スケジュール空いてそうだし。

    +62-30

  114. オレも、急に心臓の手術が決まって、友達いなくて1人でめちゃ不安になったときに、昔一度だけ会ったキャバ嬢から突然LINEが来て、やっほー元気?とか言われて、同伴してやるから話し相手になってくれーとか弱音吐いたら心配して来てくれて、同伴ゲットーとか言うから、何度か同伴してやったら思いの他いい娘で、その後、結婚してしまいましたー笑。弱音吐くのって大事っすよ。

    +172-14

  115. 「ノーバンで始球式」みたいな?
    よく見るとパではなくバだね。
    俺も人生初でコンサートを見に行った森高千里かと思った。

    +0-0

  116. こういう話でいつも思う。

    じゃあ最初の「扁桃炎」は間違ってたわけだ。
    医者は間違うし、よく分かってない。
    その前提で病院に行かなければならないのに、医者が病名を言うとそれを信じてしまう。
    なぜ?

    ヤフコメもよく陰謀論を言って何かと疑いの目を向けるくせに、自分にとって都合の良い情報はなぜか真実だと主張したがる。

    結局大半の人間は自分にとっての都合で物事を主張してるだけじゃないの?
    そんな凡庸な人々がいくら議論しても何も得られんだろ?(笑)

    +0-3

  117. アドバイスした友人と診察した先生に感謝ですね

    +45-8

  118. むしろ今の時代は、弱音を吐いても全然構わないと思いますし、メンタルヘルスも少しずつ盛んになってきましたから。病気というのは「誰だって起こりえるもの」なのですから、森下さんは御心配無く。

    それだけ頑張って生きている証拠ですもの。
    メンタルヘルス対策従事者の一人として、その弱音を傾聴させて頂くお仕事をしていて、それを改めて思います。

    むしろ、その弱音や悲痛に対して文句や批判を言う方が、人の痛みや心の傷を無視している事となり、明日は我が身となって誰からも聴いてもらえなくなることを、こちらは何人も見て聴いてきましたから。

    +0-0