カテゴリー: 地域

JR九州、佐賀→博多間の指定席開放を廃止 「サービス低下」不満の声【行列のできる法律相談所、期日前投票制度】

 JR九州は3月のダイヤ改正で、長崎線の佐賀-博多駅間で実施していた特急の指定席開放を取りやめた。2001年に自由席の混雑対策として始め、福岡市内に向かう利用者に重宝されてきたが、割安なインターネット予約が浸透したことなどを理由に廃止を決めた。一部の特急で自由席の車両を増やしたが、減便にとどまらないサービス低下に不満の声も上がっている。

 佐賀-博多間の特急は博多行きの上りに限り、空いた指定席に自由席特急券だけの乗客も座ることができた。長崎線では諫早-長崎間との2区間で、ダイヤ改正に合わせて指定席開放を取りやめた。数年前には小倉-博多間でも廃止しており、JR九州内で開放区間がなくなったことになる。

 JRは廃止に併せ、混雑する平日の通勤時間帯で自由席車両を増やした。佐賀発は午前7時台と8時台の2本を3両から4両に、午後5時台の1本を3・5両分から4両にした。広報部は「今のところ、混雑による問題は起きていない」と運行状況を分析する。

 だが、利用者の評価は厳しい。月に1回程度、出張で佐賀を訪れるという大阪府の会社員(70)は「指定席が空いているのなら開放を続けていいのでは」。福岡市の主婦(64)は「本数の多さを含め、気軽に利用できるのがこの区間の魅力。今後は自由席に座れないことがあるかも」と開放廃止に不満顔だった。

 一方で、指定席開放について「高い料金を払っているのに、自由席料金で座れるのは不公平ではないか」との意見も寄せられていたという。広報部は自由席料金で指定席に座れる割安なネット予約が浸透したことに加え、「こうした意見も一定程度考慮して廃止を決めた」と話す。

 JRは今回のダイヤ改正で、佐賀県内を含む新幹線と在来線の全22路線で発足以来最大の減便を行った。現在、改正後の利用状況を調査中で、指定席開放の取りやめに関しても「混雑状況によっては、自由席を増やすなどの対応を取る可能性がある」と説明している。

翁長知事が手術 あす結果発表(モンテカルロ、優勝)

 膵臓に腫瘍の見つかった翁長雄志知事が21日に浦添市内の病院に再入院し、手術を受けていたことが22日、分かった。県は23日にも手術の結果について発表する見通し。
 翁長知事は人間ドックで膵臓に2センチを超える大きさの腫瘍が見つかり、膵臓の後ろ部分に当たる「膵体尾部」を切除する手術を受けることを公表していた。関係者によると翁長知事は手術後、集中治療室(ICU)に移っている。【琉球新報電子版】

翁長知事が手術 あす結果発表【V・ファーレン長崎、ラファエル・ナダル】

 膵臓に腫瘍の見つかった翁長雄志知事が21日に浦添市内の病院に再入院し、手術を受けていたことが22日、分かった。県は23日にも手術の結果について発表する見通し。
 翁長知事は人間ドックで膵臓に2センチを超える大きさの腫瘍が見つかり、膵臓の後ろ部分に当たる「膵体尾部」を切除する手術を受けることを公表していた。関係者によると翁長知事は手術後、集中治療室(ICU)に移っている。【琉球新報電子版】

逃走犯は今どこに? 地元消防団も加わり捜索【天皇賞、武豊】

愛媛県今治市の刑務所施設から受刑者が逃走した事件は、
22日で発生から2週間となりました。

潜伏先とみられる尾道市向島では、警察の捜索とともに
消防団のメンバーが大規模な空き家のパトロールを始めました。

集まった消防団員は尾道市全域から約310人。
難航する警察による捜索の中、
地元の住人から何かできることはないかと名乗りをあげたということです。

【尾道市消防団・濱井忠昭団長】
「団員は住民なので近所の人の顔も分かるし、
 どこどこの僕じゃねと声もかけられるので歩くのもやりやすいと思う」

パトロールは島内に住む団員をリーダーに5人ほどのグループに別れ、
防火の観点から空き家を中心にきちんと施錠されているか?
ガス漏れがないか?などを確認。
不審な状況があれば警察と連携して対処することにしています。

翁長沖縄知事が再入院 すい臓に腫瘍 手術受けたとの情報も【川奈ホテル、TOKIO】

 膵臓(すいぞう)に腫瘍が見つかり、休養している翁長雄志沖縄県知事は21日までに再入院した。21日に手術を受けたという情報もある。妻の幹子さんは同日、那覇市内で取材に対し、「県に聞いてほしい。本人は元気」と答えた。県は知事の入院や手術の有無について、公表していない。

 知事の病状次第では、今後の公務に影響が出る可能性がある。また11月予定の知事選で翁長氏の再選出馬を前提に議論を進めている県政与党などの候補者選考にも影響が出る可能性もある。

 マスコミ各社は、県に対し、知事の手術や退院に関する情報提供を求めているが、県は「病院側と調整し、検討する」「状況を見ながら対応する」と回答を保留している。

 翁長知事は10日の記者会見で、5日に人間ドックを受けた結果、膵臓に2センチを超える腫瘍が見つかったと報告。4月中に膵体尾部を切除する手術を受けることを明らかにした。

 その上で知事は「医師から根治できる状況と聞いている。早期復帰し、私に与えられた知事としての責任を全うしたい」と強調。担当医は「良性か、悪性かを最終的に判断するため、膵臓の一部を切除する。どのような診断であっても根治を目指した治療が今のところできると考えている」と見解を示していた。

<北海道>自転車ひき逃げ 大学生が逮捕前に「うそ」【ダビド・ゴフィン、野村周平】

 今月9日、7歳の男の子が自転車にひき逃げされ大けがをした事件で、逮捕された男は当初警察の聞き込みに対しうその供述をしていたことがわかりました。
 札幌市豊平区の大学生、小嶋寛人容疑者(20)は、9日午後5時ごろ、札幌市中央区の歩道で7歳の男の子を自転車ではねて左足の骨を折る大けがを負わせ、そのまま立ち去った疑いがもたれています。小嶋容疑者は「アルバイトに向かう途中で急いでいた」と容疑を認めていますが、逮捕前の警察の聞き込みに対して「事件のことは知らない」とうそをついていたということです。自宅から見つかった衣服や靴などが防犯カメラの映像と一致しましたが、自転車はまだ見つかっていません。小嶋容疑者は、当初自転車は「盗まれた」と話していましたが、その後「別の場所止停めた」と供述を変えていて、警察が調べを進めています。

逮捕男 交際相手に「妻とは別れる」【新潟県、ドミニク・ティエム】

和歌山県白浜町で妻を溺れたと見せかけ殺害した疑いで夫が逮捕された事件で、夫は交際相手の女性に「妻とは別れる」と話していたことが分かりました。

野田孝史容疑者(29)は去年7月、白浜町の海水浴場で妻の志帆さん(当時28)をシュノーケリング中に溺れたと見せかけて殺害した疑いで逮捕されました。

野田容疑者は「10分くらいトイレに行って戻ったら浮いていた」と説明していましたが、志帆さんの胃から砂が見つかり、警察が捜査していました。

その後の調べで、野田容疑者は妊娠したことが分かった交際相手の女性に事件の直前に「妻とは別れる」と話した上、離婚時期として事件の日前後を示していたことが分かりました。

【志帆さんの勤務先の従業員】
「別居していたというのだけは聞いている。亡くなる1ヵ月半前ぐらいから食べられないと言っていたので」

野田容疑者は黙秘していますが、警察は女性関係のトラブルが原因とみて調べています。