カテゴリー: IT・科学

偽造iPhoneやiPadを売りまくった中国人、ついに罪を認める【宮部 みゆき、ジャンプ】

氷山の一角か…。

Apple(アップル)製品は人気があります。でも、値段が高くて簡単には手が出せません。そこへ、いかにも正規のiPhoneやiPadを装って、激安な偽物が売られていたら、多くの人が飛びつかないわけはありません。

こんな心理を巧みに突いて、米国内で4万台ものiPhoneやiPadなどの偽造された電子機器を売りさばいていたとして逮捕された43歳の中国人男性のJianhua Jeff Liが罪を認めました。「Dream Digitals」という社名で、まるで本物そっくりなパッケージ、ロゴをあしらい、2009年から5年間、米国内で販売。総額は、すべて本物であれば1,500万(約16億)ドルを超えるとされています。

中国から流れ込む、本物そっくりな偽造iPhoneの問題は、世界で大問題になってきました。2015年には、すべて本物であれば1,940万ドル(約21億円)相当になる、4万1000台もの偽iPhoneが中国で摘発。

深センで入手された中古品のiPhoneからパーツを入手すると、本格的な製造ラインを持つ偽造iPhoneのセットアップ工場へと送られ、そこでは数百人の労働者が、ひたすら偽iPhoneを作り続けていたなんて、組織的な犯罪が暴露されました。なんといっても、中国には、偽のアップルストアが各地にあったりもしたようですから。国際商業会議所(ICC)の見立てでは、2012年に世界で取り引きされた偽造品(iPhone・iPadに限らない)の売上は1兆7000億ドル(約186兆円)に達し、2008年から2010年に流通した偽造品の7割は、中国で違法に製造されたものだと発表されています。

Appleも米司法当局も、なんとか悪質な偽造品販売ビジネスを根絶すべく目を光らせてはいますが、Dream Digitalsは、完成した偽造品を中国から米国へ持ち込むのではなく、米国内の各所で組み立てて捜査網をかいくぐっていました。同社の偽造品を販売して得た約110億ドル(約1兆2000億円)の利益は、イタリアに送金してから、世界のさまざまな国の口座へ分散するなど、見つからないように入念な対策が練られていました。

なお、一連の偽造品販売への関与を認めたLiへの判決は、今年5月30日に言い渡される予定です。共犯者のRosario LaMarcaに対しては、すでに37カ月の懲役刑が科されています。ほかにも数名の共犯者が逮捕されており、かなり組織的な犯罪であったことが明らかになってきています。きっと、まだまだ数多くの偽iPhoneや偽iPadが流通しているのでしょう。

正規品より異様に安い怪しい物には手を出さないことや、信頼できる販売店からのみ商品を購入するなど、消費者の側にも対応が求められていきそうです。

Image: Viktoria Roy / Shutterstock.com
Source: DOJ / The Verge

Tom McKay – Gizmodo US[原文]
(湯木進悟)

性能向上!マツダCX-5が最新ディーゼルと新型ガソリンエンジンを採用【宇野昌磨、羽生結弦】

マツダのミドルサイズSUVのCX-5がマイナーチェンジを受け、3月8日から発売される。近年同社は、「SKYACTIV(スカイアクティブ)」と呼ばれる次世代技術の呼称を使い、パワートレーンをはじめ、ボディやシャーシにそれぞれ「スカイアクティブ」を冠している。
 
その名を広く知らしめたのがクリーンディーゼルを中心としたエンジンで、「魂動デザイン」と呼ぶフィロソフィーとともに、マツダの躍進を支えてきた。

マイナーチェンジを受けたCX-5には、3列SUVの新型CX-8にも搭載されている最新版のクリーンディーゼルエンジンに加え、新技術を採用したガソリンエンジンなど、最新の「スカイアクティブ-エンジン」が全面的に搭載されることになる。
 
具体的に見ていくと、2.2Lディーゼルエンジンの「SKYACTIV-D 2.2」には、「急速多段燃焼」などの技術を採用することで、実用燃費や走行性能を向上。さらに、ガソリンエンジンの2.0L「SKYACTIV-G 2.0」と2.5L「SKYACTIV-G 2.5」には、「エッジカットピストン」や「低抵抗ピストン」などと呼ばれる新技術が搭載され、実用燃費や静粛性の向上が図られているという。
 

富山“ダンボール迷路”破壊者本人が出頭 謝罪を受け入れ、運営会社が被害届取り下げ(金博洋、ジャンプ)

 富山県富山市の全天候型野外広場「グランドプラザ」で発生した「ダンボール迷路」破壊事件で、加害者の男性が名乗り出ました。運営会社は男性からの謝罪を受け、既に被害届を取り下げています。

 事件が発生したのは2月16日の深夜。2月17日から開催を控えている人気イベント「ダンボール迷路」のコースに20代の男性が飛び込むなどし、2カ所を破壊しました。この様子は監視カメラに収められており、グランドプラザの公式Twitterが被害を訴えたことから拡散していました(現在は削除済み)。

 グランドプラザを運営する「まちづくりとやま」の担当者によると、2月16日に警察から「加害者が出頭した」と連絡があり、本人から「謝罪したい」という要望があったことなどから同日対面。「本人も深く反省しておられましたので、被害届の取り下げを既に完了させてました」とのこと。今後の対応等については男性とまちづくりとやまで相談していくとしています。

 なお、担当者は「明日から開催のダンボール迷路はとても面白いので、ぜひ多くの方に来ていただきたい。そちらに注目が集まればうれしいです」と語りました。

画像提供:まちづくりとやま(グランドプラザ)

健康器具メーカーのタニタ社長。バーチャロンが好きすぎてツインスティック開発に乗り出す(腹腔鏡手術、2018年平昌オリンピック冬季競技大会)

 健康器具メーカーのタニタが15日、「とある魔術の電脳戦機(バーチャロン)」に対応するツインスティックの開発プロジェクトを始動したと発表した。

 バーチャロンは1995年にアーケード向けに第1作が発売されたロボット対戦ゲームで、以降、シリーズを通して熱狂的なファンに支持されている。その最新作となる、とある魔術の電脳戦機は、15日にPlayStation 4用に発売された。

 バーチャロンはもともと、ツインスティックと呼ばれる2つの操縦桿を操作してプレイするスタイルとなっている。コンソール用にツインスティックコントローラがオプションで発売されたこともあるが、とある魔術の電脳戦機の開発を行なったセガゲームスの亙重郎氏によると、今回はさまざまな事情でコントローラの投入を断念したという。

 そういったなか、タニタの谷田千里社長が、突如としてツインスティック開発プロジェクトの始動を発表した。谷田氏は、ゲーム業界という異業種への参入理由について、「ゲームで楽しく遊ぶことは健康につながる」としているが、氏が個人的にバーチャロンのファンということの方が大きいようだ。

 セガゲームスとしてもこのプロジェクトに一定の協力を行なうが、亙氏は、部品をすべて1から開発しなければならず、かなりの時間とコストが掛かり、完成してもコアなファンを満足させる品質と、妥当な価格を実現するには、さまざまな障壁を乗り越える必要があるとしており、すぐ投入というわけにはいかなそうだ。

 なお、谷田氏は今回の件をゲーム業界参入第1弾と呼んでおり、今後、ほかのゲーム関連製品の発表もあり得そうだ。

転売、ハンドメイド作品も標的に 売れずに虚偽理由で返金要求も(ダイヤモンドステークス、桶川ストーカー殺人事件)

 人気グッズやコンサートチケットなど商品の転売が先般から問題となっています。2017年にはチケット転売に対して業界が反対声明を出した他、「Nintendo Switch」の転売問題も注目を集めました。企業の商品やチケットがしばしば標的になる転売ですが、ハンドメイド作家など、個人も転売業者の標的になるケースも報告されています。トラブルに遭った人に話を聞きました。

●転売できずに虚偽の理由で返金要求

 JISSさんは、自作のアクセサリーを自身のストアや、ハンドメイドのイベント、店舗委託などで販売しています。先日、「家族の障害者がイベントであなたの商品を大量に購入してしまったので返金してほしい」という虚偽の理由で返金を求められたと報告したことがネットで話題になりました。大量の買い物は、実際には転売目的で行われたものでした。

 返金を要求した転売者がJISSさんの商品を購入したのは、2017年11月のハンドメイドイベント「デザインフェスタ」。「どの商品が一番人気があるのか」「在庫はどのくらいあるのか」などバイヤーのような質問をしたり、スマホでオンラインストアと見比べたりしていたといいます。イベント後JISSさんは「デザフェスで4万近くご自宅用に買われた人、在庫抱えて爆死してないかな」と転売目的と思われる購入があったことをツイートし、在庫は常にあるようにしているので見掛けても手を出さないでほしいとフォロワーに呼びかけていました。

 その後JISSさんのもとに、ファンからフリマアプリで商品が転売されていたという情報が入ります。出品されていたのは転売者が購入したもので、イベントで販売したよりも高く、正規のネットショップよりも安い価格がついていたといいます。しかしいずれも売れず、JISSさんに返金を求めてきました。話し合いの結果、相手の主張は虚偽であったことが分かり、返品・返金はキャンセルになったとJISSさんは報告しています。

 虚偽理由での返金要求について、警察への相談など考えているのかJISSさんに聞いたところ、「考えていません。問い合わせは終了しています」とのこと。返金・返品はキャンセルになっており、また仮に返品・返金(新品と確認できたものについて)したとしても、新品の商品が戻ってくるだけで 金銭的実害被害はゼロとなるため。「私もせっかくならアクセサリーをつけて楽しんでほしい気持ちはあります。ですが大量買いの商品はイベントで指定した金額をきちんと揃えてお買い上げいただいた商品です。今後どう使われていても、購買側の自由と踏まえております。転売以外であれば」

 今回のような、転売目的とみられる買い手に会ったのはJISSさんは初めてとのこと。しかし同様のトラブルに巻き込まれた人は他にもいるようで、「大量に商品を購入した人物から、心当たりのない汚損を理由に返金を求められた」という報告もSNSでみられます。またJISSさんは、転売者とのやりとりから、他にも大量に商品購入した作家がまだいると思ったと話しています。

 もしデザフェスで同様の被害に遭い、返金を要求された人がいたら、相談に乗りたいともJISSさん。今後の転売対策については、「未定ですが、イベント販売時の個数や価格についても検討し直したいです」とのこと。

 今回の騒動を振り返って、「さまざまな意見が寄せられましたが今後の活躍を応援する声が大多数でした。実害なく問題を終える事ができたのは皆さまのおかげです、本当にありがとうございました。リスクを背負って問題提起したかいがありました」とJISSさんは述べています。応援への感謝を述べる一方で、「この事件の真偽に関係なく、障害者及びその関係者には肩身の狭い思いをさせてしまったのは事実です」と謝罪も。

 また、転売者とのやりとりの中で、転売ビジネスについて教えるスクールの存在も出てきたそうで、「こういったビジネススクールが公に存在しているのならば、『転売禁止』という言葉ももっとフェアに転売業者に届いていいはずです」とJISSさんは主張。今後自身の商品は一切転売を禁止するとし、「仮に転売商品があったとしても、絶対に買わないでください。在庫も公式通販で常に確保してあるようにしてます。ない場合は再販希望にもできるだけ答えていきたいです」と宣言。正規のルート(自身のストア、ヴィレヴァン、常設店:HOYAJUKUラフォーレ原宿、J±池袋サンシャインアルタ)での購入を呼びかけています。

●リピーターだと思っていたら……

 ネットで販売していた商品をイベントで転売された、という騒動も1年あまり前に話題になりました。space-pandaさんは自作のスチームパンク風ぬいぐるみをネットで販売しています。しかし、出展していないはずのデザインフェスタで、彼女のぬいぐるみが販売されていました。購入者が「イベントで購入したぬいぐるみの作者をネットで検索して連絡をとったところ、本人は出展しておらず、倍の価格で転売されていたと分かった」とTwitterで報告し拡散されました。

 転売業者は複数回に渡って作品を多数購入しており、space-pandaさんはリピーターだと思っていたといいます。またこの業者は他の作家の作品も転売していたり、複数の即売会で作品を転売したりしていることが分かったそうです。space-pandaさんがイベント主催者に問い合わせたところ、デザインフェスタはこの件について対応はとらなかったものの、出展者への注意喚起を強化していくと回答。現在同イベントの注意事項には、転売禁止が明記されています。また当該業者が出展を予定していた別のイベントの主催者は、調査を行ったものの、出展停止にまでは至らなかったそうです。

 space-pandaさんはその後対策として、ぬいぐるみにシリアルナンバーを直接入れて個体を管理できるようにした他、特定の購入者に片寄らないように抽選販売を行っています。ただ業者の手元にはまだ作品が残っているようで、今もオークションやフリマサイトに本来よりも高い価格で出品されています。

 「今までは、自分の商品を転売されるとは思ってもいなかったし、『転売禁止』と言わなくても分かってくれるだろう、という思いの上で活動していました」――JISSさんはそう話していました。SNSでは「知人が転売に遭った」という投稿も見られ、思った以上に身近に迫った問題となっているようです。騒動を受け、転売対策について投稿する人もみられます。とり得る対策を考えておくとよいかもしれません。

 ハンドメイド作品は一点ものも少なくありません。「転売のせいで、本当に欲しい人の手に届かなくなる」――嘆く声も上がっていました。

駆け出しYouTuberが「阿鼻叫喚」 広告「新基準」導入で「終わった」「助けて」(パトリック・チャン、2018年平昌オリンピック冬季競技大会)

 YouTuberが広告収入を得るための「パートナープログラム」に参加するための条件が、2018年2月20日から変わる。「チャンネル登録者数1000人以上」「過去12か月の総再生時間が4000時間以上」という従来よりも厳しい審査基準が設けられる。

 この変更に悲鳴を上げているのが、上記の新基準を満たせていない「駆け出し」のYouTuberたち。何とかして広告収入を得たいYouTuber同士が、互いのチャンネルを登録し合う動きまで出ているのだ。

■「このままだとYouTuberクビになりそう」

 YouTubeは1月17日、ユーザーが投稿した動画から広告収益を得るために必要な「パートナープログラム」の利用条件の変更を発表した。

 これまでは、投稿された動画の総再生回数が1万回以上であればプログラムを利用できたが、2月20日以降は冒頭に挙げた2つの条件を満たすことが必要になる。現時点でプログラムを利用しているユーザーであっても、新条件を満たしていない場合は利用が停止される。

 プログラムの参加基準を厳しくした理由について、YouTube側は公式サイト上の「クリエイターブログ」欄で、悪意のある動画や不適切な動画の収益化を防ぐため、などと説明。その上で、

  「この変更はコミュニティを保護するために必要な措置であると考えています」

と理解を求めていた。また、今回の変更で影響を受けるチャンネルのうち99%は、年間の収益が100ドル(約1万円)未満だとも付記していた。

 こうした変更の通知を知ったYouTuberからはツイッターに、

  「このままだとYouTuberクビになりそう」
  「『お前はユーチューバーとして失格だ!』というYouTubeからの解雇通知が届いた(ようなものだ=編注)。終わった」
  「これってすごく高いハードルではないか?ほとんどの弱小YouTuberが弾かれると思われる」

といった悲鳴が続々と上がることになった。

明日開催予定の富山“ダンボール迷路”、深夜に男性4人組が破壊 警察が捜査開始も運営会社「名乗り出て……」 《取材、らぼ編集部、運営会社》

 富山県富山市の全天候型野外広場「グランドプラザ」で2月17日から開催予定の「ダンボール迷路」が2月16日深夜に破壊されました。運営会社はねとらぼ編集部の取材に対し、被害届の提出を明かしたうえで「(加害者が)自ら名乗り出てくれれば……」と複雑な心境を語りました。

 ダンボール迷路は今年で4回目の開催となる人気イベントで、昨年の来場者数はのべ1万8000人。今年もスタッフが2日間にわたって250マスの巨大迷路を作り上げていました。

 事件が起きたのは2月16日の深夜0時11分ごろ。4人組男性グループがほぼ完成していた迷路の一角に飛び込むなどして、コースの2カ所を破壊。この様子は監視カメラに収められており、2月16日朝になってグランドプラザの公式Twitterが被害を報告。投稿から4時間余りで5000件以上拡散される騒ぎとなっています。

 今回の破壊による影響について担当者は「ダンボールの予備がないため、補修のために急いで発注をかけている」と対応に追われている様子。イベント自体は「2月17日より予定通り開催する」としつつ、ダンボールの追加入手の状況によっては一部が仮補修状態になってしまうかもしれないと明かしました。

 また被害届を提出していることから既に警察による現場検証が行われましたが、担当者は加害者に自ら名乗り出て欲しい考えだといい、補償等については「(加害者がもし反省してくれるなら)イベント開催時に見守りスタッフとして協力してくれるくらいで」と話しました。

画像提供:まちづくりとやま(グランドプラザ)