タグ: ちびまる子

「ちびまる子ちゃん」作画ミス 原作者さくらももこ氏も「びっくり」 《自身、さくらももこ、原作者》

 フジテレビ系の大人気アニメ「ちびまる子ちゃん」(日曜後6・00)の原作者・さくらももこ氏が16日、自身の公式ブログを更新。15日放送のアニメの中で同一場面に主人公・まる子の祖母が2人描かれていたミスについて言及した。

 さくら氏は「おばあちゃんがふたり」と題して、ブログを更新。「ちびまる子ちゃんのアニメでおばあちゃんがふたりいるシーンが流れたのですが、それはスタッフのミスでしたが、そのことがネットで話題になってたらしく、息子も言ってました」とミスに言及し、「うっかりですみません」と謝罪した。

 「ですが、こんなことが話題になってしまうんですね」とネットを中心に大きな話題となったことに驚き、「渋谷すばるクン(関ジャニ∞)のことで驚いていたのに、ちびまる子ちゃんのことでもびっくりしました」と当時の心境を明かした。

 まる子の祖母が2人登場してしまったのは「中野さん、さくら家に泊まるの巻」のワンシーン。夕食時に家族一同でテーブルを囲んで食事をしていた場面で、祖母がチャンネルを変えるためにテレビに近づいたが、テーブルを囲む一同の中にも祖母の後ろ姿があった。

ちびまる子ちゃん、祖母が「分身」!? フジ「作画上のミス」認めて反省(常陸太田市、全国学力・学習状況調査)

 2018年4月15日放送のアニメ「ちびまる子ちゃん」(フジテレビ系)で、まる子の「おばあちゃん」が同じ場面に2人いるシーンがあり、視聴者からツッコミが相次ぐ出来事があった。

 フジテレビ広報室は16日、J-CASTニュースの取材に対し、話題の場面について「作画上のミスです」と回答した。

■「おばあちゃん2人おる」

 まさかの事件が起きたのは、番組後半に放送された「中野さん、さくら家に泊まるの巻」のワンシーン。

 この回では、まる子の祖父・友蔵と仲の良い中野さんが、自宅の鍵を忘れてしまいさくら家に泊まることに。夕食時、一同がちゃぶ台を囲んでテレビを見ている場面で、おばあちゃんに「異変」が起きた。

 テレビのチャンネルを変えるため、座布団から立ちあがったおばあちゃん。画面は天井の辺りからお茶の間全体を映すアングルに変わり、おばあちゃんはテレビのすぐ脇まで移動している。

 しかし、この場面をよく見ると、友蔵の隣にもおばあちゃんの姿が。つまり、テレビ脇まで動いたおばあちゃんと、移動前の座ったままのおばあちゃんの2人が、同じ画面に同時に登場していたのだ。

 この事態に気づいた視聴者は騒然。ツイッターやネット掲示板には、

  「おばあちゃん席立ったのにもう1人席にいるんだけど…」
  「確認したら本当にお婆ちゃん分身してたwただの作画ミスだよね」
  「リアルに放送事故やん(笑)おばあちゃん2人おる」

といった驚きや困惑の声が相次ぐ騒ぎとなった。

坂上忍「ちびまる子」批判の赤池議員説明に「え?」【茨城県、優勝】

 アニメ映画「ちびまる子ちゃん」の「友達に国境はない」というキャッチフレーズに“難癖”をつけたことで物議をかもしている自民党の赤池誠章参院議員が、フジテレビ系「バイキング」を通じてあらためて発言の真意を説明した。

 赤池氏は、文科省と東宝のタイアップで15年12月に公開された映画「ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年」のキャッチフレーズ「友達に国境はな~い!」について、自身の当時のブログで「国家意識なき教育行政を執行させられたら、日本という国家はなくなってしまいます。文科省の担当課には、猛省を促しました」などとつづり、このブログ内容が最近になって話題となっていた。

 30日放送のフジテレビ系「バイキング」はこのブログ内容を取り上げ、MCの坂上忍は「これは『国境というものはあるんだけど、たとえば友情、愛情、スポーツ、芸術っていうのに国境は関係ない』っていうことじゃないですか。でもこれで赤池さんは『国境がないだと!』 っていうこと?」と首を傾げた。

 また番組では、赤池氏への取材で得た回答も紹介。「私は、(キャッチフレーズを)つけるなら『国境があっても、友達でいよう』ではないかとの考えでしたので、文科省に問題提起をした次第です」という赤池氏の説明に、坂上は「え? 笑かそうとしてるわけじゃないんでしょ?」と驚きを隠さなかった。

 また赤池氏は文科省に猛省を促した理由について「当時から常々、『国家公務員』なのに文科省においては『国家』という意識があまりにも薄いのではと思うことが多々あり、その流れの中でのこのキャッチフレーズの選択であったため、文科省の国家・国境に関する意識に対し、猛省を促したということです」と説明している。

フジ笠井アナ「ちびまる子」批判の自民赤池氏に反論【ルイ・ヴィトン、木原実】

 アニメ映画「ちびまる子ちゃん」の「友達に国境はない」というキャッチフレーズに“難癖”をつけた自民党の赤池誠章参院議員に対し、同映画で声優を務めたフジテレビ笠井信輔アナウンサーが反論した。

 赤池氏は、文科省と東宝のタイアップで15年12月に公開された映画「ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年」のキャッチフレーズ「友達に国境はな~い!」について、自身の当時のブログで「思わず仰け反りそうになりました」と言及。「国家意識なき教育行政を執行させられたら、日本という国家はなくなってしまいます。文科省の担当課には、猛省を促しました」などとつづっていた。

 このブログ内容が最近になってあらためて話題となり、赤池氏は23日のブログで一部メディアから取材を受けたことを報告。取材に対し、「教育行政を司る文部科学省として、子供向けとはいえ、『国境はない』という嘘を教え、誤認をさせてはいけないということです。国境は歴然としてあります。国家があってこそ、私達の平和で安全な暮らしが守られています。国家が発行するパスポートがなければ、出国もできませんし、他国へ入国することもできません」などと回答したことを明かした。

 26日放送のフジテレビ系「とくダネ!」はこの問題を取り上げ、中学生たちが赤池氏の発言に反論する街頭インタビューVTRもオンエア。小倉智昭キャスターは「『友だちに国境はない。おかしいだろ』ってほえた議員よりも、中学2~3年生の子どもたちの方がよーくわかってましたね。なんでこれがわからないのかね」とチクリと刺し、同映画に警察官役で出演した笠井アナは「赤池さん、本当に見てるんですか? 見てから言ってくださいよ。良い作品なの」と反論した。

フジ笠井アナ「ちびまる子」批判の自民赤池氏に反論(日本テレビ放送網、ジャニーズWEST)

 アニメ映画「ちびまる子ちゃん」の「友達に国境はない」というキャッチフレーズに“難癖”をつけた自民党の赤池誠章参院議員に対し、同映画で声優を務めたフジテレビ笠井信輔アナウンサーが反論した。

 赤池氏は、文科省と東宝のタイアップで15年12月に公開された映画「ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年」のキャッチフレーズ「友達に国境はな~い!」について、自身の当時のブログで「思わず仰け反りそうになりました」と言及。「国家意識なき教育行政を執行させられたら、日本という国家はなくなってしまいます。文科省の担当課には、猛省を促しました」などとつづっていた。

 このブログ内容が最近になってあらためて話題となり、赤池氏は23日のブログで一部メディアから取材を受けたことを報告。取材に対し、「教育行政を司る文部科学省として、子供向けとはいえ、『国境はない』という嘘を教え、誤認をさせてはいけないということです。国境は歴然としてあります。国家があってこそ、私達の平和で安全な暮らしが守られています。国家が発行するパスポートがなければ、出国もできませんし、他国へ入国することもできません」などと回答したことを明かした。

 26日放送のフジテレビ系「とくダネ!」はこの問題を取り上げ、中学生たちが赤池氏の発言に反論する街頭インタビューVTRもオンエア。小倉智昭キャスターは「『友だちに国境はない。おかしいだろ』ってほえた議員よりも、中学2~3年生の子どもたちの方がよーくわかってましたね。なんでこれがわからないのかね」とチクリと刺し、同映画に警察官役で出演した笠井アナは「赤池さん、本当に見てるんですか? 見てから言ってくださいよ。良い作品なの」と反論した。