タグ: コインチェック騒動+26歳男性

「超絶望、取引停止は衝撃的だった」──コインチェック騒動 26歳男性ユーザーの心境は 《ゼム、XEM、単位》

 「超絶望した。夢を見させてもらいました」──コインチェック(東京都渋谷区)が運営する仮想通貨取引所「coincheck」から1月26日、約580億円相当の仮想通貨「NEM」(単位はXEM/ゼム)が不正アクセスによって盗まれた問題で、同社は日本円の出金と、取り扱う全ての仮想通貨の入出金を停止した。業界全体に大きな動揺が広がる中、コインチェックを利用していた都内在住の26歳男性が心境を語った。

●情報を見て「あぜんとした」

 26日午後1時44分、コインチェックから「【重要】NEMの入金について」というタイトルのメールがユーザーに届いた。利用者のtetuさん(仮名)は、「何事かと思いましたが、自分が投資している仮想通貨『XRP』(単位はXRP/リップル)には関係なさそうなので、すぐに仕事に戻りました」と話す。

 その後、コインチェックから続報を知らせるメールは無く、「一時的な取引トラブルだろう」と思い込んだ。

 午後5時半、tetuさんが会社を出てTwitterをチェックしていると、coincheckが危険な状態であることに気付いた。「既に(日本円、アルトコインの)出金が停止されている状態で、あぜんとしました」(tetuさん)

 (アルトコイン:ビットコイン以外の仮想通貨)

●仮想通貨取引、きっかけは「軽い気持ち」

 tetuさんは都内在住のITエンジニア。決して高給取りではないが独身ということもあり、不自由なく暮らせる経済力を持っている。仮想通貨の取引を始めたきっかけは「軽い気持ち」だったという。

 「もともと投資やFXに興味がありました。仮想通貨は友人が始めたのがきっかけ。取引所への登録など始めるのは簡単で、軽い気持ちでした」(tetuさん)

 tetuさんは、最初に大手仮想通貨取引所「bitflyer」(ビットフライヤー)でビットコインのレバレッジ取引(FX)をスタート。FXは自己資金よりも多くの金額を取引できるが、元手以上の損失が出る場合もある。tetuさんはここで20万円の損失を出してしまったという。

 「FXは値動きが激しく、利ざやが大きいと思った。失敗したのは完全に自分の力量が無かったからで、やってみると本当に難しかった。その後、リップルに投資したのは正直賭けでした」(tetuさん)

 FXで失敗した後、tetuさんはリップルに投資してリベンジをすることを決め、取り扱いのあるcoincheckの利用を始めた。

 仮想通貨のリップルを発行する米Ripple社は、ブロックチェーン技術を使った送金技術の実証実験を国内外の金融機関と進めている。2016年には、SBIホールディングスと次世代決済基盤を提供するSBI Ripple Asia社を立ち上げた。

 ただし、これらは仮想通貨のリップル自体が直接的に金融機関で取り扱われるわけではない。そもそも仮想通貨が銀行にひも付くことに是非を問う議論もある。少なくともtetuさんは、金融機関との取り組みを進めている米Rippleが発行する仮想通貨という将来性を見込んでリップルに投資した。

 「すぐに倍になるだろうと期待を込めて10万円を投資しました。値上がりは思った以上に早く、翌日には10万円を追加投資しています」(tetuさん)

 投資時点では1XRP=約60円だったが、最高で約400円まで上昇。投資した20万円分のリップルは、最高で150万円分の価値まで膨れ上がった。tetuさんは半分の10万円分を30万円で利益確定し、残りの10万円分はそのままリップルでcoincheckに預け続けたという。

 利益確定した30万円は、中国の仮想通貨取引所「BINANCE」(バイナンス)を通してTriggers(単位はTRIG/トリガー)やAION(単位はAION/エイオン)に分散し、さらに投資を続けた。

 そんな状況の中で今回の騒動が起きた。tetuさんはcoincheckで取引が一切行えない“強制ホールド”状態に陥っている。1月29日時点のレートではリップルを日本円に変えても利益が出る状態というが、今後の動きによっては「他に投資しているアルトコインも含めて、悲惨なことになることも覚悟しています」(tetuさん)と話す。

 今後、tetuさんのようなユーザーに資産が戻るのか、それとも被害を受けるのか。

 金融庁がコインチェックに出した業務改善命令では、再発防止策の提出期限が2月13日に定められている。「コインチェックの取引再開はその後」ということになれば、ユーザーにとって不安な日々がしばらく続きそうだ。

 「取引の再開は確実な状態で行ってほしいので待ちます。ただし、再開するという情報が現時点で全くないのは怖い。予定でも可能性でもいいので、とにかく発表してほしいです」(tetuさん)

 tetuさんに話を聞いたのは29日。その後、コインチェックは停止している出金機能の再開見通しを「数日中に公表する」と30日に発表した。出金できる通貨・仮想通貨は明らかにはなっていないが、安全性などが確認され次第、再開するという。

●記者会見を食い入るように見た

 コインチェックは26日の午後11時30分から記者会見を行った。同社の大塚雄介取締役は当時、「お客さまの保護を優先し、取引再開や補償などは検討中」と説明。28日には、NEMを保有していた顧客全員に日本円で返金すると発表した。

 tetuさんは、記者会見が行われた当時について、「ただ、何も分からなかった」と振り返る。

 「コインチェック側の回答が『確認中、検討中』の一点張りだったので、何も分からない状態で終わりました。NEM以外の通貨が失われる可能性があると聞いて、恐怖心がありました」(tetuさん)

 コインチェックは、インターネット上から秘密鍵を物理的に隔離する「コールドウォレット」で仮想通貨を保管するとしていたが、NEMはシステムの問題を理由に、オンラインで管理する「ホットウォレット」で保管していたことを明かした。

 仮想通貨取引所の運営事業者は、2017年4月に施行された改正資金決済法によって登録制になった。サイバーセキュリティ対策や、預け入れ金銭の管理状況について外部監査を受けるなどの取り組みが求められるが、コインチェックは施行前から事業をスタートしており、登録を猶予された“みなし登録事業者”として運営を続けていた。

 「NEMであらわになったセキュリティの甘さは、他の通貨にもあるのではないか。他にも万全でない体制が残っているのではと、利用者としては安心して使えない取引所だと感じています」(tetuさん)

 tetuさんは一刻も早くNEM以外のアルトコインの取引再開を望んでいるとしながらも、「悪影響は避けられないだろう」と肩を落とす。

 「coincheckは日本で多くの仮想通貨を取り扱っていますが、取引が再開してもcoincheckに見切りを付けて売る人や、他の取引所に通貨を移動する人が増えるかもしれません。通貨の価値が悲惨なことになりそうです」(tetuさん)

●仮想通貨、「簡単に買えるけど簡単ではない」

 仮想通貨取引によって、億を超える額を稼いだ人(通称・億り人)が多く生まれたように、この数カ月から数年で仮想通貨を取り巻く環境は社会に大きく影響を与えた。tetuさんが仮想通貨に目を付けたときも、全体が高騰傾向にあり、期待や投資をあおる風潮があった。

 tetuさんは今回の騒動のこともあり、一時的に仮想通貨から手を引きたいと今の心境を話す。

 「仮想通貨なんて存在のないものに投資する時点で、消えてなくなる可能性は覚悟をしていました。コインチェックの取引停止は衝撃的で、記者会見の様子を食い入るように見ましたが、あがいても結果は変わらないし諦めています。生活費を全て入れているわけではないので、正直にいえば『運が悪かった』です」

 「価格の上げ下げ、日々増え続けるアルトコイン、情報収集──仮想通貨は簡単に買えるけど、簡単じゃありませんでした」(tetuさん)