タグ: スバル

『スバルの燃費・排ガスデータ不正はSUVなど数百台、来週にも公表へ[新聞ウォッチ]』 ~ ヤフーユーザーの意見まとめ

気になるニュース・気になる内幕—今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。

2018年4月20日付

●日米貿易問題隔たり、「TPP」と「2国間」新協議を創設、首脳会談(読売・1面)

●交通事故自動SOS、車載システム運用開始(読売・35面)

●銀座、新しい流れ、顧客増拡大、滞在時間増え、GSIX開業1年(毎日・6面)

●タクシー呼べるアプリ共同開発、DeNA横浜。川崎で展開(毎日・6面)

●189系列車引退控え公開、国鉄時代の車両(毎日・21面)

●スバル数百台データ改ざん、来週にも調査結果公表(産経・8面)

●ユニー・ファミマ子会社化、伊藤忠、ネット・金融で連携(日経・1面)

●夏ボーナス3.9%増、民間予測、総額17年ぶり高水準(日経・5面)

●車シェア、データの宝庫、パーク24、次世代車開発で脚光、自家用より収集効果高く(日経・15面)

●ガソリン価格2%高、スポット市場前週比(日経・19面)

ひとくちコメント

正規の資格を持たない従業員が新車の最終検査に携わっていた問題に続いて、新型車の燃費や排ガスの検査データの改ざんまでも発覚したSUBARU(スバル)が、ようやく4月末の来週にも不正に手を染めた時期や動機についての最終調査結果を公表するという。

4月19日付の一部夕刊に続いて、今日も産経や日経が取り上げている。それによると、燃費や排ガスの検査データの改ざんの対象となった不正の台数が数百台にも及び、スバルの群馬県太田市の工場などで生産された主力車でもあるスポーツタイプ多目的車(SUV)など幅広い車種で見つかったという。

残された記録を調べる過程で複数の従業員が関与したこともすでに判明しており、データ改ざんが組織的に行われた疑いが強まったとみられる。

これまでスバルは、改ざん前の数値も基準値内に収まっているため、車両の品質には影響がないと説明してきたが、リコール(無料の回収・修理)の対象になるかどうかの最終判断を目下、国土交通省と協議中としている。

きょうの日経は「国内販売影響長期化」とのタイトルで、「書き換えを許した企業風土の改善が求められる」としながら「早期に問題を収束できなければ、販売への影響が長期化する」と伝えている。

6月には社長交代を含めた経営陣の刷新を図る予定だが、「新社長の邪魔はしない」と宣言はしたものの、社長の吉永泰之氏は代表権のある会長に就任し、しかもCEO(最高経営責任者)も引き続きつとめるという。経営トップとしてそのケジメの付け方に「敗戦処理に肩書はいらない」などと、批判の声も上がっている。

《レスポンス 福田俊之》

スバルが「エヴォルティス」という名称の商標登録を申請! 年内に登場するプラグイン・ハイブリッド車の名前か? 《株式会社SUBARU、日本、販売会社スバル・オブ・アメリカ》

スバルが米国特許商標庁に「Evoltis(エヴォルティス)」という名称の登録を申請していたことが分かった。これは米国の販売会社スバル・オブ・アメリカではなく、日本の株式会社SUBARUが申請したもので、その語感から同社が開発中のプラグイン・ハイブリッド車に与えるためではないかとみられている。
エヴォルティスという名前には、トヨタの「アベンシス」や起亜の「マジェンティス」のように魅力的な響きが感じられる。少なくとも「レヴォーグ」のような野暮ったさはない。しかし、子供に名前をつける時は、その名前が子供たちの遊び場でからかいの対象にならないか、よく考えて選ぶべきだろう。だからこの名前がどのような受け止め方をされるかについては、皆さんのご想像にお任せすることにしたい。

米国特許商標庁のリストに記載されているエヴォルティスという名称は、3月26日に出願書が提出されている。エヴォルティスという名前がモデル名なのか、それともハイブリッド技術を指すのか、果たして実際に使われることになるのかもまだ分からない。米国の自動車雑誌『Car and Driver』の記事によれば、米国スバルはこの質問に対しコメントしなかったという。

それでも、スバルがプラグイン・ハイブリッド車を今年中に発表するということは、既に計画として明らかになっていることだ。トヨタから「プリウスPHV」の技術提供を受けるというこのクルマに全輪駆動システムを望むのは我々だけではないだろう。それがスバルのイメージと特徴に合致するからだ。スバルは2016年に「XV クロストレック ハイブリッド」(日本名:「XV ハイブリッド」)の生産を終了してから、ハイブリッド車を販売していない。過去には自社製軽自動車をベースにした貴重な完全電気自動車「プラグイン ステラ」を少数生産したことがある。

By ANTTI KAUTONEN
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

スバル「WRX STI」米国仕様、2019年モデルでパワーが向上!?(学力、漫才)

米国に導入されて以来、スバル「WRX STI」の最高出力は300hp前後をキープしていた。2000年代初期には世界的に誇れるものだったが、2018年モデルの2.5リッター・ターボチャージド水平対向4気筒エンジンの発揮する最高出力305hp/6,000rpmは、もはや特筆するほどの数値ではない。だが、自動車情報サイト『The Truth About Cars』によれば、もうすぐこれがわずかに向上するらしい。米国道路交通安全局(NHTSA)の届出内容を見ると、2019年モデルのWRX STIは、限定モデルの「WRX STI TYPE RA」と同じ最高出力310hpとなっていることが判明したというのだ。

5万ドル(約540万円)近い価格が付けられた500台限定生産のTYPE RAに、そこまでの金額を払うほどの価値がないと思った人もいるだろう。それより1万ドル以上安い標準モデルのWRX STIも、少なくともパワーの数字は同等になる。現状比5hpアップの310hpは、292hpのフォルクスワーゲン「ゴルフ R」(日本仕様は310ps)や、306hpのホンダ「シビック TYPE R」(日本仕様は320ps)よりは上だが、フォード「フォーカス RS」の350hpにはほど遠い。NHTSAの届出によると、STIでないスバル「WRX」についてはパワーが向上するということは記されていないようだ。

ちなみに日本の読者ならよくご存知の通り、日本仕様のWRX STIは米国仕様より500cc少ない排気量で308ps/6,400rpmとなっている。最大トルクは米国仕様の2.5リッターEJ25型エンジンが40.1kgm/4,000rpmであるのに対し、日本仕様のツインスクロールターボを採用する2.0リッターEJ20型エンジンは43.0kgm/4,400rpmだ。

今となっては5hpの向上を喜ばしく思う気持ちよりも、次世代型WRX STIでは旧いEJシリーズの水平対向4気筒エンジンを捨て、よりモダンでパワフルなエンジンが搭載されることを願うばかりだ。ベースとなっている「インプレッサ」は2016年にフルモデルチェンジしたが、その派生パフォーマンス・モデルは通常、数年遅れてアップデートされる。ついでに次期型には再びハッチバックあるいはワゴンが設定されることも願おう。

By REESE COUNTS
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【噂】トヨタ「86」とスバル「BRZ」の次期型は、排気量が2.4リッターに拡大して2021年に発売?(金融庁、業務改善命令)

今回の噂が真実なら、数は少ないもののコアなファンにとっては朗報だ。『The Japan Times』紙が報じた匿名の「情報筋」からの話によれば、トヨタとスバルは2021年ごろの発売を視野に入れた次世代型「86」と「BRZ」を開発しているという。この新型は現行モデルより出力が高く、ハンドリングや安全機能も向上したものになるとのことだ。
同紙によれば、この新型の後輪駆動スポーツ・クーペはエンジンの排気量が現行の2.0リッターから2.4リッターに拡大し、車両の重心を引き下げることで、すでに優れたコーナリング安定性がさらに高まるという。

その2.4リッター・エンジンとは、論理的に考えれば、間もなく北米で発売となるスバル「アセント」に採用された新開発のFA24型である可能性が高い。だが、ターボチャージャー付きの同エンジンは最高出力260hp、最大トルク38.3kgmと、現行型”トヨバル”から大幅にパワーアップし過ぎるため、このエンジンが2世代目モデルに搭載されるかどうかは疑問が残る。

しかし少なくとも、トヨタのエンジニアである多田哲哉氏が最近、86のパワーアップとターボ化にはフルモデルチェンジが必要と示唆した話とは矛盾しない。オーストラリアの自動車メディア『CarAdvice』によるインタビューで、同氏は「確かに私もターボは好きですが、86のターボ・バージョンを開発してパワーを引き上げるには、基本設計を完全に変える必要があります。そうしないと満足のいくクルマにはなりません」と語っている。

多田氏はまた、「86の1つの特徴として、荷重をわずかにフロント寄りとすることで、ハンドリングの反応と敏捷性を高めています。ターボ・バージョンを作るとしたら、フロントとリアの重量バランスを変更しなければなりません。つまり、全く新しいプラットフォームを開発する必要があり、エンジンのパーツを変更したり少しばかり改良したりする程度では済まないのです」と説明している。

「全く新しいプラットフォームを開発する必要がある」という発言は、「全く新しいプラットフォームを開発している」とイコールではないことに注意したい。同氏が全くの仮定で話しているとも受け取れるし、彼のチームがすでに本格的な開発に入っていることを暗示しているとも考えられる。あるいは、英語で表現する際にニュアンスが少し曖昧になったのかもしれない。いずれにせよ、我々はスバル BRZとトヨタ 86の次世代型が登場する可能性に期待すると同時に、『The Japan Times』紙が指摘しているように、2社の協力関係が継続するということについては懐疑的にならざるを得ない。2台のスポーツ・クーペはよく売れているとは言い難く、共同開発の難しさをほのめかす噂は後を絶たない。

ともかく、今はさらなる情報を聞き逃さないように注意し続けることにしよう。そしてできるだけ長く、現行のBRZと86を楽しむことにしよう。

By AUTOBLOG STAFF
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

スバル、顔認識技術搭載の新型「フォレスター」世界初公開 日本は6月末発売か【日医工、ヤマハ】

 スバルが5代目となる新型「フォレスター」を日本時間の3月29日、米国で開催されているニューヨークオートショー2018で世界初公開しました。

 スバルのSUVフォレスターは、グローバルで見るとスバル車で最も売れているクルマです。今回、初公開された新型フォレスターは、米国仕様となり、北米では2018年秋から販売を開始するとアナウンスされました。

 新型フォレスターの特徴は大きく4つとなります。

 1つ目は、ドライバーの顔をモニタリングすることで、ドライバー個々の設定に対し、メモリー状態に自動でセットされる、スバル初の技術「ドライバーモニタリングシステム」を採用したことです。

 このモニタリングシステムは、まずドライバーが運転席に乗り込むと、ダッシュボード中央にあるカメラでドライバーの顔認識を行います。イメージは、iPhone Xの顔認識機能と同じです。この顔認識によりクルマ自体が乗り込んだドライバーが誰なのかを判断してくれます。

 その後、メモリーされているドライバー個々の設定状態に自動で修正してくれます。このメモリー機能は、よくあるシートメモリー機能だけではなく、ドライバー個々が設定していたドアミラーの角度まで対応しているとのことです。

 また、目の動きを見ていることで、脇見や居眠りも推定して注意を促してくれるという安全運転サポートもしてくれます。

 新型フォレスターのトピックスはこれだけではありません。2つ目は、現行型インプレッサから導入された、スバル・グローバル・プラットフォーム(SGP)を採用したことで、クラストップレベルの衝突安全性能・危険回避性能や快適な乗り心地も実現したとのことです。

 3つ目はパワートレインで、先に発表された一回り大きなSUV、新型「アセント」にも搭載される新開発2.5リッター水平対向4気筒直噴エンジンを搭載。これに7速マニュアルモード付のCVTを組み合わせ、従来型よりも運転の愉しさを向上させているそうです。

 そしてもうひとつ、スバル独自のシンメトリカルAWDと進化したX-MODE搭載により、SUVらしい悪路走破性を高めたことです。

スバルのニュル24時間参戦マシン、JALの自動車輸送サービス「J SOLUTIONS WHEEL」でドイツへ飛び立つ【とんねるず、ロッチ】

 スバルは3月22日、成田空港において報道陣向けに2018年のニュルブルクリンク24時間レース(ADAC Zurich 24h Rennen、以下NBR)参戦車両となる「SUBARU WRX STI NBRチャレンジ2018」の積み込み作業を公開した。

 車両を積み込んだのは成田(11時発)~フランクフルト(15時15分着)の定期旅客便、JAL407便。使用機材はスバルも製造の一部を担当するボーイング787-9型機(登録記号:JA867J)。天候不良など不測の事態を想定して、成田(10時50分発)~パリ(15時35分)のJAL045便(使用機材ボーイング777-300型機)がバックアップ便として設定されていた。

 自動車の航空輸送では貨物機を利用する例が多いが、今回は定期旅客便を利用している。というのも、貨物便の場合は就航地や運航日などに制限が発生してしまうため。一方、旅客機に積み込む場合は、貨物室が機体下部に位置するとともに横向きに搭載するため、車両の全長が3.5m程度までに限定されるといった物理的な制限があった。

 そこで今回は、JAL(日本航空)による旅客機を使った自動車輸送サービス「J SOLUTIONS WHEEL」を利用。このサービスでは専用のパレットを使用するとともに、車両を縦向きに積み込むことを可能とすることで、全長5mを超える車両の積み込みを実現しているのが特徴。ただし、貨物室の全高が約1630mm、パレットが約130mmほどあるので、搭載できるのは全高1490mmまでのクルマのみとなっている。

 スバルでは、過去にも同サービスを利用して「レヴォーグ」や「BRZ」などを海外へ輸送しているほか、国内線においても2017年10月20日に成田~旭川間において利用しているなど、実績がある点も今回の輸送につながったようだ。

 車両の概要については関連記事「スバルとSTI、2018年のニュル24時間&SUPER GT参戦マシン『SUBARU WRX STI』を富士でシェイクダウンを参照いただきたい。

J SOLUTIONS WHEEL 搭載可能車両サイズ

最大車両重量:1953kg
最大車両サイズ(全幅):1880mm
車体内幅:1223mm
最大全高:1490mm
最大全長:5140mm
最低地上高:100mm

SUBARU WRX STI NBRチャレンジ2018車両概要

全長:5120mm
全幅:1930mm
全高:1395mm
ホイールベース:2650mm
エンジン型式:EJ20 BOXER DOHC 16バルブ AVCS ツインスクロールターボ
排気量:1994cc
最高出力:250kW(340PS)/5500rpm
最大トルク:461Nm(47kgm)/3000rpm
エアリストリクター:φ37
変速機:6速シーケンシャルギヤボックス+パドルシフト
クラッチ:小倉クラッチ製メタルツインプレート
サスペンション:ストラット(フロント)/ダブルウィッシュボーン(リア)
ブレーキ:ブレンボ6ピストン(フロント)/ブレンボ4ピストン(リア)
ホイール:BBS18×10J
タイヤ:ファルケン

■手際よく積み込みが完了

 折り返し便となるJAL407便が成田空港62番スポットに姿を見せたのは、9時40分(時刻はすべて手元の時計による)。到着便のコンテナを降ろすとともに報道陣の撮影などを済ませた車両をトーイングトラクターが移動、10時15分にはハイリフトローダーが貨物室への搭載作業を開始。リアスポイラーの収まりに気を使いつつ車両の向きを変え、10時30分には貨物室への積み込みを完了。その後、残りのスペースに一般の貨物が積み込まれ全作業が終了した。SUBARU WRX STI NBR チャレンジ2018を積み込んだJAL407便は、11時40分に成田空港からフランクフルトへと飛び立っていった。

 今回の車両が参戦するNBRは、5月10日(現地時間)に練習走行および1回目の予選、翌11日に2回目の予選が行なわれ、決勝レースのスタートは12日の予定となっている。

スバルのクルマからマニュアル・トランスミッションがなくなる!? スバルUKの重役が発言 《クルマ、同社、将来》

スバルのファンを動揺させるニュースがジュネーブ・モーターショーで明らかになった。スバルUKのマネージング・ディレクターであるクリス・グラハム氏が、将来は同社のクルマからマニュアル・トランスミッションは姿を消すだろうと、英国の自動車情報メディア『Auto Express』に語ったというのだ。グラハム氏の説明によると、同社はその代わりに高度運転支援機能「アイサイト」をはじめとした安全性に注力していくという。

「アイサイト」とはステレオカメラを採用し、自動緊急ブレーキや車線維持アシスト、アダプティブ・クルーズ・コントロールなどの機能を統合的に制御するシステムだ。現在のスバル車において目玉とも言える先進安全システムだが、確かに現状ではマニュアル・トランスミッション(MT)の車両には搭載されていない。グラハム氏は、MTとアイサイトが両立できるかどうか、確信が持てないと述べている。そして、安全性やアイサイトというスバルの戦略を考えた時、そうしたシステムの搭載がないMT車の販売を続けることは、同社の目的を弱めてしまうと、グラハム氏は言うのだ。
最初は酷いニュースだと思うかもしれないが、まだ我々はパニックになるべきでない。まず、この発表はスバルの英国部門の重役によるものに過ぎず、グローバルなスバル全体を代表した発言ではないということだ。また、一般的に言って、自動車メーカーは同じ戦略を全ての国で展開するとは限らない。例えば日本や欧州では「XV」と呼ばれるクロスオーバーはCVTの設定しかないが、自由の国でありクラッチの国である米国向けの「クロストレック」には6速マニュアルが用意されている。したがって、一部地域ではマニュアルの設定を縮小したり、廃止したりする可能性はあるが、それが全世界共通となる訳ではない。

また、「レガシィ」がそうであったように、主要モデルからマニュアル・トランスミッションをなくす方針をスバルが決めたとしても、それを高性能車にまで適用するとは考え難い。もしそんなことになれば、「WRX STI」や「BRZ」のファンは暴動を起こし、フォード「フォーカス RS」やマツダ「ロードスター」の次世代モデルを買いに走るだろう。これらのクルマは全て、ドライバーとの積極的な関わりをなくしては市場で生き残れない。スバルが全車の安全性を向上させたいと考えていることは事実だろうが、同社も利潤を追求する企業である。マニュアルの設定がないスポーツ・モデルは確実に売り上げが落ちるだろう。

心配しなくてもよいのではないかと我々が考えるもう1つの理由は、現在のスバルにはマニュアル・トランスミッションに適合する先進安全システムはないものの、その両立が決して不可能というわけではないからだ。例えばマツダも衝突回避被害軽減ブレーキやレーンキープ・アシスト、アダプティブ・クルーズ・コントロールなどのシステムを設定しているが、これらは同社のMT車にも装備することができる。例えば「アクセラ」の上級グレードなら、これらの機能が搭載されたMT車を、今なら購入することができる。

以上のことを全て考慮すると、スバルが完全にマニュアル・トランスミッションを見捨てる可能性は、ほとんどないと思われる。もし、そんなことが現実になるとしても、それはおそらく、ガソリンで走るクルマが主流でなくなるような、ずっと先の話に違いない。仮にそんな我々の予測をスバルがあっさり裏切ったとしたら、その時は上に挙げたような他社のMT車を買えばいいだろう。

By JOEL STOCKSDALE
翻訳:日本映像翻訳アカデミー