タグ: デザイン

都会的なデザイン、走りも…BMWが小型SUV 『日本法人、16日、436万』

 独BMWの日本法人は16日、新型の小型スポーツ用多目的車(SUV)「X2」(5人乗り)を発売した。

 価格は消費税込みで436万~515万円。

 小型SUV「X1」より車高をやや低くし、車高155センチ・メートルが上限の立体駐車場に収まるサイズに抑えた。外見もスポーティーさが増した。エンジンは、排気量1・5リットルと2・0リットルの2種類で、専用の大型ホイールなどを装備したスポーツモデルもある。

 日本法人のペーター・クロンシュナーブル社長は記者会見で「都会的なデザインで、走りも楽しめる車。40歳以下の新規客を取り込みたい」と語った。

期待高まる新型クラウン!今夏の発売を前にデザインの特徴を画像でおさらい【週間ランキングTOP5】【与島パーキングエリア、長澤まさみ】

この1週間でよく見られていたオートックワンの記事ランキングを紹介します。
忙しくてなかなかチェックできなかったという方必見!これさえ読めば今話題のクルマ・最新情報がよくわかります!

デザインの敗北? ロフトのイケてる案内板、なぜかテープで補足説明 担当者「銀座ならではの理由が…」 《各階ごと、注目、ツイッター上》

 「次世代に向けた新しいカタチの大型店」として昨年オープンした銀座ロフト。その店内にあるフロア案内板が、ツイッター上で注目を集めています。各階ごとに「ワーク&スタディ」「ホームソリューション」といった具合でカタカタ表記されているのですが、その上に黄色いテープで「文房具のフロア」「生活雑貨のフロア」と説明書きが追加されているのです。「デザインの敗北」といった声も上がっていますが、銀座ならではの事情があるようです。担当者に話を聞きました。