タグ: フジ

フジ・三田アナ、テレ朝・女性記者を思いやる「脅しのように“名乗り出ろ”と言われたらショックが連鎖する」【金曜ナイトドラマ、バズリズム】

 20日放送のフジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」(月~金曜・後1時45分)では、18日に事実上更迭された福田淳一・財務省事務次官(58)からセクハラ被害を受けていたとして、テレビ朝日の女性記者が週刊新潮に音源などを持ち込んだ問題について特集。

 安藤優子キャスター(59)やアシスタントのフジテレビ・三田友梨佳アナウンサー(30)といった女性レギュラー陣が女性記者の心情を思いやった。

 セクハラ騒動が持ち上がった後の17日、麻生太郎財務相(77)が「本人(テレビ朝日記者)が出てこなきゃどうしようもないですよね」と囲み取材で発言した。これについて、安藤キャスターは「同じこと言うとしても言い方がある。女性を上から見ている感じがする」と嫌悪感を示し、「名乗り出てくれなきゃやりようがないというのではなく、財務官僚がセクハラをしたという報道があったんだから、それに対して申し訳ないとおっしゃれば全然受け止める側の対応が違ったはず」とため息をついた。

 三田アナも「本当に同性としてつらくなる。そもそも福田氏からセクハラ被害を受けたと報告したのに、それを上司が取り合ってくれなかった。上司は二次被害がでないようにと言っているけど、それこそが二次被害ではないでしょうか。週が明けても否定されて、財務省から脅しのように“名乗り出ろ”と言われたら、どんどんショックが連鎖していく」と訴えた。

ちびまる子ちゃん、祖母が「分身」!? フジ「作画上のミス」認めて反省(常陸太田市、全国学力・学習状況調査)

 2018年4月15日放送のアニメ「ちびまる子ちゃん」(フジテレビ系)で、まる子の「おばあちゃん」が同じ場面に2人いるシーンがあり、視聴者からツッコミが相次ぐ出来事があった。

 フジテレビ広報室は16日、J-CASTニュースの取材に対し、話題の場面について「作画上のミスです」と回答した。

■「おばあちゃん2人おる」

 まさかの事件が起きたのは、番組後半に放送された「中野さん、さくら家に泊まるの巻」のワンシーン。

 この回では、まる子の祖父・友蔵と仲の良い中野さんが、自宅の鍵を忘れてしまいさくら家に泊まることに。夕食時、一同がちゃぶ台を囲んでテレビを見ている場面で、おばあちゃんに「異変」が起きた。

 テレビのチャンネルを変えるため、座布団から立ちあがったおばあちゃん。画面は天井の辺りからお茶の間全体を映すアングルに変わり、おばあちゃんはテレビのすぐ脇まで移動している。

 しかし、この場面をよく見ると、友蔵の隣にもおばあちゃんの姿が。つまり、テレビ脇まで動いたおばあちゃんと、移動前の座ったままのおばあちゃんの2人が、同じ画面に同時に登場していたのだ。

 この事態に気づいた視聴者は騒然。ツイッターやネット掲示板には、

  「おばあちゃん席立ったのにもう1人席にいるんだけど…」
  「確認したら本当にお婆ちゃん分身してたwただの作画ミスだよね」
  「リアルに放送事故やん(笑)おばあちゃん2人おる」

といった驚きや困惑の声が相次ぐ騒ぎとなった。

谷岡学長の被害届、フジ「とくダネ!」が56秒の取材映像流し反論「左肩をつかむ姿確認できず」【第76期順位戦、大町市】

 12日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)で日本レスリング協会副会長で至学館大(愛知県大府市)の谷岡郁子学長(63)がフジテレビの情報番組スタッフにけがを負わされたとして、愛知県警に被害届を出していたことを特集した。

 番組ではこの情報番組が「とくダネ!」と明かし、番組が谷岡学長を取材した56秒間の映像を放送した。栄和人氏のパワハラ認定についてレスリング協会副会長としての考えを至学館大への広報を通じて取材したが、回答は得られなかった。そのため名古屋市内で8日午前11時30分頃、谷岡学長を直撃した。

 映像では男性スタッフが「谷岡さん、すみません。フジテレビなんですけど」と伝えると「やめて」と答え、「栄さんが認定された件についてだけ一言いただけないですか?」と返すと、関係者が「警察呼んで」と言うと学長も「警察呼んで。101、あの110番、警察呼んで」と谷岡学長は周囲に呼びかけた。その後、関係者の男性の背中に顔を隠した谷岡学長は「パワハラはないとおっしゃっていましたが」などの質問に答えず「警察呼びます」と言い残し小走りに建物に入っていった。

 この取材で谷岡学長は8日、男性ディレクターに左肩をつかまれけがをしたとして診断書とともに県警に被害を届け出た。番組では谷岡学長が主張する左肩に注目したが、伊藤利尋アナウンサー(45)は「ディレクターが左肩をつかんだように見えません」と指摘し、映像をこれまで放送しなかったことに「谷岡学長が取材を拒否したため、これまでこの映像を放送しませんでした」と説明した。

 小倉智昭キャスター(70)は「今回の映像を視聴者のみなさんは、どのようにごらんになりましたでしょうかね」と話した。その上で番組は左肩をつかまれけがをしたとする谷岡学長の主張に対し見解を示し「谷岡学長と番組ディレクターは接触していない」「カメラに2度近づいたが映像では左肩をつかむ姿は確認できず」と発表した。小倉氏は「これは受け止め方によっても違うと思うんですが、事実に基づいて私達はお伝えいたしました」と話していた。

フジ『グッディ!』が謝罪 オフィス北野“ニセ社員”取材「現役社員ならびにOB社員ではありませんでした」 『インタビュー、男性、現役社員』

 フジテレビ系情報番組『直撃LIVE グッディ!』(月~金 後1:45)は6日、きのう5日に放送した「オフィス北野の現役社員」と名乗る男性のインタビューについて、経緯を説明するとともに「この男性はオフィス北野の現役社員ならびにOB社員ではありませんでした」とした上で、謝罪した。

 5日の放送では「オフィス北野 現役社員語った“お家騒動”」と題して、たけしとオフィス北野・森昌行社長(65)の対立を特集。「オフィス北野の現役社員」を名乗る男性が街頭インタビューに応じる模様を放送したが、この男性について同事務所が「社員ではない」とフジテレビ側に抗議していたことが6日、複数のスポーツ紙で報じられていた。

 この日番組では、三田友梨佳アナウンサーが「きのう放送した、たけしさん独立騒動に関するニュースの中で、オフィス北野の現役社員として男性のインタビューを放送しました」と説明。

 続けて「グッディではその男性本人に確認した上で放送しましたが、オフィス北野からご指摘を受け、オフィス北野に正式に確認したところ、この男性はオフィス北野の現役社員ならびにOB社員ではありませんでした」とし「訂正しますとともに関係者の皆様、視聴者の皆様に深くお詫びいたします。以後、再発防止に努めます。申し訳ございませんでした」と、MCの安藤優子キャスター、高橋克実ら出演者全員が頭を下げ謝罪した。

『オフィス北野ニセ社員TV出演、フジ「グッディ!」見た森社長指摘』 ~ みんなの感想まとめ

 ビートたけし(71)の独立問題で、フジテレビの情報番組「直撃LIVEグッディ!」が5日、「オフィス北野の現役社員」と名乗る男性のインタビューを放送し、オフィス北野の森昌行社長(65)から「偽者だ」と猛抗議を受ける騒動が起きた。フジテレビは「調査中」と説明。テレビ界屈指の大物を巡る騒動だけに報道合戦の過熱ぶりが生んだトラブルといえそうだ。

 グッディ!が「独自 オフィス北野現役社員語った」と題して報じた、問題の男性にインタビュー取材したのは3日午後8時ごろ。場所はオフィス北野が入る東京・赤坂のビル付近だった。

 オフィス北野側に確認せずに、男性が名乗った「オフィス北野現役社員」という肩書そのままに街頭でのインタビューを放送した。男性の顔にはボカシが入っていたが、森社長を「オヤジ」と呼び、酔っているのか陽気な感じに映った。

 ――事務所が赤字という事実は間違っている?

 「オヤジがやっていて赤字のわけないじゃん。あれだけ稼いでいるのに、ねえ。お願いしますよ」

 ――スタッフの給料が凄く高くて芸人の給料が低いというのは?

 「みんな高くて当たり前じゃん。あんたたちだって給料もらった方がいいでしょ。でも、それ以上に稼いでいるんだからさ」

 この映像を見た森社長はスポニチ本紙の取材に「本物の社員でないことを確認した」と明言。社員に「報道の個別取材には受けないように」と通達し、森社長を「オヤジ」と呼ぶ社員はいないことからニセ社員と確信しフジテレビに抗議、事情説明を求めたことを明かした。

 「これは“ねつ造”じゃないですか。公共の電波を使ってありえない。なりすましの男性のいいかげんな対応を見て、本物のオフィス北野の社員と信じた人たちもいて、ネットなどで騒ぎになっている」と“実害”が出ていることも明かした。

 「たけし軍団」が1日にブログなどで、森社長の“裏切り行為”を告発する声明文を公表して表面化した内紛劇。フジテレビは本紙の取材に「抗議はいただいております。現在事実関係を調査中です」と答えた。森社長の指摘通りニセ社員までが登場したとなると、騒動の火は当事者たちの場外にまで広がっており、鎮火する気配が見られない。

『山崎夕貴アナ 29日入籍…おばたの“奥さん”に フジは特集映像を制作済み』 ~ ヤフーユーザーの意見まとめ

 フジテレビの山崎夕貴アナウンサー(30)とお笑いタレント・おばたのお兄さん(29)が29日に結婚することが27日、分かった。複数の関係者によると、24日に両家の顔合わせを済ませ、結婚の意思を報告し合った。互いに親しい知人らには報告している。

 また、一部の関係者によると、フジ側はすでに2人の結婚を発表する特集映像を制作ずみだという。

 一部で“今週中にも結婚”と報じられたこの日、おばたは佐賀市内でイベントに出演。正午すぎに羽田空港でデイリースポーツなどの取材に応じ、「僕も彼女も、今は何も話せないんです。すみません」と結婚報道については否定せず、「幸せですよ」とニッコリ笑い、おおむね結婚を認めた。

 2人は昨年5月から交際に発展。同6月には、おばたがファンとの二股疑惑を報じられ、破局危機とも報じられた。だが、山崎アナは「一番つらい選択は別れることだから、別れません」と明言。その後は順調に愛を育み、交際1年未満でのゴールインとなった。山崎アナは今後も仕事を続け、4月からは同局系の朝の情報番組「とくダネ!」(月~金、前8・00)のキャスターを務める。

石橋貴明 みなさん最終回前日に「寂しい限り」 フジには「王国再建」を期待【K-1、北見市】

 お笑いコンビ・とんねるずの石橋貴明(56)が21日、東京・SHIBUYA TSUTAYAで行われたDVD「とんねるずのみなさんのおかげでBOX」発売記念イベントに出席。22日に30年の歴史に幕を閉じるフジテレビ系バラエティー「とんねるずのみなさんのおかげでした」(木曜、後9・00)について、「ただただ寂しい限り。毎週のようにフジに行っていたので」と最終回前日の心境を打ち明けた。

 同番組のエグゼクティブプロデューサー・石田弘氏を模したキャラ「ダーイシ」に扮して店頭を表敬訪問。同局「めちゃ×2イケてるッ!」の最終回が5時間半の特番であることに対し、「-でした」は通常通りとあって、「数字が取れないからやめてくれと」と笑わせた。最終回は「(初代プロデューサーの)港さんの家でみようかな」といい、今後空いた時間は「料理教室、ヨガ教室に通う。時間をもてあます」と冗談交じりに語った。

 フジのバラエティーの今後については、「バラエティーを作らせたら一番うまい。また20年、30年と続くような素晴らしいバラエティーを。王国を再建してもらって、脇役でいいので入れてもらう」と期待を寄せた。「まだまだテレビの影響は大きいと思うので、アイデアや知恵を絞って作っていくしかない」と話していた。

 番組は88年10月に「-おかげです」として始まり、97年6月から「-でした」に変わった。30年の歴史に幕を閉じる最終回は、歌に焦点をあて、番組の歌の歴史を振り返る。第一回目放送のゲストだった歌手・松田聖子(56)や元野猿のメンバーも集結。最後はとんねるずの熱唱で飾る。