タグ: 主役

『高梨沙羅、写真撮影で“主役”拒否「自分だけのメダルじゃない」』 ~ 皆さんの反応まとめ

 平昌五輪ジャンプ女子ノーマルヒルで銅メダルを獲得した高梨沙羅(21)=クラレ=が14日、羽田空港着の航空機で凱旋(がいせん)帰国した。チームメートの伊藤有希(土屋ホーム)、勢藤優花(北海道ハイテクAC)、岩渕香里(北野建設)と臨んだ会見では、自身だけが目立つような写真撮影を“拒否”する一幕もあった。

 カメラマンからは、メダルを持つ高梨を3人が後ろから指を差すという構図のリクエストがあった。しかし、高梨は「それは…」とやんわり断り、4人で肩を組むショットに変更された。

 その意図について高梨は「私だけのメダルじゃないし、みんなで獲ったメダルなので、私を囲んでみんなが指を差すのはおかしい」と自身だけが“主役”じゃないと強調。「みんなで獲ったんだぞと応援してくれる皆さんに見てもらうのが1番なので。カメラマンさんもこのポーズがベストだと思って要望していただいたが、申し訳ないが私はそれはできないので、失礼ながら断らせていただいた」と丁寧に説明した。

 12日の試合ではメダルを決めた後、ソチ五輪で共に悔しい思いを味わった伊藤と抱き合って喜んだ。高梨は「ソチ五輪が終わってから、有希さんに『またここ(五輪)に戻ってこよう』と声をかけていただき、ここまで来て納得いく2本を跳べた。日本チームとしてこの場に立たせていだたいてうれしかったし、ホッとして涙が出た」と振り返り、「目標にしていた金メダルには届かなかったが、日本チームにたくさん助けていただいてやっと獲れたメダルだった」と、あらためて仲間に感謝した。

金与正「イカとタコから統一を」と冗談…文大統領には「統一の主役に」 《金与、大統領、ムン・ジェイン》

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長の特使として文在寅(ムン・ジェイン)大統領と10日に会った金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長は決意したかのようにさまざまな発言を吐き出した。金特使が文大統領に「早い時期に平壌(ピョンヤン)で会えたら良いだろう。文大統領が統一の新たな幕を開く主役になり後世に久しく残る足跡を刻まれるよう願う」とした発言が代表的だ。

対話は和やかなムードで行われたと青瓦台(チョンワデ、大統領府)関係者らは伝えた。金与正特使は南北の言葉の違いのうち「イカ」と「タコ」が反対になっている話が出ると、「そこから統一しなければならない」として笑いを見せたりもした。以下は青瓦台が明らかにした金特使一行と文大統領との対話。

文大統領=「私は登山とトレッキングが好きだ。若かったころに蓋馬(ケマ)高原で1~2カ月過ごすことが夢だった。家に蓋馬高原の写真もかけてある。それができる日はすぐにくるようだったが再びはるか遠くになった。こうして来られたのを見ると、その気になれば言葉も文化も同じなので簡単にできるようだ」

金与正=「このように近い距離なのに来るのが大変で残念だ。(金正恩委員長の新年辞の後)1カ月と少し過ぎたが、過去数年に比べ南北関係は速く進んでいないだろうか。南北首脳部の意志があるなら分断の歳月は残念だが速く進むだろう」

文大統領=「開会式を見た所感はいかがか」

金与正=「すべて気に入った。特に合同チームが登場する時が良かった」

文大統領=「最初に開会式場に入って(金与正特使と)握手をしたが、合同入場の時には私も気づかないうちに自然に再びお祝いの握手をした」。

続けて金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長は文在寅大統領に「歴史をたどれば文氏の家門から愛国者を多く輩出した」との話もしたと青瓦台関係者は伝えた。金常任委員長はまた「文益漸(ムン・イクチョム)が綿花の種子を持ってきて人民に大きな助けになったが、文益煥(ムン・イクファン)牧師も同じ文氏なのか」と尋ね、文大統領も「そうだ。彼の弟である文東煥(ムン・ドンファン)牧師を昨年訪ねた」と答えた。

昼食の料理も話題となった。デザートの天安(チョンアン)クルミ菓子が特に人気だったという。

文大統領=「このクルミ菓子は天安の名物だ」

金永南=「健康食品で朝鮮民族特有の味がある」

任鍾ソク(イム・ジョンソク)秘書室長=「南北の言葉にアクセントや単語にある程度違いはあっても聞き取れるが、イカとタコは南北が正反対だそうだ」

金与正=「私たちと違うがそれから統一しなければならない(笑)」

金永南=「南から来た方に会ったところおばあさんに咸興(ハムフン)式シッケ(塩辛のような発酵食品)の作り方を習い、それでたくさん作って食べていると話していた」

文大統領=「私たちもシッケをよく作るが私は毎日シッケを食べている。咸鏡道(ハムギョンド)はキムチよりシッケを好む」

金永南=「南側でも道ごとに地方の特色ある料理があるでしょう?」

文大統領=「そうだ。郷土料理は多様にある」。

ゴディバ「義理チョコをやめよう」 なぜ今?狙いは? 社長が回答「主役はあげる人。もらう人ではない」【AKB48、小泉 今日子】

 「日本は、義理チョコをやめよう」。そんなタイトルの新聞広告が話題になっています。掲載主はチョコレートブランド「ゴディバ」です。バレンタインデーを前にして、なぜこのような広告を出したのか? ゴディバジャパンに問い合わせたところ、広告の意図を説明する社長メッセージが返ってきました。