タグ: 二刀流

二刀流も可能だった? 桑田真澄の驚異の打撃成績を振り返る【平成死亡遊戯】 《ニトウリュウ革命、トルネード旋風以来、野茂英雄》

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平がメジャーリーグを席巻している。

 投げては7回1安打無失点12Kの快投、打っては3試合連続アーチ。野茂英雄のトルネード旋風以来の、ニトウリュウ革命である。そう遠くない未来、逸材の二刀流挑戦が世界の野球界のスタンダードになるかもしれない。

 投げて、打って、試合に勝つ。一昔前の日本球界でも、そんな“エースは強打者”的な風潮があり、投手の通算打撃成績を見ると上位には昭和の大エースたちが並んでいる(もちろん圧倒的に先発登板数が多かったという時代的背景もあるが)。400勝投手の金田正一が通算38本塁打、310勝の別所毅彦が通算500安打、巨人V9時代のエース堀内恒夫は2年目の67年10月10日に「ノーヒットノーラン達成と3打席連続本塁打」という離れ業をやってのけた。

 ならば中5~6日ローテや分業制が確立しつつあった平成球界で“打撃のいい投手”と言えば誰を思い出すだろうか? 91年5月29日の近鉄戦でDH制を導入以来はじめて投手として本塁打を放ったドン・シュルジー(オリックス)、97年シーズンに3本塁打を放った圧倒的な飛距離を誇るバルビーノ・ガルベス(巨人)と、飲み屋で語ったら3時間はいけそうな懐かしの助っ人選手たちも捨てがたいが、やはり真っ先に名前が挙がるのは桑田真澄(巨人)だろう。

 PL学園時代は甲子園で清原和博の13本塁打に次ぐ、歴代2位タイの6本塁打を放った桑田はドラフト1位でプロ入り後、あまりの野球センスに野手転向が検討されるも投手に専念。三本柱の一角として通算173勝を記録したが、打者としても890打数192安打の打率.216、7本塁打、79打点という成績を残している。2年目の87年7月8日の広島戦ではプロ初完封勝利に自身のスリーランアーチで花を添えた19歳は、最優秀防御率のタイトルと沢村賞を受賞。以降、時代が平成に突入しても桑田は打てる投手として存在感を発揮していく。

 平成元年の89年はキャリアハイの17勝、年間20完投、249イニングと投げまくり、打っては86打数21安打の打率.244でチームの日本一に貢献(ちなみにこの年20勝を挙げたチームメイトの斎藤雅樹も打撃には定評があった)。自身でもピークと公言する94年は14勝を挙げ、“10.8決戦”の胴上げ投手となりMVPにも輝き、73打数21安打の打率.288、OPS.689という、今の巨人打線なら普通に6番打者も務まりそうな強打者ぶりである。

本田望結 フィギュアとの二刀流は継続 自身の五輪は「遠い遠い所」【ギレルモ・デル・トロ、アカデミー助演女優賞】

 女優でフィギュアスケーターの本田望結(13)がこのほどアニメ映画「リズと青い鳥」(4月21日公開)の公開アフレコを行い、会見にも応じた。女優とフィギュアスケートの“二刀流”を続ける本田は、平昌五輪での日本勢の活躍を称えた。自身の五輪出場について「五輪は遠い遠い所です」と語った。

 姉の真凜は昨年12月の全日本選手権で7位に終わり、平昌五輪の出場を逃した。取材会では、日本勢の大活躍で終了した五輪にも触れ「見ていました。すごく早かった。アッという間に終わってしまいましたね。皆さんに感動しました。特にスケートでは皆さん素晴らしかった」と称賛。一方、自身のスケートには「好きでやっているだけですから。五輪は遠い遠い所です」と口にした。

 今後も女優とスケーターの“二足のワラジ”を履くが「本田望結じゃないとできない演技と滑りをしていきたい」と誓った。

 今回が初挑戦となった劇場アニメの吹き替え。湖の近くの家で1人暮らししているリズと、倒れているところをリズに助けられる少女の2役を演じた。本田のアフレコ起用は山田尚子監督(33)直々のご指名。同監督は本田の収録にも立ち会い「素晴らしい!」と絶賛したという。

 2役の演じ方を考えていた本田に同監督は「なんとなく違いがある方がいい」とアドバイスを送っており、本田は「性格というか、しゃべり方のテンションの高い低いでやってみました」と明かした。さらに「監督はとても優しい方で、2役ということで不安はあったけど、途中から楽しくなって来て、あっという間に終わってしまいました」と収録を振り返っていた。

お笑いと二刀流 “おさる”改めモンキッキーは今や売れっ子書家に(日本経済新聞、野党)

 1990年代、お笑いコンビ「アニマル梯団」の“おさる”として活躍していたモンキッキー(49)。「すんまそん」「ありがトーマス」などのギャグで茶の間を沸かせた一方、スポーツバラエティー番組「SASUKE」のファイナルステージに挑戦するなど、バツグンの運動神経でも注目された。だが、最近はテレビで見かける機会が少ない。今どうしているのか。

■仕事の比率は「ほぼ10割書家」

 モンキッキーに会ったのは、東京・秋葉原の駅ビルで行われた年始イベントの会場。「(おさるから)改名したらレギュラーが6本から0本になりました!」と自虐ネタで笑いを取りながら、大筆をふるって3メートル大の巨大な白紙に流麗な字を書いている。

 詰めかけた観客からスマートフォンを向けられ、熱視線を浴びるモンキッキーの頭にはうっすらと白髪が交じっているが、羽織からのぞく腕は、以前と変わらず筋肉隆々だ。

 現在、モンキッキーはお笑い芸人に加え、書家「宇都鬼(うっきー)」として二足のわらじで活動中。現在の仕事の比率は「ほぼ10割書家」という。

「最近はモノマネ軍団と全国各地のイベントに出演して、芸人としてネタをやって、書家としてパフォーマンスをしています。それが週3、4日。家にいる時でも、子供を送り出したら額装をしたり、作品を書いたり……。すべて書家の仕事です」

 書道パフォーマンスでは持ち前の体力を生かし、筆を執る前に腕立て伏せをするのが“お約束”。1度書くのに300回行ったこともあるとか。

「そんなに腕立てして大丈夫か、と心配されつつ、それでも腕を震わせずに書くのが楽しくて。でも、腕立てを100回以上やったある日、お客さんから『おい、早く書け!』ってヤジられましてね。それからは、場の空気を読んで回数を調整してます。ボクが、例えば102歳になった時、腕立て伏せを102回して書いたら、みんな感動すると思うんですよ。そこまで行き着きたいですね」

 聞けば「書家として軌道に乗ってきた」と言い、稼ぎも増えたようで、年収は「カミさんがホッとする金額」にアップしたそうだ。

「文句は言われなくなりました。1日10ステージとかこなして、毎回すごい回数の腕立て伏せをするのを知っているので、『体だけは気をつけて』と気遣ってくれます」

■「唯我独尊だった」と自らの芸風を反省

 さて大阪府摂津市出身のモンキッキーは大学を卒業後、小学4年からの友人“コアラ”とお笑いコンビを組んで芸能界入り。バラエティー番組を中心にテレビで引っ張りだこになった。しかし、コアラが2000年に女優の三原じゅん子(現参院議員)と結婚し、事務所を移籍。コンビを解消した。

 ピン芸人として活動していた07年、タレントの山川恵里佳(35)と結婚。40歳を目前にした08年、書家・松川昌弘氏に師事し、書家としての活動をスタートさせた。

 その後は書で数々の賞を受賞。13年にはバラエティーの企画で芸能界ナンバーワン美文字タレントの称号を得た。その間も改名を繰り返し、17年6月から再び「モンキッキー」と名乗っている。

 テレビで売れっ子だった頃は「フワッフワしていた」とモンキッキー。

「芸能界は、本人の自覚なくすごく稼げるのが怖いです。『すんまそ~ん』って言ったら稼げるんです。仕事が終わったら街に繰り出し、クラブで踊ってました。朝帰ってきてちょっと寝て、また仕事。子供と一緒に夜9時に寝ている今とは大違いですよ」

 コトお笑いに関しては、昨年から自分の芸に違和感を感じ始めたという。

「テレビではカメラに走っていって叫ぶ。人がいたら飛び込む。それだけでした。ウケない時は、『オレの笑いが分からないのか』って上から目線で、ギャグのトーンとかタイミングとか全部狂っていたんです。まさに唯我独尊でした……」

 過去を反省し、今後もお笑いと書道の二刀流で勝負すると意気込む。

「書道は、呼ばれればどこへでも行きます。世界中で書きたいですね。芸人としては週1、2回テレビに出て、『全然色あせてないじゃないか!』ってホメられたいです。両方、命をかけてやります。そう、米国に行った大谷翔平選手と同じですよ。世界の宇都鬼、モンキッキーになりたいです。これ、名前長いな……また改名するかもしれません(笑い)」

現役ナース兼コスプレイヤーの“二刀流”桃月なしこ、TVデビュー【イスラエル国防軍、佐々木彩夏】

 現役ナースでコスプレイヤーの“異色二刀流”、桃月なしこ(22)が11日放送のTBS系「初耳学」(日曜・後10時)でテレビデビューした。

 「まさかテレビに出る機会がいただけるだなんて思ってもいなかったです。今回をきっかけに私のことを少しでも多くの方に知ってもらえたら嬉しいです」と話した。

 愛知から2週間前に上京したばかり。「以前は病院の寮で生活していましたが、車で30分走れば実家に帰れたので、しっかりと親元を離れたのは今回が初めて。家族が大好きなので毎日寂しい思いをしていますが、頑張っている姿を見せたいので、日々仕事に励んでいます」という。

 看護師になった理由は「資格を持っていれば就職先に困らないなと思ったのと、職業を聞かれた時に看護師ですって答えられたらかっこいいと思って」。「最近病院を転院して科が変わり、仕事も全て一から覚えなければいけないため大変ですが、患者さんにありがとうと言ってもらえるので、とてもやりがいを感じています」とプロフェッショナルな一面を見せた。

 グラビア活動ではヤングマガジン誌に2度登場。「今まで肌の露出をほとんどしてなかったため、世に出るのがとても不安でしたが、多くの方に褒めてもらえ、またヤンマガきっかけで私のことを知ってくれた方が増えてすごく嬉しかったです」。「看護師の仕事も芸能の仕事もやりがいがあって楽しいので、どちらも全力で頑張っていきたいです」と意気込みを語っている。

 ◆桃月 なしこ(ももつき・なしこ)1995年11月8日、愛知県豊橋市生まれ。22歳。最近のマイブームはアプリゲームのミラクルニキとデパコス(デパートコスメ)巡り。身長160センチ。スリーサイズは84―60―83。