タグ: 分身

ちびまる子ちゃん、祖母が「分身」!? フジ「作画上のミス」認めて反省(常陸太田市、全国学力・学習状況調査)

 2018年4月15日放送のアニメ「ちびまる子ちゃん」(フジテレビ系)で、まる子の「おばあちゃん」が同じ場面に2人いるシーンがあり、視聴者からツッコミが相次ぐ出来事があった。

 フジテレビ広報室は16日、J-CASTニュースの取材に対し、話題の場面について「作画上のミスです」と回答した。

■「おばあちゃん2人おる」

 まさかの事件が起きたのは、番組後半に放送された「中野さん、さくら家に泊まるの巻」のワンシーン。

 この回では、まる子の祖父・友蔵と仲の良い中野さんが、自宅の鍵を忘れてしまいさくら家に泊まることに。夕食時、一同がちゃぶ台を囲んでテレビを見ている場面で、おばあちゃんに「異変」が起きた。

 テレビのチャンネルを変えるため、座布団から立ちあがったおばあちゃん。画面は天井の辺りからお茶の間全体を映すアングルに変わり、おばあちゃんはテレビのすぐ脇まで移動している。

 しかし、この場面をよく見ると、友蔵の隣にもおばあちゃんの姿が。つまり、テレビ脇まで動いたおばあちゃんと、移動前の座ったままのおばあちゃんの2人が、同じ画面に同時に登場していたのだ。

 この事態に気づいた視聴者は騒然。ツイッターやネット掲示板には、

  「おばあちゃん席立ったのにもう1人席にいるんだけど…」
  「確認したら本当にお婆ちゃん分身してたwただの作画ミスだよね」
  「リアルに放送事故やん(笑)おばあちゃん2人おる」

といった驚きや困惑の声が相次ぐ騒ぎとなった。

加山雄三、光進丸が焼けて涙「分身のような存在」【是正勧告、アサデス。】

 俳優で歌手の加山雄三(80)が2日、東京・羽田空港で、1日夜、静岡県西伊豆町の安良里(あらり)港内で、所有するクルーザー「光進丸」(104トン、全長25メートル)が炎上した騒動について会見を開き、出火原因について聞かれ「原因は私は何も言えない。心当たりもないですし」と分からないことを強調した。

 光進丸への思いを聞かれると「全部…何もかも、私の分身のような存在」と言い、目に涙を浮かべた。「思い出は…尽きないですね。グアム島にまで行きましたし、夏はいろいろなところに行って、楽しい思い出が多かったので、それが出来なくなった」とも語った。

 取材陣から、船からの燃料油の流出が懸念されるが? と質問が飛んだが「確認しているが、今のところありません。厳重に(鎮火作業をしている)皆さん、やってくださっている。感謝しています」と答えた。

 「船への愛、海への感謝と希望は持っています」とも語ったため、もう1度、船を持つか? と質問が飛んだが「それどころじゃないですよ」、「人生、ずっと一緒に歩いてきた…つらい」、「小さいときからの思い出がいっぱい…」と悲痛な思いを絞り出し、涙した。

叶恭子 14センチの分身に満足も「私の唇は2倍、厚めにして」と注文 《クレーンゲーム用景品、モチーフ、自身》

 タレントの叶姉妹(ともに年齢非公表)が11日、千葉市内で、自身がモチーフになったクレーンゲーム用景品のフィギュア「ファビュラスなQ posket」新作披露会に登場した。

 全長14センチでドレス姿の“分身”と初対面し、美香は「どうなって現れるか、すごく楽しみにしていました。カワイイ~」と大満足。試作段階とあって恭子は、「お袖の部分、アメージング。指先の精密度合いにもビックリしました。私の唇はあと2倍、厚めにした方がいいかもしれませんね」と改善を要求し、当初は2色のカラー展開を予定していたというが、12色も提案して関係者を焦らせていた。