タグ: 初

トランスジェンダー女性が授乳可能に、初の科学的研究 『安全面、子ども、栄養価』

【AFP=時事】乳の分泌を誘発するホルモンを使ってトランスジェンダー女性が授乳できるようになったとする初の科学的な臨床研究結果が、医学誌に発表された。ただ、乳の栄養価や子どもの安全面については、さらなる研究が必要だと専門家は指摘している。

 医学専門誌「トランスジェンダー・ヘルス(Transgender Health)」に掲載されたのは、男性として生まれた30歳のトランスジェンダー女性に関する研究報告。米マウントサイナイ・アイカーン医科大学(Icahn School of Medicine at Mount Sinai)の研究者らが主導した。

 報告によると、このトランスジェンダー女性は6年間にわたって女性化ホルモン療法を受けていたが、性器や胸の手術は受けていなかった。パートナーの女性が妊娠したものの授乳する意思を示さなかったため、「生まれてくる乳児の最初の栄養源となる役割を自分が担いたいと希望し」医学的アドバイスを求めたという。

 このトランスジェンダー女性は、卵胞ホルモンのエストラジオールや黄体ホルモンのプロゲステロンなど、乳の分泌を誘発するホルモンを使った療法を継続する一方、搾乳器を1日3回、5分ずつ両胸に使用するよう指導された。

 さらに、乳の分泌量を増やす用途外の効果を求めて吐き気止めの薬ドンペリドンをカナダから取り寄せ、使用した。ドンペリドンは、心不全を誘発する懸念を米食品医薬品局(FDA)が指摘し米国では認可されていない。授乳される乳児へのリスクも分かっていない。

 研究報告によると、ホルモン療法の開始から3か月半後にパートナーが出産し、このトランスジェンダー女性は6週間にわたって自分の乳のみを乳児に与えた。その後、「乳の分泌量が足りないとの懸念」から栄養補助として粉ミルクを併用するようになった。乳児の成長や摂食機能は全く正常だったという。【翻訳編集】 AFPBB News

初の年間パスポート値下げ=混雑緩和へ使用日制限―TDLなど(東区、ヴァレンティノ S.p.A.)

 オリエンタルランドは15日、東京ディズニーランド(TDL)と東京ディズニーシー(TDS)の年間パスポートを初めて値下げすると発表した。混雑緩和のために使用日を制限する代わりに、価格を2000~4000円引き下げる。

 3月1日以降の販売分に適用する。来年度の使用不可日は夏休み期間中など計16日で、公式サイトなどで知らせる予定。年間パスポートに事前に使用不可日を設定するのは初めてだ。

 新価格は、TDLとTDSどちらでも使えるタイプが大人8万9000円(現在は9万3000円)、どちらかでのみ使えるタイプは6万1000円(6万3000円)。 

『聞き慣れないセミの大合唱…中国のセミ、川口で繁殖 日本で生息確認は初、調査チーム「全国で調査を」』 ~ みんなの感想まとめ

 埼玉県川口市北部の安行地域で中国の外来種のセミ「プラティロミア・ピエリ」が生息し、繁殖していることが埼玉大学の林正美名誉教授(昆虫分類学など専門)らの調査で確認された。同市の市民から「安行で聞き慣れないセミの鳴き声の大合唱を聞いた」などの情報があったことから、調査チームを結成し2016年と17年に分布や生息状況、生態調査を実施し、プラティロミア・ピエリと確認した。同名誉教授によると、日本で生息が確認されたのは初めて。

カルソカン「日産卒業」初の工場新設へ、その供給先は?【ゴールドドリーム、体外受精】

 カルソニックカンセイはルーマニアに第2工場を新設する。主にメーターといった電子関連部品を製造し、稼働は2019年2月ごろを想定する。投資額は約3000万ユーロ(約40億円)とみられる。仏ルノーから同部品を受注したため、拠点の新設に踏み切った。カルソカンが生産拠点を設けるのは、17年3月に米投資ファンドのKKRによるTOB(株式公開買い付け)が成立し日産自動車傘下から離脱してから初めて。

 第2工場は、第1工場があるプロイエシュティ市の近隣にある工業団地に新設する。工場をリース化するなどして投資額を抑えた。当面はリース工場を使用するが、受注状況をみて自社工場の建設も視野に入れる。従業員は300人程度を新規雇用するとみられる。

 生産するメーター部品は中国やタイ、インドから欧州向けに供給してきた。ただ、日産・ルノー連合による共通部品化などを背景に、近年はルノー向けの製品供給が増えてきているという。需要地の近くに工場を新設して完成車メーカーへの対応を迅速化させるほか、物流コストなどを引き下げる狙いもある。

 カルソカンは21年度を最終年度とする中期経営計画で主要顧客である日産以外の付加価値売上高(車メーカーからの指定・支給部品を除いた売上高に相当)比率を現状比10ポイント増の30%に高める方針。

 ルーマニアの第1工場では熱交換器系部品を独アウディに、空調関連部品をルノーなどに供給し、日産以外の車メーカーの開拓を進めている。第2工場を建設し、欧州車メーカーへの拡販体制を強化する。

 日産と取引が多い車部品メーカーでは、河西工業がスロバキアに内装部品の工場を新設し、19年中の生産開始を計画。欧州の中でも比較的人件費が安い中央や東寄りの地域に拠点を出す車部品メーカーが増えている。

初の大刷新セブンカフェ、売れるための「45秒」(金曜★ロンドンハーツ、ソヒョン)

 2013年の発売以来、初めて大型刷新し3月上旬から発売するセブン―イレブンのドリップコーヒー「セブンカフェ」。1杯あたりの豆の使用量を約1割増やし、焙煎(ばいせん)方法は2種類から3種類に増やした。マシンから入れる際に豆を蒸らす時間も延ばすことで、うまみとコクを出したという。

 価格は変更しない。セブンカフェは店内の専用マシンで、ホットとアイスのコーヒーとカフェラテをセルフ販売している。2013年の発売以来、累計で約39億杯を提供、18年2月期の販売数は10億杯を超えると見込んでおり、「日本一売れているコーヒー」だ。

 セブンカフェが今日の金字塔を打ち立てるまで歩んできた道のりは決して平坦ではなかった。実は、入れたてコーヒーは創業間もないころからやっていた歴史ある商品。当初はドリップ式だった。

 しかし、コーヒーを入れて保温していたため15分くらいで酸化、なかなかおいしい商品が出せなかった。その後、カセット方式のカートリッジタイプやエスプレッソマシンを導入したが、売り上げは伸びなかったという。

 機械から入ってしまい、お客の嗜好がおざなりになっていた。コーヒー事情など地道な嗜好調査を重ね、結果たどり着いたのが、すっきりして苦くなく、後味が良いコーヒーだった。
 
 その味を店舗で素早く実現するにはどうすればよいか。入れ立てコーヒー機についてはメーカーコンペを行った。目に留まったのが、高速道路のサービスエリアなどでドリップ式のコーヒー自動販売機を展開し、コーヒーミルからドリップ機構まですべてを自社開発していた富士電機。

 マシン開発の要請を受けた富士電機は、店頭に設置する上でいくつかの課題解決が求められた。まず豆を挽いてから抽出までを短時間にやること。さらに加盟店のアルバイトから年配の経営者までが扱えるようにメンテナンスを簡単にすること、だった。

 コーヒー豆は機材のなかでミルで挽いて抽出するが、機材をキレイに保たないと味に違いが出てしまう。粉が詰まらないようにして、掃除のしやすさを追求するなど取り扱いやすいように改良を重ねた。

 豆を挽いてから抽出まで、通常一回お湯を入れて40秒くらい蒸らさないとおいしくならない。かといってお客が店頭で待てる時間にも限界がある。蒸らす工程を短くし、おいしく抽出して飲めるまでの時間を45秒に短縮した。

 今回の刷新でも、マシンの総抽出時間45秒(ホットコーヒーRサイズの場合)は変えずに、蒸らす工程の時間を延長している。

 セブンーイレブン、富士電機、豆を供給する味の素ゼネラルフーズのチームマーチャンダイジング(共同開発チーム)は何度も会合をもち、豆の配合や焙煎具合、マシンの調整、修正に取り組んだ。豆、機材、マーケティングという三位一体となって完成したセブンカフェ。

 商品のテスト販売を繰り返し「これはいける!」と確信、13年1月から一気呵成の導入が始まる。実質6ー7カ月という短期間で1万7000店に導入したという。

初の大刷新セブンカフェ、売れるための「45秒」 『使用量、豆、1杯あたり』

 2013年の発売以来、初めて大型刷新し3月上旬から発売するセブン―イレブンのドリップコーヒー「セブンカフェ」。1杯あたりの豆の使用量を約1割増やし、焙煎(ばいせん)方法は2種類から3種類に増やした。マシンから入れる際に豆を蒸らす時間も延ばすことで、うまみとコクを出したという。

 価格は変更しない。セブンカフェは店内の専用マシンで、ホットとアイスのコーヒーとカフェラテをセルフ販売している。2013年の発売以来、累計で約39億杯を提供、18年2月期の販売数は10億杯を超えると見込んでおり、「日本一売れているコーヒー」だ。

 セブンカフェが今日の金字塔を打ち立てるまで歩んできた道のりは決して平坦ではなかった。実は、入れたてコーヒーは創業間もないころからやっていた歴史ある商品。当初はドリップ式だった。

 しかし、コーヒーを入れて保温していたため15分くらいで酸化、なかなかおいしい商品が出せなかった。その後、カセット方式のカートリッジタイプやエスプレッソマシンを導入したが、売り上げは伸びなかったという。

 機械から入ってしまい、お客の嗜好がおざなりになっていた。コーヒー事情など地道な嗜好調査を重ね、結果たどり着いたのが、すっきりして苦くなく、後味が良いコーヒーだった。
 
 その味を店舗で素早く実現するにはどうすればよいか。入れ立てコーヒー機についてはメーカーコンペを行った。目に留まったのが、高速道路のサービスエリアなどでドリップ式のコーヒー自動販売機を展開し、コーヒーミルからドリップ機構まですべてを自社開発していた富士電機。

 マシン開発の要請を受けた富士電機は、店頭に設置する上でいくつかの課題解決が求められた。まず豆を挽いてから抽出までを短時間にやること。さらに加盟店のアルバイトから年配の経営者までが扱えるようにメンテナンスを簡単にすること、だった。

 コーヒー豆は機材のなかでミルで挽いて抽出するが、機材をキレイに保たないと味に違いが出てしまう。粉が詰まらないようにして、掃除のしやすさを追求するなど取り扱いやすいように改良を重ねた。

 豆を挽いてから抽出まで、通常一回お湯を入れて40秒くらい蒸らさないとおいしくならない。かといってお客が店頭で待てる時間にも限界がある。蒸らす工程を短くし、おいしく抽出して飲めるまでの時間を45秒に短縮した。

 今回の刷新でも、マシンの総抽出時間45秒(ホットコーヒーRサイズの場合)は変えずに、蒸らす工程の時間を延長している。

 セブンーイレブン、富士電機、豆を供給する味の素ゼネラルフーズのチームマーチャンダイジング(共同開発チーム)は何度も会合をもち、豆の配合や焙煎具合、マシンの調整、修正に取り組んだ。豆、機材、マーケティングという三位一体となって完成したセブンカフェ。

 商品のテスト販売を繰り返し「これはいける!」と確信、13年1月から一気呵成の導入が始まる。実質6ー7カ月という短期間で1万7000店に導入したという。

関口宏、インフルエンザで「サンモニ」休む…番組スタート30年で初の病欠(別府大分マラソン大会、ダラス)

 俳優でタレントの関口宏(74)が4日、司会を務めるTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)をインフルエンザのため欠席した。

 番組冒頭でTBSキャスターの松原耕二氏(57)が司会の席に座り「おはようございます。画面を見て驚かれた方も多いと思うんですが、実は今日、関口さんとサブキャスターの伊藤さんが何とインフルエンザにかかってしまいまして、お休みさせていただきます」と説明し、関口と伊藤友里キャスター(30)が番組を休むことを報告した。

 代わりに司会を務める松原氏は「この番組は30年続いているんですけど、関口さんが病気っていうのは初めて?」とフリーアナの橋谷能理子アナ(56)に聞くと「そうなんです。病欠は初めてなんです。丈夫だったんですけどね」。1987年10月の番組スタート以来、初の病欠であることを明かした。その上で松原氏は「それも驚きますが、急きょ、私が進行役を務めさせて頂くことになった松原でございます。いつも通り最後まで見て頂ければと思います」とあいさつしていた。

 番組内ではインフルエンザの患者数が過去最多となったニュースも放送。これに松原氏は「関口さんがインフルエンザでお休み。サブキャスターの伊藤さんもお休みということで、いかに流行っているか実感として分かりますね」としみじみ話すと、橋谷アナは「関口さんはB型。伊藤さんはA型。同時に流行っています。大変なことになっています」と明かしていた。