タグ: 報ステ富川アナ発言

「わずか1.5キロ」本当に自衛隊への悪意? 報ステ富川アナ発言、よく聞くと…(決算、UNO)

 「報道STATION」(テレビ朝日系)で富川悠太キャスターが、自衛隊に「悪意」ある発言を行った――こんな情報がネットで広まり、炎上中だ。

 豪雪に襲われた福井県の国道8号で、復旧に励む自衛隊に対し、「除雪できたのはわずか1.5キロ」とその努力を否定した、というのが批判派の言い分である。佐藤正久・外務副大臣もツイッターで言及するなど、1週間近くにわたって続くこの騒動だが、実際に詳しく番組を見てみると、少し印象が変わってくる。

■ツイート、ネットメディアをきっかけに拡散

 問題の発言があったとされるのは、福井県内の国道8号などで発生した「立ち往生」2日目、2018年2月7日夜の「報道STATION」だ。

 放送直後は、それほど注目を集めていなかった「わずか1.5キロ」発言だが、ある「元地元民」だというツイッターユーザーが、「自衛隊の除雪に対してわずか1.5kmって言い方はアカンやろ」「人の手で1日であの高さの積雪を1.5kmもする事がどれだけ大変か…」とつぶやいたものが拡散、徐々に知られるようになった。さらに9日にはあるネットメディアがこのツイートなどを引用する形で「批判殺到」と報道、これをきっかけに一気に炎上状態となった。

 ツイッターでは、主に上記のニュースを引用する形で、

  「たいして雪の降らない仙台ですらイザ降ったら車を出すだけでも大変なのに、豪雪地帯『しかも例年の6倍』、10mでもいいから雪掻きしてみろよ!重機の入れない場所を一晩中人海戦術、これをやった人たちに素直に感謝できんのか…」
  「報ステ!雪を舐めんなよ! 超重労働で、汗だくだくかくし、少し休めば身体を冷やす。除雪の大変さはやった者しか分からない」
  「除雪車など重機で一気に除雪できるのは民間や行政が対応できる。大変なのは立ち往生した車や狭い道など、人の手でしか除雪できないエリア。自衛隊を貶めたい一心のテレ朝の不見識丸出し」

などといった発言が相次ぎ、報ステと富川アナが「除雪の大変さ」、そして奮闘する「自衛隊の努力」をないがしろにした、といった論調が広がった。