タグ: 女性記者

フジ・三田アナ、テレ朝・女性記者を思いやる「脅しのように“名乗り出ろ”と言われたらショックが連鎖する」【金曜ナイトドラマ、バズリズム】

 20日放送のフジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」(月~金曜・後1時45分)では、18日に事実上更迭された福田淳一・財務省事務次官(58)からセクハラ被害を受けていたとして、テレビ朝日の女性記者が週刊新潮に音源などを持ち込んだ問題について特集。

 安藤優子キャスター(59)やアシスタントのフジテレビ・三田友梨佳アナウンサー(30)といった女性レギュラー陣が女性記者の心情を思いやった。

 セクハラ騒動が持ち上がった後の17日、麻生太郎財務相(77)が「本人(テレビ朝日記者)が出てこなきゃどうしようもないですよね」と囲み取材で発言した。これについて、安藤キャスターは「同じこと言うとしても言い方がある。女性を上から見ている感じがする」と嫌悪感を示し、「名乗り出てくれなきゃやりようがないというのではなく、財務官僚がセクハラをしたという報道があったんだから、それに対して申し訳ないとおっしゃれば全然受け止める側の対応が違ったはず」とため息をついた。

 三田アナも「本当に同性としてつらくなる。そもそも福田氏からセクハラ被害を受けたと報告したのに、それを上司が取り合ってくれなかった。上司は二次被害がでないようにと言っているけど、それこそが二次被害ではないでしょうか。週が明けても否定されて、財務省から脅しのように“名乗り出ろ”と言われたら、どんどんショックが連鎖していく」と訴えた。

舛添氏「会食なしでも取材はできる」 女性記者の手法を再非難【THE ORAL CIGARETTES、スティーヴン・スピルバーグ】

 前東京都知事の舛添要一氏がテレビ朝日の女性記者に対し「次官と2人きりで食事など論外」などとその取材手法に異論を投げかけ、ツイッターが炎上したことを受け、20日に再びツイッターを更新。自身が厚生労働大臣だった時代を振り返り「会食なしでも取材はできる」と反論した。

 舛添氏は19日にツイッターでテレビ朝日女性記者に対し「記者としての矜持はないのか」「自局を使わずに週刊誌で匿名でネタを売る。それに次官と2人きりで食事など論外だ。アメリカの女性記者のように、堂々とカミングアウトして告発したほうが世論に訴える。それが『戦う記者』の姿だ」とつぶやき、「2次加害」「セカンドセクハラ」などと炎上していた。

 だが舛添氏は20日に更に持論を展開。自身が厚生労働大臣だった時代を振り返り「優秀な女性記者たちは、朝は6時、夜は深夜まで自宅の前で待っていた。私に政策の取材をした。また、彼女らが貴重な情報を持ってくることもあった」とツイート。そして「他社を出し抜いてくるので1対1だが、財務次官のように食事をしながらとは大違い。周りに警察官もいる。会食なしでも取材はできる」と持論。次官に呼び出され、バーで1対1で会ったとされる女性記者の取材手法に、改めて異論を唱えていた。

 舛添氏はブログでも「私は厚生労働大臣のときも、東京都知事のときも、取材であっても1対1で女性記者と会食することなどなかった。仮に、そのような可能性があるときは必ず秘書官を同席させたものである」と自身の経験をつづっている。

財務次官セクハラ疑惑 こわもて、無駄なことが嫌い 「誘われた」という女性記者も【ファミリーマート、えびの市】

 財務省の福田淳一事務次官は、同期の中でも将来の次官候補の一人と目されてきた。その一方、若い頃はサーフィンが趣味でマージャンが強いなど、財務官僚に多い“優等生タイプ”とは一線を画すことで知られた。

 「頭が良くて仕事も早い」。ある財務官僚は福田氏の能力の高さを称賛する。昭和57年に入省後、予算を担当する主計局で社会保障などを担当し、総合政策課長や官房長など次官への登竜門を歩んだ。平成27年に主計局長に就任してからは歳出改革などを手掛けた。

 同期には、学校法人「森友学園」への国有地売却問題で辞任した佐川宣寿(のぶひさ)・前国税庁長官や、売買交渉時に財務省理財局長だった迫田英典氏、片山さつき参院議員らがいる。

 一方で「とにかくこわもてだった」と話すのは、福田氏と仕事をしたことのある財務省OBだ。「ゴリラ」のニックネームで呼ばれることもあったという。政治家の反発が予想され、実現の難しい政策には消極的で、無駄なことを嫌う性格のため「省エネ」と呼ぶ若手もいた。

 次官就任前から、担当記者の間では「女性記者はすぐに省内の自室に招き入れるが、男性記者にはそっけない」という声も聞かれていた。関係者によると、福田氏から「ホテルに誘われた」という女性記者もいるという。

 別の財務省OBは「(福田氏は)自分の権利を第一に考え、組織のために動く人ではない」と話す。セクハラ疑惑の報道内容を否定したのも、辞任後のキャリアに傷がつくのを考慮したためではないかと厳しい見方を示した。

テレビ朝日・玉川徹氏、女性記者のセクハラ被害に「テレビ朝日は伝えなければいけなかった」【ヘルペスウイルス目、江田島市】

 19日放送のテレビ朝日系の朝の情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)でテレビ朝日の女性記者が18日に事実上更迭された福田淳一・財務省事務次官(58)によるセクハラの被害を受けていた問題を特集した。

 19日午前0時から会見した同局の篠塚浩・取締役報道局長によると、女性記者は1年半ほど前から数回、取材のため福田氏と1対1で会食をする機会があったが、そのたびにセクハラ行為を受けていたため、自衛手段として発言内容を録音するようになった。今月4日にも福田氏から連絡を受け1対1での飲食の機会を設けたが、セクハラ発言が多数あったため、発言を録音。後日、女性記者の上司に相談し、行為を報じるべきだと申し出たが「本人が特定されるおそれがある。報道は難しい」などと諭され、同局で放送することはなかった。

 しかしながら女性記者は「社会的に責任の重い立場にある人物による不適切な行為が表に出なければ、今後もセクハラ被害が黙認され続けてしまうのではないか」という思いを強く持っていたため週刊新潮に連絡。録音データの一部も提供したという。

 番組コメンテーターでテレビ朝日の玉川徹氏は「私もテレビ朝日の社員なんですけど」と前置きした上で今回、女性記者が新潮社に情報を提供したことに「これは公益通報だったんだろうと思うんです。会社に上げてもこれは、上に上がらないと。本当は我々は伝えるべきメディアだから、本当はこれはテレビ朝日で伝えなければいけなかったんだと、ボクは今でも思います」と見解を示した。

 さらに「だけど、伝えることができないと彼女は考えて、きっと正義感と良心から週刊新潮に持ち込まざるを得なかったんです」とした上で「彼女がやったことは正しかったと思います。だってしょうがないんだもん」と断言した。続けて「そこでテレビ朝日、反省しなければいけない。もちろん、報道局長も反省すると言ってますけど、まさにそれは反省しなければいけないところ」と指摘した。「記者っていう立場は、強い権力を持っている事務次官、取ってこなければいけないわけですよ、ネタを。仲良くなって取らなければいけない構造になっているんですね。そうすると、ああいう風なことも我慢しなければいけない。自分一人の問題じゃなくて、これを我慢できないで、問題にしたら会社全体に迷惑がかかるんじゃないか。会社全体に迷惑がかかるだけでなく、クラブ全体に迷惑がかかるんじゃないか、これは共通認識で暗黙であるんですよ」と明かした。

 こうした持論を示し「ボクはテレビ朝日の社員ですけど、ここで公表したことは評価、社員としてでなく一個人として評価できる」と女性記者の行動に理解を示していた。

『財務省、事務次官のセクハラ問題で「女性記者は連絡を」 発表全文』 ~ ヤフーユーザーの意見まとめ

 財務省は4月16日、福田淳一事務次官が複数の女性記者に対してセクハラを行っていたと「週刊新潮」(12日発売号)が報じた問題に対し、「週刊誌報道に示されたやりとりをした女性記者の方がいらっしゃれば、調査への協力をお願いしたい」と呼び掛ける声明文を発表した。福田事務次官への事情聴取だけでは、事実の解明が難しいためという。

●「キスしていい?」「ホテル行こう」

 「週刊新潮」によると、福田事務次官は森友学園問題に関するコメントを求めた大手紙の女性記者などに対し、「彼氏はいるの?」「キスしていい?」「ホテル行こう」「おっぱい触っていい?」などのセクハラ発言を連発したという。

 記事の裏付けとして、新潮社は13日、ニュースサイト「デイリー新潮」に福田事務次官の“セクハラ音源”を発表。女性記者に「抱きしめていい?」「予算通ったら浮気するか」「手を縛ってあげる」と肉声で呼び掛ける音声データを公開した。

 同サイトでは、週刊新潮の記者が福田事務次官を直撃したところ「何を失礼なことを言っているんだ」「誰がそんなことを言っているんだ」と激高する動画も確認できる。

●福田事務次官は報道を否定

 財務省によると、福田事務次官は11~12日に麻生太郎財務大臣に報道が出る旨を報告。厳重注意を受けたという。音声データの公表後は矢野康治官房長から聴取を受けたが、福田氏は「このようなやりとりをした覚えはない」「セクシャル・ハラスメントに該当する発言をしたという認識はない」と否定したとしている。

 福田事務次官は、名誉棄損(きそん)で新潮社を提訴する準備も進めているという。

 両者の主張が平行線をたどっている状況を踏まえ、財務省は記者クラブ「財政研究会」に属する女性記者に対し、冒頭の通り調査への協力を呼び掛けた。「協力いただける方に不利益が生じないよう、責任を持って対応する」とし、協力が可能な女性記者に「銀座総合法律事務所」(東京都中央区)に連絡するよう呼び掛けている。

 財務省が発表した、福田事務次官に対する調査報告書の全文は次の通り。

 福田事務次官に関する報道に係る調査について 平成30年4月16日 財務省

1、 週刊新潮4月19日号(4月12日発売)の福田事務次官に関する報道(以下「週刊誌報道」という。)については、4月11日・12日に、福田事務次官から麻生財務大臣に報告があり、麻生財務大臣から「このような報道が出ること自体が問題であり、財務省が現在置かれている状況も踏まえ、緊張感を持って行動するように」と厳重に注意した。

2、 さらに、4月13日にデイリー新潮のホームページにおいて週刊誌報道に関する音声データ(以下「音声データ」という。)が公表された後、麻生財務大臣の指示により、矢野大臣官房長等が改めて福田事務次官からの聴取を行った。その結果は別紙の通りである。

3、 ただし、上記の聴取は福田事務次官の部下である矢野官房長等が行ったものであることを踏まえ、客観性を担保する観点から、外部の弁護士に委託して、引き続き福田事務次官への調査を続ける。また、一方の当事者である福田事務次官からの聴取だけでは、事実関係の解明は困難であることから、本日(4月16日)、財務省の記者クラブ(財政研究会)の加盟各社に対して、各社内の女性記者に以下を周知いただくよう、要請した。

【各社内の女性記者への周知を要請した内容】

・福田事務次官との間で週刊誌報道に示されたようなやりとりをした女性記者の方がいらっしゃれば、調査への協力をお願いしたいこと。
・協力いただける方の不利益が生じないよう、責任を持って対応させていただくこと。
・外部の弁護士に対応を委託しているので、調査に協力いただける場合は、別途お示しする連絡先に直接連絡いただきたいこと。
・今後、上記の更なる調査の結果を踏まえ、適切に対応する。

●福田事務次官からの聴取結果

【1、週刊誌報道・音声データにある女性記者とのやりとりの真偽】

 週刊誌報道では、真面目に質問をする「財務省担当の女性記者」に対して私(福田事務次官)が悪ふざけの回答をするやりとりが詳細に記載されているが、私(福田事務次官)は女性記者との間でこのようなやりとりをしたことはない。音声データによればかなり賑やかな店のようであるが、そのような店で女性記者と会食をした覚えもない。

 音声データからは、発言の相手がどのような人であるか、本当に女性記者なのかも全く分からない。また、冒頭からの会話の流れがどうだったか、相手の反応がどうだったのかも全く分からない。

【2、週刊誌報道・音声データにある女性記者の心当たり】

 業務時間終了後、男性・女性を問わず記者と会食に行くことはあるが、そもそも私(福田事務次官)は、女性記者との間で、週刊誌報道で詳細に記載されているようなやりとり(また、音声データ及び女性記者の発言として画面に表示されたテロップで構成されるやりとり)をしたことはなく、心当たりを問われても答えようがない。

【3、普段から音声データのような発言をしているのか】

 お恥ずかしい話だが、業務時間終了後、時には女性が接客をしているお店に行き、お店の女性と言葉遊びを楽しむようなことはある。また、仲間内の会話で、相手から話題を振られたりすれば、そのような反応をするかもしれない。しかしながら、女性記者に対して、その相手が不快に感じるようなセクシャル・ハラスメントに該当する発言をしたという認識はない。

【4、週刊誌報道の4月6日の会食に関する記載の真偽】

 週刊誌報道は全体的に確認しようがない部分が多いが、4月6日の会食について「同席した民間企業の女性が赤面してしまうような卑猥な発言を連発」とされている点については、当該女性とともに同席していたその上司から、「そのような事実はなかったし、当該女性も同様の見解である」との連絡をいただいている。

【5、所感】

 上記のとおり週刊誌報道は事実と異なるものであり、私(福田事務次官)への名誉毀損に当たることから、現在、株式会社新潮社を提訴すべく、準備を進めている。他方で、財務省が厳しい状況に陥っている中で、更に私(福田事務次官)のことでこのような報道が出てしまったこと自体が、不徳のいたすところである。国民の皆様から不信を招き、麻生財務大臣・政務二役・職員をはじめとする関係者の皆様にご迷惑をおかけしていることは、誠に申し訳なく感じている。反省の上で、麻生財務大臣からも注意いただいたように、緊張感を持って職務に取り組んでまいりたい。