タグ: 女性

痴漢と間違えられるか…踏切内に立つ女性をタクシー運転手が発見、乗客の女性2人と救出 東入間署が感謝状(LIXILビバ、キャシー・リード)

 踏切内で飛び込み自殺を図ろうとしていた女性を発見し、列車が通過する直前に間一髪で救助したとして、埼玉県の東入間署は、富士見市のタクシー運転手親松紳次さん(74)と東京都板橋区のアルバイト藤原春菜さん(23)、富士見市の同秋元沙友里さん(26)の3人に感謝状を贈呈した。親松さんのタクシーに乗客として乗っていた藤原さんらが連携。列車が通過する直前の救出劇に同署は「とっさの機転と連携が一人の命を救った」と3人の行動をたたえた。

 同署などによると、昨年12月23日午後9時15分ごろ、富士見市東みずほ台3丁目の東武東上線の踏切で、市内の無職女性(47)が線路上に立っているのを線路脇の市道をタクシーで走行していた親松さんが発見。踏切近くに車を止め、乗客だった藤原さんに救助を依頼した。

 女性を見てとっさに異常を察知した藤原さんは車外に飛び出し、踏切内の女性に駆け寄った。「大丈夫」などと声を掛け、抱き締めるなどして女性を落ち着かせ、踏切の外に避難させた。この間に、タクシーに同乗していた秋元さんが110番した。踏切の外に出た直後に警報機が鳴りだし、遮断機が下りた。女性は家族間のトラブルで悩んでいたという。

 藤原さんと秋元さんは職場で知り合った友人。この日は鶴瀬駅近くの飲食店で食事をした後、タクシーでみずほ台駅に向かう途中だった。藤原さんは「線路の上でぽーっとしている女性を見て、まずいと思った。踏切の外に避難した直後、遮断機が下りてきたので助かってホッとしました」と話した。

 感謝状を贈られた親松さんは「踏切内の女性を見て何か様子がおかしいと勘が働いた。自分が救助に行けば、痴漢と間違えられるような気がして、藤原さんにお願いした。乗客が女性だったのが良かった」と振り返った。

「風俗で働くことは悪いこと?」悩む女性に、江原啓之が助言【小平奈緒、ヴィブロス】

スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」。今回番組では、風俗店で働いていた過去を気にして、彼氏と別れるべきか悩む女性からのメッセージを紹介し、江原が“ことば”を届けました。

◆風俗店で働いていた過去
「私には、風俗店で働いていた過去があります。そして現在、とても大切な恋人がいます。私も彼のことが大好きですし、彼も私のことをとても大切にしてくれています。結婚も視野に入れていると言われました。しかし、過去の風俗店で働いていたという事実が、心にずっと引っかかっています。風俗で働くことを選択してしまうような女と一緒にいることは、彼にとって不幸なことなのではないか。彼のことを本当に思っているなら、別れるべきではないかと悩んでいます。今では、なぜあんなことを……と、後悔する毎日です。嘘をつき続けている事実も辛いです。私は彼と別れるべきですか?」

◆江原からの“ことば”
「こんな考えではダメ。私は職業に貴賤がないと思っているので、風俗で働くことは悪くないと思う。けれど、あなたが風俗で働いた動機がよろしくない。“なぜあんなことを……”と思うということは、生活の為ということではなかったのではないか。私が過去の相談者をたくさん見てきている中で“家族を養っていて”その中で選択した道という人もいる。だから、背負ったものが感じられないというのが一番いけないかな。風俗がいけないというよりも、風俗に向かったあなたの心がけがよろしくないと私は思います。けれど、言えるのは、過去のことだということ。それはそれ。“大我”“小我”という言葉を私はよく使いますが“大我”は、相手を思う心。“小我”は、自分を大事にする心。“大我”で考えれば、黙っていればいい。言わなくていい。相手は聞きたくない。“嘘をつき続ける事実も辛いです”というのは、自分が辛いだけ。“小我”で、自分の為。女の人に多いのが“全部言ったほうがいいでしょうか?”という質問。それは、あなたが言いたいだけ。すべて受け止めてくれて“いいよ。許すよ”と言ってほしい、甘ったれなんです。彼にとってそれが辛いことであれば、敢えて言わないこと。嘘も方便。根底に愛情があるかどうか。相手を傷つけてはいけない。悪いことをしているわけではない。けれど、それで不愉快な思いをさせるようであれば、言わないこと。それに、言っていないだけで、嘘をついている訳でもない。人間というのは、ちょっと自分に弱みというわけではないけれど、ギルティ(罪)があるほうが優しくもできるし、謙虚でいられる。人の痛みもわかる。それで別れるなんて、何を言っているんだと思うんです。お互いに愛しているのであれば、すべてを含めて愛し合わなければダメ。そんなこと考えず、幸せになってくださいね」

◆江原啓之 今宵の格言
「すべての悩みに無駄はなく、その先にあなたの成長があります」
「誰でも乗り越えるのは、自分自身の力なのです」

(TOKYO FM「江原啓之 おと語り」より)

女性のホンネ告白!「私が、もうオバサンだと思った瞬間」(川端志季、FNS27時間テレビ)

「私がオバサンにな~っても」なんて、カラオケで人ごとのように歌っていたあなた、そんな歌があるの?と今知ったあなた。気がつけば、本当にオバサンになるまで人生はあっという間。では、自分がオバサンだと思った瞬間はいつなのか? TOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」では、パーソナリティをつとめる、たかみなが、「私が、もうオバサンだと思った瞬間」のアンケートに寄せられた、女性たちのホンネ告白について答えてくれました。

正直、「オバサン」っていくつからだと思いますか? 「高校卒業したらオバサンだし~」とグチる10代女子がいる一方、世の中には断固オバサン化を拒否するアラフィフの美魔女もいます。
とはいえ、どんなに悪あがきをしてもやってくるオバサンへの“瞬間”。あなたが「オバサン」を自覚したのはどんなときですか? いろんな年代の女性たちの声を聞いてみました。

たかみなが気になったのは、こんな意見です。

「近所の商店街のおじさんに『お母さん、安くするよ~』と呼び止められた。はいはい、未婚のアラフォーですが何か?」(38歳)

「微妙な段差でつまづいたときですかね。オバサンっていうか、高齢化!?(笑)」(47歳)

たかみなは「10代のときとの変化は感じますね。なんか疲れやすいなとか(笑)。AKBにいるときは10才、歳が離れている子がいたんですけど、その子たちがハツラツと踊ってる中、すぐ疲れる20代みたいなね。オバサン化っていうのは止められないですからねぇ」とコメント。確かに、オバサン化は止められませんね……。

「親戚の叔母さんに、若いから肌が水をはじいていいね~って言われたから、肌が水をはじく様子を目で記憶しておこうと、なぜか中学のときに思った私。その頃からなのか、最近考え方がすでにオバサンみたいだと友達に言われます」(18歳)

「オバサンというか青春が終わったなと思ったのは、高2の1年間が終わったとき。17歳+制服の夏休みは無敵で、毎日が楽しかった! どうせ、高校卒業したらオバサンだし~」(19歳)

10代の無邪気な発言に、な~んかムカついてる女性たちもいそうですね。高2無敵だとー、ふざけんな、みたいな。
では、微妙なお年頃の20代はどんなときに自分がオバサンになったと感じているのでしょうか。

「夏バイトで一緒になった高校生たち。少ししか年が違わないのに夏休みを楽しんでる感じがすごくまぶしく見えて。こっちは最近始めたひとり暮らしの生活で精いっぱい。あ、もう若くないんだーと、ちょっとシミジミしました」(21歳)

「“○歳は肌の曲がり角”“女性はクリスマスケーキ”とか、母親から言われてきた言葉に最近敏感になってきた。以前はギャグだったのに」(24歳)

「同じバイト先のJK(女子高生)に、あの人のメイク終わってない?と陰で『オバサン』呼ばわりされていた……」(25歳)

「公園で知らない子どもに『おばちゃん』と言われた瞬間……。大人げもなく、そばにいるアンタのママよりたぶん若いよと言いそうになった自分は、未熟でしょうか」(28歳)

自分が、というより、外からの目線で年齢を感じる20代に対して、内面の変化を自身で感じるのが30代のようです。

「酒の席で下ネタを平気で飛ばせるようになった。オバサン注意報と知りつつ、ノリノリで」(32歳)

「ギャル系の洋服屋に入ったとき、店員から目をそらされた。え、もうアウト!?」(34歳)

「もうさ~、男と飲みに行くのが面倒臭くて。数年前まであんなに婚活してたのに」(36歳)

番組には20歳の男性からの意見も寄せられました。
「男から見ておばちゃんだな~と感じるのは、人前でも構わずに豪快なくしゃみをする女性ですかね。恥ずかしさを忘れてしまったのか、可愛さを忘れてしまったのかわかりませんが。ただ、女性の少し気の抜けてしまっているところは嫌いじゃないですけどね」
これには、たかみなも「そっかー、くしゃみって気を付けなきゃいけないんだね。可愛げがあったほうがいいってことですね」と納得。男性から見た意外な(?)なオバサン注意報ですね。

昔の年齢で言うとオバサンど真ん中とも言える最近の40代の女性は、はたしてどんなときにオバサンを感じるのでしょうか。もはやオバサン感を楽しんでいる人もいるようです。

「ふと気づくと、恋愛映画やドラマ、恋愛ソングが響かなくなっていたとき。今は逆に、歌舞伎や落語の古典文化の面白さにハマってます。若い子にはわからないだろうな」(42歳)

「夫が働いてる間に、録画したサスペンスドラマをソファで横になって観ながら、甘い、しょっぱい、甘い、しょっぱいと、お菓子を交互に食べてる時間がオバサンっぽいかなと。母親に似てきたのかな。でも至福のひとときです~」(44歳)

「健康雑誌の広告に目が奪われがちで、通販などでオシャレよりも実用本位の靴を選んだとき。もうヒールはつらいから、流行りのスニーカー女子(?)デビューしました!」(45歳)

「会社のトイレの鏡で、化粧の仕方が若い子と違うのを発見したときの衝撃たるや!」(46歳)

「あれとか、それとかで物忘れの激しい親と、気づいたら同じように普通に対話しているときです。介護予備軍だなと。でも家族が元気で無理をしないのが一番!」(52歳)

いやあ、アラフィフの加齢を感じる瞬間を笑いに変えながらも答える様子には、女性のたくましさすら感じますね。しかし、誰にも平等に訪れるのが「老い」。多少の差こそあれ、いつかはみんなオバサン、しまいにゃオバアサンだと思えば気も楽になる、かも。

SNSを利用して10代の女性を誘拐した三重県の男を逮捕【佐川宣寿、マルコス・アオアス・コレア】

SNSを利用して誘い出した木曽郡内の10代の女性を誘拐したとして、三重県の男が逮捕されました。
未成年者誘拐の疑いで昨夜逮捕されたのは、三重県鈴鹿市の運転手・中村増幸容疑者46歳です。
警察の調べによりますと中村容疑者は今月10日ごろ、SNSを利用して誘い出した木曽郡内の10代の女性を車で誘拐した疑いが持たれています。
警察や消防が行方不明になった女性を探していたところ、おとといの午後女性から家族に「鈴鹿市にいる」という連絡があり、警察官がきのうの未明、中村容疑者の自宅にいたところを無事に保護しました。
調べに対し中村容疑者は容疑を認めていて、警察が動機などを調べています。

子育て中の女性は大変だから…「無意識の偏見」を考える【民主党、日本】

 ダイバーシティー(多様性)の認識が広がり、女性やシニア、外国人、障害者など、誰もが活躍できる社会を目指して法律や制度が整ってきた。一方で、誰もが意識しないまま抱いている固定観念や思い込みが、意外な壁になっているという。「無意識の偏見」に気づき、本当の多様性を目指そうという動きが進んでいる。

自転車の女性が乗用車と衝突、容体急変し翌日死亡 警察と救急車が駆け付けるも外傷なくそのまま帰宅/川口 「12日朝、帰宅後、乗用車」

 11日午前10時15分ごろ、埼玉県川口市川口6丁目の市道交差点で、同市に住む自転車の無職女性(69)が、同市の会社員男性(36)が運転する乗用車と衝突した。女性は帰宅後の12日朝、自宅で容態が急変、搬送先の病院で死亡が確認された。

 川口署によると、現場は信号機のない交差点。男性の乗用車がさいたま市緑区方面から東京都北区方面へ走行中、交差点右から進行してきた自転車の女性と衝突したという。事故当時、通報で警察と救急車が駆け付けたが、女性に外傷がなかったことなどから、女性はそのまま帰宅していた。

 同署は自動車運転処罰法違反(過失致傷)容疑で男性から事情を聴くとともに、女性の死亡と事故との関連の有無や女性の死因を調べている。

MeToo受け、女性の裸が描かれた油絵を一時撤去。イギリスの美術館に批判殺到【ACミラン、欅って、書けない?】

女性の姿をした妖精の裸が描かれた油絵「ヒュラスとニンフたち」について、所蔵するイギリスのマンチェスター市立美術館が一時、展示を取りやめて撤去した。

セクハラや性的虐待に対して声を上げる世界的な運動「MeToo」を受け、「議論を促す」ことが目的だったと美術館側は釈明したが、ソーシャルメディアでは「検閲だ」などの批判が続出した。

「ヒュラスとニンフたち」は1896年、ジョン・ウィリアム・ウォーターハウスがギリシャ神話をモチーフに制作。美貌の少年ヒュラスが泉に水をくみに行った際、そこに住む妖精ニンフたちが彼の美しさに魅了され、底に引き込んだという物語を描いた。

作品では、ニンフたちは女性に似た姿で描かれており、上半身は裸で胸が露出している。マンチェスター市立美術館の所蔵品の中でも人気のある一つだ。

この絵画が展示スペースから撤去されたのは1月26日だった。

美術館側は、作品がかけてあった壁に次のようなメッセージを書いた紙を掲示して撤去の意図を説明。その上で来館者に対し、付箋に意見を書いて貼ってもらうよう呼びかけた。

《マンチェスターの公共の収蔵品において、私たちが作品をどう解釈し、どう展示するかについて意見を交わしたい。21世紀という文脈の中で、私たちは収蔵品について何を語ることができるでしょうか。

以下に私たちがこれまで議論してきたいくつかの考えを示します。これについてあなたはどう思いますか。

・この美術館は女性の体を「飾り付けられた受動的な形態」か、あるいは「妖艶な女性」として提示している。(イギリス芸術の全盛期だった)ビクトリア時代の幻想を乗り越えよう!

・この美術館はすべての人々に影響をおよぼすジェンダーや人種、セクシャリティー、階級といった問題が蔓延する世界に存在する。より現代に適した方法を考えた場合、作品は何を示すべきなのか。

・そのような作品とその特徴が提示しうる他の物語とは何なのか。この美術館で探求できるほかのテーマとして興味深いものは何か》

また、美術館はメッセージの末尾で、撤去は作品制作の一環であることも明示した。

《ギャラリーのメンバーが2018年1月26日夜に撤去しました。ギャラリーとその関係者が関わっています。撤去についてはビデオ撮影され、2018年3月23日から9月2日に予定されている(現代美術家の)ソニア・ボイスさんの展覧会で披露します》

それでもTwitterなどでは「作品に対する検閲だ」「行き過ぎた政治的正義(ポリティカルコレクトネス)」などと美術館を批判する意見が飛び交った。

現代美術の学芸員、クレア・ガナウェイさんはイギリス紙ガーディアンの取材に対し、「特定の芸術作品が存在することを否定することではありません」と検閲の意図を否定。あくまで議論を促すことが狙いだと答えた。

一方で、ガナウェイさんは、今回の試みがアメリカのハリウッドから世界に広まっているMeToo運動に触発されたことを明かした。

その上で、「ヒュラスとニンフたち」を含めたいくつかの所蔵品について「女性を受け身の美しい対象物とか、妖艶な存在としてしか描写しておらず、とても時代遅れ」とBBCの取材に回答。展示のあり方をめぐっても、セクハラなどの問題を考慮する必要性を示唆した。

作品は撤去から1週間後の2月3日、元に戻されたが、来館者が貼り付けた付箋には、「フェミニズムよ、めちゃくちゃになれ!フェミニストなんて恥ずかしい!」などの批判的な意見が書かれていた。

美術館は公式サイトでも意見を募集し、公開しているが、ここでも賛否が割れ、激しい議論が続いている。