タグ: 指摘

『チケキャン、利用規約にない「VIP会員」存在 ミクシィの対応遅れを指摘、第三委』 ~ みんなの感想まとめ

 チケット売買サービス「チケットキャンプ」を運営するフンザの前社長が書類送検された問題で、親会社のミクシィは2月14日、第三者委員会の報告書を公開した。ミクシィのフンザ買収判断時のプロセスなどに「特段の問題はなかった」とする一方、利用規約に明記がなく、取引量の多さなどから手数料を割り引いていた「VIP会員」の存在を指摘。ミクシィはフンザ買収時、会員の存在を認識していなかったが、対応が後手に回っており、報告書は「レピュテーションリスク(風評により企業の信用が低下するリスク)への配慮が足りない」としている。

●「大口の転売業者を優遇していた」との報道

 フンザはミクシィが2015年に子会社化。しかし17年12月、チケットキャンプのWebサイト上の表示を巡り、フンザが商標法違反と不正競争防止法違反の疑いで警察の捜査を受けた。ジャニーズ事務所の商標権を不正利用した疑いや、チケットの高額転売を助長する可能性が指摘されていた。12月末、外部弁護士を交えた調査委員会の報告を受け、ミクシィは18年5月末に同サービスを終了する方針を発表した。

 だが18年1月にフンザの前社長が詐欺の共犯容疑で書類送検される事態に。一部報道は、前社長らが大口の転売業者を優遇し、取引手数料を無料にするなどしていたと報じた。書類送検を受け、ミクシィは第三者委員会を設立していた。

●利用規約にない「VIP会員」の存在

 報告書によれば、ミクシィは社内規定上、必要とされた取締役会を経て買収判断したこと、外部専門家を起用して調査を行い、チケットキャンプ事業の法務上のリスク、買収価格が適当かを検討していたこと――などから、買収決定時に不合理な経営判断はなかったとみている。

 一方、チケットキャンプでは、チケットの取引量が多い出品者などを「VIP会員」とし、手数料を割り引く制度が存在したと、第三者委員会は報告している。具体的な認定基準がなく、フンザ営業部門の従業員が認定していたというVIP会員の存在は、利用規約などに明記がなく、ミクシィは買収時に認識できなかったという。

 ミクシィが把握したのは買収後の16年10月で、17年2月以降はVIP会員の新規獲得を行わず、12月に制度自体を廃止したとしている。17年夏ごろには制度の廃止を決定していたが、警察から一部のVIP会員の捜査照会を受けたため、すぐに廃止を会員に通知すると捜査に支障が出るとして遅れたという。

 第三者委員会は、VIP会員制度の目的は競合するチケット売買サービスの利用者をチケットキャンプに誘引するためで、高額転売の取引を促す意図はなかったとし、チケットキャンプ側に「転売者との共謀の事実が認定できるかはさらに慎重な判断を要する」としている。

 ただ、高額転売目的の取引を排除する姿勢を明確にせず、大量出品者を調査しなかったことは「社会的に非難されてもやむを得ない」と指摘。VIP会員制度を直ちに廃止することが難しい状況だったとしても、チケット販売関係者やマスコミが公表する前に、フンザが存在を公表し、今後の方針を示す対応も可能だった――としている。

●ミクシィの対応策は

 第三者委員会の提言を受け、ミクシィは「レピュテーションリスクをより意識した経営判断を行う体制作りを再度徹底する」という。社外取締役を含む取締役相互の情報共有や、取締役会・監査役会への適時報告などが適切に行える体制を目指す。

 また、子会社を運用するに当たり、情報収集体制を強化する考え。グループ会社管理規定を見直す他、子会社管理部署の新設、重要な子会社での取締役会の設置、ミクシィ内に管理担当取締役の選任などを検討する――など対策を盛り込む。規定の見直しに伴い、内部監査室の増員などチェック体制も強化する。

 さらにグループの各サービスの利用規約と、ミクシィの認識や実態に齟齬(そご)がないかをあらためて検証し、発見した場合は速やかに是正するとしている。

発達障害の子ども、優秀な会社員に…「忖度苦手だが、臆せずズバズバ指摘」に高評価も 《うつ、思春期以降、人》

 発達障害について、精神科医で信州大付属病院子どものこころ診療部長の本田秀夫さんに聞きます。(聞き手・松本航介)

 発達障害の人は、思春期以降にうつや不安などの二次障害が生じることが多いと言われています。でも、全員がそうなるわけではありません。

 Cさんは、3歳から私たちが診てきた男性です。3歳の頃は典型的な発達障害の特徴がありました。共感性に乏しく、一人遊びばかりして他の子に興味を向けない。そこで、幼児期から専門家の支援を受けて育ちました。

 今、20代後半です。高校を出て電機メーカーに就職しました。障害者としての就労ではなく、普通の就職です。会社では、問題だと思ったことは上司でも臆せずにズバズバと指摘します。いわゆる「忖度(そんたく)」は、得意ではありません。

 こういうタイプは会社では嫌がられることがあります。ところが、この会社は、「変に忖度するより前向きな提言をする社員の方がいい」と評価してくれ、入社5年目で同期で最初にチーフになりました。

 社内のコンピューター端末の操作マニュアルを一人で作るなど、仕事はとても優秀です。対人関係は今も得意ではありませんが、チーフとして後輩を食事に連れて行くこともあります。自分が企画して、自分の計画通りに連れて行くので大丈夫なのです。

 趣味はアイドルのイベントに出かけることやテレビゲーム。少しオタクですが、社会人として支障はありません。

 Cさんは幼児期から支援を受けて、二次障害を防ぐことができました。もし、育ち方が違っていれば、自己肯定感が下がったり、うつになったりしていたかもしれません。

 発達障害は早期発見、早期支援が大切です。それによって、つらい二次障害を予防することが十分に可能です。

『<京大>10年の化学、出題ミスか 予備校講師が指摘』 ~ 皆さんの反応まとめ

 京都大の2010年の一般入試の化学について、駿台予備校の化学科講師、石川正明さん(68)が5日、「解答が選択肢から選べない」と毎日新聞など報道機関に指摘した。京大は「当時の関係者に聞き取りをして、検証すべきかどうかを判断したい」としているが、解答用紙などを保存しておらず、合否判定のやり直しはしない方針。

 石川さんが不備を指摘したのは、水溶液の性質を曲線で表した四つのグラフから一つを選び、その理由を記述させる問題。条件が十分に示されず、正解のグラフを選ぶことができないという。

 石川さんによると、駿台が10年春に出版した入試問題集では既に出題ミスを指摘。これまで京大に連絡はしていなかったが、昨年の物理の入試問題での出題ミスが今年になって明らかになったことを受け、5日に報道機関に情報提供した。【野口由紀】

はれのひ「直前まで交渉」、事実異なるとの指摘【NEM、妙義龍 泰成】

 経営破綻した着物販売レンタル「はれのひ」(本部・横浜市中区)の篠崎洋一郎社長(55)が、問題が発覚した今月8日の成人式直前まで、着付け会場の費用交渉を続けたなどと説明していることに対し、複数の関係者が「事実と異なる」と指摘している。

 同社は成人の日の直前に店舗を閉鎖し、契約していた多くの新成人が振り袖を着られなかった。篠崎社長は26日に開いた記者会見で、予約していた横浜市の着付け会場の費用約100万円について、昨年12月中旬、会場のホテルと分割で支払えないかと交渉し、「ぎりぎりまで話をしたが、折り合いがつかず使えないことになった」と語った。

 これに対し、ホテルの担当者は読売新聞の取材に「昨年12月27日に篠崎社長が会場の下見に来て以降、本人とは連絡が取れず、キャンセルの連絡などもなかった」と反論。また、横浜市の店舗の営業を断念したのが「成人式前日の夕方」(篠崎社長)との説明にも、「そもそも、事前に届くはずの振り袖が会場には届かなかった。前日に断念したのか、疑問だ」と話している。

はれのひ「直前まで交渉」、事実異なるとの指摘【舛添要一、貴乃花 光司】

 経営破綻した着物販売レンタル「はれのひ」(本部・横浜市中区)の篠崎洋一郎社長(55)が、問題が発覚した今月8日の成人式直前まで、着付け会場の費用交渉を続けたなどと説明していることに対し、複数の関係者が「事実と異なる」と指摘している。

 同社は成人の日の直前に店舗を閉鎖し、契約していた多くの新成人が振り袖を着られなかった。篠崎社長は26日に開いた記者会見で、予約していた横浜市の着付け会場の費用約100万円について、昨年12月中旬、会場のホテルと分割で支払えないかと交渉し、「ぎりぎりまで話をしたが、折り合いがつかず使えないことになった」と語った。

 これに対し、ホテルの担当者は読売新聞の取材に「昨年12月27日に篠崎社長が会場の下見に来て以降、本人とは連絡が取れず、キャンセルの連絡などもなかった」と反論。また、横浜市の店舗の営業を断念したのが「成人式前日の夕方」(篠崎社長)との説明にも、「そもそも、事前に届くはずの振り袖が会場には届かなかった。前日に断念したのか、疑問だ」と話している。