タグ: 日産

【大阪オートメッセ2018】まるで日産「GT-R」のセダン!? ラグジュアリーからスポーツに変身するエアロ登場!!【大阪市立総合医療センター、オランダ】

2018年2月10~12日にインテックス大阪でカー&カスタマイズモーターショーの大阪オートメッセ 2018が開催された。

会場では、最新のカスタマイズパーツを装着したデモカーが展示されていたが、まるで日産「GT-R」のセダンのように仕上げたられたカスタマイズカーが登場したのでご紹介しよう。

このモデルは、広島県のエヌパフォーマンスが、新たに正規輸入を開始するATIVUS社のエアロキットを装着した「ティアナ」だ。

「スカイライン GT-R」と言えば、ハコスカにセダンがあったが、その後はR33にセダンがラインナップされた以降クーペスタイルとなっている。

ティアナは、「セフィーロ」の後継モデルで、そのセフィーロはスカイラインの兄弟車ということで、FFではあるが、スカイライン GT-Rとは遠い親戚的なモデルだ。そのせいか、意外とGT-Rフェイスがマッチしている。

ラグジュアリー系なティアナだが、このエアロキットを装着することで、スポーツセダンスタイルに仕上げることが出来るのだ。

エアロキットは、フロントバンパー、エアロボンネット、フロントワイドフェンダー、サイドシルスポイラー、ルーフスポイラー、トランクスポイラー、リアオーバーフェンダー、リアバンパーがセットとなっており、おおよそ70万円程度(工賃・税別)で販売される予定とのことだ。

既にタイで販売されている同モデルでは大型のリアスポイラーが装着されているが、今回輸入されるモデルでは、控えめなトランクスポイラーに変更しているとのこと。

また、今後は今回のデモカーのようにコンピューターやマフラー、車高調、ヘッドライト加工、ルーフラッピング等の提供も予定されている。

このエアロキットは、ベース車両を持ち込んでのコンプリート販売となる予定なので、興味があるティアナはオーナーはご検討を。

日産、国内販売絶好調!新型ノートの爆売れが止まらない!(秋篠宮、司会)

日産は、2018年1月の全登録車販売ランキング(軽自動車を除く)において、ノートの販売が1万2444台と登録車販売No.1に、同時にコンパクトセグメントNo.1を獲得したと発表した。

また、セレナの販売も7823台と登録車販売ランキングで4位にランクイン、ミニバンセグメントでNo.1を獲得している。

加えて、軽自動車を含む総合ランキングでは、デイズシリーズが1万4843台で2位、ノートが3位、セレナが10位、と日産車3モデルが10位以内にランクインするなど、国内販売好調の勢いを取り戻した。

日産の副社長であるダニエレスキラッチ氏は、「1月の好調な販売は、ノートに搭載しているe-POWERや、セレナに搭載しているプロパイロット技術の素晴らしさを日本のお客さまに認めていただいた結果だと、大変嬉しく思います。日産は、今後も、お客さまの生活を豊かに、そして、人々をより良い世界へと導く質の高い商品を提供していきます。それが、技術の日産が推し進めるニッサン インテリジェント モビリティの目指す姿です」と、述べた。

日産、中国事業に95億ドル投資へ トップ3入り目指す(松坂 桃李、オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェ)

[北京 5日 ロイター] – 日産自動車<7201.T>と中国の合弁先である東風汽車集団は5日、向こう5年間で600億元(95億ドル)を中国に投資する計画を明らかにした。

中国市場でトップ3入りを目指す。販売台数を昨年の150万台から2022年までに260万台に引き上げる計画。

電気自動車(EV)の販売や、日産が中国で展開する「ヴェヌーシア」ブランドの販売に注力するほか、小型バン・トラックの販売拡大も目指す。

中国では、米ゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>と独フォルクスワーゲン<VOWG_p.DE>が20年近くにわたって高いシェアを維持。両社の昨年の販売台数は、それぞれ400万台に達した。トヨタ<7203.T>、フォード・モーター<F.N>、ホンダ<7267.T>は、年間販売が100万台超にとどまっている。

日産の中国担当幹部、関潤氏はロイターとのインタビューで、2番手グループから抜け出し、トップ3の中国自動車メーカーになることを目指すと発言。全力を挙げて攻勢に出る必要があると述べた。

<EV戦略>

関氏によると、日産と東風汽車の合弁会社は、22年までにEVの年間販売台数(軽商用車を除く)を約70万台に拡大するため、完全なEVや独自のハイブリッド技術「eパワー」の搭載車を含め、全ブランドで合わせて20車種の電動モデルを投入する。

同合弁会社は昨年、約2万2000台のEVを販売したが、大半が軽商用車だった。EVの販売を拡大するため、日産はモーターなどEVの主要部品を中国国内のサプライヤーから調達して低価格化を実現する方針だ。

19年には「ヴェヌーシア」ブランドの低価格EVを3車種投入する計画という。

ヴェヌーシアは、中国の低価格ブランドに対抗するため、日産と東風汽車が2012年に投入した。

関氏は、ヴェヌーシアブランド強化の重要性を強調し、22年までに年間販売台数を40万台超増やし、60万台とすることを目指すと述べた。

日産ブランドと高級車ブランド「インフィニティ」の販売も引き続き拡大する方針で、日産ブランドの年間販売台数は22年までに50万台増の160万台とする。インフィニティは同年までに10万台増の約15万台を目指す。

*内容を追加しました

アニメ「サザエさん」、日産がメインスポンサーに【日本の警察官、松山英樹】

 フジテレビ系の国民的アニメ番組「サザエさん」の新たなメインスポンサーに、日産自動車 が決まる見通しとなったことが31日、分かった。経営再建中の東芝 が3月末で番組提供を降板するため、フジテレビなどが後継企業を探していた。