タグ: 松坂

『松坂の推定年俸1500万円 中日「もう元取れた」』 ~ ヤフーユーザーの意見まとめ

 推定年俸1500万円はもうペイできたということか――。中日にテスト入団した松坂大輔投手(37)が7日、沖縄・北谷キャンプで3度目のブルペン投球を行った。捕手を座らせ、真っすぐとカーブを交え今キャンプ最多となる66球を投げ込んだ。完全復活を期す平成の怪物が順調にペースを上げる中で、チーム内からは「もう元は十分取れた」との声が上がっている。

「先輩の顔を立てて67球にしてください」。ブルペン投球を終えた松坂が少年のように笑った。今キャンプ初めて受けてもらった横浜高の先輩である中野栄一ブルペン捕手(43)が1球多く勘違いしていたからだ。余裕の笑みは調整が順調に進んでいるからだろう。

 そんな松坂に対して、推定年俸1500万円はすでにペイできたとの声がチーム内で出ている。「元は十分取れた。この広告、宣伝効果は計り知れないよ」(チーム関係者)というのだ。

 平成の怪物の新加入でキャンプ初日には例年の倍近くの約200人の報道陣が駆け付けた。なかでも中日にとって大きいのがテレビでの報道だという。

「毎年、地元放送局こそ多少はテレビのニュースなどでキャンプの情報を流していたけど、全国放送ではほとんどうちは触れられなかった。ところが今年は松坂君のおかげで全国ニュースで取り上げられている。注目度が全然違うよ」(球団関係者)。松坂は「そのうち落ち着くでしょう」と話すが、連日の報道もあってフィーバーは落ち着くどころか日増しにヒートアップ。この日もウイークデーでは最多の3000人が押しかけ、グッズの売り上げも例年の倍近くを記録している。

 注目は松坂だけじゃない。「テレビのニュースでは松坂だけじゃなく、もう一本別のニュースを出してくれるところもある。これが大きい」と前出の関係者は言う。松坂のニュースとセットで昨季の新人王・京田やFA加入した大野奨など別選手が取り上げられ話題となっているのだ。

 森監督はあまりのフィーバーぶりに「これだけ(松坂を追いかけて報道陣が)大量に移動されると寂しがっている人もいる。がっかりしているところもあるでしょう」と心配するほど。ただ、野手の一人は「確かに(野手を見ている)報道陣の数は例年より少ないですね。でも全然気になりません。勝負はこの先ですから」とむしろ闘志を燃やす。思わぬところで相乗効果まで生んでいる。

中日・松坂がランチ特打で柵越え2本 ファンから拍手喝采「入ってよかった」 『ランチ特打、3投手、大野雄大投手』

 中日の松坂大輔投手が、圧巻の打力を見せつけた。沖縄キャンプ3日目の3日、山井大介投手、吉見一起投手、大野雄大投手の3投手とともにランチ特打を実施。53スイングで2本の柵越えを見せ、「狙ったというか、いけばいいなと思っていました」と話した。

 前評判通りのバッティングで“2本塁打”を記録。柵越えを見届けながらガッツポーズする右腕に、スタンドに押し寄せたファンから拍手喝采が沸き起こった。一緒に特打に臨んだ大野は同じく53スイングで柵越えはなし。吉見は1本だった。

 ランチ特打を終えた松坂は「外でバッティングするのは気持ちいいですね。この風なんで」と笑顔を見せた。かねてより打撃センスには定評があるが、「あまりにもいい、いいと言われると、打たないといけないといういらないプレッシャーがかかった。そういう意味では入ってよかったですけどね」と話した。

「やっぱりすごい」松坂“効果” タオルは即日完売 グッズ売上「群を抜く」 「日米6球団目、お披露目、背番号」

 中日の松坂大輔投手が1日、沖縄キャンプ初日を順調に終えた。この日ドラゴンズブルーのユニホームに初めて袖を通し、背番号「99」をお披露目。日米6球団目で初めて沖縄でのキャンプを迎えた右腕は、ブルペンには入らずにキャッチボールやノック、ランニングなどを行い、初日の練習を終えた。2日にはブルペンに入る予定だ。

「平成の怪物」が加入した“効果”は早速、キャンプ地に現れた。北谷公園野球場にあるグッズ売り場では、1月23日の入団テスト合格後に急遽発注したタオルとレプリカユニホームの2種類が販売されたが、タオルは初日で完売。ユニホームも3分の2以上が売れ、在庫は残りわずかとなったという。

 キャンプ初日の来場者は2000人。グッズ売り場の担当者は「やっぱり松坂選手の人気はすごいです。驚かされました。グッズは群を抜いて、松坂選手のものが売れていました。例年よりもお客さんは多いですね。ここ何年かを遡っても、これだけのファンが来た年はないです」と、例を見ない売り上げとファンの多さに驚きを隠せない様子だった。

【中日】ダイスケ3人で大混乱!松坂の呼び名は「怪物」に?(リバーズ・エッジ、女性セブン)

 松坂の呼び名は「ダイスケ」改め「怪物」!? 中日にテスト入団した松坂大輔投手(37)が30日、沖縄・北谷でブルペン入りし、キャンプ地先乗り合同自主トレを打ち上げた。「ダイスケ」と呼ばれる山井大介投手(39)も合流し、呼び名をめぐって混乱。友利国際渉外担当が「松坂は『怪物』かな」と“改名”を提案した。

 松坂が沖縄入りして初めてブルペン入り。その隣で山井も投球練習したことから、予期せぬシーンが…。「ダイスケ!」の声に松坂が振り向いたが、森監督が呼んでいたのは山井だった。

 キャンプ2軍・読谷スタートの祖父江大輔投手(30)も含めれば3人の“ダイスケ祭り”。松坂は「あまり今まで(呼び名が重複した)経験がない。コーチも僕にも山井さんにも『ダイスケ』。山井さんや祖父江君は、どう呼ばれたいのかな」と苦笑いだ。

 松坂を中日入りに導いた友利渉外担当は「山井はヤマイ」と名字で呼ぶことに決定。松坂もマツザカと思いきや、横浜高時代からの異名「怪物」と呼ぶという。松坂本人も「何でもいいです。任せます」とOKのスタンスだ。

 ブルペンでは捕手を立たせて25球。キャンプでは西武時代の06年は1日最多333球、ソフトバンクの昨年も239球と、投げ込んでフォームを固めるタイプだが「球数を抑えめに、こまめにブルペンに入りたい。連投もアリです」と、調整方法の一新を表明した。

 順調にキャンプインを迎える松坂に、高校時代の「怪物」復活の予感か。森監督も「チャンチャラチャチャ~ン」と高校野球のアルプス応援曲を鼻歌で奏でるご機嫌ぶりだった。(田中 昌宏)

『松坂 いじられ中日入り「実感」 8歳下の大野雄が「大輔!」呼び捨て』 ~ 皆さんの反応まとめ

 いじりもOK!中日に新加入した松坂がキャンプ地の沖縄・北谷球場で行われている合同自主トレに合流。早速、後輩たちから手荒い歓迎を受けた。

 「松坂大輔です。全然、怖がらずにどんどん(話しかけて)来てください」

 練習前、円陣の中心に立ち、ナインに自己紹介。野球選手なら誰もが知っている「平成の怪物」。臆するのも無理はない。そんな気持ちを察し、37歳の右腕は後輩たちに気軽に話し掛けるよう呼び掛けると、すかさず「大輔!」と呼び捨てにする声。犯人は松坂より8歳下の大野雄で場を和ませようとした粋な計らいに周囲は爆笑の渦に包まれた。

 入団テスト後の会見でも「後輩になめられやすいタイプ」と自認していた松坂だが、早速のいじりに「全然有り。(大野)雄大がいじってくれて良かった。ドラゴンズに入った実感が湧いた」とムードメーカーに感謝の様子。仕掛けた大野雄も「礼儀を保ちながらいろんな話をして松坂さんに早く溶け込んでほしいし、僕も含めアドバイスをしてほしい」と説明した。

 後輩のいじりで心がほぐれた後は、約70メートルの遠投やノック、ランニングで体を動かし、練習の合間には小笠原に身ぶり手ぶりで助言を送るなど精力的に動いた。状態の良さを心配して首脳陣からは「飛ばしすぎるな」とスロー調整を指示されるほどで、自身のブルペン入りについては「特に決めていない」と今後は一度ペースを落とす予定だ。

 「体の状態はいい。油断してケガをしないように万全の状態で2月1日を迎えたい」と気を引き締めた。 (徳原 麗奈)