タグ: 混乱

<セクハラ疑惑>財務省、混乱に拍車 記者に調査協力依頼(ボストンマラソン、日本ゴルフツアー機構)

 財務省の福田事務次官が16日、セクハラ発言報道を真っ向から否定したことを受け、財務省は事実解明のため、報道各社の女性記者に調査協力を呼びかける異例の対応を取った。しかし、情報提供がなければ調査は「幕引き」になりかねない。文書改ざん問題に揺れる財務省の混乱は深まる一方だ。

 「(新潮が公開した)音声データからは、相手が本当に女性記者なのかも分からない」「女性が接客をしている店に行き、店の女性と言葉遊びを楽しむことはある。しかし、女性記者にセクハラ発言をしたという認識はない」--。財務省が16日公表した聞き取り調査の結果は、疑惑を全面否定する内容だった。

 福田氏は、文書改ざん問題で財務省への不信感が高まる中での疑惑報道について「不徳のいたすところ」としつつも、職務続行に意欲を示し、与野党で高まる更迭論に対抗する姿勢を見せた。

 財務省は顧問弁護士による調査を続け、費用も負担する。麻生太郎財務相は16日の参院決算委員会で、女性記者に調査協力を呼びかける理由について「週刊誌報道の女性記者がおられれば、協力をお願いしないと双方の意見が成り立たない」と説明した。財務省幹部も「本人が疑惑を強く否定していても、本当に被害者がいないのか調べる必要がある」と強調する。

 しかし、調査の手法には批判も出ている。社民党の福島瑞穂氏は16日の参院決算委で、協力要請について「(セクハラ発言をされた)女性に対するどう喝とも受け取られかねない」と批判。「財務省が頼んだ弁護士事務所に連絡するだろうか」と、調査の中立性や女性記者への配慮のあり方に疑問を呈した。

 セクハラ問題に詳しい女性共同法律事務所の雪田樹理弁護士は「福田氏が対決姿勢を示している中で、調査に協力する心理的ハードルは高い。協力の申し出がなかったとしても、福田氏の疑惑が晴れたことにはならない」と指摘する。【岡大介、古屋敷尚子】

小学館「コロコロコミック」3月号販売中止を発表「混乱を避けるため」 定価相当を返金【三沢市、東良子】

 小学館の月刊誌「コロコロコミック」3月号掲載の漫画「やりすぎ!!! イタズラくん」でモンゴルの英雄であるチンギス・ハーンに関する不適切な表現があった問題について、同社は公式サイトで同誌3月号の販売中止を発表した。

 小学館は公式サイトで「『コロコロコミック』3月号については、販売中止とし、書店様にすみやかな返品をお願いすることといたしました」と発表。返品を希望する購入者に対しては、定価相当を返金する。返金方法は、詳細が決まり次第サイト上で告知する。同社広報は販売中止の理由について「チンギスハンを敬愛する方々にあらためて深くおわびし、書店での混乱を避けるため」とした。

 小学館は2月23日に「2月15日に発売致しました弊社月刊誌『コロコロコミック』3月号掲載の漫画『やりすぎ!!!イタズラくん』において、モンゴルの英雄であるチンギス・ハーンに関する不適切な表現があったことにより、モンゴル国国民の皆様をはじめチンギス・ハーンを敬愛するすべての方々にご不快の念を抱かせましたことを、深くお詫び申し上げます。今後はかかる事態を起こさないよう、モンゴルの歴史・文化に関する知見を深め、一層の配慮をして参る所存です」と公式サイトで謝罪していた。

混乱のスノボ女子SS 「平昌の突風」でほぼ全員転倒、批判の声も(2018年平昌オリンピック冬季競技大会、畑健二郎)

【AFP=時事】平昌冬季五輪は12日、スノーボード女子スロープスタイル決勝が行われ、激しい風が吹き荒れる危険なコンディションで多くの選手が転倒する中、米国のジェイミー・アンダーソン(Jamie Anderson)が混乱を乗り切り、2大会連続の金メダルを獲得した。

 予選が中止になった前日に続き、この日も強風でスタートが1時間以上遅れた。しかし、フェニックススノー競技場(Phoenix Snow Park)で行われた決勝では、激しい風の影響でアンダーソンを含むほぼすべての選手が転倒。大けがをした選手はいなかったようにみえたが、相次ぐ転倒は競技続行にも疑問符が付くものだった。

 オーストラリア代表団の中では最年少となる17歳のテス・コーディ(Tess Coady)は、前日の練習中に左膝を骨折して棄権。この日の決勝を15位で終えたオーストリアのアンナ・ガッサー(Anna Gasser)は「すでに多くの選手が風のせいでけがをしていた」「昨日だって朝の練習は危険だった」という。

 さらに、この日の決勝は「くじ引き」のようだったというガッサーは、「フェアな競技だったとは思わない。強行した主催者には少し失望している」「私の考えでは、女子スノーボードにとって良いショーではなかったと思う」と続けた。

■「激しい突風」

 転倒もあり17位で終わった英国のエイミー・フラー(Aimee Fuller)は、この日のコンディションはキャリアで最も難しかったものの一つで、強風にあおられた最後のジャンプで着地を決めるのは「不可能」だったと振り返っている。

 転倒したものの負傷は免れた26歳のフラーは、「きょうのコンディションは間違いなく難しかった。(自分の演技は)望んでいたものでも、期待していたものでもなかった。五輪の決勝という舞台で夢見ていたものではなかった」と悔やむ。「激しい突風があった。『平昌の突風』と呼ぶことに決めた」

 決勝では五輪のスノーボード競技で二つの金メダルを獲得した史上初の女子選手になったアンダーソンに続き、カナダのローリー・ブルーアン(Laurie Blouin)が銀、フィンランドのエンニ・ルカヤルビ(Enni Rukajarvi)が銅メダルで続いたが、人々の話題は氷点下の気温と相まって選手と観客を苦しめた風に集中した。

 吹き飛ばされるような風との駆け引きが求められる高いレールとジャンプ台が配置されたコースでは、この日の決勝までに英国のケイティ・オームロッド(Katie Ormerod)とコーディが負傷し、競技出場を断念することを余儀なくされた。

 自身初の五輪で前十字靱帯(じんたい)を断裂し、数か月の離脱を余儀なくされたコーディは、転倒の原因は風だったとした上で、「きょう、私の五輪は突然に終わりを迎えた…。練習中に最後のジャンプ台で風にあおられた。それに前十字靱帯なんて最悪!」と自身のインスタグラム(Instagram)でつづっている。【翻訳編集】 AFPBB News

混乱のスノボ女子SS 「平昌の突風」でほぼ全員転倒、批判の声も【粗品、高梨沙羅】

【AFP=時事】平昌冬季五輪は12日、スノーボード女子スロープスタイル決勝が行われ、激しい風が吹き荒れる危険なコンディションで多くの選手が転倒する中、米国のジェイミー・アンダーソン(Jamie Anderson)が混乱を乗り切り、2大会連続の金メダルを獲得した。

 予選が中止になった前日に続き、この日も強風でスタートが1時間以上遅れた。しかし、フェニックススノー競技場(Phoenix Snow Park)で行われた決勝では、激しい風の影響でアンダーソンを含むほぼすべての選手が転倒。大けがをした選手はいなかったようにみえたが、相次ぐ転倒は競技続行にも疑問符が付くものだった。

 オーストラリア代表団の中では最年少となる17歳のテス・コーディ(Tess Coady)は、前日の練習中に左膝を骨折して棄権。この日の決勝を15位で終えたオーストリアのアンナ・ガッサー(Anna Gasser)は「すでに多くの選手が風のせいでけがをしていた」「昨日だって朝の練習は危険だった」という。

 さらに、この日の決勝は「くじ引き」のようだったというガッサーは、「フェアな競技だったとは思わない。強行した主催者には少し失望している」「私の考えでは、女子スノーボードにとって良いショーではなかったと思う」と続けた。

■「激しい突風」

 転倒もあり17位で終わった英国のエイミー・フラー(Aimee Fuller)は、この日のコンディションはキャリアで最も難しかったものの一つで、強風にあおられた最後のジャンプで着地を決めるのは「不可能」だったと振り返っている。

 転倒したものの負傷は免れた26歳のフラーは、「きょうのコンディションは間違いなく難しかった。(自分の演技は)望んでいたものでも、期待していたものでもなかった。五輪の決勝という舞台で夢見ていたものではなかった」と悔やむ。「激しい突風があった。『平昌の突風』と呼ぶことに決めた」

 決勝では五輪のスノーボード競技で二つの金メダルを獲得した史上初の女子選手になったアンダーソンに続き、カナダのローリー・ブルーアン(Laurie Blouin)が銀、フィンランドのエンニ・ルカヤルビ(Enni Rukajarvi)が銅メダルで続いたが、人々の話題は氷点下の気温と相まって選手と観客を苦しめた風に集中した。

 吹き飛ばされるような風との駆け引きが求められる高いレールとジャンプ台が配置されたコースでは、この日の決勝までに英国のケイティ・オームロッド(Katie Ormerod)とコーディが負傷し、競技出場を断念することを余儀なくされた。

 自身初の五輪で前十字靱帯(じんたい)を断裂し、数か月の離脱を余儀なくされたコーディは、転倒の原因は風だったとした上で、「きょう、私の五輪は突然に終わりを迎えた…。練習中に最後のジャンプ台で風にあおられた。それに前十字靱帯なんて最悪!」と自身のインスタグラム(Instagram)でつづっている。【翻訳編集】 AFPBB News

沙羅 悲願「金」へ混乱制す 波乱の予兆?公式練習で本命ルンビ転倒(肘折温泉、ソヒョン)

 「平昌五輪・スキージャンプ女子ノーマルヒル」(12日、アルペンシア・ジャンプセンター)

 ノルディックスキー・ジャンプ女子で悲願の金メダルを狙う高梨沙羅(21)=クラレ=が12日の本番を前に最後の公式練習に臨み、1回目で103・5メートルを飛び、W杯総合首位で金メダルの本命に挙げられるマーレン・ルンビ(ノルウェー)らを抑え、トップの得点をマークした。しかし2回目はこの日、急上昇してきた4年前のソチ五輪金メダリストのカロリナ・フォクト(ドイツ)、17歳の新鋭、ニカ・クリズナー(スロベニア)に上回られて4位。ルンビも転倒するなど、決戦を前に波乱のムードが漂ってきた。

 2本のジャンプを飛び、高梨は最終決戦への準備を整えた。1回目は103・5メートルを飛び、現地入り後初めてルンビを上回り、トップの得点をマークした。2回目も105・5メートルと上々の内容。体調管理を優先し、3回目は飛ばず、そのままコメントは残さず、会場を後にした。

 ただ、この日は本番を翌日に控え、なんとも言えない波乱のムードが漂っていた。金メダル大本命ルンビは2回目でこの日の最長不倒となる111メートルの大ジャンプを見せたが、着地直後に転倒。すぐに立ち上がり、手を上げ無事をアピールしたが…。

 また、4年前のソチ五輪女王のフォクトが10日の練習まで低調だったものの、この日は急上昇。1回目で103メートル、2回目は109メートルの大ジャンプを披露し、ともに3位に食い込んだ。ソチ五輪でもそれまでW杯0勝ながら、金メダルをかっさらっていき、昨季の世界選手権でも優勝。ここ1番で驚異的な勝負強さを誇る女王が、不気味な気配を漂わせると、17歳のクリズナーが1回目で109メートル、2回目は110メートルのビッグジャンプを連発。ベテランと新鋭の突然の台頭に、沙羅の2回目は4位だった。

 さらに10日に行われた男子ノーマルヒルで、“レジェンド”葛西らを苦しめた気まぐれな強風と、極寒という2つの要素もある。

 涙の4位に終わったソチ五輪から4年。「あの悔しさを糧に、この4年間、ここで金メダルを取るためにやってきた。勝ち取りたい」。ライバル、自然条件、そして弱かった4年前の自分。すべてを打ち破って、沙羅が頂点へと飛ぶ。

国道の立ち往生、48時間超える 北陸の大雪、続く混乱 『福井県内、混乱、市民生活』

 強い寒気による大雪に見舞われた北陸地方は、8日も市民生活の混乱が続いた。福井県内で6日から起きていた国道8号の車両の立ち往生は2日以上に及んだ。冬型の気圧配置は次第に緩み、降雪は8日夕までの見通し。国土交通省は8日中の立ち往生の解消を目指している。

 雪は小康状態となり、8日午前9時時点の積雪は福井市で138センチ、福井県越前市で104センチ、金沢市で84センチ。いずれも平年の6~7倍超となっている。

 今回の大雪で2人が亡くなった福井県によると、屋根の雪下ろし中の転落などによるけが人は計16人となった。7人が重傷という。

 国道8号の立ち往生について国交省は、8日午前9時時点で石川県内はすでに解消し、福井県内でトラックなど約310台がとどまっていると発表した。車両はあわら市から坂井市の約5・5キロの上下線で約290台、坂井市から福井市の約1・8キロに約20台。約1100台が残っていた7日午後5時半時点から約800台減ったという。

 この区間を含めて石川県加賀市から福井市にかけての約30キロを通行止めとし、除雪を進めている。

 JR西日本金沢支社によると、特急サンダーバード(大阪―金沢・和倉温泉)と特急しらさぎ(名古屋・米原―金沢)は8日の運休を決めた。在来線では北陸線の敦賀―金沢間が運休していたが、3日ぶりに敦賀―福井間で朝から本数を半分程度に減らして運行を再開した。福井―金沢間は再開していない。一方、長浜―敦賀間は午前中の列車の運行を中止し、米原―長浜間でも一部の列車の運行を取りやめている。

 空の便は、8日に小松空港を発着する午前中の全便が欠航となった。

 学校への影響も続き、8日は福井県内の小学校140校と中学校56校、県立高校23校が休校した。

 気象庁によると、9日の北陸地方は高気圧に覆われ、福井市などでは晴れ間も見込まれている。屋根からの落雪に注意が必要であるほか、気温は低いため、路面の凍結にも警戒を呼びかけている。