タグ: 男性

元地検特捜部長の車が歩道に、男性はねられ死亡(渡辺 ミキ、ワタナベエンターテインメント)

 18日午前7時20分頃、東京都港区白金の都道で、乗用車が路肩から急発進し、中央線を越えて約200メートル先の反対側の歩道に突っ込んだ。

 車は、歩いていた建築業、堀内貴之さん(37)(東京都足立区東和)をはね、金物店に衝突して止まった。堀内さんは全身を強く打って死亡した。

 警視庁高輪署によると、車を運転していたのは、東京地検特捜部長、名古屋高検検事長を務めた石川達紘弁護士(78)(神奈川県鎌倉市梶原)。石川弁護士も足の骨を折るなど重傷。同署は運転操作を誤ったとみて、けがの回復を待ち、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死)容疑で事情を聞く方針。

 同署幹部によると、石川弁護士は待ち合わせていた知人の荷物を入れるため、運転席から車のトランクを開けた直後に急発進したという。堀内さんは近くの病院に入院中で、現場近くのコンビニ店で買い物をした直後だった。

元地検特捜部長の車が歩道に、男性はねられ死亡【イモトアヤコ、公明党】

 18日午前7時20分頃、東京都港区白金の都道で、乗用車が路肩から急発進し、中央線を越えて約200メートル先の反対側の歩道に突っ込んだ。

 車は、歩いていた建築業、堀内貴之さん(37)(東京都足立区東和)をはね、金物店に衝突して止まった。堀内さんは全身を強く打って死亡した。

 警視庁高輪署によると、車を運転していたのは、東京地検特捜部長、名古屋高検検事長を務めた石川達紘弁護士(78)(神奈川県鎌倉市梶原)。石川弁護士も足の骨を折るなど重傷。同署は運転操作を誤ったとみて、けがの回復を待ち、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死)容疑で事情を聞く方針。

 同署幹部によると、石川弁護士は待ち合わせていた知人の荷物を入れるため、運転席から車のトランクを開けた直後に急発進したという。堀内さんは近くの病院に入院中で、現場近くのコンビニ店で買い物をした直後だった。

共働き夫婦の「家事分担」進まず、企業・行政・男性が変わらなければ…(鶴 ひろみ、貴乃花 光司)

 夫婦の共働き化が進む一方で、家事や育児が女性側に重くのしかかる状況はあまり変わらない。店の従業員がすべての業務を1人でこなす実態になぞらえた「ワンオペ育児」という言葉も昨年広がった。共働き夫婦の家事分担について考えてみたい。

『共働き夫婦の「家事分担」進まず、企業・行政・男性が変わらなければ…』 ~ ヤフーユーザーの意見まとめ

 夫婦の共働き化が進む一方で、家事や育児が女性側に重くのしかかる状況はあまり変わらない。店の従業員がすべての業務を1人でこなす実態になぞらえた「ワンオペ育児」という言葉も昨年広がった。共働き夫婦の家事分担について考えてみたい。

「親族の女子中学生とみだらな行為」男性から“示談金”脅し取る 宮城県警、容疑の男女を逮捕(1000メートル競走、鹿島アントラーズ)

 示談金名目で現金計150万円を脅し取ったとして宮城県警仙台南署は13日、恐喝の疑いで、高速バス運転手、後藤大輔容疑者(37)=仙台市太白区大野田、後藤容疑者と内縁関係にある法律事務所職員、戸由美佳子容疑者(37)=同=を逮捕した。調べに対し、2人は容疑を否認しているという。

 同署によると、2人の逮捕容疑は昨年12月19日午後7時30分ごろ、同区のファミリーレストランで、会社員の男性(27)から、戸由容疑者の親族の女子中学生(15)とみだらな行為をした示談金として現金100万円を脅し取ったほか、同23日午後5時40分ごろ、同区の公共施設で、同様の手口で山元町の地方公務員男性(28)から現金50万円を脅し取ったとしている。

 同署は今後、動機などを詳しく調べる。

アリさん「引越社」労働問題、ついに和解、元シュレッダー係の男性「本当に良かった」(川島小鳥、サラ・カサノバ)

アリさんマークの引越社のグループ会社ではたらく従業員ら計37人が、会社に対して、残業代の支払いや、事故による弁償金の返還を求めていた労働紛争は2月13日、中央労働委員会で和解が成立した。

従業員らが加盟する労働組合「プレカリアートユニオン」の清水直子執行委員長は弁護士ドットコムニュースの取材に対して「満足のいく和解だ」とコメントした。この和解により、同組合と会社側との間の労働紛争(裁判、労働委手続き合計16件)はいったん、すべて解決することになる。

労働組合側の代理人によると、和解内容は、会社は(1)労働関係法令を遵守し、不当労働行為をおこなわない、(2)組合員に対して、故意または重過失がある場合などを除いて弁償金の負担を求めない、(3)組合員に対して紛争の解決金を支払う――など。解決金の額は非公表。

●元シュレッダー係「納得のいく解決できた」

ついに、全面的な和解を勝ち取った。従業員の1人、西村有さん(仮名)は、和解成立後、「3年は長かったが、納得のいく解決ができて本当に良かった」と喜びを噛みしめた。

西村さんは2011年1月、引越社関東に入社。ドライバーを経て、営業職として勤務した。残業代が支払われないうえ、営業車運転中の事故で弁償代を請求されたことから、2015年3月プレカリアートユニオンに加入したところ、同年4月、営業職からアポイント部に異動。さらに同年6月、シュレッダー係に配転させられた。

西村さんが2015年7月、これらの配転命令の無効を求める訴訟を起こすと、会社側は同年8月、「会社の名誉を傷つけた」として、西村さんを懲戒解雇した。その際、西村の氏名と顔写真が入りった「罪状」と題した紙(罪状ペーパー)をグループ全店に貼り出すなどした。

その後、西村さんの解雇は撤回されて復職したが、会社との間で紛争はつづいていた。昨年7月、罪状ペーパーをめぐって、東京地裁で和解が成立。残る賃金未払いや弁償代については、中央労働委員会で手続きがおこなわれていた。西村さんは会社都合で退職する。

組合側の代理人をつとめた佐々木亮弁護士は「会社と組合との紛争が3年もつづいたが、今日で区切りがついて良かった。内容も非常に満足できるものだった。今後、同じような労働環境におかれている人たちに勇気を与えられると良い」と述べた。

東武東上線で人身事故 自殺か、北坂戸駅で線路に座る男性はねられ死亡 乗客400人に影響/坂戸【ゼロックス、ガチャピン】

 11日午後10時25分ごろ、埼玉県坂戸市末広、東武東上線北坂戸駅構内で、同市の派遣社員男性(34)が小川町発池袋行き上り急行電車(10両編成)にはねられ、全身を強く打って死亡した。

 西入間署によると、電車が駅構内に進入した際、線路上に座っている男性を運転士が発見、急ブレーキをかけたが間に合わなかったという。同署は男性が自殺した可能性が高いとみて、調べている。

 東武鉄道によると、この事故で電車は同駅に約1時間15分停車して運転を再開。川越市駅―小川町駅間で運転を見合わせ、乗客約400人に影響が出た。