タグ: 男

衣装着てカート走行…台湾籍の男がひき逃げ容疑【渡る世間は鬼ばかり、イチから住 〜前略、移住しました〜】

 公道レンタルカートでひき逃げ事故を起こしたとして、警視庁万世橋署は24日、台湾籍で住所不詳、自称パイロットの男(35)を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)と道路交通法違反(ひき逃げ)の容疑で逮捕し、25日午前、送検した。

 同署幹部によると、男は23日午後6時20分頃、レンタルカートで千代田区外神田の国道17号交差点を左折する際、横断歩道を自転車で渡っていた少年(18)をはねて腰に全治約2週間のけがを負わせ、そのまま逃走した疑い。

 男は観光で日本を訪れていて、衣装を着て複数のカートと一緒に走行していた。調べに対し、容疑を認めているという。

理由は「急いでいる」高速でトレーラーを煽り木刀で殴打した男【エフゲニア・メドベージェワ、日本スケート連盟】

 21日午前2時頃、愛知県日進市北新町八幡西の東名高速で、トレーラーを運転していた茨城県大洗町に住む43歳の男性が、煽り運転をされたうえ模造刀のようなもので殴られる事件が発生。犯人は逃走し、21日現在捕まっていない。

 被害男性は東名高速を走行中、トレーラーで追い越し車線へ移動したのち、再び左車線に移動。すると後ろから白色の乗用車が迫り、執拗に煽られた。

 その後、乗用車はトレーラーの前方を塞ぎ、両者は路肩に停車。すると20~30代くらいの男が車を降り、「急いでいるんだ」「なんでどかねーんだと」怒鳴ったうえ、模造刀のようなものでトレーラーを運転していた男性の頭と膝を殴った。

 男は車に乗り逃走。殴られた男性は救急搬送され、右膝を骨折する重傷を負った。逃走した犯人は白の乗用車に乗り、上下とも黒色の服を着ていた模様で、警察が行方を追っている。

 今回のような煽り事件は高頻度で発生。昨年6月には、同じ東名高速で、福岡県に住む25歳の男が、静岡県内に住む男性からパーキングエリアで駐車位置を注意されたことに腹を立て、高速道路上で幅寄せ行為などをしながら追い回すなどして煽り、停車させ、事故を引き起こし、夫婦が亡くなるという痛ましい事故が発生している。

 犯人の男は過失運転致死容疑で逮捕されたが、横浜地検は一連の煽り行為が危険運転致死傷罪にあたると判断し、起訴。今後裁判が行われる予定だが、危険運転致死傷罪の最高刑である懲役20年が課せられるのではないかと見られている。

 今回の事件についても、警察は現在逃走中の男について殺人未遂容疑で捜査中だが、場合によっては危険運転致死傷罪が適用される可能性もある模様だ。

 追い越し車線を走行していただけで激怒し、追い回したうえ模造刀で殴る行為は、異常と言わざるをえないもの。

 ネットユーザーからも「怖い」「高速に乗りたくない」「なぜ模造刀を持っているのか」など、怯える声が噴出。また、「早く捕まえてほしい」などの声もでた。

 逃走中の犯人の男には、一刻も早く自首してほしいものだ。

建設作業員の男を緊急逮捕 福岡市 死亡ひき逃げ事件【大阪取引所、清水宏保】

福岡市で17日朝、高齢の女性がひき逃げされ死亡した事件で、警察は建設作業員の男を逮捕しました。

危険運転致死などの疑いで逮捕されたのは、福岡市西区野方の建設作業員・藤本祥平容疑者です。

警察によりますと藤本容疑者は17日午前5時15分ごろ、福岡市早良区小田部の国道202号線の交差点で、早良区南庄の無職・江上鶴子さんを赤信号を無視して車ではねて死亡させ、そのまま逃げた疑いです。

付近の防犯カメラの映像などから藤本容疑者が浮上し、18日未明、緊急逮捕しました。

江上さんは横断歩道を渡っていてはねられたということで、調べに対し藤本容疑者は大筋で容疑を認めていますが「人か物にあたったが何かわからなかった」などと供述しています。

刃物で暴れる男「撃つなら撃て」 警官発砲し負傷 大阪【開幕投手、ヴィンソン・マシフ】

 18日正午前、大阪市都島区東野田町2丁目の交差点付近で、大阪府警の警察官が、職務質問中に男が刃物を持って暴れ出したなどとして発砲した。府警への取材でわかった。大阪市消防局によると、男は20代で、右足を負傷して病院に運ばれた。命に別条はないという。

 府警が詳しい状況を調べているが、直後の説明では、男が刃物を取り出し向かってきたため、都島署員が後ずさりしながら複数回警告。それでも向かってきたため、署員が発砲したとしている。

 現場は京阪京橋駅の北東約150メートルで、飲食店や会社などが立ち並ぶ一角。警察官が現場を規制するなか多くの通行人が足を止め、一時騒然とした。

 現場に居合わせた現場近くのビル管理人の男性によると、正午前に手に何かを持った男が叫びながら京橋駅方面に歩いており、警察官2人が「危ないからどいて」と大声を出しながら囲んでいたという。その後、警察官が男に拳銃を構え、「止まれ、止まれ」と叫んだ。男は「撃つんなら撃て」などと言っていたという。男性は「10分ほどにらみ合った後に警察官が発砲し、男を取り押さえた」と話した。

刃物で暴れる男「撃つなら撃て」 警官発砲し負傷 大阪【世耕弘成、ゴールドドリーム】

 18日正午前、大阪市都島区東野田町2丁目の交差点付近で、大阪府警の警察官が、職務質問中に男が刃物を持って暴れ出したなどとして発砲した。府警への取材でわかった。大阪市消防局によると、男は20代で、右足を負傷して病院に運ばれた。命に別条はないという。

 府警が詳しい状況を調べているが、直後の説明では、男が刃物を取り出し向かってきたため、都島署員が後ずさりしながら複数回警告。それでも向かってきたため、署員が発砲したとしている。

 現場は京阪京橋駅の北東約150メートルで、飲食店や会社などが立ち並ぶ一角。警察官が現場を規制するなか多くの通行人が足を止め、一時騒然とした。

 現場に居合わせた現場近くのビル管理人の男性によると、正午前に手に何かを持った男が叫びながら京橋駅方面に歩いており、警察官2人が「危ないからどいて」と大声を出しながら囲んでいたという。その後、警察官が男に拳銃を構え、「止まれ、止まれ」と叫んだ。男は「撃つんなら撃て」などと言っていたという。男性は「10分ほどにらみ合った後に警察官が発砲し、男を取り押さえた」と話した。

SNSを利用して10代の女性を誘拐した三重県の男を逮捕【佐川宣寿、マルコス・アオアス・コレア】

SNSを利用して誘い出した木曽郡内の10代の女性を誘拐したとして、三重県の男が逮捕されました。
未成年者誘拐の疑いで昨夜逮捕されたのは、三重県鈴鹿市の運転手・中村増幸容疑者46歳です。
警察の調べによりますと中村容疑者は今月10日ごろ、SNSを利用して誘い出した木曽郡内の10代の女性を車で誘拐した疑いが持たれています。
警察や消防が行方不明になった女性を探していたところ、おとといの午後女性から家族に「鈴鹿市にいる」という連絡があり、警察官がきのうの未明、中村容疑者の自宅にいたところを無事に保護しました。
調べに対し中村容疑者は容疑を認めていて、警察が動機などを調べています。

1歳児車内放置死で懲役6年6か月 被告の元同居相手の男は“中指立てて”退廷 『大阪市東住吉区、判決、大阪地裁』

 大阪市でおととし、同居していた女の息子を車に放置して死亡させトランクに遺棄した罪などに問われていた男に対して、大阪地裁は懲役6年6か月を言い渡しました。

 判決によりますと、大阪市東住吉区の無職・大島祐太被告(23)はおととし4月、同居していた鈴木玲奈被告(26)と共謀し、平野区の駐車場に止めた車に鈴木被告の長男・琉聖ちゃん(当時1)を放置して熱中症で死亡させました。そして、遺体をクーラーボックスに入れてトランクに遺棄したほか、琉聖ちゃんの姉(当時3)を殴ってけがをさせました。裁判で大島被告は暴行と傷害については認めましたが、琉聖ちゃんを死亡させたことなどについては「保護すべき責任がない」などと起訴内容を否認していました。

 13日の判決で大阪地裁は、被告が保護責任者にあたると認めたうえで「人目につきにくい駐車場に10時間以上も放置するなど悪質」として、被告に対して懲役6年6か月を言い渡しました。判決のあと大島被告は検察官に向かって敵意を表すように中指を立て、法廷を後にしました。