タグ: 疑問

<平昌五輪>“仲間を置いてきぼりで物議”パシュートのキム・ボルムら会見後も疑問残る【田中広輔、2018年平昌オリンピック冬季競技大会】

2018年平昌(ピョンチャン)冬季五輪・スピードスケート女子団体パシュートの韓国代表キム・ボルム(25)、パク・ジウ(19)とペク・チョルギ監督が20日午後、緊急記者会見を開いた。

 キム・ボルム-パク・ジウ-ノ・ソンヨン(28)で構成された女子パシュート韓国代表は19日、江陵(カンヌン)スピードスケート競技場でおこなわれた競技で、3分03秒76を記録して8チーム中7位に終わり、準決勝進出を逃した。問題は成績ではなく、競技内容と終わった後の行動だった。

 韓国は残り1周でスパートをかけた。この過程で一番後ろを滑走していたノ・ソンヨンがキム・ボルムとパク・ジウに大きく離されるかたちとなり、そのままばらばらでゴールした。最も遅くゴールした選手の記録で順位が決まる種目の特性上、納得するには難しい状況。大抵は選手を前で引っ張り、後ろから押してレースを展開するためだ。

 記者会見でキム・ボルムは「競技を終えた後、時間が遅くて話す時間がなかった。宿所が違うので難しかった」とし、「昨日、競技をした後、インタビューをした。インタビューをご覧になった多くの方が傷ついたようだ。本当に申し訳ない。すごく反省している」と述べた。

 19日に競技場で見せた行動と共に、競技後のキム・ボルムのインタビューが物議を醸した。キム・ボルムは「うまくいっていたが、最後、後ろに(ノ・ソンヨンが)私たちと差が開いて残念な記録になったと思う」とし、「中間にいるソンヨンさんは比重を最大限少なくする戦略にしたが、その部分において意思疎通ができていなかったようだ」と失笑した。

 パク・ジウも「意思疎通の問題もあり、ソンヨンさんがこうなるとは全く思わなかったわけでもないが、記録への欲もあったので…」とコメントして騒動がさらに大きくなった。

 その後、キム・ボルムとパク・ジウに非難が殺到。韓国大統領府ホームページ内に設置された国民請願コーナーには、キム・ボルムとパク・ジウの行動を批判する文章が数百件も寄せられた。

 また問題について、ペク・チョルギ監督は一番年上のノ・ソンヨンの意見に従ったと説明。エースのキム・ボルムがレース前半の責任を持ち、ノ・ソンヨンが2周ほど責任を持つ役割だったが、競技場の事情により問題が起きたというのだ。

 相変わらず疑問は残ったままだ。キム・ボルムはノ・ソンヨンに謝罪をするよりも、ファンまたは国民が傷ついたので申し訳ないと言った。しかもオリンピックでメダルを狙うチームが、きちんとした会話ができないという状況に対する準備が不足していた点も疑問だ。

 大韓氷上競技連盟は、一方的に記者会見時間も決めた。ペク・チョルギ監督とキム・ボルムが騒動を全面突破しようとしたが、結局霧に包まれたままとなった。

<平昌五輪>“仲間を置いてきぼりで物議”パシュートのキム・ボルムら会見後も疑問残る(メタルギア サヴァイヴ、吉本興業)

2018年平昌(ピョンチャン)冬季五輪・スピードスケート女子団体パシュートの韓国代表キム・ボルム(25)、パク・ジウ(19)とペク・チョルギ監督が20日午後、緊急記者会見を開いた。

 キム・ボルム-パク・ジウ-ノ・ソンヨン(28)で構成された女子パシュート韓国代表は19日、江陵(カンヌン)スピードスケート競技場でおこなわれた競技で、3分03秒76を記録して8チーム中7位に終わり、準決勝進出を逃した。問題は成績ではなく、競技内容と終わった後の行動だった。

 韓国は残り1周でスパートをかけた。この過程で一番後ろを滑走していたノ・ソンヨンがキム・ボルムとパク・ジウに大きく離されるかたちとなり、そのままばらばらでゴールした。最も遅くゴールした選手の記録で順位が決まる種目の特性上、納得するには難しい状況。大抵は選手を前で引っ張り、後ろから押してレースを展開するためだ。

 記者会見でキム・ボルムは「競技を終えた後、時間が遅くて話す時間がなかった。宿所が違うので難しかった」とし、「昨日、競技をした後、インタビューをした。インタビューをご覧になった多くの方が傷ついたようだ。本当に申し訳ない。すごく反省している」と述べた。

 19日に競技場で見せた行動と共に、競技後のキム・ボルムのインタビューが物議を醸した。キム・ボルムは「うまくいっていたが、最後、後ろに(ノ・ソンヨンが)私たちと差が開いて残念な記録になったと思う」とし、「中間にいるソンヨンさんは比重を最大限少なくする戦略にしたが、その部分において意思疎通ができていなかったようだ」と失笑した。

 パク・ジウも「意思疎通の問題もあり、ソンヨンさんがこうなるとは全く思わなかったわけでもないが、記録への欲もあったので…」とコメントして騒動がさらに大きくなった。

 その後、キム・ボルムとパク・ジウに非難が殺到。韓国大統領府ホームページ内に設置された国民請願コーナーには、キム・ボルムとパク・ジウの行動を批判する文章が数百件も寄せられた。

 また問題について、ペク・チョルギ監督は一番年上のノ・ソンヨンの意見に従ったと説明。エースのキム・ボルムがレース前半の責任を持ち、ノ・ソンヨンが2周ほど責任を持つ役割だったが、競技場の事情により問題が起きたというのだ。

 相変わらず疑問は残ったままだ。キム・ボルムはノ・ソンヨンに謝罪をするよりも、ファンまたは国民が傷ついたので申し訳ないと言った。しかもオリンピックでメダルを狙うチームが、きちんとした会話ができないという状況に対する準備が不足していた点も疑問だ。

 大韓氷上競技連盟は、一方的に記者会見時間も決めた。ペク・チョルギ監督とキム・ボルムが騒動を全面突破しようとしたが、結局霧に包まれたままとなった。

ソフトバンクの群戦略は投資会社への転身宣言ー孫氏肝いりの親子上場に浮かぶ3つの疑問 『どれだけ投資、どれだけ債務、発行総額』

ソフトバンクは*社債投資家にとって、それなりのスプレッドを常に提供してくれる発行体であり、発行総額も大きい。

だからこそ*社債投資家にとってソフトバンクは、どれだけ債務を増やそうが、どれだけ投資を続けようが、無視できない。無視をすれば、それだけ自らの投資の幅やリターンの機会を狭めることが明らかで、社債投資家に合わない経営方針を掲げるソフトバンクでも、何とか投資できる対象として調整するのが普通だ。

*社債投資家:企業が発行する債権(社債)に投資する者。社債を購入した投資家は、その金利による収入が収益源となる。

フジの番組編成に疑問「ポンキッキーズ」3月打ち切りの何故【新人王戦、時事通信社】

 これを観て育ったという人も多いだろう。現在、フジテレビ系列のBSフジにて放送されている子供向け番組『ポンキッキーズ』が3月に終了すると報じられた。

 ポンキッキーズは1973年から続くフジの長寿番組。開始当時は、『ひらけ!ポンキッキ』として放送され、現在まで放送時間や番組名を変えつつ継続されていた。全盛期に、安室奈美恵がレギュラーMCを務めたことや、お笑いコンビの爆笑問題が扮した「爆チュー問題」を覚えている人も多いだろう。

 「『めちゃイケ』や『みなおか』の終了を決めるなど、今フジは思い切った番組編成をして立て直しを図っています。どれも視聴率の低迷が理由ですが、後番組に期待ができるかと言われれば決してそうではない。しかも、ガチャピンとムックをブランド化させるのなら、視聴率は低くてもなおさら『ポンキッキーズ』は継続させるべきだと思います。フジは今、残すものと切るものの判断があやふや。やみくもに打ち切りを決めている印象です」(広告関係者)

 BSフジによると、「現段階で番組終了は決まっていない」とのことだが、番組製作元のフジテレビKIDSは「確かに番組は3月で終わりますが、キャラクターの版権は今後も弊社が管理します」とほぼほぼ報道を認めた。終了は確実と言ってもいいだろう。

 報道では、ガチャピンやムックの版権は今後もフジが持つと伝えられ、番組が終わっても、CMやイベントでガチャピンとムックで稼いでいくようだ。

 彼らを見られる機会がなくならないだけよかったとホッとした人も多いようだが、ネット上では、45年も番組を引っ張った功労者に対し、「誰よりも体を張ってきたのに非情すぎる」「ここまで酷いかフジ。どうかしてる」と批判が殺到。フジの容赦ない首切りに、怒りを露わにした。

 ちなみに、この数日のガチャピンのTwitterを覗いてみると、オリンピックの話題やスプーン曲げにチャレンジした話題を投稿し、通常運転。この噂を聞いて、ショックを受けなければいいのだが…。

『日またぎジャンプに極寒地獄…疑問の残る開催時間 表彰式には観客おらず』 ~ ヤフーユーザーの意見まとめ

 あまりにも厳しい環境だった。平昌五輪のジャンプ男子ノーマルヒルが10日に、平昌のアルペンシア・ジャンプセンターで行われた。ジャンプが人気の欧州の好時間帯に合わせるかのように、午後9時35分からのスタート。しかし、ただでさえ夜間で一気に冷え込み、マイナス10度を下回る極寒の中、強烈な風が吹きすさび、体感気温はマイナス20度近くに低下。過酷な寒さが選手や観客を襲った。強風の影響で、たびたび競技は中断。競技終了は予定していた11時20分よりも1時間遅れ、日付をまたいだ0時19分に終了した。

 選手たちはジャンプ台の上で、係員に毛布を掛けてもらって暖ををとった。21位に終わった葛西紀明は苦笑いで振り返る。「(寒さは)もう信じられないぐらい。風の音がすっごいんですよ。気持ちが怯むぐらい。ブワーって。W杯でもほぼない条件。“こんなの中止でしょう”ってちょっと心の隅で文句いいながら寒さに耐えてました」。7位入賞を果たした小林陵侑も「足先が凍るかと思った」。

 日本勢だけでなく、海外勢でも五輪2大会で2冠に輝いたシモン・アマン(スイス)は、風の条件が整わず何度もスタート位置についたり外れたりを繰り返した。もともと変則的な風が吹くことが指摘されていた同地。ジャンプ台を囲うように防風ネットも設置されているが、それでも防ぎ切れていない。

 開幕前の8日に行われた予選では、地元韓国の観客を中心にまずまずの観衆だったが、この日は関係者の多いスタンドを除けば、まばらで寂しい客入り。0時30分過ぎに行われた表彰式の頃には誰もいなくなっていた。誰のための開催時間なのか。会場の雰囲気を問われた葛西は寂しそうに言った。「ちょっとあんまり良くなかったかな」-。

アルマーニ制服に疑問の声続々 石田ひかり「子どもはたまったものではない」尾木ママ「非常識」(佐藤琢磨、グラハム・レイホール)

 東京・中央区立泰明小学校がアルマーニ製の「標準服」を導入すると発表したことが波紋を呼ぶ中、女優の石田ひかり(45)がSNS上で「これを押し付けられる子どもたちはたまったものではない」とつづるなど、子を持つ芸能人らが疑問の声を上げた。

 同校は昨年9月の説明会で保護者に変更を伝達。同小の制服は着用が義務付けられていない標準服。現在は男子が1万7000円、女子が1万9000円ほど。アルマーニ制服は、帽子やバッグなどを含めると8万円を超える。

 2女の母親である石田は9日に更新したインスタグラムで「はちまんえん、という価格ばかりが議論されてますが論点まったくずれてると思います」とコメント。また校長が配布した文書を読んだうえで「『泰明らしく』あることに、相当な誇りとこだわりをお持ちのようでした。わたしには『泰明らしさ』が何なのか興味もありませんが、これを押し付けられる子どもたちはたまったものではないな、というのが感想です」と率直な思いを記した。

 また、野球解説者でタレントの長嶋一茂(52)はコメンテーターを務めるテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜前8・00)で「泰明ブランドって自ら言っているところにすごく違和感を感じる。子供は高い物とか関係ない。この学校で砂遊びしないの?っていう話になっちゃう」とコメント。教育評論家の尾木直樹氏(71)もTBS「ビビット」の電話取材に応じ「服着りゃアイデンティティーが確立するなんてことは聞いたことがない。きわめて非常識。公立は中身で勝負しなくてはいけないのに『服育のビジュアル教育』だなんて、実に貧しい精神構造」と憤りを隠さなかった。

日韓合意「一ミリも動かさないなんて…」 二階氏、政府対応に疑問(SKE48、日本放送協会)

 自民党の二階俊博幹事長は2日のBS朝日番組で、慰安婦問題に関する日韓合意をめぐり、菅義偉官房長官が「国と国の約束で一ミリも動かさない」と述べたことについて「一ミリも動かさないといったら、そんな交渉に国の将来を任せられるか」と疑問を呈した。

 二階氏は、韓国の文在寅大統領が日韓合意に否定的な見解を示していることについて「先鋭的に(日本側と)ケンカ腰で話をしていこうということはないと思う」と強調した。今後の日韓関係については「ケンカしていいことなど、あるわけない。仲良くする以外ない」とも述べた。