タグ: 私

「子供も人間、私も人間!」 ママを無責任に批判するリプライへの反論をまとめた漫画が力強くも温かい(ロヒンギャ、金子兜太)

 「自分で望んで産んだんだろ」「こんな奴が親で子供がかわいそう」……など、育児で悩んでいる人をさらに追い詰めるような、心ないリプライに対する反論をまとめた漫画が反響を呼んでいます。漫画を書いたのは「up-to-you!」で育児漫画を連載しているimo-nakさん。

 「育児の弱音やグチツイートに対して、無責任に傷つけるようなリプがついているのを見かける度、ぬ゛あ゛ッッ!!!という気持ちになる」「どうかそんなリプで悲しまないでほしい」と思いをつづり、漫画は始まります。

 1ページ目は「自分で望んで産んだんだろ」「だったら産むな」というリプライに対する反論。この発言は、生きる上で何か辛いことがあったとき、「自分で望んで生き続けてるんでしょ」「だったら生きるな」と言われるのと同じこと。もちろん「だから生きるな」ということではなく、「自分が言われて嫌なことは言わないでね」、という主張です。imo-nakさんはあらためて「ゼロから人間育ててんだから正論や理屈だけでやっていけるわけない」「子供も人間、私も人間」と語気を強めますが、これは子どもがいる人もいない人も覚えておきたいことですね。

 2ページ目は「たかが数年、ガマンしろ」というリプライに対する反論。親が自分の時間や息抜きを求めたときなどにつきがちなコメントですが、作者は、数年間子どものためだけに生きることが理想的ではないと主張します。それにママ本人にとっては、育児が何年で終わるものなのかは分かりません。今目の前に広がっている景色がすべてであり、ゴールなんて見えもしない。人生をそんなトンネルにたとえ、まさに“今”息抜きが必要なママに寄り添っています。

 3ページ目で取り上げたのは「もっと大変な人もいる。その程度で文句言うな」というリプライ。これは育児以外の話題でも言われがちな意見です。確かに世の中にはもっとつらい思いをしている人もいるかもしれませんが、それと自分のつらさは全くの無関係。「そもそもその理論だと、全人類で弱音吐いていいの地球上で一番大変などこかの誰か一人だけになるよね?」「つらさは人それぞれ」という主張を、図を交えて表しています。

 4ページ目は「こんな奴が親で子供がかわいそう」というリプライへの反論。「個人的に一番言ったらイカンと思うやつー!!!!」と怒りに燃える自分自身のイラストも描かれています。みんなが手探りで迷いながら、悩みながら、育児をしているのが実態。「『もっと良いお母さんの元にうまれていればきっともっと幸せに』『私なんかが親でこんなダメなやつが親でごめんね』こんな思いに心が支配されてどんどん辛くなる」という言葉には、自身も育児中であるimo-nakさんが紡ぐからこそ感じる重みがあります。

 最後には「親がそう思ってても子供はきっと親が大好き。子供を想ってがんばっている親と、親が大好きな子供。そこに他人が『こんな奴が以下略』なんて言う権利があるのか? なし!!!」と、ママの背中を力強く押してくれる言葉も。

 「読んでて心が温かくなりました」「思い当たるものがあって、想いを代弁して下さってありがとうございます」「なぜこんなに人の心に寄り添えるの」と、感謝や感動の声がたくさん集まっています。相手に言い返すためというよりは、心ないリプライで傷つけられないために、知っておきたい内容ですね。

ドリカム中村 「ご挨拶」での不満の声受け謝罪「全ては私の至らなさ」 「吉田美和、ボーカル、更新」

 「DREAMS COME TRUE」のリーダーでベースの中村正人(59)が19日、自身のブログを更新。ボーカルの吉田美和(52)がインフルエンザにり患し、広島公演が中止になったこと受けて行った公演会場での「ご挨拶」について言及。一部ファンから不満の声が上がったことについて「全ては私の至らなさであります。心からお詫び申し上げます」と謝罪した。

 吉田のインフルエンザり患で、ドリカムは17、18日の広島公演の中止を発表。これに合わせ、公式サイトで、公演予定だった両日に中村が公演会場を訪問し「お詫びの気持ちを携えて」「不肖私、中村がご挨拶させて頂けたらと存じます」と発表していた。

 中村は両日、握手や記念撮影に応じるなどファンと触れ合ったが、予想を上回る人数が訪れたため、会場使用時間の都合で待機列を締め切るなどして対応。その際のスタッフの態度を巡って一部の訪問者から不満の声が上がっていた。

 これを受けて18日に公式サイトで経緯を説明。「精一杯運営させていただきましたが、2日間でスタッフの予想を遥かに超える3000名以上のお客様にお集まりいただき、ご挨拶の受付を途中で締め切ることになってしまいましたこと、大変心苦しく思っております」。続けて「また運営スタッフの対応が十分に行き届かず、不快な思いをされてしまった一部のお客様に対してこの場を借りてお詫び申し上げます」と謝罪の言葉を記した。

 中村も19日に自身のブログを更新。「広島でのご挨拶について」とのエントリーで、「ご挨拶というものはその方法やあり方に不満を持たれるかたがお一人でもいれば何の意味もありません。それが多くの方となれば論外であります」と切り出し、苦しい胸の内を吐露した。

 準備をする期間がなかったにもかかわらず、実施に踏み切った自身が「すべての原因」だとし「公演中止でさえ膨大な作業に追われ、夜を徹して作業してくれたスタッフには責任はございません」。そのうえで「全ては私の至らなさであります。あらためて心からお詫び申し上げます。本当に申し訳ありませんでした」と責任を一身に背負った。

 中村の厚意から開催に至った「ご挨拶」。ネット上では「マサさんの気遣いに感謝しかない」「マサさんが謝ることではない」「優しさをありがとうございました」など、中村への感謝の言葉も多く見られた。

女性のホンネ告白!「私が、もうオバサンだと思った瞬間」(川端志季、FNS27時間テレビ)

「私がオバサンにな~っても」なんて、カラオケで人ごとのように歌っていたあなた、そんな歌があるの?と今知ったあなた。気がつけば、本当にオバサンになるまで人生はあっという間。では、自分がオバサンだと思った瞬間はいつなのか? TOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」では、パーソナリティをつとめる、たかみなが、「私が、もうオバサンだと思った瞬間」のアンケートに寄せられた、女性たちのホンネ告白について答えてくれました。

正直、「オバサン」っていくつからだと思いますか? 「高校卒業したらオバサンだし~」とグチる10代女子がいる一方、世の中には断固オバサン化を拒否するアラフィフの美魔女もいます。
とはいえ、どんなに悪あがきをしてもやってくるオバサンへの“瞬間”。あなたが「オバサン」を自覚したのはどんなときですか? いろんな年代の女性たちの声を聞いてみました。

たかみなが気になったのは、こんな意見です。

「近所の商店街のおじさんに『お母さん、安くするよ~』と呼び止められた。はいはい、未婚のアラフォーですが何か?」(38歳)

「微妙な段差でつまづいたときですかね。オバサンっていうか、高齢化!?(笑)」(47歳)

たかみなは「10代のときとの変化は感じますね。なんか疲れやすいなとか(笑)。AKBにいるときは10才、歳が離れている子がいたんですけど、その子たちがハツラツと踊ってる中、すぐ疲れる20代みたいなね。オバサン化っていうのは止められないですからねぇ」とコメント。確かに、オバサン化は止められませんね……。

「親戚の叔母さんに、若いから肌が水をはじいていいね~って言われたから、肌が水をはじく様子を目で記憶しておこうと、なぜか中学のときに思った私。その頃からなのか、最近考え方がすでにオバサンみたいだと友達に言われます」(18歳)

「オバサンというか青春が終わったなと思ったのは、高2の1年間が終わったとき。17歳+制服の夏休みは無敵で、毎日が楽しかった! どうせ、高校卒業したらオバサンだし~」(19歳)

10代の無邪気な発言に、な~んかムカついてる女性たちもいそうですね。高2無敵だとー、ふざけんな、みたいな。
では、微妙なお年頃の20代はどんなときに自分がオバサンになったと感じているのでしょうか。

「夏バイトで一緒になった高校生たち。少ししか年が違わないのに夏休みを楽しんでる感じがすごくまぶしく見えて。こっちは最近始めたひとり暮らしの生活で精いっぱい。あ、もう若くないんだーと、ちょっとシミジミしました」(21歳)

「“○歳は肌の曲がり角”“女性はクリスマスケーキ”とか、母親から言われてきた言葉に最近敏感になってきた。以前はギャグだったのに」(24歳)

「同じバイト先のJK(女子高生)に、あの人のメイク終わってない?と陰で『オバサン』呼ばわりされていた……」(25歳)

「公園で知らない子どもに『おばちゃん』と言われた瞬間……。大人げもなく、そばにいるアンタのママよりたぶん若いよと言いそうになった自分は、未熟でしょうか」(28歳)

自分が、というより、外からの目線で年齢を感じる20代に対して、内面の変化を自身で感じるのが30代のようです。

「酒の席で下ネタを平気で飛ばせるようになった。オバサン注意報と知りつつ、ノリノリで」(32歳)

「ギャル系の洋服屋に入ったとき、店員から目をそらされた。え、もうアウト!?」(34歳)

「もうさ~、男と飲みに行くのが面倒臭くて。数年前まであんなに婚活してたのに」(36歳)

番組には20歳の男性からの意見も寄せられました。
「男から見ておばちゃんだな~と感じるのは、人前でも構わずに豪快なくしゃみをする女性ですかね。恥ずかしさを忘れてしまったのか、可愛さを忘れてしまったのかわかりませんが。ただ、女性の少し気の抜けてしまっているところは嫌いじゃないですけどね」
これには、たかみなも「そっかー、くしゃみって気を付けなきゃいけないんだね。可愛げがあったほうがいいってことですね」と納得。男性から見た意外な(?)なオバサン注意報ですね。

昔の年齢で言うとオバサンど真ん中とも言える最近の40代の女性は、はたしてどんなときにオバサンを感じるのでしょうか。もはやオバサン感を楽しんでいる人もいるようです。

「ふと気づくと、恋愛映画やドラマ、恋愛ソングが響かなくなっていたとき。今は逆に、歌舞伎や落語の古典文化の面白さにハマってます。若い子にはわからないだろうな」(42歳)

「夫が働いてる間に、録画したサスペンスドラマをソファで横になって観ながら、甘い、しょっぱい、甘い、しょっぱいと、お菓子を交互に食べてる時間がオバサンっぽいかなと。母親に似てきたのかな。でも至福のひとときです~」(44歳)

「健康雑誌の広告に目が奪われがちで、通販などでオシャレよりも実用本位の靴を選んだとき。もうヒールはつらいから、流行りのスニーカー女子(?)デビューしました!」(45歳)

「会社のトイレの鏡で、化粧の仕方が若い子と違うのを発見したときの衝撃たるや!」(46歳)

「あれとか、それとかで物忘れの激しい親と、気づいたら同じように普通に対話しているときです。介護予備軍だなと。でも家族が元気で無理をしないのが一番!」(52歳)

いやあ、アラフィフの加齢を感じる瞬間を笑いに変えながらも答える様子には、女性のたくましさすら感じますね。しかし、誰にも平等に訪れるのが「老い」。多少の差こそあれ、いつかはみんなオバサン、しまいにゃオバアサンだと思えば気も楽になる、かも。

「私を虐待した母に会いたい」父子家庭で育つ17歳女子の声【J Soul Brothers、AbemaTV】

最近、シングルマザー、シングルファザーなど1人で子育てをしている人が取り上げられることが多くなりました。そしてその母子家庭、父子家庭には、片親のもと生活をしている子供たちがいます。2月15日放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」では、そんな状況で育っている10代リスナーの声を聞いていきました。その中から、父子家庭で生活する17歳の女子リスナーと、パーソナリティのとーやま校長とあしざわ教頭とのやり取りを紹介します。

このリスナーは10年前に両親が離婚。父親に引き取られて生活しています。小さい頃から虐待を受けて育ち、母親からは引き取りを拒否されたとのこと。きょうだいは母親と暮らしているため10年間会っておらず、連絡先も知りません。ですが母親やきょうだいと一緒に暮らしたいという思いをずっと持ち続けていると言います。

とーやま校長:今はお父さんと暮らしているんだよね。2人暮らし?

リスナー:そうです。

とーやま校長:学校は?

リスナー:友達関係が気まずくなって週1でしか行ってなかったんですけど、行ってる意味ないし単位も取れなくなったので去年の12月に退学しました。

とーやま校長:そうか。で、今はバイトをやっているんだよね。どのくらいやってるの?

リスナー:週5~6で朝9時から夜22時まで、掛け持ちしてます。

あしざわ教頭:今日もアルバイトだったの?

リスナー:はい。

とーやま校長:お疲れ様。じゃあ、あとはもう寝るだけか。

リスナー:資格の勉強をするのでもう少し起きてます。

とーやま校長:なんの資格を取ろうとしてるの?

リスナー:調理師免許を取りたくて、そのためにバイト頑張ってます。

とーやま校長:えらいねぇ。全部自分でお金出しているんだ?

リスナー:そうです。

とーやま校長:じゃあ、学校に行っていたときよりも今の生活は充実してる?

リスナー:充実してます!

とーやま校長:声の感じから充実してるのが伝わってくるよ。それで、お母さんとお父さんは10年前に離婚したんだよね? その間に会ってはいるの?

リスナー:会ってないです。

とーやま校長:「会いたい」っていう気持ちはある?

リスナー:ずっとあります。虐待はされていたけど、やっぱりどこか優しいところはあって……。お兄ちゃんとお姉ちゃんと妹がいるんですけど、お兄ちゃんとお姉ちゃんと自分が学校一緒で、学校行事とか自分のことは見てくれてないけど来てくれてるってだけですごく嬉しくて。殴ったり蹴ったりはするけど、すごい尊敬できる人です。

とーやま校長:その感情は“お母さんだから”ってことなのかな。お母さんのことは好き?

リスナー:大好きです!

あしざわ教頭:そうか……。お父さんとの関係はどう?

リスナー:お父さんは朝早くから仕事に行って、私がバイトしている時に帰って来て、バイトから帰ったらお父さんは寝てるっていう状況なので、全然喋らないです。

とーやま校長:家事とかはどうしてるの?

リスナー:全部自分でやってます。

とーやま校長:お父さんの分のご飯も作ってあげてるの?

リスナー:そうですね。

とーやま校長:お前はすごいなあ。お父さんのことはどう思ってる?

リスナー:いい人なんですけど、虐待してたっていうこともあって怖い印象はあります。

とーやま校長:お父さんも虐待してたの? 今はもう大丈夫?

リスナー:今は大丈夫です。

とーやま校長:やりたいこともあって自分でしっかり稼いでいても、お母さんに会いたいっていう気持ちは強いんだね? これはお父さんは知ってるの?

リスナー:怖くて言えないです。

とーやま校長:そうね……。俺としては、ケガもあっただろうしツラい目にもあっただろうし、またそういう目にあってしまうんじゃないかと思ってしまうんだ。だから、正直ちょっと怖いなって思ってる。だけど……お前のお母さんだからさ。顔も見たいし、声も聴きたいだろ?

リスナー:聴きたいです。

とーやま校長:こんなに頑張って、毎日生き抜いている自分を見て欲しいもんね。

リスナー:見て欲しいです。

あしざわ教頭:俺もいつか会えたらいいなと思うけど……(虐待が)あったことは無しにはならないしね。でも「お母さんが好き」っていう気持ちを持ち続けているのは、すごくいいことだと思う。いつか、正直な気持ちをお母さんに言えたらいいよな。そしたら、お母さんも思ったことを言ってくれるかもしれない。

とーやま校長:そうだね。いつか、お母さんに会えることを俺たちは祈ることしか出来ないけれど……。毎日のバイトも調理師の資格のための勉強も、自分の身体と心と相談して一歩ずつ頑張っていこう。掲示板にもお前へのメッセージがたくさんあるから読んでみてね。

リスナー:はい。ありがとうございます。

保育園、全て落ちた私に何が起こったか。保活に感じた3つの違和感(ケーブル、ヒュー・ジャックマン)

目黒区に住む43歳、会社員。2016年に第1子の長男を産んだ。新卒で入社して以来、20年近く働いてきた勤務先に翌年4月に復職する予定だった。子どもが1歳になるまで一緒にいたい気持ちはあったが、「0歳のうちに預け先を見つけないと、1歳になってからでは間に合わない」と、区役所の人にもワーキングマザーの先輩にも急かされた。なのに、ふたを開けてみたら手にしたのは「不承諾通知」。0歳児で申し込んだって、区が所管する「認可保育園」には入れませんと、門前払いを食らったのだ。

頭の中でぐるぐると「どうしよう」の文字が回転しているような状態で、 まず夫にLINEで結果を伝えた。保活の話でしょっちゅう連絡を取っていたママ友にも報告した。 その上で、とりあえず名前を覚えていた近所の認証保育園に、急いで電話をかけてみた。今からでも申し込みは間に合うかを問い合わせるためだ。

だが、いくつか電話をかけ終わったところで、さらに厳しい現実を知った。どの園の回答も「4月入園の申し込みはすでに終了」。しかも「キャンセル待ちが100人。5月以降に年度途中で入園するのも難しい」「5月になったら、来年4月の分を受け付けるので、その頃お電話ください」。

今からもう、翌年の話……。保育園に落ちるってこういうことなんだ。保活の厳しさは聞いていたが、我が身に起きて、初めて骨身にしみた。

「もしかしたら私も」仕組まれた駐車場事故、記事に反響 ツイッターでも拡散【大阪市立総合医療センター、コカ・コーラボトラーズジャパン】

 駐車場でバック中に死角から迫り、運転者を接触事故の「加害者」に仕立て上げて保険金をだまし取る手口に特命取材班が迫った西日本新聞の記事(1月31日付朝刊)に、多数の反響が寄せられている。ウェブニュースの閲覧回数は1日で300万回を超え、ツイッターでも拡散。「同じようなトラブルに巻き込まれていたが、記事が出て急に解決した」という報告もある。

 「コンビニエンスストアの駐車場でバック中、いつの間にか後ろに車が来ていて接触事故に。あの記事と状況がよく似ていた」。九州在住の50代男性から無料通信アプリLINE(ライン)でメッセージが来た。

 男性に話を聞くと、過失割合をめぐって男性側の保険会社と相手との話し合いが難航。司法の場で争う事態になりかけたが「記事が出た直後に先方から急に『現状の過失割合でいい』と連絡があった」という。男性は「記事が解決につながった。詐欺集団の撲滅に期待しています」と取材班に謝意を伝えてくれた。

叶恭子 14センチの分身に満足も「私の唇は2倍、厚めにして」と注文 《クレーンゲーム用景品、モチーフ、自身》

 タレントの叶姉妹(ともに年齢非公表)が11日、千葉市内で、自身がモチーフになったクレーンゲーム用景品のフィギュア「ファビュラスなQ posket」新作披露会に登場した。

 全長14センチでドレス姿の“分身”と初対面し、美香は「どうなって現れるか、すごく楽しみにしていました。カワイイ~」と大満足。試作段階とあって恭子は、「お袖の部分、アメージング。指先の精密度合いにもビックリしました。私の唇はあと2倍、厚めにした方がいいかもしれませんね」と改善を要求し、当初は2色のカラー展開を予定していたというが、12色も提案して関係者を焦らせていた。