タグ: 被告

『乳房なめは悪魔のせい 劇団員殺害で被告が幻聴主張』 ~ みんなの感想まとめ

 東京都中野区の劇団員加賀谷理沙さん(当時25)を殺害したとして、殺人や強制わいせつ致死などの罪に問われた福島県矢吹町の無職戸倉高広被告(38)の裁判員裁判の初公判が16日、東京地裁(任介辰哉裁判長)で開かれ、戸倉被告は殺人罪については起訴事実を認めた。一方、強制わいせつ致死罪については「わいせつ行為をしようとは思っていません」と否認。弁護側は戸倉被告が当時、解離性人格障害などで合理的判断ができず幻覚、幻聴があったとして減刑を求めた。

 起訴状では15年8月25日午前0時50分ごろ、東京都中野区の加賀谷さんの部屋に侵入し、加賀谷さんを押し倒したところ抵抗され、扇風機コードで首を絞め窒息死させたとしている。

 わいせつ目的の有無について、検察側は冒頭陳述で「深夜に1人暮らしの若い女性宅に侵入し、着衣のない状態にして乳房などをなめた」として、被告側の弁解は成り立たないと指摘。これに対し、弁護側は、被告は加賀谷さんとラインのID交換をしたくてマンションまで追ったが、「悪魔だよ。倒さないとうつるよ」などの男の声が聞こえ、騒がれたため首を絞めたと主張。殺害後、「嫌がることをすれば息を吹き返すと思い、胸のあたりを軽く舌で触れた」などと主張している。

松戸女児遺体遺棄事件からまもなく1年…父親が裁判早期実施と被告の極刑求め署名活動【PlayStation Portable、大阪市立総合医療センター】

 去年3月、松戸市に住むベトナム国籍の小学3年生の女の子が殺害された事件で、被害者の父親が裁判の早期実施などを求める署名活動を行いました。この事件は去年3月、松戸市の小学3年生レェ・ティ・ニャット・リンさん(当時9歳)が殺害されたもので、リンさんが通っていた学校の保護者会の元会長、澁谷恭正被告(46)が殺人などの罪で逮捕・起訴されています。

 13日、千葉駅ではリンさんの父親、レェ・アイン・ハオさんが裁判の早期実施と、澁谷被告の極刑を求める署名活動を行い、道行く人に声をかけていきました。