タグ: 財務省

常識外れ、批判招く=財務省のセクハラ疑惑対応―「最強官庁」崩壊寸前 「インターネット、処分、調査」

 福田淳一事務次官のセクハラ疑惑をめぐる財務省の対応が批判を浴びている。

 週刊新潮がセクハラを報じた当初は調査や処分を見送り、インターネットで音声が公開されると、被害女性に名乗り出て調査に協力するよう求めた。福田氏は一貫してセクハラを認めず、麻生太郎財務相もそれを追認する発言を繰り返している。世間の常識から懸け離れた対応は、「最強官庁」を崩壊寸前に追い込んだ。

 週刊新潮がセクハラを報じた12日、麻生財務相は国会答弁で「一つ一つのやりとりは定かでない」という福田氏の釈明を紹介。セクハラを確認できないと説明し、調査はせず、口頭注意だけで十分との考えを示した。報道内容を認めなければ、追及をかわせると判断していたようだ。

 週刊新潮が13日にネットで音声を公開すると、財務省は16日にセクハラ疑惑の被害女性に名乗り出るよう協力を呼び掛けた。この調査方法は「被害者の立場に立てば高いハードル」(野田聖子女性活躍担当相)を利用して核心を隠し、セクハラ問題の収束を図ろうとしていると受け止められ、世論の批判は一段と高まった。

 財務省中堅幹部は「たたかれているときに『被害女性は名乗り出てこい』という上から目線の対応はどうかと思った。初動を間違えず、低姿勢に徹していたらこんな事態にはならなかった」と話す。

 安倍内閣の支持率低下に危機感が募る中、18日午前の自民党と公明党の幹事長の会談では事実上の更迭要求が出た。福田氏は同日夜にセクハラを否定した上で、「職責を果たすのが困難だ」と辞職を表明した。

 だが、これでも事態は収拾しなかった。19日未明にテレビ朝日が記者会見し、同社女性社員がセクハラを受け、週刊新潮に録音を提供したことを明らかにした。同日朝も福田氏は「(やりとりの)全体を見ればセクハラではない」と主張。訪米中の麻生財務相も「報道内容が事実かは定かでない」と非を認めない姿勢を続けている。次官辞任で次の焦点は財務相の進退に移っている。 

『財務省が福田氏を再聴取へ、テレ朝の抗議受けて』 ~ ヤフーユーザーの意見まとめ

 財務省は20日、辞任を表明した福田淳一次官のセクハラ疑惑で、福田氏から再び聞き取り調査を行う方針を明らかにした。

 テレビ朝日が、同社の女性記者が被害を受けていたとして財務省に抗議したことを受け、セクハラを否定している福田氏から、再び事情を聴取する必要があると判断した。財務省は、テレビ朝日にも聞き取り調査を申し入れた。

 財務省の担当者が、野党6党による合同ヒアリングで明らかにした。

 福田氏の部下にあたる矢野康治官房長が行った前回の聞き取り調査で、福田氏は、「女性記者との間でこのようなやりとり(セクハラ)をしたことがない」と述べていた。19日にテレビ朝日が女性記者へのセクハラ行為を公表した後も、否定を続けていた。再調査は、財務省が顧問契約を結んでいる弁護士事務所を通じて行う。

 財務省は20日、テレビ朝日の抗議に対して、「貴社にもご納得いただけるやり方で、お話をきちんと伺わせていただきたく、宜(よろ)しくお願い申し上げます」との回答文を出した。これを受け、テレビ朝日は、調査への対応について、「今後慎重に検討してまいります」とのコメントを発表した。

<財務省>終始無言、G20へ麻生財務相 責任巡り攻防(ランディ・メッセンジャー、伊藤忠商事)

 ◇立憲、麻生財務相の辞任求める

 立憲民主党の福山哲郎幹事長は19日午前、自民党の二階俊博幹事長と国会内で会い、セクハラ疑惑が報じられた財務省の福田淳一事務次官の辞任表明や、森友学園に関する決裁文書改ざんを受け、麻生太郎副総理兼財務相の辞任を求めた。一方、菅義偉官房長官は麻生氏の引責辞任を否定し、政権の責任論を巡る攻防が激化した。福田氏は19日、テレビ朝日が公表した社員のセクハラ被害に対し「全体でみればセクハラではない」と反論した。

 福山氏は、加計学園問題で「首相案件」と発言したとされる柳瀬唯夫首相秘書官(当時)の証人喚問▽文書改ざん問題の4月中の調査結果公表▽自衛隊のイラク日報問題の真相究明と、自衛官による議員罵倒の事実確認--も、二階氏に申し入れた。福山氏は「財務省は国税庁長官と次官が不在という異常な状況だ。麻生氏の責任は大きい」と記者団に強調。福山氏によると、二階氏は「重く受け止める」と応じ、19日中に回答する考えを示した。

 一方、菅氏は記者会見で麻生氏について「(森友学園の)文書書き換えの調査などを徹底的に進め、陣頭指揮にあたり信頼回復に努めてもらう」と述べ、辞任する必要はないとの考えを示した。セクハラを巡る調査は「財務省から『事実関係をきちんと押さえていく。努力を続けたい』と報告を受けている」と述べるにとどめた。

 福田次官は19日朝、東京都内で報道陣に対し、セクハラ疑惑を改めて否定。週刊新潮は福田氏とみられる音声データをインターネット上で公開したが、福田氏は「(音声は)一部しかとっていない。全体をみればセクハラに該当しない」と訴えた。辞任の理由は「仕事にならなくなるからだ」と答えた。

 麻生氏は同日午前、主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議に出席するため、米ワシントンへ出発した。成田空港では報道陣の問いかけに終始無言だった。【立野将弘、竹下理子】

『<財務省>次官が辞任 テレ朝「社員セクハラ被害」』 ~ 皆さんの反応まとめ

 麻生太郎財務相は18日、記者団に対し、週刊新潮で女性記者に対するセクハラ発言疑惑が報じられた福田淳一財務事務次官から辞任の申し出があり、認めたと発表した。福田氏はセクハラについては否定しているものの、テレビ朝日は19日午前0時に記者会見し、同社の女性社員が福田氏からセクハラ被害を受けたことが判明したとして、同省に抗議すると発表した。

 ◇政権さらに打撃

 財務省では、学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書の改ざん問題を巡る混乱の責任を取り、前理財局長の佐川宣寿国税庁長官が辞任したばかり。相次ぐ不祥事によるトップ辞任に麻生氏の責任を問う声が高まるのは必至で、安倍晋三政権に打撃となりそうだ。

 福田氏は麻生氏の発表後、記者団の取材に応じ「次官としての職責を果たしていくことが困難な状況になっていると考え、辞職を申し入れた」と述べた。政府は閣議で辞任を承認する見通しで、当面は矢野康治官房長に職務を代行させる。

 週刊新潮は12日発売号で、福田氏が複数の女性記者に対しセクハラ発言を繰り返したと報じ、福田氏とみられる音声データも公開した。これに対し福田氏は「私に関する記事については事実と異なるものと考えている。あんな発言をしたことはありません」と否定。音声についても「自分のものか分からない」と述べ、「裁判のなかで争ってまいりたい」と、名誉毀損(きそん)で新潮社を提訴する意向を改めて示した。

 一方、テレビ朝日の篠塚浩報道局長は記者会見で、「当社社員に対するセクハラ行為があったのは事実と考えている」と反論した。この社員は約1年半前から取材目的で複数回、福田氏と2人で会食する機会があったが、福田氏のセクハラ発言に悩まされており、身を守るために会話を録音。社内で上司に福田氏の行為を報道するよう進言したが断られたため、週刊新潮に連絡し、録音の一部を提供したという。

 テレビ朝日は録音内容の確認や関係者からの聴取などの調査の結果、セクハラ被害があったと判断。篠塚局長は「福田氏による当社社員を傷つける数々の行為と、その後の対応について、財務省に対し正式に抗議する」と述べた。

 福田氏はこれまで一貫して疑惑を否定しており、財務省は顧問契約を結ぶ弁護士事務所に調査を依頼し、報道各社の女性記者に協力を要請。しかし、セクハラ被害者に名乗り出るよう求める調査手法に対し批判が広がるなど、与党内からも福田氏の辞任を求める声が高まっていた。

 福田氏は1982年に東京大法学部を卒業し、大蔵省(現財務省)に入省。官房長や主計局長を経て2017年7月に次官に就任した。財務省の事務次官が任期途中で辞任するのは、大蔵省接待汚職事件のあった98年以来となる。【井出晋平】

財務省のセクハラ疑惑 「被害者名乗り出ろはおかしい」広がる署名(梅沢富美男、上智大学)

財務省の福田淳一事務次官が女性記者にセクハラ発言をしたとされる問題。セクハラを受けた女性記者が名乗り出て調査に協力するよう求める財務省の対応に批判が広がっている。この調査方法の撤回を求める署名がネット上で始まり、4月18日午後4時の時点で1万4000筆を超えた。

<財務省>「事実と異なる」辞意表明した福田次官のコメント 「事実、記事、私」

 辞意表明した福田淳一・財務事務次官の記者団との主な一問一答

 (コメントを読み上げる)週刊誌に掲載された私に関する記事については、事実と異なることがあると考えており、裁判で争ってまいりたいと考えております。他方、財務省が厳しい状況にある中で、さらに私のことでこのような報道がでてしまったこと自体が不徳の致すところであります。また、その報道後の現状に鑑みますと、財務事務次官としての職責を果たしていくことが困難な状況になっていると、私自身が考え、さきほど、麻生財務大臣に対して辞職を申し出て、ご了解をいただいたところであります。私のことで、ご迷惑をおかけしたすべての方に、おわびを申し上げたいと思います。

--セクハラ疑惑として報道された音声は自身のものと認めるか

 自分の声は自分の体を通じて聞くので、録音された音声が自分のものかよくわからないので、そう申し上げました。ただ、福田の声に聞こえる、という声が多数あることは知っています。

--(報じられた女性記者との)会合の記憶は

 ここにおられるのも財研(財務省の記者クラブ)の方が多いと思いますが、新聞記者の人とは、男女問わず、というか、財研の人は男性記者が多いので、まあ男性記者を中心に会合を持っていることはある。で、まあ一対一の会合をもつこともある。ただし、あんな発言はない。

--当時の記憶はない

 あの当時とはいつ?。あんなひどい会話をした記憶はありません。

--接客業の人に対してともとれるコメントだったが

 わかりません。自分の行動について、一般的に正直に官房長に申し上げた。あの記事がそういうものかどうかわかりません。

--あの記事(に書かれていること)は記憶にない

 そうじゃなくて、接客業の人と話すことはある。一般論で申し上げている。そのことが、あの記事のもとになっていると言ってるつもりはありません。

--自身の会話かどうか覚えているのでは

 いろんな人といろんな会話をする。しかも、(録音が)会話のすべてを順番にとっているふうにも思えない。

--辞任の理由は、騒がせたこと。セクハラは認めない?

 報道が出ること自体、不徳の致すところ。本日の状況をみると、私に関するいろんな議論が、職務を遂行する上で問題になっており、そういう状況では職責を全うすることはできないと判断した。

--女性(記者)に名乗り出るよう呼びかける手法に批判が出ている

 担当者が、こういう問題の処理の専門家に聞いて、被害者の方にも聞くんだというので、ああいう整理をしたのではないか。

--(対応するのが)財務省の顧問弁護士というのは公正ではないのでは

 私自身は取り調べを受けているほう。この調べ方の対象になるので、こういう調べ方で行きましょうということについて、そんなに意見を申し上げたわけではない。財務省なりに、こういう時は両方から調べるのが普通であると研究した上で提案したと理解している。

--辞任の理由として森友問題は関係ない?

 あらゆることに責任がありますので、個別のある問題は関係ないというのはまじめな態度ではないので、何とも言えない。直接の原因は、私の報道をきっかけとする現在の状況が今の仕事を続けることができない状況を作ってしまった。そう大臣に申し上げました。

<財務省>「事実と異なる」辞意表明した福田次官のコメント(ジャニー喜多川、ノバク・ジョコビッチ)

 辞意表明した福田淳一・財務事務次官の記者団との主な一問一答

 (コメントを読み上げる)週刊誌に掲載された私に関する記事については、事実と異なることがあると考えており、裁判で争ってまいりたいと考えております。他方、財務省が厳しい状況にある中で、さらに私のことでこのような報道がでてしまったこと自体が不徳の致すところであります。また、その報道後の現状に鑑みますと、財務事務次官としての職責を果たしていくことが困難な状況になっていると、私自身が考え、さきほど、麻生財務大臣に対して辞職を申し出て、ご了解をいただいたところであります。私のことで、ご迷惑をおかけしたすべての方に、おわびを申し上げたいと思います。

--セクハラ疑惑として報道された音声は自身のものと認めるか

 自分の声は自分の体を通じて聞くので、録音された音声が自分のものかよくわからないので、そう申し上げました。ただ、福田の声に聞こえる、という声が多数あることは知っています。

--(報じられた女性記者との)会合の記憶は

 ここにおられるのも財研(財務省の記者クラブ)の方が多いと思いますが、新聞記者の人とは、男女問わず、というか、財研の人は男性記者が多いので、まあ男性記者を中心に会合を持っていることはある。で、まあ一対一の会合をもつこともある。ただし、あんな発言はない。

--当時の記憶はない

 あの当時とはいつ?。あんなひどい会話をした記憶はありません。

--接客業の人に対してともとれるコメントだったが

 わかりません。自分の行動について、一般的に正直に官房長に申し上げた。あの記事がそういうものかどうかわかりません。

--あの記事(に書かれていること)は記憶にない

 そうじゃなくて、接客業の人と話すことはある。一般論で申し上げている。そのことが、あの記事のもとになっていると言ってるつもりはありません。

--自身の会話かどうか覚えているのでは

 いろんな人といろんな会話をする。しかも、(録音が)会話のすべてを順番にとっているふうにも思えない。

--辞任の理由は、騒がせたこと。セクハラは認めない?

 報道が出ること自体、不徳の致すところ。本日の状況をみると、私に関するいろんな議論が、職務を遂行する上で問題になっており、そういう状況では職責を全うすることはできないと判断した。

--女性(記者)に名乗り出るよう呼びかける手法に批判が出ている

 担当者が、こういう問題の処理の専門家に聞いて、被害者の方にも聞くんだというので、ああいう整理をしたのではないか。

--(対応するのが)財務省の顧問弁護士というのは公正ではないのでは

 私自身は取り調べを受けているほう。この調べ方の対象になるので、こういう調べ方で行きましょうということについて、そんなに意見を申し上げたわけではない。財務省なりに、こういう時は両方から調べるのが普通であると研究した上で提案したと理解している。

--辞任の理由として森友問題は関係ない?

 あらゆることに責任がありますので、個別のある問題は関係ないというのはまじめな態度ではないので、何とも言えない。直接の原因は、私の報道をきっかけとする現在の状況が今の仕事を続けることができない状況を作ってしまった。そう大臣に申し上げました。