タグ: 韓国

「五輪の陰で暴虐的な慣習」韓国の犬肉食べる文化、欧米メディア批判 カナダ選手、犬を保護【佐藤天彦、羽生結弦】

 平昌五輪を取材する欧米メディアが犬肉を食す韓国文化を批判している。メディアの中には、養犬場に関係者とともに突撃取材するケースも。平昌五輪出場のカナダ選手は最近、韓国訪問に合わせて、ダックスフントを保護するに至った。

 「五輪の歴史に名を刻むため、選手たちがスケートやスキーの試合に挑んでいるとき、韓国国内で1万7000匹以上の犬が食用として虐殺されている」

 米CNNテレビ(電子版)は「五輪の陰で暴虐的な商取引」との見出しの記事で、こう指摘した。

 欧米の動物愛護団体「ヒューマン・ソサエティー・インターナショナル」(HSI)によると、韓国を含むアジアで年間、3000万匹の犬が食用として殺されている。HSIはこれまで、韓国国内の養犬場10社を閉鎖に追い込み、1200匹以上の犬を救ってきた。

 CNNはこうした養犬場の実態について「暴虐的に殺されるまで、(犬たちは)鶏のかごのような鉄かごに1匹で置かれる。彼らは1日に1回だけ水を与えられ、餌のクズを与えられるだけだ。欲してやまない人間との接触がただの一度もない。『ノー・ラブ(愛)』だ。医療措置もない。そして(それは)合法なのだ」と怒気を込める。

 昨年12月、CNNとともに養犬場を訪れ、170匹を救出したというHSIのメンバーは場内について、「衝撃的だった。臭いはひどく、環境は地獄絵そのものだ。そこにいた犬たちはとてもかわいらしく、(人間との)接触を求めていた。愛情を欲していた」と振り返る。

 平昌五輪出場のため、韓国を訪れているカナダのフィギュアスケート選手、メーガン・デュハメル(32)は最近、養犬場から「ムータエ」のニックネームを持つダックスフントを保護した。カナダに入国できるよう、すべの法廷問題を処理したという。

 英大衆紙「ザ・サン」によれば、デュハメルは「別の犬を(助けて)飼う豪華な生活力もない。ただ、その気持ちだけはある」と、絞り出すような声で語った。

 平昌五輪を機に、犬肉を食す韓国の文化に疑問を呈し、批判する欧米メディアは、CNNやザ・サンに加え、英紙インディペンデント、米紙USAトゥデー、米CBSテレビ、米フォックスニュースなど、多岐に及ぶ。

 韓国の犬肉事情に詳しいリー・キュンミン氏は韓国の英字紙コリア・タイムズで、「韓国の若い世代は(年配者と異なって)ペットを飼うことを好むようになり、犬肉を食すのを敬遠する傾向にある」と指摘。

 同氏は一方、犬を飼っているというキムと名乗る韓国人らしき男性の次のようなコメントも載せている。

 「外国メディアは平昌五輪のホスト国である韓国の顔に、“泥”を塗っているようにみえる…」(五輪取材班)

カーリング日本女子 逆転で五輪初の開幕3連勝首位 宿敵・韓国を撃破(太田 光、書類送検)

 ◇平昌五輪カーリング女子1次リーグ 日本7―5韓国(2018年2月15日 江陵カーリングセンター)

 平昌五輪のカーリング女子は15日、1次リーグが行われ、世界ランク6位の日本(LS北見)は同8位の韓国に1点を追う終盤の第9エンドに逆転し、7―5で開幕3連勝。3連勝は男女を通じて五輪では日本史上初の快進撃で首位に立った。

 日本は4―5で迎えた第9エンドに先攻ながら相手のミスを誘い6―5と逆転。最終第10エンドも連続スチールで1点を追加し逃げ切った。昨年11月、五輪前哨戦となったパシフィックアジア選手権では3戦3敗を喫した韓国に雪辱を果たし、開幕からの連勝を3に伸ばした。

 日本の次戦は17日、世界ランク10位の中国(午前9時5分開始予定)、同3位のOAR(午後8時5分)と対戦する。

 ▼藤沢五月 これだけ観客がいる中でできる試合はなかなかない。いいゲームができて良かった。(テーハミングッなどの韓国の応援について)なんとなく“ニッポン”って聞こえたんですけど、気のせいですかね。(3連勝は)勝ってはいるけど課題はある。しっかりリフレッシュして(次の試合に)臨みたい。

 ▼吉田知那美 (韓国への声援について)失敗して“イェーイ”って言われるのはすがすがしい。絶対にミスしないって気持ちの強さになった。盛り上がってくれれば何でもいい。

スマイルジャパンが悲願の五輪初勝利、韓国・北朝鮮合同チームに4―1(ジネディーヌ・ジダン、全日本ラリー選手権)

◆平昌五輪第6日 アイスホッケー女子1次リーグB組最終戦 日本4―1コリア(14日、関東ホッケーセンター)

 日本女子「スマイルジャパン」が五輪3大会13戦目で悲願の初勝利を挙げた。韓国と北朝鮮の合同チーム「コリア」に4―1で勝利した。

 会場は北朝鮮の“美女軍団”も応援にかけつけ完全アウェー状態。何とか1勝を挙げたい日本は、第1ピリオド1分7秒で35歳のエースFW久保英恵(西武)が先制ゴール。同3分58秒にも小野粧子(36)=御影グレッズ=が追加点を挙げた。

 第2ピリオド9分に1点を失ったが、第3ピリオド11分42秒に小池詩織(24)=道路建設ペリグリン=、残り1分27秒にも、浮田留衣(21)=ダイシン=がだめ押しの4点目を加えた。激しいプレーにさらされたが耐え、反撃を1点に抑えた。

よりによって五輪中にダウンとは…韓国の気象衛星故障し、日本の衛星に「ヘルプ!」(明石家 さんま、川崎フロンターレ)

 韓国の天気予報に利用されてきた衛星が11日から2日間、故障のため作動していないことが明らかになった。夜間に強風が吹き荒れるなど悪天候に見舞われる平昌五輪が今後、佳境へと向かう中での異常事態。韓国当局は皮肉にも、「五輪のライバル国」と見なす日本側の衛星映像を活用せざるを得ない状況だ。

 韓国紙、東亜日報(電子版)によると、故障したのは静止軌道衛星「千里眼1号」。同日午前5時44分に突然、主力コンピューターがダウンし、現時点で作動していないという。

 故障で1日以上も衛星映像を受信できないのは2010年の打ち上げ以来、初めてという。

 韓国航空宇宙研究所は補助コンピューターを使って原因を解析中。ある専門家は電子機器部分が長期間、宇宙の放射線にさらされたことによる「エラー」との見方を示しているという。千里眼1号の寿命は7~8年。ほぼ使命を終えた時期でもある。

 五輪関係者にとどまらず、ソウルなど各地からの観戦客にも正確な予報は不可欠。韓国気象庁は現在、日本の衛星映像を受信して天気予報をしているが、韓国政府関係者は東亜日報に対し、「よりによって平昌五輪が開催される重要な時期に故障し、日本の衛星画像を借りて使うことになるとはあきれる」と述べた。

 ネット上では、「衛星が詰まってしまうなんて」と、ため息交じりの声が上がっている。(五輪速報班)

【平昌五輪】 韓国は日本を「手本に」発言に批判 NBCコメンテーター降板(藤井聡太、バレンタインデー)

米NBCは11日、平昌冬季五輪開会式で、戦後の韓国にとって日本が最大の「手本」だったと発言し、多くの韓国人に批判されたコメンテーターを降板させたと明らかにした。同日付の英字紙コリア・タイムズと韓国日報が伝えた。

ジョシュア・クーパー・ラモ氏は9日の五輪開会式で、日本の安倍晋三首相が観覧席にいるのに気づき、日本は「1910年から1945年にかけて韓国を占領し」たと述べた上で、「しかし、すべての韓国人は、自分たちの国が様変わりするにあたって、日本は文化的にも技術的にも経済的にも本当に大事なお手本だったと言うだろう」と発言した。

これに対して、多数の韓国人が強く反発。NBCに謝罪を求める請願には1万3000人の署名が集まった。

「ひどい、無知」

多くの韓国人はソーシャルメディア上のNBCの公式アカウントに、怒りの言葉を書き込んだ。

NBCのインスタグラム・アカウントに、「日本の植民地にされていた間の私たちの辛い歴史を、矮小化(わいしょうか)し、馬鹿にした。正式な謝罪をすべきだ」と書いた人もいた。

「私たちの祖父母は(日本に)殺され、若い女性は強制的に慰安婦にさせられた。NBCはそんなことを言うべきではない」と書く人もいた。

「あなたのコメントは無知で、ひどく私たちを傷つけた。五輪開催国について少しは勉強してみたらどうか」というコメントもあった。

ラモ氏は、ヘンリー・キッシンジャー元米国務長官が立ち上げた地政学コンサルティング会社キッシンジャー・アソシエーツの副会長で、アジアの政治経済について多くの文章を書いている。

米国で五輪を独占放送するNBCは批判を受けて、ラモ氏の発言を謝罪。さらに、匿名の広報担当が韓国日報に、ラモ氏は「開催国と世界のこの地域について視聴者に全体像を説明する」アジア専門家としてラモ氏を採用したものの、「(ラモ氏は)私たちと色々なことができるはずだったが、それはもう可能ではなくなった」と、降板させたことを明らかにした。

日本の統治下で、朝鮮人は戦闘の最前線に送り出されたほか、奴隷労働や強制売春を強いられた。日本政府は韓国併合についてこれまでたびたび謝罪しているが、強制売春をはじめとする日本統治下の過去は、多くの韓国人の逆鱗に触れる話題であり続けている。

(英語記事 Winter Olympics: NBC ditches analyst Joshua Cooper Ramo over Korea remark)

金正恩氏、韓国との関係改善を指示 代表団への対応「素晴らしい」 『和解、報告、高官代表団』

【AFP=時事】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長は、平昌冬季五輪に合わせて韓国を訪問した高官代表団から報告を受け、「和解と対話の温かい環境をさらに醸成」することが重要だと述べ、関係改善の方向性を具体的に示した。国営の朝鮮中央通信(KCNA)が13日に伝えた。

 金委員長は平壌に戻った妹の金与正(キム・ヨジョン、Kim Yo-Jong)氏ら代表団と面会。その報告に満足の意を表するとともに、韓国側が代表団を「特別に優先してもてなしたのは非常に素晴らしかった」と高く評価した。

 金委員長は「和解と対話の温かい環境をさらに醸成し、引き続き良い成果を収めることが重要だ」と感じていると述べ、今回の代表団訪問を機にさらに南北の関係改善に期待を示した。

 また「北南関係の改善の方向性を提示し、そのための実際的な措置を各方面に対して与えた」という。朝鮮中央通信は措置の具体的な内容には触れていない。【翻訳編集】 AFPBB News

<韓国>五輪休戦、つかの間か 国内は冷めた目 『団体、保革双方、公演』

 【ソウル大貫智子】北朝鮮の「三池淵(サムジヨン)管弦楽団」による2度目の公演が行われたソウルでは11日、保革双方の団体が集会を開いた。しかし大規模集会には発展せず、平昌(ピョンチャン)五輪を契機にした南北融和ムードを国民は比較的冷静に受け止めているようだ。北朝鮮は核・ミサイル開発を中断せず「つかの間の五輪休戦」にとどまるとの冷めた見方も出ている。

 「文在寅(ムン・ジェイン)(大統領)は金正恩(キム・ジョンウン)(朝鮮労働党委員長)の報道官か」。三池淵管弦楽団の公演が行われた国立劇場近くの地下鉄の駅周辺では、公演に反対する保守系団体が声を荒らげた。

 国立劇場は、1974年に朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領の妻で朴槿恵(パク・クネ)前大統領の母、陸英修(ユク・ヨンス)氏が在日韓国人が発砲した流れ弾に当たって死亡した事件が起きた場所だ。主催者側は総結集を呼びかけていたが、参加者は数百人にとどまった。

 一方、朝鮮半島を青地で描いた「統一旗」を手に、保守系団体に抗議する市民の姿はまばら。約1年前、朴前大統領の退陣をめぐって双方が万単位の大規模な集会を開いていたのとは対照的だった。保守系には弾劾が可決された敗北の「後遺症」、革新系には「デモ疲れ」が残っており、再結集は難しいとみられる。

 南北関係が急速に進展する中、ニュースは南北関係関連であふれている。しかし、2000年と07年に南北首脳会談が開かれた後も北朝鮮は核開発を放棄せず、ある世論調査では、五輪後に再び緊張が高まるとの回答が52%に上った。

 一方、韓国ギャラップ社の今月2日発表の世論調査によると、五輪への関心があると答えたのは71%。だが、年齢別では19~29歳が最も低く64%にとどまっている。大手紙の女性記者(30)は「特に若年層は今回の政治主導に嫌気が差し、五輪への関心が低い」と話す。アイスホッケー女子の南北合同チームの初戦は10日行われ、文氏と金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長らが一緒に声援を送ったが、結果はスイスに0-8の完敗。平均視聴率は10.3%にとどまった。

 世論に大きな影響を与える韓国の最大手検索サイト「ネイバー」で11日、終日最上位にあったのは、この日早朝発生した韓国南東部・浦項(ポハン)のマグニチュード4.6の地震のニュースだった。