タグ: 驚異

二刀流も可能だった? 桑田真澄の驚異の打撃成績を振り返る【平成死亡遊戯】 《ニトウリュウ革命、トルネード旋風以来、野茂英雄》

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平がメジャーリーグを席巻している。

 投げては7回1安打無失点12Kの快投、打っては3試合連続アーチ。野茂英雄のトルネード旋風以来の、ニトウリュウ革命である。そう遠くない未来、逸材の二刀流挑戦が世界の野球界のスタンダードになるかもしれない。

 投げて、打って、試合に勝つ。一昔前の日本球界でも、そんな“エースは強打者”的な風潮があり、投手の通算打撃成績を見ると上位には昭和の大エースたちが並んでいる(もちろん圧倒的に先発登板数が多かったという時代的背景もあるが)。400勝投手の金田正一が通算38本塁打、310勝の別所毅彦が通算500安打、巨人V9時代のエース堀内恒夫は2年目の67年10月10日に「ノーヒットノーラン達成と3打席連続本塁打」という離れ業をやってのけた。

 ならば中5~6日ローテや分業制が確立しつつあった平成球界で“打撃のいい投手”と言えば誰を思い出すだろうか? 91年5月29日の近鉄戦でDH制を導入以来はじめて投手として本塁打を放ったドン・シュルジー(オリックス)、97年シーズンに3本塁打を放った圧倒的な飛距離を誇るバルビーノ・ガルベス(巨人)と、飲み屋で語ったら3時間はいけそうな懐かしの助っ人選手たちも捨てがたいが、やはり真っ先に名前が挙がるのは桑田真澄(巨人)だろう。

 PL学園時代は甲子園で清原和博の13本塁打に次ぐ、歴代2位タイの6本塁打を放った桑田はドラフト1位でプロ入り後、あまりの野球センスに野手転向が検討されるも投手に専念。三本柱の一角として通算173勝を記録したが、打者としても890打数192安打の打率.216、7本塁打、79打点という成績を残している。2年目の87年7月8日の広島戦ではプロ初完封勝利に自身のスリーランアーチで花を添えた19歳は、最優秀防御率のタイトルと沢村賞を受賞。以降、時代が平成に突入しても桑田は打てる投手として存在感を発揮していく。

 平成元年の89年はキャリアハイの17勝、年間20完投、249イニングと投げまくり、打っては86打数21安打の打率.244でチームの日本一に貢献(ちなみにこの年20勝を挙げたチームメイトの斎藤雅樹も打撃には定評があった)。自身でもピークと公言する94年は14勝を挙げ、“10.8決戦”の胴上げ投手となりMVPにも輝き、73打数21安打の打率.288、OPS.689という、今の巨人打線なら普通に6番打者も務まりそうな強打者ぶりである。

ハサミムシの羽、「ミウラ折り」を超え人工衛星に応用!? 驚異の折り畳み法を解明【国防省、熊本県民テレビ】

 人工衛星に搭載された太陽電池パネルやアンテナなどは、小さく畳んだ状態でロケットで打ち上げ、上空で宇宙飛行士らの助けなしに自動で広げなければならない。これまでよりスムーズな展開が可能で、開いた後の固定も簡単にできる新しい折り畳み方を、スイス連邦工科大学チューリヒ校(ETHZ)などのチームがハサミムシの羽をヒントに生み出した。論文は米科学誌サイエンスに掲載された。

 ■日本が元祖

 人工衛星のアンテナなどの折り畳み方として、旧文部省宇宙科学研究所の教授だった三浦公亮さんが考案した「ミウラ折り」が有名だ。平面をまっすぐな縦横の格子で折るのではなく、ジグザグな線に沿って折ることで、折り目が重ならないように小さく畳め、一部を引っ張れば全体が蛇腹のように簡単に伸び縮みするしくみだ。

 宇宙研などが1995年に打ち上げた科学衛星「宇宙実験・観測フリーフライヤ」で技術の有用性が実証された。一部の持ち歩き用の地図などでも採用されている。

 一方、ETHZのチームは欧州などに生息する「ヨーロッパハサミムシ」の羽の機能を調べた。ヨーロッパハサミムシは飛ぶことができ、農業害虫として忌み嫌われている。観察の結果、羽をスムーズに出し入れできることと、飛んでいる最中はしっかりと羽にロックがかかっているという本来なら相反する2つの条件を両立していることを見つけた。

 このハサミムシの羽が持つ機能の理由について調べたところ、羽全体にわたって分布するタンパク質に秘密があった。折り目の内側にレシリンと呼ばれる弾性タンパク質が多く集まっており、これによって、山折りが重なる結合部を一気に谷折り側にカチッと反転させるなどの芸当をなしとげることができる。羽を広げたり、折り畳んだり自由にできる状態と、固定の状態を切り替えるスイッチとして使うのだ。

 ハサミムシは硬い羽の下にしまい込んだ軟らかい羽を広げて飛ぶ。普段は、広げたときの約10分の1のサイズにまで折り畳んでいる。研究チームが、もしもこの弾性タンパク質がなく通常の折り紙であったと仮定し、同じ時間でどれだけ折り畳めるかを実験したところ、3分の1程度にとどまり、弾性タンパク質の役割が大きいことが分かった。

 ■高速で展開しロックできる

 これらの研究成果をもとに、3Dプリンターで、弾性ゴムを結合部に使用したミウラ折りのシートを作製した。状態が切り替わる時間はわずか80ミリ秒で、食中植物のハエトリグサやタヌキモが獲物を捕まえる時間に相当したという。

 またチームでは、この成果を元に、閉じたときにものをつかむことができる「スプリング折り紙グリッパー」を作製。開いたときと、つかんだときそれぞれの状態で固定できることが確かめられた。つかんだ状態では、自分の重さ程度のものを支えることも確認できた。

 チームは、このバネのような機構を従来の「折り紙技術」に加えることで、高速展開やあらかじめプログラム可能な自動ロックなどの機能を導入できるとみている。具体的には、折り畳み式の電子機器やテント、地図、収納機構を持つ荷物などに応用できるとみている。また、宇宙開発の分野で利用すれば、打ち上げのためのロケットのスペースや重量、エネルギーを低減でき、広がったアンテナを固定するための余計な駆動機構や器具が不要になる可能性があるとしている。(科学部 原田成樹)

藤井六段、最年少七段昇段へ王手! 驚異の今年3度目昇段に前進【愛媛県、モハメド・サラー】

 将棋の最年少棋士、藤井聡太六段(15)が10日、東京都渋谷区の将棋会館で指された竜王戦5組ランキング戦準々決勝で阿部光瑠六段(23)と対戦し、136手で勝利を収め準決勝に進出した。規定により、竜王戦での連続昇級による七段昇段に王手をかけた。

 将棋界最高峰のタイトルである竜王戦の予選で、出場棋士は決勝トーナメントへの出場枠が異なる1~6組に分かれてトーナメントを戦う。藤井は昨期6組ランキング戦で優勝し、5組に昇級した。今期も次の準決勝に勝って決勝に進めば、来期4組への昇級が決定。棋士昇段規定の七段昇段条件「竜王戦ランキング戦連続昇級」を満たし、加藤一二三・九段(78)の17歳3カ月を上回る史上最年少で七段に昇段する。準決勝の相手は船江恒平六段(30)と石井健太郎五段(25)の勝者(13日に対戦)で、対局日は5月上旬ごろになる見込み。

 対局後「序盤で形勢を損ねてしまい、苦しかった。その後の実戦もミスが出てしまって、最後の最後まで分からない勝負だった」とコメント。今後への意気込みについて「ベスト4まできたので、本戦を目指して頑張りたい」と語った。

 藤井は2月1日の順位戦でC級1組昇級を決め、中学生として初めて五段に昇段。同月17日に朝日杯オープン戦で一般棋戦初優勝を果たし、史上最年少で六段に昇段した。驚異的なスピードで将棋界の階段を上り続けている藤井が、早くも今年3度目の昇段に大きく近づいた。

『金スマ』YOSHIKI特集が、驚異の視聴率を記録! 壮絶な半生に大反響【中華人民共和国、世界まる見え!テレビ特捜部】

3月30日に放送された、TBS『金スマ波瀾万丈スペシャルYOSHIKI』の視聴率が平均15.3%を記録、さらに瞬間最高視聴率はなんと驚異の19.7%で他局横並びダントツの1位だったことがわかった。

【裏番組平均視聴率】
NTV:プロ野球~金曜ロードSHOW!「るろうに剣心京都大火編」6.0%
EX:「関ジャニ∞のTheモーツァルト音楽王No.1決定戦」~「報道ステーション」9.3%
TX:ドラマ「ミッドナイトジャーナル」6.8%
CX:「さんまの東大方程式特番」~「ダウンタウンなう」7.4%
NHK:「ニュースウォッチ9」~「大谷翔平スペシャル」7.2%

また、番組開始と同時に、SNSのトレンドワードも次々とランクインし、

「存在自体が奇跡」
「この人は本当に存在していたんだ」

などとコメントが殺到し、前代未聞のYOSHIKI独占状態となった。

この日の2時間15分のスペシャルでは、本人のインタビューと共に、知られざるYOSHIKIの半生を特集。彼が歩んできた壮絶な道のりには大きな反響があり、

「YOSHIKIの話を聞いて死んだらダメだって思った。生きててよかった」
「YOSHIKIの言葉が、あまりにも心の中にダイレクトに入り込んできて涙腺が崩壊した」
「それでも前に進み続ける貴方の強さを心から尊敬しています」

などのコメントがSNS上に殺到。週末にはニュースにもなった。

昨年末、前回帰国時に出演したバラエティ番組のいずれもが軒並み高視聴率を記録しており、昨年12月の日本テレビ『しゃべくり007』YOSHIKI登場時には瞬間最高視聴率21.6%、年明け元旦放送の朝日放送『芸能人格付けチェック』では19.6%(平均視聴率)という放送開始以来、最高の視聴率を記録。その後もTBS『マツコの知らない世界』では15.9%(瞬間最高視聴率)と、やはりYOSHIKI出演番組への注目度は非常に高いことがうかがえる。

涙を流しながらピアノを演奏するYOSHIKIがあまりにも印象的だった、番組後半の「MIRACLE」と「ENDLESS RAIN」のパフォーマンスシーンは、高い視聴率をマークした中のひとつ。

そして、それと同時に、

「ピアノ演奏で見せた涙が美しすぎて、時間が止まった」
「衝撃が走った」
「この曲、涙が出る」

と、ネット上をざわつかせたもうひとつの楽曲が、YOSHIKIが1999年天皇陛下御即位10年の奉祝曲として作曲し、皇居前広場で行われた祝賀式典で演奏された「Anniversary」。

YOSHIKIファンにとってはよく知られた名曲であり、ファンじゃなくとも当時の報道番組で式典の様子を目にした人も多いだろう。

「Anniversary」は、X JAPANの解散後、もう音楽をやめようと失意のどん底にいたYOSHIKIが、「自分の居場所はやっぱりここなんだ」と、もう一度ステージに戻ろうと思うきっかけとなった楽曲として、番組内でも当時の映像と共に紹介されたのだが、8分間に渡るその壮大なピアノ協奏曲に対して「素晴らしい」と、絶賛の声がいまだ後を絶たない状態だという。

これらのYOSHIKIが生み出す曲の裏にあった、苦悩の半生。これだけ人の心を打つ曲がなぜ生まれるのか、番組を観た多くの視聴者はそれを肌で感じることができたのではないだろうか。

YOSHIKIはこのあと、米国・カリフォルニア州で開催される世界最大規模の野外フェス『コーチェラ・フェスティバル』への出演、応募が殺到し急遽追加公演を発表した自身初となるディナーショー連続7公演、異例のX JAPAN復活10周年記念Zepp公演およびライブビューイングと、次々とコンサートの予定が発表。快進撃を続けるYOSHIKIの活動から目が離せない。

イベント情報
EVENING WITH YOSHIKI 2018 IN TOKYO JAPAN 4DAYS 5TH YEAR ANNIVERSARY SPECIAL
07/13(金) 東京・グランド・ハイアット東京 ボールルーム
07/14(土) 東京・グランド・ハイアット東京 ボールルーム
07/15(日) 東京・グランド・ハイアット東京 ボールルーム
07/16(月・祝) 東京・グランド・ハイアット東京 ボールルーム

BREAKFAST (LUNCH) WITH YOSHIKI 2018 IN TOKYO JAPAN 3DAYS 5TH YEAR ANNIVERSARY SPECIAL ~YOSHIKIと朝食を~」
07/14(土)東京・グランド・ハイアット東京 ボールルーム
07/15(日)東京・グランド・ハイアット東京 ボールルーム
07/16(月・祝)東京・グランド・ハイアット東京 ボールルーム

YOSHIKI OFFICIAL WEBSITE
http://www.yoshiki.net/

X JAPAN OFFICIAL WEBSITE
http://xjapan.com/