タグ: 20年

なぜ復活?「オー人事、オー人事」 20年経てテレビCM公開、過去との違いは? スタッフサービスに聞く【長官、行列のできる法律相談所】

 チャイコフスキーの「弦楽セレナーデ」の旋律に合わせて流れるフレーズ「オー人事、オー人事」。かつて話題になったスタッフサービス(本社・東京都)のテレビCMです。先週金曜日から新バージョンの放送が始まったのですが、なぜ復活させることになったのでしょうか? 担当者に話を聞きました。

眞子さまの結婚延期=新天皇即位後の20年に―「準備の時間ない」・宮内庁【眞子内親王、秋篠宮】

 宮内庁は6日、秋篠宮家の長女眞子さま(26)と大学時代の同級生で法律事務所勤務の小室圭さん(26)との結婚関係儀式が延期になったと発表した。

 来年は天皇の代替わりに伴う行事があることを考慮し、2020年になる見込み。

 二人は昨年9月に婚約が内定し、そろって記者会見。今年3月4日、一般の結納に当たる「納采の儀」で婚約が正式決定し、11月4日に東京都内で結婚式を挙げる予定だった。

 延期に伴い、眞子さまは宮内庁を通じ、所感を文書で公表。「結婚までに行う諸行事や結婚後の生活について、充分な準備を行う時間的余裕がない」と理由を説明された。

 来年は天皇陛下の退位と新天皇の即位に伴い、「即位の礼」や「大嘗祭」などの一連の儀式が行われることから、秋篠宮ご夫妻ら関係者と相談の上、二人で20年への延期を決め、天皇、皇后両陛下にも報告したという。

 その上で、「私たちの結婚に快く協力してくださっている方々に多大なご迷惑とさらなるご負担をおかけすることとなり、大変申し訳なく思っております」と記した。

 6日に記者会見した宮内庁の加地隆治宮務主管は「お二人のご結婚のご意思は変わらない」と説明。小室さんの母親の金銭問題をめぐる週刊誌報道の影響は否定した。結婚関係儀式の今後の日程は改めて発表する。 

眞子さまの結婚延期=新天皇即位後の20年に―「準備の時間ない」・宮内庁【明日に架ける橋、ニューヨーク証券取引所】

 宮内庁は6日、秋篠宮家の長女眞子さま(26)と大学時代の同級生で法律事務所勤務の小室圭さん(26)との結婚関係儀式が延期になったと発表した。

 来年は天皇の代替わりに伴う行事があることを考慮し、2020年になる見込み。

 二人は昨年9月に婚約が内定し、そろって記者会見。今年3月4日、一般の結納に当たる「納采の儀」で婚約が正式決定し、11月4日に東京都内で結婚式を挙げる予定だった。

 延期に伴い、眞子さまは宮内庁を通じ、所感を文書で公表。「結婚までに行う諸行事や結婚後の生活について、充分な準備を行う時間的余裕がない」と理由を説明された。

 来年は天皇陛下の退位と新天皇の即位に伴い、「即位の礼」や「大嘗祭」などの一連の儀式が行われることから、秋篠宮ご夫妻ら関係者と相談の上、二人で20年への延期を決め、天皇、皇后両陛下にも報告したという。

 その上で、「私たちの結婚に快く協力してくださっている方々に多大なご迷惑とさらなるご負担をおかけすることとなり、大変申し訳なく思っております」と記した。

 6日に記者会見した宮内庁の加地隆治宮務主管は「お二人のご結婚のご意思は変わらない」と説明。小室さんの母親の金銭問題をめぐる週刊誌報道の影響は否定した。結婚関係儀式の今後の日程は改めて発表する。 

眞子さまの結婚延期=新天皇即位後の20年に―「準備の時間ない」・宮内庁 『延期、結婚関係儀式、小室圭』

 宮内庁は6日、秋篠宮家の長女眞子さま(26)と大学時代の同級生で法律事務所勤務の小室圭さん(26)との結婚関係儀式が延期になったと発表した。

 来年は天皇の代替わりに伴う行事があることを考慮し、2020年になる見込み。

 二人は昨年9月に婚約が内定し、そろって記者会見。今年3月4日、一般の結納に当たる「納采の儀」で婚約が正式決定し、11月4日に東京都内で結婚式を挙げる予定だった。

 延期に伴い、眞子さまは宮内庁を通じ、所感を文書で公表。「結婚までに行う諸行事や結婚後の生活について、充分な準備を行う時間的余裕がない」と理由を説明された。

 来年は天皇陛下の退位と新天皇の即位に伴い、「即位の礼」や「大嘗祭」などの一連の儀式が行われることから、秋篠宮ご夫妻ら関係者と相談の上、二人で20年への延期を決め、天皇、皇后両陛下にも報告したという。

 その上で、「私たちの結婚に快く協力してくださっている方々に多大なご迷惑とさらなるご負担をおかけすることとなり、大変申し訳なく思っております」と記した。

 6日に記者会見した宮内庁の加地隆治宮務主管は「お二人のご結婚のご意思は変わらない」と説明。小室さんの母親の金銭問題をめぐる週刊誌報道の影響は否定した。結婚関係儀式の今後の日程は改めて発表する。 

逆行する日本…「20年経った」として韓国人被爆者の賠償請求訴訟を棄却 「除斥期間経過、日本政府、敗訴判決」

 日本の裁判所が、広島と長崎で原爆によって被爆した韓国人らの遺族たちが起こした損害賠償訴訟について敗訴判決を下した。日本政府は昨年から「除斥期間経過」を突然主張して出たが、日本の裁判所がこの主張を初めて受け入れた。

 大阪地方裁判所は31日、1975~95年に死亡した「在外被爆者」らの遺族約150人が日本政府を対象に起こした損害賠償訴訟で「在外被爆者が死亡してから20年が経ったので、遺族の損害賠償請求を棄却する」という判決を下した。「在外被爆者」とは、日本に住んでいない原爆被害者を意味する言葉であり、日帝時代に徴用などで広島と長崎に連れてこられ原爆により被爆した韓国人たちが多くを占める。

 日本政府は2次大戦敗戦後の1957年3月、原爆被爆者たちの治療を支援するための「原子爆弾被爆者の医療等に関する法律」を制定したが、1974年から医療費の支援対象(月約3万4千円)を「日本に住んでいる人」に限定した。同じ被爆者だが解放後に韓国に帰った韓国人たちは、事実上支援対象から除外された。この処置は2003年まで続いた。

 日本政府の差別的処置に対する韓国人原爆被害者と、彼らを支援する市民団体の闘争が数十年間続き、日本の最高裁判所は2007年、日本政府が韓国人原爆被害者と遺族に1人当たり120万円ずつ賠償するよう判決を下した。この判決以来、日本政府は原爆被爆の事実が立証さえされれば、裁判上の和解を通じて損害賠償に応じた。日本政府は2016年9月まで約6千人と和解し、損害賠償を行った。

 しかし、日本政府は昨年急に、民法上の不法行為が行われた時点から20年が過ぎれば損害賠償請求権が消滅するという除斥期間の規定を主張し、和解を拒否し始めた。日本政府は当時、いきなりこのような主張をし出したことについて「除斥期間経過を認識したのは(今年)の春だった」と釈明した。遺族らが「(死亡して)20年が過ぎたといって、国家が賠償責任から逃れたというのは著しく正義に反する」と反発したが、除斥期間の主張を曲げなかった。

 大阪地方裁判所は31日、除斥期間は経過したが和解を通じて賠償を受けた人々がすでにいるという点については「政府が不注意だった」としながらも、「(日本政府の除斥期間の主張が)公平性に反するということはできない」と判決を下した。日本の裁判所が韓国人被爆者遺族との和解を拒否する日本政府の方針を追認した格好になった。似たような裁判が広島と長崎でも進行中であり、影響を及ぼす可能性が高い。

 日本政府が突然、除斥期間経過を主張した背景には、安倍晋三政権が発足して急激になった日本社会の右傾化と韓日関係の悪化があるものとみられる。読売新聞は31日、日本政府が2022年から実施する新たな高校学習指導要領に領土と安保を教育する「公共」を公民(一般社会)分野の必須科目として新設することにしたと報道した。公共科目は「さまざまな選択・判断をする時に活用される概念と理論、公共的な空間に対する基本的な原則を理解するための科目」であり、ここで「公共的な空間」とは領土を意味する。独島(日本名・竹島)と尖閣諸島(中国名・釣魚島)など、日本が周辺諸国と領土紛争中であったり領土紛争を狙う地域が「日本領土」だという主張を、生徒たちにもっと強く教育させる意図とみられる。

東京/チョ・ギウォン特派員(お問い合わせ japan@hani.co.kr )

再生可能エネルギー、発電コストで20年までに化石燃料より優位に(忍法、真木 よう子)

【AFP=時事】近い将来、陸上風力および太陽光発電が化石燃料による火力発電よりも安価に電力を供給できる見通しであるとする内容の報告書が今月、発表された。報告書は、他の環境保全技術も急速にコストの面で優位性を得てきているとしている。

 国際再生可能エネルギー機関(IRENA)が新たに実施したコスト分析によると、2年以内に「現在商業利用されているすべての再生可能エネルギー発電技術が、化石燃料による火力発電の価格帯で発電できるようになり、そのほとんどが火力発電の低価格帯並か、それよりも安い価格で発電できるようになる見込み」という。

 化石燃料による火力発電の現在のコストは1キロワット時あたり5~17セント(約5~18円)なのに対し、IRENAは、再生可能エネルギー発電のコストについて2020年までに1キロワット時あたり3~10セント(約3~11円)になると予想している。

 コストが下がる要因は持続的な技術の進歩だけではない。以前よりも数多くの経験豊富な業者らが参入し、市場の競争が激化していることもその理由として挙げられる。

 最も効率的な陸上風力および太陽光発電は、来年までに(1キロワット時あたり)3セント未満で電力供給できるようになる見通しだ。

 急速に競争力が高まっているのは陸上風力や太陽光発電だけではない。2017年に稼働したバイオエネルギーや地熱を使った新たな発電でも、世界の加重平均コストは1キロワット時あたり7セント(約8円)前後となっている。【翻訳編集】 AFPBB News