タグ: 2019年モデル

スバル「WRX STI」米国仕様、2019年モデルでパワーが向上!?(学力、漫才)

米国に導入されて以来、スバル「WRX STI」の最高出力は300hp前後をキープしていた。2000年代初期には世界的に誇れるものだったが、2018年モデルの2.5リッター・ターボチャージド水平対向4気筒エンジンの発揮する最高出力305hp/6,000rpmは、もはや特筆するほどの数値ではない。だが、自動車情報サイト『The Truth About Cars』によれば、もうすぐこれがわずかに向上するらしい。米国道路交通安全局(NHTSA)の届出内容を見ると、2019年モデルのWRX STIは、限定モデルの「WRX STI TYPE RA」と同じ最高出力310hpとなっていることが判明したというのだ。

5万ドル(約540万円)近い価格が付けられた500台限定生産のTYPE RAに、そこまでの金額を払うほどの価値がないと思った人もいるだろう。それより1万ドル以上安い標準モデルのWRX STIも、少なくともパワーの数字は同等になる。現状比5hpアップの310hpは、292hpのフォルクスワーゲン「ゴルフ R」(日本仕様は310ps)や、306hpのホンダ「シビック TYPE R」(日本仕様は320ps)よりは上だが、フォード「フォーカス RS」の350hpにはほど遠い。NHTSAの届出によると、STIでないスバル「WRX」についてはパワーが向上するということは記されていないようだ。

ちなみに日本の読者ならよくご存知の通り、日本仕様のWRX STIは米国仕様より500cc少ない排気量で308ps/6,400rpmとなっている。最大トルクは米国仕様の2.5リッターEJ25型エンジンが40.1kgm/4,000rpmであるのに対し、日本仕様のツインスクロールターボを採用する2.0リッターEJ20型エンジンは43.0kgm/4,400rpmだ。

今となっては5hpの向上を喜ばしく思う気持ちよりも、次世代型WRX STIでは旧いEJシリーズの水平対向4気筒エンジンを捨て、よりモダンでパワフルなエンジンが搭載されることを願うばかりだ。ベースとなっている「インプレッサ」は2016年にフルモデルチェンジしたが、その派生パフォーマンス・モデルは通常、数年遅れてアップデートされる。ついでに次期型には再びハッチバックあるいはワゴンが設定されることも願おう。

By REESE COUNTS
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

シボレー、大きく顔が変わった「カマロ」の2019年モデルを発表! 新たに直列4気筒ターボ・モデルにも「1LE」パッケージを設定(滋賀県警察、札幌市)

6代目シボレー「カマロ」が発売されてから3年目に入り、シボレーはアップデートを施す時期だと感じたようだ。機械的に大きな変更はないものの、一般的なミッドサイクルのリフレッシュとは異なり、エクステリアは大幅に変更された。そして新しい仕様も追加された。

従来と同様に、新型も直列4気筒モデルとV6モデルは、V8を積む「カマロ SS」とはフロント・フェイスが異なる。しかも、両者ともロア・グリルだけでなくフロント全体が変更を受けた。イメージが大きく変わったのはカマロ SSの方で、ブラックのグリルがフロント全体に広がって見えるのが特徴だ。このデザインは、昨年公開された映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』に登場した「バンブルビー」とそっくりだ。グリル中央には追加のエアフローを担う”Flowtie”(フロータイ)が備わり、ボンネットにも機能的なエアベントが開けられている。

一方、直4モデルとV6モデルに加えられたアップデートはもう少し控えめで、フロント・グリルは上下に分割されたスタイルを維持しているが、アッパー・グリルは大きく拡げられ、その中央にはこれまでと同様にシボレーの”ボウタイ”エンブレムが付く。ヘッドランプの周囲からLEDシグネチャー・ライトが伸びているのは全バージョン共通だ。リアはそれほど大きな変更は見られないが、テールライトの形が変わり、バンパーにも若干の変更が加えられた。

さらに今回、直列4気筒ターボ・エンジン搭載モデルにも「1LE」パッケージが用意された。V6モデルの1LEやSSと基本的に同じ「FE3」サスペンションや、前245/40R20 、後275/35R20と前後で異なるサイズのタイヤ、ブレンボ製大径ブレーキを装備し、エンジン、トランスミッション、ディファレンシャルの冷却も高められている。また、アクセルペダルを戻さずにシフトできるノーリフト・シフティングとローンチ・コントロール、そして録音されたエンジン音を使って電気的にサウンドを増幅する機能も搭載している。エクステリアは他の1LEパッケージと同様、マットブラックのボンネットとアクセントが加えられる。

SSモデルも外観以外にいくつかのアップデートが施された。カマロ ZL1に設定されている「10L80」10速オートマチック・トランスミッションが選択可能となったほか、ローンチコントロールとラインロックが搭載された。後者はフォードの「マスタング」にも装備されている機能で、これがあれば簡単にバーンアウトできる。上位モデルのSSとZL1には、キャデラックのようなリアビューミラー・ディスプレイが採用された。これにより、カマロの巨大なCピラーによって生じる死角が多少緩和されることになる。

カマロ 2019年モデルの価格や発売時期についてはまだ発表されていないが、米国では今年末までに購入できるようになる予定だ。新しい「ターボ 1LE」モデルも他のカマロと同時に発売される。これは現行のV6エンジンを搭載する1LEモデルよりもさらに安くなると思われる。昨年、シボレーはV8モデルも含めカマロの価格を引き下げようとしているという噂を耳にした。これが本当かどうかは、もうしばらく待たなければ分からない。

By JOEL STOCKSDALE
翻訳:日本映像翻訳アカデミー