タグ: GT-R

ハチロク、GT-R…マニア垂涎の国産車をレンタカーに 外国人客にも人気 野田【予想、J2リーグ】

 ハチロク、GT-R、ランエボ、インプ-。一時代を彩った「スポーツカーの楽園」がある。レンタカー事業を手がける「はなぐるま」(野田市山崎)が運営する「おもしろレンタカー」だ。利用者の約半数が外国人であるほか、海外メディアにも多く取り上げられるなど、国内だけではなく世界からも注目が集まる。(長谷裕太)

 ◆部品確保に苦労

 「おもしろレンタカー 野田本店」の駐車場に並ぶのは、往年の名車から最新車まで約50台。ポルシェなどの外国車もあるが、人気の中心は日産スカイラインGT-R(BNR34)やトヨタ・スプリンタートレノ(AE86)などの国産スポーツカーの数々だ。

 同社はフランチャイズ経営も合わせた6店を運営、計約90台を保有している。全国でも数社しかないスポーツカーのレンタル業者の中でも、保有台数は最も多いという。

 「車を愛していながら、家族の都合などで手放してしまう人を見てきた」。同社代表の斉藤隆文さん(44)は、レンタカー事業立ち上げのきっかけをそう語る。元々は輸入車を中心とした中古車販売会社として平成12年に創業したが、5年ほど前からスポーツカーのレンタルに参入した。「気軽にスポーツカーの運転を楽しめる環境作りがしたい」。純粋な車への愛からアイデアが生まれた。

 最も手がかかるのが“整備”。発売から30年以上経っているスポーツカーもあり、メーカーが供給をやめた部品も珍しくない。斉藤さんは「部品を保有する会社や人を独自のツテで探す作業から始まる」と、その大変さを語る。「この手間は普通のレンタカー店ではできない大変な作業。自分たちだからできること」と自信をのぞかせる。

 ◆「映画を見て」

 スポーツカーの取り扱いを始めてすぐ、海外からの旅行者という意外な顧客層の注目を集めた。特に20~30代の若い顧客が多いという。「アニメ、ゲーム、映画などの影響で、日本車の知名度は想像以上に高い」と斉藤さんはその理由を分析する。香港などの海外メディアにも取り上げられたほか、車は撮影用としても人気が高い。

 取材に訪れたこの日も、オーストラリアから友人2人と日本旅行に訪れたというルーク・ケリーさん(23)が「ワイルドスピードシリーズ(日本車が多数登場する米映画)を見て、乗ってみたくなった」と、映画にも登場する名車を前に興奮気味に話していた。

 現在、同社は海外からの利用者に対応するため、英語版のホームページを作成。今後は各支店に英語のできるスタッフを常駐させていきたいとしている。

 「横浜など、もっと借りやすい場所にどんどん支店を増やしたい」と斉藤さんの夢は広がる。「日本のスポーツカー文化は世界に誇れる。世界の中でも日本でしか味わえない。この楽しみをどんどん広げていきたい」。創業当初からの思いは、現在まで続き、世界に広がる。

金銀「GT-R」のヒミツ 制作者・井澤孝彦さんに聞くその技術、制作背景、反響【ジェイ・ボスロイド、ポケットモンスター】

「東京オートサロン」や「大阪オートメッセ」、そして50年以上の歴史を持つ米国「SEMAショウ」など、世界の名だたるカスタムカーイベントで近年、注目を集めている日本人カスタムペインターが井澤孝彦さんです。

 筆者(加藤久美子:自動車ライター)が井澤さんの作品を初めて知ったのは、2016年11月の「SEMAショウ」でした。閉館時間となり、急ぎ足で巨大な会場を移動していたときのことです。ほかのブースはもう片付けを始めているタイミングでしたが、とあるブースににはまだ多くの来場者がいました。人々が取り囲んでいる先にあったのは金色の日産「GT-R」。自動車業界の末席に30年近く身を置く筆者ですが、それはいままで見たことがない車でした。

 近寄ってみると美しく繊細で立体的な装飾がボディ全体に施されています。「GT-R」はアメリカでも大人気のスポーツカーで、カスタムされた「GT-R」は「SEMAショウ」にも毎年多く出品されていますが、そこに展示されていた「GT-R」は明らかにほかとは別次元。圧倒的な存在感と強烈なインパクトを与えていました。

 黄金に光り輝く「GT-R」を作ったカスタムペインターである、奈良県在住の株式会社ROHAN代表 井澤孝彦さんに、お話を聞く機会を頂きましたのでご紹介します。

【大阪オートメッセ2018】まるで日産「GT-R」のセダン!? ラグジュアリーからスポーツに変身するエアロ登場!!【大阪市立総合医療センター、オランダ】

2018年2月10~12日にインテックス大阪でカー&カスタマイズモーターショーの大阪オートメッセ 2018が開催された。

会場では、最新のカスタマイズパーツを装着したデモカーが展示されていたが、まるで日産「GT-R」のセダンのように仕上げたられたカスタマイズカーが登場したのでご紹介しよう。

このモデルは、広島県のエヌパフォーマンスが、新たに正規輸入を開始するATIVUS社のエアロキットを装着した「ティアナ」だ。

「スカイライン GT-R」と言えば、ハコスカにセダンがあったが、その後はR33にセダンがラインナップされた以降クーペスタイルとなっている。

ティアナは、「セフィーロ」の後継モデルで、そのセフィーロはスカイラインの兄弟車ということで、FFではあるが、スカイライン GT-Rとは遠い親戚的なモデルだ。そのせいか、意外とGT-Rフェイスがマッチしている。

ラグジュアリー系なティアナだが、このエアロキットを装着することで、スポーツセダンスタイルに仕上げることが出来るのだ。

エアロキットは、フロントバンパー、エアロボンネット、フロントワイドフェンダー、サイドシルスポイラー、ルーフスポイラー、トランクスポイラー、リアオーバーフェンダー、リアバンパーがセットとなっており、おおよそ70万円程度(工賃・税別)で販売される予定とのことだ。

既にタイで販売されている同モデルでは大型のリアスポイラーが装着されているが、今回輸入されるモデルでは、控えめなトランクスポイラーに変更しているとのこと。

また、今後は今回のデモカーのようにコンピューターやマフラー、車高調、ヘッドライト加工、ルーフラッピング等の提供も予定されている。

このエアロキットは、ベース車両を持ち込んでのコンプリート販売となる予定なので、興味があるティアナはオーナーはご検討を。