タグ: SNS

ビール会社がジャマイカ・ボブスレーチームを救済。発端はSNS(将棋、朝日杯将棋オープン戦)

コーチの突然の辞任で使用ソリがなくなり出場が危ぶまれていたジャマイカの女子2人乗りのボブスレーチームに救世主が現れた。USAトゥデイやNBCスポーツなど複数の米国メディアが明らかにしたもので、ジャマイカの首都キングストンに本社を持つビール会社のレッドストライプが新しいソリの提供をジャマイカに持ちかけて、すでにチームは、そのソリを受け取ったという。

 ジャマイカは、ドイツ人のサンドラ・キリアシス・ドライバーコーチが突然、チームを離脱、チームは、同コーチの所有するラトビア製のソリを使用していたが、離脱と共に使うことができなくなり出場危機に追い込まれていた。
 NBCスポーツによると、そのニュースを見たレッドスプライプ社は、SNSのツイッターを使って支援を呼びかけ、ジャマイカサイドが反応。すぐさま交渉がスタートして、ジャマイカドルで、700万ドル相当、米国ドルで5万6000ドル(約610万円)での支援がまとまり、ジャマイカは、新しいソリを受け取ったという。

 ボブスレー協会のクリス・ストークス会長は、同紙に「レッドストライプ社からボブスレーを受け取った。彼らの誠意を受けて準備を進めている。チームは、すでに競技に出場する段階に入っており、精神的にも身体的にも準備を整えてスタートラインに立つというゴールへ向けて集中している」と語っている。

 同紙は、「ジャマイカチームは、五輪デビューの数日前(15日)にコーチとソリという1つのみならず2つの重要なものを失いかけた。だが、レッドストライプUSAが、彼女らを救った。ジャマイカボブスレーチームは五輪へ向けたトレーニングや準備が無駄でなかったと知り、安心して眠りにつくことができる」と伝えた。

 またUSAトゥデイもSNSでの発信が今回の支援の発端になったことを明らかにしている。

 SNSを使った支援で言えば、リオ五輪でサッカーのナイジェリアチームに資金難による移動費の不足や給料の未払いによるボイコット騒動が起きた際、高須クリニックの高須克弥院長が、SNSを使って支援を呼びかけて、実際に資金提供に発展したケースもある。

 ジャマイカチームは、当初、東京・大田区などの町工場がプロジェクトを組み製作にあたった「下町ボブスレー」のソリを使用する契約を結んでいたが、突然、この2月に契約を破棄。サンドラ・キリアシスコーチが所有するソリを使用していた。今回、同プロジェクトチームは、再度、「下町ボブスレー」のソリの無償提供を持ちかけていたが、ジャマイカチームは、レッドストライプ社側の支援にのっかったようだ。

 女子の2人乗りボブスレーは20日に行われる。

安藤美姫、怒涛のツイッター「フィギュア解説」 「テレビよりSNS向いている」と好感(2018年平昌オリンピック冬季競技大会、テレビ朝日)

 平昌冬季五輪が日本中を賑わせる中、元フィギュアスケート選手の安藤美姫さんのツイッターにも注目が集まっている。

 2018年2月16日、フィギュアスケート男子のショートプログラムが行われると、各選手の演技について140字以内にまとめた投稿を始め、解説が分かりやすいと話題になっているのだ。

■全選手30人を次々と解説 「愛に溢れてて涙」

 安藤さんは16日の11時頃、

  「平昌オリンピック2018 フィギュアスケート始まってます レベルや点数などまだわからない方もたくさんいらっしゃると思います! そんな方へ、フリースケーティングに向けてこんな見方もあるんだと思って頂けたら嬉しいです 是非参考にしてみてください」

と投稿すると、30人にも及ぶ選手の演技を1ツイートずつ、140字以内にまとめ、解説を始めた。

 細かな技術面へのコメントは控えめに、それぞれの選手の簡単なバックグラウンドや演技で注目した場所を解説しながら、実力を出し切れなかった選手へもネガティブなコメントはせず、はげますような言葉を添えている。

 特に注目を集めたのは、羽生結弦選手らが滑った最終グループの実況で、

  「25. 羽生結弦選手 最初 静かに始まりその余韻に浸りつつ繰り出された美しいジャンプ 表現されたスピン そして最後にかけてピアノの繊細で力強い旋律に乗せたステップ。 しいて言うならサルコウ(最初のジャンプ) はもっと流れるジャンプを持っている羽生選手。 でもこれはご愛嬌。 素晴らしい!!! 」

  「26. Nathan CHEN これがオリンピック。 う?ん、きっと1番納得がいかないのは選手本人。 今日のジャンプは軸が真っ直ぐとれていなかった印象。 それによって表現の面でも少し感情も入っていけていなかった印象。 フリーがあります。 フリーで彼らしい演技を」

などと、興奮気味の解説ツイートを投稿した。

 こうしたツイッターでの解説は好評で、ツイッターには

  「安藤美姫ちゃんの解説が愛に溢れてて涙」
  「文字で伝わる彼女の優しさと丁寧さ。 スケートファンもそれ以外の方にもみんなに見てもらいたい。絶対見た方がいい」
  「安藤ミキティの解説Twitterが素晴らしい」
  「安藤美姫さんのツイッター解説、チラッと見たけど分かりやすい!」

といった感想が相次いだ。

<米高校乱射>容疑者、SNSに「人撃ちたい」 「乱射事件、高校、銃弾」

 【パークランド(米南部フロリダ州)國枝すみれ】火災報知機の音に反応して校舎外に逃げ出した生徒らを、多数の銃弾が襲った--。米南部フロリダ州の高校で14日に発生した乱射事件で、ニコラス・クルーズ容疑者(19)は、火災報知機を作動させて生徒を外におびき出したうえで、乱射を始めたとみられている。容疑者が多数の生徒を標的にするために、周到に計画していた様子が浮かび上がる。

 「火災報知機が鳴ったので2階から1階に向けて階段を下り始めた。少し下ったところで報知機の音が止まり、1階の方から銃声が聞こえた」。女子生徒が事件当時の様子を米CNNテレビに振り返った。同州選出のネルソン上院議員(民主党)によると、クルーズ容疑者は発煙弾を所持して、火災報知機を作動させたうえで、逃げ出してきた生徒を狙い撃ったとみられる。また、容疑者自身は煙を吸わないようガスマスクを着用していたという。

 「学校で事件を起こすとすれば彼(クルーズ容疑者)だと冗談で言い合っていた」。容疑者を知る同校の生徒は地元メディアにこう語った。容疑者はソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に、銃や刃物を持った自身の写真のほか、「自分の半自動小銃で人を撃ちたい」などのコメントを投稿していた。

 別の生徒は米ABCテレビに対して、「容疑者が学校で銃を乱射すると語っていた」と証言。この生徒が注意すると、容疑者はすぐに謝罪したという。米メディアによると、容疑者が退学後、学校に対して何らかの脅迫をしていたとの情報もある。

 CNNテレビによると、容疑者は過去に養父母と暮らしていたが、10年以上前に養父、昨年には養母が死亡した。最近は友人の家族と一緒に暮らしていたという。また、周囲からは一人でいることが多い「孤独な人物」と見られていた。高校で先輩だった男性は「(容疑者は)とても物静かで奇妙な感じがする人物だった。狩猟が好きで軍に入隊する希望を持っていた」と語った。

<平昌五輪>韓国人からSNSで殺害脅迫まで…授賞台で大泣きしたキム・ブタン 「銅メダル、失格、チェ・ミンジョン」

2018年平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)ショートトラックで崔ミン禎(チェ・ミンジョン、20)の失格で銅メダルを獲得した後、韓国人からの悪質なコメントに苦しめられたキム・ブタン(24・カナダ)は授賞台で涙を爆発させた。

14日、江原道(カンウォンド)の平昌(ピョンチャン)オリンピック・メダルプラザでは、前日開かれたショートトラック女子500メートルに対するメダル授賞式が開かれた。同日、終始暗い表情で観衆を見つめていたブタンは、自分の名前が呼ばれると壇上に上がって涙をこぼし始めた。授賞式が進み、ファンの歓声が自分に向けられていることに気づいたブタンはその時になって初めて弱々しい笑顔を浮かべた。

一部では、銅メダルの喜びにもブタンが涙を流したのは一部の韓国ファンがブタンに向かって非難の声を高めたためだとしている。

前日、江陵(カンヌン)アイスアリーナで開かれたショートトラック女子500メートル決勝で、ブタンはレース後半に崔ミン禎と身体接触があった。これを審判陣が崔ミン禎の反則と宣言し、崔ミン禎が失格となり、ブタンの順位が3位に繰り上げられた。

この競技の後、ブタンのツイッターやインスタグラムなど個人SNSには数千件の悪質コメントが書き込まれた。一部のネットユーザーはブタンも崔ミン禎に対して反則を犯したと主張しながら、英語とハングルでブタンのSNSのコメント欄を埋め尽くした。中には殺害脅迫の内容もあったことが分かった。ブタンはこの一件で自分のSNSをすべて非公開に切り替えた。ついにブタンの安全のために、カナダ警察とオリンピック委員会などが調査を始める事態にまで発展した。

カナダCBC放送など現地メディアは14日、「劇的な銅メダルを首にかけたブタンは、韓国ネットユーザーから数千件の脅迫メッセージに苦しめられている」と報じた。実際、非公開にする前までブタンのSNSには「あなたはスポーツ選手でも人間でもない」「その汚い手を切り捨てろ」「引退しろ」など、ハングルと英語による攻撃的なコメントであふれた。

なんとか笑顔は見せたものの、ブタンは何のコメントも残さなかった。授賞式を終えた後、ミクストゾーン(共同取材区域)にやってきたブタンは、取材陣のインタビュー要請をすべて断り、弱々しい笑顔と「ノーサンキュー(No,Thank you)」という言葉だけを残して足早に立ち去った。

SNSを利用して10代の女性を誘拐した三重県の男を逮捕【佐川宣寿、マルコス・アオアス・コレア】

SNSを利用して誘い出した木曽郡内の10代の女性を誘拐したとして、三重県の男が逮捕されました。
未成年者誘拐の疑いで昨夜逮捕されたのは、三重県鈴鹿市の運転手・中村増幸容疑者46歳です。
警察の調べによりますと中村容疑者は今月10日ごろ、SNSを利用して誘い出した木曽郡内の10代の女性を車で誘拐した疑いが持たれています。
警察や消防が行方不明になった女性を探していたところ、おとといの午後女性から家族に「鈴鹿市にいる」という連絡があり、警察官がきのうの未明、中村容疑者の自宅にいたところを無事に保護しました。
調べに対し中村容疑者は容疑を認めていて、警察が動機などを調べています。

中1少女を誘拐容疑、男を逮捕 長崎、SNSで知り合う【菅田 将暉、キネマ】

 中学1年生の少女を誘拐したとして、長崎県警は12日、福岡市南区井尻4丁目、契約社員岡村寛容疑者(39)を未成年者誘拐の疑いで逮捕し、発表した。「間違いありません」と容疑を認めているという。少女にけがはなかった。

 発表によると、岡村容疑者は1日午後5時半ごろ、長崎県佐世保市の少女宅近くの路上で車に少女を乗せ、福岡市内まで連れていき誘拐した疑いがある。

 2人はその前日ごろにSNSを通じて知り合ったという。福岡市内の駐車場で12日、2人が岡村容疑者の車から出てくるところを捜査員が見つけた。少女は福岡市内のアパートで過ごしていたとみられる。

 「探さないでください」とのメッセージが書かれた少女のタブレット端末が自宅に残されていたことから、母親が1日に行方不明届を出していた。

AKB48田野優花、SNSでの嫌韓発言問題で謝罪(日本、ビートたけし)

日本女性アイドルグループAKB48のメンバー、田野優花が自身のSNSで嫌韓発言をして物議を醸したことを受けて謝罪した。

田野優花は今月1日、インスタライブ放送でファンから整形関連の質問を受けると「韓国行ったら皆整形したって思う」とコメントしていた。続いて「韓国好きな日本人は好きじゃない」「いろんな人のインスタを見るのが好きだけど、プロフィールのところに韓国とかハングル文字書いてある人は無理」と答えたりした。

このような発言が記事化されると、田野優花は鎮火に出た。4日、自身のツイッターに「この度は、私、田野優花が配信しましたインスタライブでの誤解を招く発言により、たくさんの方を傷つけ、たくさんの方に不快な思いをさせてしまいました」とし「軽率で身勝手な発言を反省しています。今後、このような事が無いよう、自分を見つめ直したいと思います」と公開謝罪文を掲載した。

これに先立ち、田野優花は去年11月29日に開かれた「2017 MAMA in JAPAN」にAKB48メンバーとして参加し、韓国ガールズグループI.O.Iとコラボステージを披露していた。